今日もシンガポールまみれ

日本のあっち、シンガポールのこっち

ロボット掃除機Roborockを買って、人生が少し好転した話

うにうに @ シンガポール在住です。久しぶりの生活記事です。

海外生活をする楽しみ(苦しみ)の1つに、「日本と家電が違う」ことがあります。
シンガポールは230ボルト。電気ポットでお湯が爆速で沸きます。ガスで沸かすより、圧倒的に早い。測りましたが、自宅のフィリップスの電気ポットだと、1リットルを沸かすのに1分49秒でした。爆速。

そんなシンガポールでロボット掃除機を買うことに。今まで買わなかったのは、期待どおりに掃除してくれるか謎だったのと、安くないので、惰性でここまで買わずにきました。結果は、2020年のベストショッピングでしたね。2ヶ月使ってみたレビューです。

Roborock S6 Pure

私が買ったのは、Roborock社のS6 Pure。お値段は、ロボロックのオフィシャルサイトで$494、約4万円です。日本でも販売されています。(アフィリエイトじゃないよ)

立派な化粧箱で届く

www.youtube.com

これにしたのは、

Roborock社にはシャオミが出資。中国の本社の名前は、北京石头世纪科技有限公司。この時点で、だめな人はダメだと思うw

  • 低価格なのにレーザーセンサーでの探知がいいらしい。モップがけも1台できる。
  • Roborockの上位機種はペットの糞を避ける機能だが、ペットいないので不要。
  • (一時期のルンバに多かった)並行輸入品でなく、オフィシャルストアが安い。

バッテリー交換やモップ購入などのメンテナンスが必要になります。オフィシャルストアで買っていると、対応が楽。

  • シンガポールでは4万円で買えるが、日本だと6万円近くする。同じものを安く買うのは、なんとなく嬉しいw

中国での値段は、調べないw

ロボット掃除機に10万円かけられる人はルンバを買えば良くて、そこまで踏み切れない私にはRoborockが候補だ、というのが私の市場調査結果でした。
シンガポールでは有象無象のノーブランドのロボット掃除機も売っていて、安いのでは$100~$200ぐらいで買えます。期待通りに動くと思えず、調べていません。「期待通りに動かない」とは、部屋に掃き漏れ地点がある、吸い込み漏れがある、救出など手助けが頻繁に必要、ということです。

どう人生が変わったか

買って少しだけ、人生が好転しました。

  • 掃き掃除、拭き掃除が不要になった。

私は片付けはしますが、ホコリに興味がありません。興味がないことを毎日してくれるので、神です。ただ、大掃除は引き続き必要になるはずです。

  • 掃除の代わりに、ロボット掃除機のメンテナンスをするようになった。

ダストボックスのゴミ捨て、モップの水補給、モップ水洗い、内部清掃、がルーティンです。ワンタイムでは、携帯アプリでの地図設定や、タイマー設定。
ゴミ捨ては、1週間していないと、携帯アプリで警告されるので、そのタイミングでします。ロボットの下僕です。

f:id:uniunikun:20210130180617p:plain
働けと携帯で催促される
  • ちょっと汚せば、簡単に掃除するようになった。

台所で水などが飛んだときなどに、掃除をさせています。モップ掛けは清潔感もあってよいです。

設定

買って2日で到着。
ロボット掃除機は初めてなので、真面目にマニュアルを読む。日本語マニュアルや、取説動画は、日本の代理店のを見れます。(日本から買ってないのに、ごめんね)
ダストボックスの開閉や、モップの取り付けが分からず、動画が便利でした。

とりあえず、一回掃除をさせてみると、地図を自動学習してくれます。掃除が終わると、デッキに自動で帰って、充電してくれます。

携帯アプリの設定

買って最初に、携帯アプリのインストールが必要です。日本語対応しています。
ロボロックS6は、大半の操作を携帯アプリ上でします。本体のボタン操作では「全部屋の掃除」「ドックへ戻る」の指示ぐらいしかできません。
携帯アプリでできるのは、

  • 掃除機が自動学習した部屋の地図を区分け。侵入禁止区間の設定。
https://www.roborock.jp/pages/support-roborock-s6-pureapp
  • 掃除開始指示。一部だけの掃除も可。
  • タイマー掃除予約の設定

AlexaやGoogle Assistantでのスマートスピーカーでの音声操作も可能です。私は使っていません。

ロボット掃除機の救出

ロボット掃除機の勝負は、「どれぐらいの頻度でロボットが立ち往生して、飼い主が救い出さないといけなくなるか」です。
私の場合、週に一度程度は発生しています。危険なのは、

  • 電気コード
  • スリッパ
  • IKEAの物干しの足

です。電気コードやスリッパはロボット優先で、人間の私が生活態度を変更し、履かないスリッパは上にあげ、電気コードは巻き上げました。
問題は、IKEAの部屋干し用の物干しの足です。シンガポールのかなりの家庭が使っているはずのIKEAの物干しw 週に一度ぐらい乗り上げて立ち往生します。動かして使っているので、立入禁止区域への設定もできず、ひっかかるのは週に一度程度でしかないというのもあって、今は救出で対応です。S6は2センチ以下の障害物なら乗り越えられることになっていますが、IKEAの足は2.5センチです。スペックオーバーでアウト。なので運次第。

https://www.ikea.com/sg/en/p/mulig-drying-rack-in-outdoor-white-30228756/
ぶざまに乗り上げたRoborock。人間様の救出が必要

バスルームでは使っていません。段差が3センチあって、行き来できないので。
日本の家は、畳の部屋や階段で段差が多く、ロボット掃除機を使いにくのですが、シンガポールで段差は、バスルームやメゾネットぐらいでは。日本では、拭き掃除からは畳も除外でしょう。

不満

不満はありますが、許容範囲です。

  • 静かではない。うるさくもない。が、電話会議をできるほどの静粛性はない。

なので、普段の掃除タイマーの開始時間は毎日夜です。晩御飯が終わったあたりの時間。最初は、18時開始にしていましたが、気まぐれで料理をするので、かぶるとわずらわしく、時間を遅らせました。なおかつ、掃除対象からは、私の仕事部屋は外しています。仕事部屋は思い出した時に、マニュアルで掃除させる。

  • 携帯アプリに、掃除開始と終了がいちいち上がってくるのがわずらわしい。掃除に失敗して救出が必要になったときだけ教えて欲しい。

というわけで、買って2ヶ月ですが、大満足です。
メイドを雇っていない家では、独身でも家族持ちでも、投資価値があります。

筆者への連絡方法、正誤・訂正依頼など本ブログのポリシー

にほんブログ村 シンガポール情報