今日もシンガポールまみれ

日本のあっち、シンガポールのこっち

新型コロナCOVID-19: シンガポール最新情報

うにうに @ シンガポールウォッチャー です。
シンガポールも、コロナウィルス (COVID-19) の影響を大きく受けています。

社会へのインパクトが大きくなるとデマがでてきます。デマに負けないためには、徹底してソースをとることです。シンガポール政府・WHOなど国連機関、地元大手メディア(ストレートタイムズ紙、CNA)などが信用できるソースです。一般人の我々がこれらの権威の裏をかいて、反ワクチンのように動くのは自殺行為であり、他の人にも迷惑です。専門家ですらない我々が、権威より正しく真偽を判断できると思うのは、単に自分が判断基準とするソースを間違えている(陰謀論)ことが大半です。

更新情報のサマリー

  • ワクチン未接種者の解雇を合法と、労働省MOMが勧告する。

解雇(雇用終了(terminate employment))には「最後の手段」という但し書きはついていますが、出社が必要な従業員が未接種であれば、MOMは解雇を認めました。新規則が適応される1月1日以降です。
接種を拒み、かつ解雇を避けるためには、自費かつ業務時間外に検査を受け続けることで対応可能です。費用は$600~900ぐらいですが、出社のたびに検査を受けに行く手間がかなりのものです。「自己負担検査を受け続けながら、コロナ感染を待ち、感染後270日あるワクチン免除期間を期待」するという、謎な選択肢を考慮する人がでてくるでしょう。

  • ワクチン効用を否定し、イベルメクチンを推奨していたウェブサイトTruth Warriorsに偽ニュース防止法が適応される。
  • 3,174人の新規感染。内訳は、輸入8人、市中感染が2,843人、寮居住者が322人。ICUに64人。新規の死者14人、死者合計が329人。

クラスタ感染者数の発表は26人のみ。多くの未リンクがあると推定されます。
ICUが昨日の58人から64人に増加。

シンガポールでの最新状況

更新情報

日時 発信者 (ソースとなるリンク) 内容
2021年10月25日 保健省 3,174人の新規感染者が見つかり、通算で175,818人になった。新規のうち、輸入が8人、市中感染が2,843人、寮居住者が322人。現在、1,779人が入院中(うちICUが64人)。14人が亡くなった。60歳から93歳。全員が既往歴あり。これまでに329人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は84%、1回接種は85%。
・Institute of Mental Healthで8人、計116人。
2021年10月23日 労働省 (MOM) 職場でのCovid-19ワクチン勧告の改定
在宅勤務が可能な仕事をしているワクチン未接種従業員には、企業は在宅勤務を認めることが許されるが、そのような仕事のアレンジの判断は企業の権限だ。接種済み従業員の大半はより頻繁に職場に戻るし、職場から未接種者が長期に不在なことは、チームや組織のパフォーマンスに悪い影響を与え、個人のパフォーマンスにも影響するだろう。
在宅勤務ができない仕事の従業員に、企業は、
a. 従業員の費用負担と自分の時間に(業務外時間に)イベント前検査で既存の仕事を続けることが許される。
b. もしそういう業務があるなら、在宅勤務が可能な仕事に配置転換する。代わりの仕事の責任にみあった報酬になる。
c. 無給休暇になるか、最後の手段として、雇用契約に基づいて予告とともに雇用を打ち切る。もし雇用打ち切りが、従業員が契約業務の遂行を職場でできないためでであれば、そのような雇用打ち切りは違法解雇とみなされない。
未接種妊婦は、医療理由での未接種者と同等に扱われる。
2021年10月24日 シンガポール政府: 偽ニュース防止法POFMA ウェブサイトTruth Warriorsに掲載の多くの記事が、Covid-19感染を減らすのにワクチンは効果的ではなく、感染予防と治療にイベルメクチンの安全性と効果について、誤った考えを人に導いている。未確認で疑わしいものが記事の根拠だ。読者は自分と周囲の人を危険に陥れる。とりわけ以下の主張は間違いだ。
i 最もワクチンを接種している国は人口あたりの感染者と死者数が最も多い。接種が少ない国は感染者と死者数が最も少ない。
ii ワクチンは感染を妨げない

シンガポールでの行動規制

シンガポールでは政府が行動規制をひいています。日本とは違って、法制化され罰金など罰則があるものです。

外国人の違反者は、罰金のみでなく、ビザ剥奪での国外追放にもあっていました。必ず遵守して下さい。
プライベートでの行動規制は大きく、マスク・グループ人数・安全距離の3つです。

マスク

シンガポールでは自宅外でのマスク着用は義務です。マスクを外してよいのは、
・自宅
・飲食時
・激しい運動時 (ジョギングなど)
のみです。
ご飯を食べに行っても、飲み物や食事が運ばれるまで、マスク着用が求められ、飲食終了後は速やかなマスク着用が求められます。
日本では、アトピーなど病気を理由にマスク着用拒否を主張する人がいますが、シンガポールでは「マスクをしなければ外出できない」が結論です。
6歳以上に、マスク着用義務があります。
罰金額は$300以上。

店内飲食にはワクチン完全接種が必要

8月10日から、レストランなど店内飲食にワクチン完全接種が必要になりました。TraceTogetherアプリやHealthHubアプリなどでの提示が必要になります。
ワクチン完全接種の証明が不要で、店内飲食ができるのは、ホーカーセンターとコーヒーショップです。このコーヒーショップは日本語の「カフェ」ではありません。HDB1階などに入っているフードコートを、シンガポールではコーヒーショップと呼びます。

ワクチン完全接種なしに店内飲食をする方法

イベント前検査PETで店内飲食が可能になります。
・シンガポール保健省MOH8月6日アナウンス
12. Unvaccinated individuals with a valid negative pre-event test result or recovered individuals are of similarly lower risk, and may also join in such groups of up to 5.
・PETは、指定病院で、通常ART抗原検査で行われる。検査から活動終了(退店)までの24時間が有効。PETの説明はこちら
・PETを受けられる場所はこちら

安全距離

人と、1メートルの間隔を開けることが、求められます。
ホーカーセンター・レストラン等では "×" や斜線などのマークがあるところには座れません。
カウンター席が多い和食高級店では、席が制限されており、日本への渡航が難しくなっていることから需要も増え、予約が困難になっています。

コロナウイルスに対応した家庭用洗剤

国立環境局 (NEA)がコロナウイルス消毒に効果がある家庭用品と有効成分の途中経過のリストを発表しました。訳をのせます。

多くの一般家庭用品は、コロナウイルスを不活性化すると知られている有効成分の適切な濃度を含んでいます。一般的な予防清掃に、洗剤と水は適しています。コロナウイルスで汚染されている可能性があるエリアの洗浄には、表1の殺菌/洗浄剤を利用可能です。コロナウイルスに対して、現時点で利用可能なデータから、有効成分があると知られている製品リストです。より多くの商品が集まり、適切と評価されると、対象商品の表は更新されます。
洗浄剤の使用の他に、コロナウイルスに有効な他の処置は、蒸気と熱処理が含まれます。

コロナウィルスに感染した場合の治療費

市中感染

市中感染での入院費用は政府負担。一般医 (GP) やポリクリニックでの外来費用、私立病院での費用は、自己負担。これまでは感染が分かると、公立病院でのみ入院となっている。

輸入感染

3月27日以前に出国していた国民と永住者PRへ専用隔離SHN施設費と医療費を、政府はこれまで負担してきた。長期ビザ所持者の医療費も負担してきた。2021年1月1日以降、政府は国民とPR永住者への専用施設隔離SHN負担を行わない。2021年1月1日以降、3月27日までに出国した国民・永住者・長期ビザ所持者が、帰国し、14日以内に発症しても、医療費は自己負担になる(政府は負担しない)。契約があれば保険は利用可能になった(以前は不可だった)。

短期滞在ビザで滞在する外国人

(3月9日更新) 短期滞在ビザで滞在する外国人は、治療費は有償になった。観光客・出張者などが該当します。検査対象になれば、検査費用は政府負担です。

シンガポール政府が確認しているデマ

悪意の有る無しを別として、社会へのインパクトがある事件には、様々なデマが出てきます。シンガポール政府は、デマへの見解提示と、偽ニュース防止法 (POFMA) を使って、デマの撲滅に動いています。

日時 発信者 内容
2021年8月15日 保健省 Covid-19のためにプレスクールの3才児が小児科病院KKHで亡くなったが、意図的に死は報道されていないとのFacebook投稿が回覧されている。保健省MOHは、偽ニュース防止法POFMAオフィスに、Facebookに訂正命令を出すように指示した。Facebookを使う全ユーザにFacebookは訂正通知をもたらすことを義務付けられる。
8月14日時点で、シンガポールのKKHや他の病院で、Covid-19のために亡くなった子どもの感染者はいない。
デルタプラス変異種がシンガポールに存在しているとも投稿では主張している。8月14日時点で、シンガポールの既知の感染例でデルタプラス変異種は見つかっていない。
2021年6月17日 シンガポール政府 SNSでmRNAワクチンを誤認させるメッセージが出回っている。パンデミックスペシャルアクセスルートPSARで健康科学局が認可した、mRNAワクチンは安全でなく、インド変異種のような変異種を含みCovid-19への保護に効果的でない、とのものだ。Sinovacのような不活化ワクチンが保護に優れており、子どもにも使われるべきだとの主張も含む。
1. ファイザーとモデル名の有効性は90%程度ある。重症化も防ぐ。
2. mRNAワクチンは、インド変異種を含み変異種にも効果的だ。ファイザーワクチンでは、英国研究で、インド変異種に80%の予防効果があった。
3. 深刻な副反応はまれだ。接種のメリットはリスクに勝る。
4. Sinovacは国によって異なる研究成果を示しているが、最も完全な分析では、51%の効果だ。変異種への効果は未知だ。
5. WHOは緊急資料リストEULにあるものでも、18歳未満へのSinovacの利用を推奨していない。
2021年6月15日 シンガポール政府 保健省MOHが出した文章として「Covid-19患者の解剖で、Covid-19はウイルスではなく、放射能にさらされ、血液凝固で人を殺すバクテリアだと分かった」「患者の治療方法を変え、陽性者にはアスピリンを投与する」との内容がメッセージアプリで流れている。これは嘘であるし、MOHは出した文章でもない。最初に拡散したときには、シンガポールでなく、イタリアとロシアだった。
2021年5月19日 シンガポール外務省 (MFA) シンガポールで見つかったCovid-19変異種が子どもに特に危険で、インドの第三波になりうるとの、インドのデリー州首相がFacebookとTwitterで行った事実無根の主張に、外務省は遺憾の意を表する。卓越した政治家が、そのような主張をする前に、事実を見極めていなかったとは、外務省は残念だ。インド高等弁務官に外務省は会って、懸念を伝えた。
2021年5月18日のプレスリリースでハイライトしたように、「シンガポール変異種」というものは存在しない。ここ数週間で優勢な多くのCovid-19症例はB.1.617.2変異種で、インドで最初に発見された。
2021年5月7日 偽ニュース防止オフィス (POFMA) チャンギ空港に南アジアからの多くの旅行者があらわれている動画がソーシャルメディアで回覧されているのに、運輸省MOTは気づいた。現在の渡航規制にもかかわらず、2021年5月5日とされている。この動画は嘘である。Singapore Incidentsが、FacebookとInstagramに投稿した。
a. 14:53を時計が指しているが、5月5日の08:00から15:30の間に南アジアから到着したフライトはない。
b. リノベーションが写っているが、2021年4月5日に撤去済みである。
2021年4月15日 保健省 Covid-19ワクチンが脳梗塞と心臓発作に明確な因果関係があるとの嘘が回覧されていることに、保健省MOHは気づいた。ワクチンの副反応について根拠のない主張をすることで、個人が自分の経験をシェアしたことを悪用する第三者もいる。偽ニュース防止法オフィスに、修正命令を保健省MOHは出した。People’s Power PartyのFacebook投稿と、Singapore UncensoredのFacebook投稿だ。投稿への修正通知を出すことが要求される。
記事では、ある医師が起こした脳梗塞がワクチンが引き起こしたと暗示している。ワクチン合併症で81歳がなくなったと述べている。これらの主張は虚偽である。4月14日時点で、ファイザーとモデルナワクチンが心臓発作や脳梗塞のリスクを高める確かな証拠はない。医師を担当した医療チームは、ワクチンとほぼ無関係と判断し、4月4日にマウントエリザベス病院は説明を出した。81歳男性の死因は、虚血性心疾患IHDだ。健康科学局HSAの法医学部門は、解剖により、ワクチンへのアナフィラキシーやアレルギー反応への証拠がないと報告した。
2020年3月26日 ストレートタイムズ紙 「DORSCON (シンガポールでのパンデミック評価)を最大のレッドに上げる」「政府はロックダウンする準備に入った」「MRTとバス運行を減らす」という噂は嘘だとシンガポール大臣が発言。
  • States Times Review ("STR")によるフェースブック投稿に嘘ニュース防止法 (POFMA) を適応。1. シンガポール晴雨fは国内感染の発信源を特定できていない。←58人中51人の追跡を行った。2. シンガポール政府のみが「マスクをするな」と言っている。←MOHの指針はWHOガイダンスに従っている。米国・豪州もマスクは推奨しないと勧告している。3.14日の休みLOAの間に、「中国人労働者」は毎日$100をもらい、全額を政府が払っている。←受領は労働者ではなく雇用主。4.ジョセフィン・テオ労働省大臣が「中国からシンガポールにもっと労働者を杖れてくるため頑張って働いている」と発言←そんな発言はない。中国渡航歴がある就労ビザ保持者は、シンガポール入国前に事前許可が必要で、医院はスローダウンしている。5.7カ国がシンガポールへの渡航禁止を出した。←シンガポールへの渡航禁止を出した国はない。 (2020年2月14日)
  • 1月30日のThe States Times ReviewのFacebook記事で、シンガポールはマスク在庫が先週日曜日(1月23日)以降もうないと主張した。しかし、在庫はあり、政府は520万枚のマスクの支給も行う。POFMAを適応。(2020年1月31日)
  • 1月30日に、ウェブサイトCity Newsは、中国を訪問していないシンガポール人5人がコロナウイルスに感染したと主張。事実誤認。POFMAを適応。 (2020年1月31日)
  • コロナウイルス汚染が疑われたため、ウッドランドMRT駅が消毒されたと主張するFacebook投稿があった。ウッドランドMRT駅に行かないことを促していた。これは真実でない。1月28日にウッドランドMRT駅は閉鎖されていない。POFMAを適応。 (2020年1月28日)
  • 1月26日にネット掲示板HardwareZoneフォーラムにて、66歳男性が肺炎を引き起こして亡くなったと投稿された。新型肺炎での死亡はこれまでに確認されていない。POFMAを適応。(2020年1月27日)
  • シンガポールのショッピングモールで死者が出たとのネットの噂があるが、死者はでていない。 (2020年1月25日)
  • コロナウィルスで特定の公営病院を訪れるなとWhatsAppで噂が流れているが嘘。全公営病院は対応する手順を持っている。疑わしい事例は即座に隔離、評価される。 (2020年1月24日)
  • 出所: シンガポール保健省: Clarifications relating to Wuhan Coronavirus (2019-nCov)
  • 武漢からの旅行者百人以上がシンガポール入国を拒否されたとの噂があるが、嘘である。(2020年1月25日 入国管理局(ICA))

シンガポールでの時系列

日時 発信者 (ソースとなるリンク) 内容
2021年10月24日 保健省 3,383人の新規感染者が見つかり、通算で172,644人になった。新規のうち、輸入が8人、市中感染が2,708人、寮居住者が667人。現在、1,738人が入院中(うちICUが58人)。15人が亡くなった。58歳から100歳。8人が未接種、1人が部分接種、6人が接種済み。これまでに315人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は84%、1回接種は85%。
・AWWA Community Home for Senior Citizensで10人、計70人。
2021年10月23日 ストレートタイムズ紙 ワクチン未接種の労働者は約113,000人だ。医療理由で接種していないのはごくわずかだ。このうち60歳以上の未接種者は14,000人だ。保健省MOHと労働省MOMが発表した。10月17日時点で、シンガポールの労働者の96%はワクチン接種済みで、接種率100%の企業は70%になる。「mRNAワクチンに医療上の理由を医師が認めた未接種従業員はごくわずかだ」「Sinovacが国家ワクチンプログラムに加わったことで、医療理由での従業員の大半も、Sinovacで接種できるようになり、接種を促す」
妊婦の労働者にもできるだけ早い接種を政府は勧めている。「未接種の妊婦は合併症と重症化の危険性が高い」9月末時点で、未接種妊婦の20%が入院し酸素吸入を受けている。10%がICUか高ディペンデンシー治療を受けている。一方、ワクチンを接種した女性で、酸素吸入やICUがひつようになった人はいない。企業は自社の接種率を確認できるサイトが月曜日から利用できる。 https://www.gobusiness.gov.sg/percentvaccinated/
9月27日から11月21日までは、接種者も含め、在宅勤務が標準だ。
2021年10月24日 ストレートタイムズ紙 11月16~19日開催の、ブルームバーグニューエコノミーフォーラム(NEF)での出席者は、厳格な基準で、指定レストランで5人までのグループで食事を許されると、当局が語った。シンガポールの到着時に、PCR検査が陰性であれば、検疫も免除となる。全員がワクチン完全接種で、カンファレンスの日には毎日イベント前検査を受ける。51ヶ国から300人の参加者が予定されている。国や多国籍企業の代表を含む。渡航歴にかかわらず、いかなる国からでも入国ができ、商用機やプライベートジェットで到着する。
11月21日までは、外食が2人以下の制限となっている。
指定の場所やレストラン以外では、2人以下の制限が適応される。
2021年10月23日 保健省 3,598人の新規感染者が見つかり、通算で169,261人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が2,804人、寮居住者が790人。現在、1,680人が入院中(うちICUが58人)。6人が亡くなった。61歳から91歳。4人がワクチン未接種、2人が接種済み。これまでに300人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は84%、1回接種は85%。
・AWWA Community Home for Senior Citizensで10人、計59人。
2021年10月23日 保健省 在宅療養適応基準の拡大
35歳より若く、26週より早い、ワクチン完全接種の妊婦に、在宅療養を拡大する。在宅療養になるまでに、在宅療養に適しているかを指定病院で診断される。
ワクチンブースター
10月21日時点で、50歳~59歳の82%、60歳以上の79%がブースターショットを受けたか、接種の予約済み。2回目の接種から半年たった30歳以上も接種対象になり、対象になった人の72%が予約をした。
健康科学局の暫定承認を経て、Sinovacが国家ワクチンプログラムNVPに含まれることになる。ワクチン効果がmRNAと比べて比較的低いことから、以下のガイダンスが適応される。
a. mRNAワクチンを接種できる人は、mRNAワクチンを2回接種し、主要接種を終わらせるべきだ。
b. Sinovacを1回か2回接種した人は、最善の保護を得るために、3回めをmRNAを接種することを強く推奨する。
c. 医療理由でmRNAを接種できない人は、主要接種を終えるために、Sinovacをを3回接種すべき。
d. mRNAワクチンを接種したが、アレルギーや深刻な副反応が起きた人は、あと2回をSinovacを摂取し、3度の接種を完了させるべきだ。mRNAワクチンの2度の接種の後に、アレルギー反応が起きれば、ブースター接種に適していれば、3度目の接種はSinovacを接種すべきだ。
対象年齢の90%以上が接種済みで、ワクチン接種率は高いのだが、強固な個人の好みでmRNAワクチンを接種しないことを選んでいる人がいる。ワクチンの完全接種を終えていない人に、国家ワクチンプログラムで、Sinovacの3回接種を提供することにした。既にSinovacの1回か2回接種している人を含む。
しかし、既にmRNAワクチンを2回接種し、アレルギーを起こしていない人に、ブースターショットとしては、Sinovacは提供されない。国家ワクチンプログラムで提供される3度目の接種はmRNAになる。
12歳~17歳に、Sinovacは認可されていない。Sinovac社が申請しておらず、WHOの緊急利用リストでも同じだ。しかし、mRNAで2回の接種を終えることができなかった人に、専用の公的医療プログラムでSinovacの3度の接種を政府は提供する。健康科学局HSAの暫定承認に18歳以下のSinovac利用は含まれていないため、訓練を受けた医療者が綿密に観察する。この年令の対象者には、政府が連絡する。
Sinovacで接種を2度受けた人は、2度目の接種から4ヶ月間か、2021年12月31日までのどちらか早いほうが、完全接種期間とみなされる。3度目の接種を受けるのに十分な期間の猶予のはずだ。Sinopharmにも同様のルールを当てはめる。旅行者は、多くが母国で2度のみのSinovacを接種しており、2度の接種者もワクチン接種者と政府はみなすが、期間は30日のみとする。
ワクチン差異化規制で医療理由で接種できない人への対応
ワクチン差異化規制は未接種者を保護し、医療制度の負荷の緩和のために行っている。mRNAにもSinovacにも医療理由で接種できない少数の人がいることに気づいている。特別対応として、ワクチン国家プログラムでの全ワクチンに医療理由で接種できない承認を受ければ、ワクチン差異化規制から免除する。
職場でのワクチン規制
2022年1月1日から、ワクチン完全接種か過去270日以内にCovid-19から回復した従業員のみが、職場に復帰できる。職場に戻る前に検査で陰性でなければ、ワクチン未接種の従業員は職場に戻れない。検査費用は本人負担だ。検査は、MOH認証の検査業者でのイベント前検査でなければならない。職場に滞在できる期間は、検査(結果)が有効な間だ(24時間)。検査の必要性は、医療理由でも(編注: 医療理由でも免除しないというのが保健省プレスリリースですが、記者会見では医療理由は免除すると大臣が発言しています)妊婦にも当てはまる。医療理由や妊婦には、三者パートナーが特別の考慮をすることで同意している。例えば、パフォーマンスに影響がない在宅勤務や、検査費用の共同負担の合意だ。
規制緩和の基準
週での感染率がわずかに1を超え、感染が上昇しており、1を下回れば行動規制の緩和を考慮できる。
ワクチン完全接種のメイドの入国
11月1日から、必須労働者と学生が安全かつ徐々に入国することを許可する。到着までにワクチン完全接種が条件だ。緊急や介護の必要を満たすために、より多くのメイドの入国を容易にする。世界情勢に合わせて、数は慎重に規制する。
国のカテゴリを見直した。10月26日23時59分から有効。
バングラディシュ・インド・ミャンマー・ネパール・パキスタン・スリランカに過去14日滞在した人は入国できなかったが、10月26日から入国とトランジットを許可する。
10月26日23時59分から、カテゴリII(日本を含む)、IIIとIVからの旅行者は、到着時PCR検査は不要で、SHN隔離終了時のPCR検査のみになる。
カテゴリIIIからの入国で、10日間の隔離SHNは、旅行者や同居者のワクチン状況にかかわらず、(自宅など)住居となる。基本では、専任隔離SHN施設の割当がされなくなる。自宅でのSHNが不適切な家では、帰国前に他の施設を確保する必要がある。カテゴリIVからの渡航者は、専用SHN施設での10日間のSHNが必要となる。
2021年10月23日 保健省 Covid-19ワクチン専門家委員会は、Covid-19予防のために、18歳以上のシンガポール在住者の利用に、パンデミックスペシャルアクセスルートPSARでの健康科学局HSAによる、Sinovac-CoronaVac Covid-19ワクチンに暫定承認を指摘した。
デルタ変異種前のSAR-CoV-2感染に対し、ブラジルの第Ⅲ相試験で、51%の有効性があった。重症化に高い保護があった。しかし、異なる研究で有効性の変化があった。デルタへの保護の総合的なデータがない。更に、ワクチン接種後の抗体レベルが低く、2度目の接種後の3~6ヶ月以内に、6ヶ月までに接種前のレベルに素早く減少する。
SinovacはHSAに3度接種の承認を申請していないが、抗体レベルを引き上げるために、3~6ヶ月以内に3度目の接種を必要とする証拠がある。WHOのSAGE推奨とも一致している。
mRNAと比較したSinovacの効果の低さ、デルタへの効果のデータの欠如の観点から、医療理由でmRNAを完全接種ができない人のみがSinovacを接種すべきと推奨する。
Sinovacでは、2度目の接種は初回接種から28日以降に、3度目の接種は2度目の接種から90日で接種すべきだ。
Sinopharmにも同じ現象がある。専門家委員会は、Sinopharmを接種した人は、3度目の接種にmRNAを選ぶように強く推奨する。もし拒絶するなら、3度目の接種は2度目の接種から3ヶ月で3度目の接種をすること。
Covid-19でないワクチンにアレルギーを起こした人は、mRNAワクチを安全に接種できると、国内と国際での安全データが示す。以前は、これらの人は、ワクチン前に専門医の診断を受けていたが、診断なしにmRNAワクチンの接種を認める。mRNAワクチンの成分であるPEGへのアレルギーが有る人は、mRNAには不適切なままだ。
2021年10月 SafeTravel 2021年10月26日23時59分から、同一旅程を共有していない世帯員と、旅行者は自宅で隔離SHNを行うことができる。ワクチンステータスを問われない。もし、他の人と住居を共有しているなら、旅行者はその人だけが使う専用のバスルームを使い、他の世帯員は別のバスルームを使うべきだ。もし、1つのバスルームが共有されるなら、全員が良い衛生を保ち、仕様後はバスルームを殺菌すること。例として、トイレを流す前にフタを閉める、仕様後に接触した部分を殺菌する、SHNをしている人が使ってから最低20分はトイレの利用は控える。
2021年10月 在シンガポールドイツ大使館 10月24日から、シンガポールはCOVIDハイリスクエリアに分類される。ドイツ入国までの10日間でシンガポールに滞在した旅行者は、ドイツ入国には、重要な理由を提示する必要がある。観光を含みいかなる理由でも、ワクチン完全接種者の入国は可能。未接種者の入国は例外措置だ。
2021年10月22日 保健省 3,637人の新規感染者が見つかり、通算で165,663人になった。新規のうち、輸入が6人、市中感染が3,039人、寮居住者が592人。現在、1,609人が入院中(うちICUが57人)。14人が亡くなった。41歳から97歳。41歳は、ワクチン接種済みだが、免疫不全で重度の肺がんがあった。これまでに294人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は84%、1回接種は85%。
・Banyan Home @ Pelangi Villageで10人、計52人。
・AWWA Community Home for Senior Citizensで22人、計44人。
・Bukit Batok Home for the Agedで20人、計129人。
2021年10月22日 ストレートタイムズ紙 10月22日から12月7日まで、国内全域での抗原検査ARTキット配布が行われる。各世帯は10キットを郵便で受け取る。154万世帯になる。郵便配達員は、郵便受けにいれた後に、配達の証拠として写真をとる。
2021年10月22日 ストレートタイムズ紙 ロイヤルカリビアン社のクルーズ船Quantum of the Seasは、11月8日から乗船日の検査を抗原検査ARTのみにする。現在は、出発前にPCR検査が必要。ARTは、ドリーム・クルーズ社のWorld Dreamと似た運用だ。現在のシンガポールからの運行はこの2つのみだ。ロイヤル・カリビアン社の広報は、症状がある人にPCR検査をとっておく保健省MOHガイドラインに従い、クルーズを含むイベント検査でARTが使われることで、ARTに変更したと述べた。
2021年10月21日 保健省 3,439人の新規感染者が見つかり、通算で162,026人になった。新規のうち、輸入が2人、市中感染が2,937人、寮居住者が500人。現在、1,613人が入院中(うちICUが61人)。16人が亡くなった。61歳から93歳。8人がワクチン未接種、1人が部分接種、7人が接種済み。15人が既往歴がある。既往歴がなかったのはワクチン接種者。これまでに280人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は84%、1回接種は85%。
・Bukit Batok Home for the Agedで17人、計109人。
2021年 ストレートタイムズ紙 StayWellうがい薬の瓶での受け取りに興味がある世帯は、11月15日から登録ができる。テマセク財団が言った。咽喉炎を引き起こす細菌を殺すポピドンヨード(イソジン)うがい薬は、病気の拡散減少イニシアチブで配布される。登録サイトはここ。 https://stayprepared.sg/staywell/register/ 250mlのうがい薬と、25mlの計測カップを引き取れる。登録期間は11月15日~12月10日。引き取りは11月22日~12月12日。
ポピドンヨードは、Covid-19を引き起こすウイルスであるSars-CoV-2の付着を妨げると、複数の研究からの証拠が示している。ポピドンヨードの喉スプレーの利用を1日3回することで、Sars-CoV-2感染の可能性を20%下げるとの昨年の研究がある。
2021年10月21日 ストレートタイムズ紙 10月以降、大規模寮に5千以上のベッドが外国人労働者が回復するための集中施設にとっておかれている。48の寮で、寮の回復施設に6千以上のベッドもある。
寮の外国人労働者の97%がワクチン完全接種だ。未接種者には、シンガポール未承認ワクチン利用が含まれている。
2021年10月21日 保健省 入院と老人ホームへの訪問を制限を、11月21日まで延長する。以前、病院は10月23日まで、老人ホームは10月24日までと案内していた。
2021年10月20日 保健省 3,862人の新規感染者が見つかり、通算で158,587人になった。新規のうち、輸入が11人、市中感染が3,221人、寮居住者が630人。現在、1,718人が入院中(うちICUが67人)。18人が亡くなった。55歳から96歳。8人がワクチン未接種、1人が一部接種、9人が接種済み。17人が既往歴あり。既往歴がなかったのは未接種。これまでに264人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は84%、1回接種は85%。
・Bukit Batok Home for the Agedで39人、計92人。
2021年10月20日 保健省 シンガポールは9月27日に安定フェーズに入った。感染率を遅らせ、医療制度の緊張を緩和させるためだ。
過去数日での重症の495人のうち、54.7%がワクチン未接種で、残りがワクチン接種で併存疾患がある人だ。未接種高齢者(60歳以上)の数は増加し、1日に約100人になる。ICU利用は増加しており、過去2週間では80人の新患者だが、その2週間前は46人だった。
公立病院に、1,650隔離ベッドと200のICUベッドが、Covid-19患者用にある。隔離ベッドの89%が使われている。ICU利用は、CovidとCovid以外の患者で、67%だ。
安定フェーズを10月25日から11月21日まで延長する。(編注: 集団行動や外食2人まで、在宅勤務デフォルトが続くという意味) 2週間で規制を見直し、市中の情勢に応じて調整する。
ジョブサポートスキームでの25%支援を11月21日まで延長する。政府所有商業施設の有資格テナントは0.5ヶ月の賃料免除とする。NEA管轄の食品店主は、0.5ヶ月の賃料免除とする。11月と12月に、タクシーとプライベートハイヤー運転手は、COVID-19 Driver Relief Fundで$10と$5を車両につき受け取る。予算合計は、$6.4だ。財源は、これまででの想定以上の歳入によるものだ。過去の積立金からの引き出しはない。
2021年10月20日 ストレートタイムズ紙 ワクチン未接種者がショッピングモールに入場できなくなった最初の日だが、スムーズだった。チェックをしていた人は、顧客はだいたい規則を守っており、協力的だと述べた。カランウェーブモールでチェックをしていた人は、未接種者がモールに入ろうとしたのが過去数日にあったと言った。パークウェイパレードでは、チャイルドケアセンターに子どもを預けに行く未接種の女性がいたが、学校からの書面があったため入場を許した。医療施設やチャイルドケアのような必須活動での入場には、証明書類が必要だ。ST紙が話したモールの客は、新しい規制を歓迎していた。「政府は未接種者を守ろうとうしているだけよ」
2021年10月20日 ストレートタイムズ紙 11月の休暇で学校が終わるまで、2週に1度、抗原検査ARTを、小学生は受ける必要がある。教育省MOEが語った。来週月曜日からART検査キット10個が配布される。定期検査は、生徒の中での社会的責任を教え、学校が教育にとって安全なことを助けると、MOEはした。両親と保護者は、生徒がARTをしている時に監督する必要がある。両親は結果を学校が指定したリンクに登録する。陽性であれば、フォームを通じて学校に直ちに連絡する必要がある。陽性で具合が悪ければ、PCR検査のために、医院に送られる。現在では、陽性で具合が良ければ、次のART検査を受けるまで72時間隔離をする。陰性になれば、隔離終了だ。
2021年10月20日 ストレートタイムズ紙 イベルメクチンの利用から信用できる組織まで、ウェブサイトTruth Warriorsは、医師が指揮する研究や組織を含む様々なソースから引用している。だが、そのソースは議論に包まれている。世界的な注目を浴びている主張の1つはイベルメクチンだ。TruthWarriorsが信用できる情報と引用したFront-Line Covid-19 Critical Care Allianceのような世界を、ネットコミュニティは形成している。パンデミックの初期では、Covid-19治療法を確立しようとする無利益のネットワークとしてそのアライアンスは始まったが、アンチワクチン組織との提携が厳しい目にさらされている。
米国FDAはイベルメクチンを治療や予防に使うのに警告を出している。試験で変わる品質を支持者は無視していると、SGH准教授は語る。「低品質の試験やレポートのノイズを取り除き、適切な品質に焦点をあわせると、現在のエビデンスはイベルメクチンの利用を支持しない」エジプトでのイベルメクチンの効果と安全性のプレプリント研究は、深刻な倫理的な問題が取り上げられ、取り下げられた。ランダム調査とされていたが、データの信頼性に疑問が浮上した。ラボで効果を示す臨床前用量は、人への推奨される用量より数百倍で、人間に適応できない。Truth Warriorsが引用しているDr Joseph Mercolaは、Covid-19虚報の最も影響力があるスプレッダーだ。2月のFDAからの警告書で、Dr Mercolaのサイトから未承認の製品を指摘した。
2021年10月19日 保健省 3,994人の新規感染者が見つかり、通算で154,725人になった。新規のうち、輸入が13人、市中感染が3,480人、寮居住者が501人。いつも起きる週末明けの増加があり、一時的なものか感染拡大化を知るために、数日間詳細を見る。公共交通機関の乗車数やオーチャード群衆で、活動数の増加を見ている。過去数日で、ワクチン未接種の60歳以上の増加があった。ICUが必要な人の数は増加傾向だ。現在、1,738人が入院中(うちICUが71人)。7人が亡くなった。57歳から90歳だ。3人がワクチン未接種、1人が部分接種、3人が接種済み。6人が既往歴があり。これまでに246人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は84%、1回接種は85%。
2021年10月19日 国家環境局(NEA) 10月15日から17日の週末に、NEAは92人に取り締まりを行った。3人以上のグループ、1メートル空けていない、マスク不着用だ。Newton Food Centre, Whampoa Food Centre, Haig Road Market & Food Centre, Golden Mile Food Centre, Hong Lim Market & Food Centre, and Chinatown Complex Market & Food Centreを含む。安全管理規則準拠の監視に、監視カメラを設置した。
10月13日からワクチン差異安全管理規制がホーカーにも拡大され、ワクチン完全接種者のみが店内飲食をできる。店主は客のワクチン接種状況をチェックする必要はない。職員がランダムに店内飲食の客をチェックしている。10月13日から19日に、800人より多くがワクチン違反で見つかった。協力を拒む客には警察が呼ばれている。
2021年10月19日 ストレートタイムズ紙 米国CDCが"とても高い"リスクの渡航先にシンガポールを加えた。これまでのレベル3からレベル4になった。米国民に「シンガポールへの渡航を避ける」ように促している。「シンガポールへの渡航が必要なら、渡航前にワクチン完全接種であること」「完全接種の渡航者でも感染し感染させる危険がある」
2021年10月19日 mothership シンガポール入管ICAが、9月10日から10月6日までにイベルメクチン2万錠の密輸を押収したことを発表した。内容物の申告は「健康商品」か無申告だった。健康科学局HSAはイベルメクチンの輸入を許可していないし、ICA職員が小包のスキャン画像で異常に気づくと発覚する。押収の5件はHSAで更なる捜査を受ける。
2021年10月18日 保健省 2,553人の新規感染者が見つかり、通算で150,731人になった。新規のうち、輸入が1人、市中感染が2,008人、寮居住者が544人。現在、1,714人が入院中(うちICUが67人)。6人が亡くなった。78歳から93歳。4人がワクチン未接種、1人が部分接種、1人が接種済み。全員が既往歴あり。これまでに239人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は84%、1回接種は85%。
・Bukit Batok Home for the Agedで8人、計52人。
2021年10月18日 ストレートタイムズ紙 保健大臣「道半ばのやり方は不明確だと感じる人もいるだろうし、「コロコロ変わる」とさえ見えるかもしれない。が、多くの国が被害を被った大量死を避けるのに役立った」「シンガポールには正しいアプローチだった。トンネルの終わりの光に近づいている」
2021年10月18日 ストレートタイムズ紙 Telegramのいくつかのチャットグループが、ショッピングモールと公共の場へのワクチン未接種の立ち入り制限へのフィードバックとして、政府のホットラインを電話であふれさせるように呼びかけた。「必須のコールセンターを混乱させることを狙いとした行動は違法」と、保健省MOHと家族局は、ST紙に回答した。「警察や関係機関が取り締まりをすることを辞さない」3千人以上が入っているパブリック(誰もが参加できる)グループに投稿されていた。
2021年10月18日 ストレートタイムズ紙 新しいワクチン接種差異規制がアナウンスされて1週間たち、初回のワクチン接種者が増えている。10月9日から15日で、17,000人が初回の接種をしたと保健省が発表した。この間、ブースターショットは162,000人だった。10月2日から8日で、初回接種は11,000人、ブースターショットは135,000人だった。規制強化のアナウンスは10月9日だった。
2021年10月18日 ストレートタイムズ紙 SafeTravelポータルで10月15日から新しいメイドのシンガポール入国応募が始まっており、11月1日以降のシンガポール入国に、ワクチン接種済みのメイドを雇用主が申請できる。メイド入国の割当数を増やしたが、数は今後も規制され、必要な家族が優先されると、政府はした。病気や高齢者、特別ニーズがある人の家族だ。
緊急にメイドが必要な人は、Association of Employment Agencies (Singapore)が行う商業プログラムに連絡をとるように促した。パイロットプログラムは4ヶ月前に始まっている。7月からフィリピンとインドネシアメイドはこのプログラムで入国している。
2021年10月17日 保健省 3,058人の新規感染者が見つかり、通算で148,178人になった。新規のうち、輸入が3人、市中感染が2,454人、寮居住者が601人。現在、1,651人が入院中(うちICUが66人)。9人が亡くなった。57歳から100歳。7人がワクチン未接種、2人が接種済み。8人は既往症があった。これまでに233人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は84%、1回接種は85%。
・ECON Medicare Centre & Nursing Home (10 Buangkok View Block 5)で4人、計63人。
・MY World Preschool @ Hougang Dewcourtで1人、計14人。
2201年10月17日 ストレートタイムズ紙 シンガポールがウイルスとの共存に動いていくなかで、無症状の移民労働者は、定期的に検査をする必要がないと感染症専門家が言った。ウイルスとの共存があまり負担にならない健康手順に更新され、寮で感染爆発が起きた。NUS医学部教授は、寮が感染の中心で、劇的に改善されていないので、驚きではないという。労働者は定期的に検査され、多くの無症状が見つかっている。
定期検査に、ART抗原検査を使うことに変更すると、労働省MOMは語った。寮居住者は高い免疫がある現役世代なので、寮でのウイルス拡散を封じ込めることが必要かは明白ではないと、公衆衛生の准教授は言った。「ワクチンが行き渡るまでの間には、意味があった戦略だった」現在では、ワクチン接種済みの人が陽性になれば、ART検査陰性で最短3日で社会復帰できる。
2021年10月16日 保健省 3,348人の新規感染者が見つかり、通算で145,120人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が2,688人、寮居住者が656人。現在、1,464人が入院中(うちICUが62人)。9人が亡くなった。60歳から89歳。5人がワクチン未接種、2人が部分接種、2人が接種済み。8人が既往歴がある。未接種の1人は、既知の既往歴はなかった。これまでに224人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は84%、1回接種は85%。
・ECON Medicare Centre & Nursing Home (10 Buangkok View Block 5)で2人、計59人。
・United Medicare Centre (Toa Payoh)で4人、計123人。
2021年10月16日 ストレートタイムズ紙 ワクチン未接種の妊婦の感染が増加し、入院することが増えている。ワクチン未接種の女性は、Covid-19からの深刻な合併症になるリスクが高く、速やかにワクチンを接種すべきだと、シンガポールの感染症専門家のみならず産科・婦人科も強調した。「数日前に、当局から、20人の妊婦が陽性だと告げられた。残念なことに、ワクチン完全接種は、1人か2人しかいなかった」5月から9月30日までに、婦人科産科病院KKHでは、40人より多い感染した妊婦を見ている。昨年は同時期に、数人しかいなかった。6月中旬から9月30日まで、KKHは千人より多くの妊婦と母乳を与えている患者に、ワクチンを接種した。「8月から9月に接種者は増えているが、妊婦の多くは未接種のままだ」妊婦と母乳を与えている人が、接種可能になったのは6月4日以降だ。医師とリスクとベネフィットを相談の上、決断するようにと保健省MOHは言っていた。未接種妊婦は、感染すれば、合併症リスクが高く、ICUや機械呼吸装置が必要になる可能性が高い。妊産婦死亡や死産児の可能性もある。保健大臣は、入院した妊婦の85%より多くが未接種だったと述べている。そのうち20%が酸素吸入が必要で、10%が高依存治療やICUが必要になった。接種済みの妊婦で、酸素吸入やICUが必要になった女性はいない。
妊娠のどの段階での接種を勧めるかとの質問に、医師は今の市中状況からできるだけ早くと回答していた。「13週を過ぎてから接種を考える妊婦が居るが、現在はそんなに低リスクだろうか?」胎児や妊娠へのリスクとなる証拠はないと強調した。接種した母親からの赤ちゃんで、先天性異常や疾患は2.2%で、パンデミック前の3%と同じだと研究を引用した。接種した母親から子どもに、防御抗体が胎盤や母乳経由で移っているとの研究もある。
2021年10月15日 ストレートタイムズ紙 シンガポールでの60歳以下のコロナでの死亡について。
23歳が、10月14日に亡くなった。一部接種。複数の既往歴。
34歳が、10月14日に亡くなった。未接種。複数の既往歴。
34歳が、8月1日に亡くなった。ウクライナ人の船員。7月29日に船で入港。7月25日に熱・咳・倦怠感、7月31日に息切れを起こした。ワクチンと既往症は未開示。
41歳が、2010年6月4日に亡くなった。中国人。退院から2週間後に、転倒し死亡。ワクチンが利用可能になる前。死因は感染後の肺血栓塞栓症。
44歳が、6月21日に亡くなった。永住者PR。ワクチン未接種。糖尿病。
9月29日以前の死亡の50歳代の4人は、全員がワクチン未接種。
9月30日以降の死亡の50歳代は、全員が既往症あり。2人が部分接種、1人が未接種、1人が接種状況開示なし。
2021年10月16日 ストレートタイムズ紙 3,420のベッドがある寮のWestlite Jalan Tukangで、2,800人の居住者のうち、センコープマリンの全員1,400人はワクチン接種済みだった。43%が国家免疫登録NIRに接種が反映されている。シンガポールに到着する前に、母国でワクチンを接種していた。「Westlite Jalan Tukang寮居住の移民労働者の55%が、ワクチンステータスを確認されており、接種済みだ」他の寮居住者は、承認待ちか、シンガポールのパンデミックスペシャルアクセスルートやWHO緊急承認EULのワクチンでないかだ。「接種した国での接種証明を提示し、シンガポールの承認医院で血清検査陽性が必要」
2021年10月15日 保健省 3,445人の新規感染者が見つかり、通算で141,772人になった。新規のうち、輸入が2人、市中感染が2,823人、寮居住者が620人。現在、1,593人が入院中(うちICUが48人)。8人が亡くなった。61歳から89歳。5人がワクチン未接種、3人が接種済み。7人が既往症があった。これまでに215人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は84%、1回接種は85%。
・ECON Medicare Centre & Nursing Home (10 Buangkok View Block 5)で11人、計55人。
・United Medicare Centre (Toa Payoh)で5人、計118人。
・Acacia Homeで3人、計14人。
2021年10月15日 ストレートタイムズ紙 ブースターショットが23万回打たれ、そのうち14件の副反応の疑いが報告されている。0.006%だ。前の2回の接種と類似の副反応だ。発疹、眼瞼・顔・唇の腫脹、胸部の不快、息切れ、発熱、全身の虚弱、めまいだ。2件の深刻な副反応があった。0.0008%だ。足の静脈における血栓とアナフィラキシーだ。
国家ワクチンプログラムでのワクチンに関連した副反応の疑いは0.14%、12,589件報告されている。深刻な症状は0.006%で、581件だ。副反応の79%は60歳未満で、67%は女性だ。最も多いのはアナフィラキシー77件で、ついで深刻なアレルギー反応が52件だ。
2021年10月15日 ストレートタイムズ紙 シンガポール保健省MOHは、地元ウェブサイトTruth Warriorsの、イベルメクチンは安全でCovid-19治療に効果があるとの主張を否定した。Truth Warriorsは、専門家がイベルメクチンでのウイルス治療を支持しており、WHOは薬の効果について情報を隠しているとの主張を掲載した。記事はFront Line Covid-19 Critical Care Allianceからの引用で、アンチワクチン組織とのつながりから非難を受けている団体だ。
2021年10月15日 ストレートタイムズ紙 10月15日から、チャンギ空港に到着する友人や家族が到着ホールに入場できるようになった。5ヶ月ぶりだ。カテゴリIとIIの低リスク国からの乗客が対象。立ち入れるのは出迎えグループの1人だけだ。ターミナル1と3で車でのピックアップもできる。
2021年10月15日 ストレートタイムズ紙 Westlite Jalan Tukang Dormitoryで、居住者2千人のうち推定500人が陽性だ。1,400人がセンコープマリンで働く。労働者の大半はワクチン未接種だ。シンガポールの寮居住者の90%以上が9月以降にワクチン完全接種で、この寮でなぜ大量の未接種者がいるかを労働省MOMは明らかにしなかった。「労働者の多くはシンガポールについてから何ヶ月も経っておらず、コロナとの共存に転換したシンガポールでの感染を恐れているのを理解する」労働者が国家ワクチンプログラムでのワクチン接種をするか、希望すれば労働者が受け入れるワクチンを接種するように、MOMは雇用主と働いている。
2021年10月15日 ストレートタイムズ紙 塾のダイレクターが昨年10月に職場でのマスク非着用で$300の罰金(composition sum)を支払っていなかった。3月まで同じ違反を9回繰り返していた。罰金は、裁判不要で、違反切符を解決するために払うものだ。最終的に、裁判所に召喚されて、有罪を認めた後に$2,700の罰金となった。
2021年10月14日 保健省 2,932人の新規感染者が見つかり、通算で138,327人になった。新規のうち、輸入が3人、市中感染が2,412人、寮居住者が517人。現在、1,511人が入院中(うちICUが46人)。15人が亡くなった。23歳の部分接種と、34歳の未接種が含まれている。両者は複数の既往歴があった。他の13人は、60歳から89歳。8人は未接種、5人は接種済み。全員が既往症があった。これまでに207人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は84%、1回接種は85%。
・Acacia Homeで3人、計11人。
・MY World Preschool @ Hougang Dewcourtで3人、計12人。
・MWS Christalite Methodist Homeで8人、計104人。
2021年10月14日 CNA ジュロンにある寮Westlite Jalan Tukangで、Covid-19健康手順違反、医療が利用できず、提供される食事がひどいとの申立を、労働省MOMが調べている。WeChatの国内バージョンであるWeixinでネット記事が火曜日に配信された。「MOMの初期調査では、陽性者を自室から回復施設に転送するのが遅れていたことが分かっている」ART抗原検査陰性を提示して、陽性患者の同室者が仕事に戻ることが許されていた。
診察を望む居住者は地域メディカル施設に毎日搬送され、テレメディスンを利用していいた。現地にモバイル医療チームが配備されていた。雇用主は1日に3度の食事の提供していたが、従業員に提供される食事の質のフィードバックだと強調した。
水曜午後に、寮に警官が配備された。スペシャルオペレーションコマンド車両4台、武装警察車両が道端に駐車していた。防護服を着て、赤いベレー帽をかぶった警官がいた。防護服を着た警官は午後5時50分に去った。営業停止していた寮内のスーパーは、午後6時に再開した。
2021年10月14日 ストレートタイムズ紙 塾や課外教室に出席する子どもの保護者がワクチン未接種であれば、チャイルドケアセンターとプレスクールと違って、ショッピングモールに入ることができない。エンタープライズシンガポールESGがストレートタイムズ紙に語った。「チャイルドケアセンターやプレスクールは、両親が仕事に戻るのに必須のサービスだ」接種済みの人に連れて行くように頼むなど、他の方法を探す必要がある。もしくはイベント前検査の陰性取得で、モールに入場できる。未接種者の入場の例外は、チャイルドケアと医療サービスで、アポのカードやレターのような証明を提示する。
2021年10月14日 mothership 10月13日に新しいワクチン差別化安全規制が始まった。ショッピングモールやアトラクションに、ワクチン未接種は入れない。大半がショッピングモール内にある映画館は、ワクチン未接種の選択肢を外し、未接種者は映画館で映画を見れなくなっている。独立映画館のProjectorも、完全接種方針になった。
未接種者の映画鑑賞では、24時間以内のイベント前検査での陰性証明で見れる映画館もある。
2021年10月14日 mothership シンガポールレストラン協会の会長が、店内飲食規制を緩めるように当局に呼びかけている。同一世帯の家族が、ワクチン完全接種であれば、子どもを含み、店内飲食できるように政府に求めている。
ワクチントラベルレーンで、シンガポール人は海外にでかけているが、海外からの渡航者は少なく、シンガポールが外食規制と安全管理規制のためだと述べた。
2021年10月13日 保健省 3,190人の新規感染者が見つかり、通算で135,395人になった。新規のうち、輸入が6人、市中感染が2,686人、寮居住者が498人。現在、1,507人が入院中(うちICUが46人)。9人が亡くなった。52歳から98歳だ。6人がワクチン未接種、2人が部分接種、1人が完全接種だ。52歳は部分接種で、複数の既往歴があった。これまでに192人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は84%、1回接種は85%。
2021年10月13日 ストレートタイムズ紙 ワクチン接種の入場チェックを、ショッピングモールが開始した。例外は、医療・チャイルドケアの利用者だ。12歳以下、Covid-19から回復した未接種、イベント前検査の陰性も、入場できる。10月19日までは猶予期間で、モールはチェックするが未接種でも入場を許可する。手作業での確認のため、入場に行列ができているモールもあった。12歳以下はスチューデントパスの提示、制服でない食品配達員は配達アプリのピックアップ表示、モール従業員はモール入場パスをみせなければならないとの注意が、モールのジャンクション8に張り出された。
入場後に各店舗で再度のチェックを受けるのは不必要との意見がある。
ワクチン未接種女性40歳は、猶予期間を最大限活用する。「人に会うために今週は毎日出かける。バウチャーも使い切る」来週から手に入れられないものを買いだめておく。「ブースターショットを受け続けなければいけないから、ワクチンは受けないわ」
2021年10月12日 保健省 2,976人の新規感染者が見つかり、通算で132,205人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が2,721人、寮居住者が251人。現在、1,619人が入院中(うちICUが42人)。11人が亡くなった。66歳から98歳。3人がワクチン未接種、6人がワクチン一部接種、2人がワクチン接種済み。全員が既往症あり。これまでに183人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は83%、1回接種は85%。
・United Medicare Centre (Toa Payoh)で6人、計99人。
2021年10月12日 mothership 10月19日以降にワクチン接種を完了していなければシンガポールでショッピングモールに入場できなくなることを受け、未接種者が入場を政府に求めるネット署名を行い、2日間で6千人が署名したが、その後、削除された。主催者が取り消したか、サイトが削除したかは不明。接種者はウイルス量が未接種者より高い、接種者と関わると危険などの主張が含まれていた。これに対抗する反対署名も始まった。
2021年10月12日 ストレートタイムズ紙 10月13日水曜日から、ホーカーとコーヒーショップで、ワクチン完全接種でなければ、店内飲食ができなくなる。ホーカーが、入り口を1つに統一したり、必須のアクセスポイントを設けたり、設備をフェンスで囲う必要はない。個別の店舗のような決まった場所で、未接種者は外食できないと顧客に指摘することが必要になる。未接種者は持ち帰りのみができる。規則が遵守されているか、政府は抜き取りチェックを行う。「取り締まりチームが周回し、飲食している特定の人にワクチンステータスを尋ねる」「未接種なら、勧告し、名前を控える。続けて飲食を続けたり、再び飲食しにあらわれれば、取り締まらざるを得ない」未接種高齢者が多く集まっているのに気づけば、査察を行う。「未接種の高齢者に、地域内で混ざらないようにするのが目的だ」
2021年10月12日 ストレートタイムズ紙 多くの医療従事者は、今まで以上に多くの患者の世話をし、残業し、休日なのに出勤に呼ばれ、トイレ休憩の時間もなく、極度の疲労をおこし、燃え尽きている。感染者数が急増した9月中旬以降のことだ。ある看護師は病院で担当するCovid-19病棟の患者が倍になった。以前は6人だったのが、今は12人だ。スタッフが検疫QOになれば、労働力は減り負担は増すが、ART抗原検査陰性なら出勤できるようになったことで多少緩和された。7月から9月末までに、Covid-19でない患者の救急の待ち時間が34%増加している。病棟のベッドが確保できるまで、救急で幾晩か過ごさねばならない患者もいる。労働力逼迫のため、900人がMOHに支援を求めた。現在、Covid-19死者の合計は172人だが、先月に100人以上が亡くなった。
2021年10月12日 ストレートタイムズ紙 ワクチン未接種者はホーカーを含めどこでも店内飲食ができなくなると先週土曜日に発表されてから、ワクチン接種にワクチンセンターを訪れる人が増えている。また、11カ国がワクチントラベルレーンに追加され、タンジョンパガーCCで米国人35歳が検疫無しでの米国渡航のために接種に来た。「もう2年も家族に会っていない」政府規制発表後に接種を受けに来た大半は、ブースターショットのためだと言う。12のワクチンセンターを運営するラッフルズメディカルはブースターショットが20%増加した。
2021年10月11日 保健省 2,263人の新規感染者が見つかり、通算で129,229人になった。新規のうち、輸入が8人、市中感染が1,949人、寮居住者が306人。現在、1,698人が入院中(うちICUが42人)。10人が亡くなった。73歳から93歳。4人がワクチン未接種、3人が部分接種、3人が接種済み。全員が既往症あり。これまでに172人が亡くなっている。過去28日の死亡者の28.7%は完全接種、71.3%は部分接種か未接種。
ワクチン完全接種は83%、1回接種は85%。
2021年10月11日 ストレートタイムズ紙 10月19日から、ワクチン未接種の12歳以下の子どもも、ワクチントラベルレーンVTLで旅行が可能になる。発表時には、隔離なしの渡航には含まれていなかった。
子どもの年齢はカレンダーによる。子どもはVTL条件を満たすVTL旅行者が同行していなければらない。ワクチン接種証明はデジタルだけが認められる。子どもはVTLの申請は不要。
隔離は不要だが、子どもも検査は必要。
6歳以下の子どもはTraceTogetherは不要。7歳から`12歳は、TraceToghetherトークンが発行される。
シンガポール入国には、Covid-19関連の医療入院保険で$3万の最低保障額の加入が必要。
2021年10月11日 国家環境局 (NEA) 10月8日から10日の間に、ホーカーセンターでの安全管理規制違反で、NEAは84人に取り締まりを行った。2人より多い人での集まり、1メートルの安全距離、マスクの未着用や下げていたことだ。対象のホーカーは、Newton Food Centre, Whampoa Food Centre, Haig Road Market & Food Centre, Golden Mile Food Centre, Hong Lim Market & Food Centre, and Chinatown Complex Market & Food Centreだ。
2021年10月10日 保健省 2,809人の新規感染者が見つかり、通算で126,966人になった。新規のうち、輸入が2人、市中感染が2,176人、寮居住者が631人。現在、1,613人が入院中(うちICUが41人)。9人が亡くなった。70歳から88歳。未接種が4人、部分接種が3人、完全接種が2人。全員が既往歴あり。これまでに162人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は83%、1回接種は85%。
2021年10月10日 ストレートタイムズ紙 ショッピングモールの入場にワクチン完全接種が求められるようになるのが、当初の10月13日から10月19日に延期された。また、ワクチン未接種者が、ビル内のチャイルドケアや医療サービスにアクセスすることも許す。
2021年10月10日 ストレートタイムズ紙 年末のスクールホリディに子どもとの旅行を希望していた人は失望した。ワクチントラベルレーンVTLは、双方向での検疫無しでの旅行を許すが、12歳未満にシンガポールはワクチン接種を許可していない。子どもを自宅において親だけで隔離SHNがないVTLフライトか、子どもと帰国時にSHNがあるVTLでないフライトかを決めないと行けない。
12歳未満の子どもへのワクチン計画は、来年初頭に発表となる。
2021年10月10日 ストレートタイムズ紙 Q: 新ルールで、感染者はバスルーム付きの部屋での自己隔離が引き続き求められていますか?
A: いいえ、使用後にバスルームとトイレを適切にきれいにできれば、必要ないです。陽性者は生活環境について、当局から尋ねられる。自宅での隔離か、コミュニティ隔離施設につれていかれるかの、アドバイスを受ける。未接種の高齢者と同居していれば、高齢者を感染から守るために、施設に移される。
Q: ヘルスリスクワーニングHRWを受けた場合、自販機にART検査キットを取りに自宅を離れられますか?
A: はい。ARTキットを取りに行くのは認められます。移動困難なため、自分で取りにいけない場合には、People's Associationやボランティが支援します。
Q: PCR検査の頻度が下がったのはなぜ?ARTの感度が低いのに、なぜシンガポールはARTを使うのか?
A: デルタ変異種は、急速にウイルス量が増加し、患者を他の人に感染させるようになる。このため、ARTがウイルスを良く探知できるようになる。
現在、濃厚接触者で検疫になった10%が感染を確認されている。このうち、10人中8人が検疫開始時に陽性で、残りは検疫中に陽性となっている。
2021年10月9日 保健省 3,703人の新規感染者が見つかり、通算で124,157人になった。新規のうち、輸入が3人、市中感染が2,868人、寮居住者が832人。現在、1,569人が入院中(うちICUが40人)。11人が亡くなった。56歳から90歳。4人がワクチン未接種、3人が部分接種、4人が接種済み。これまでに153人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は83%、1回接種は85%。
2021年10月9日 シンガポール首相府 リー・シェンロン首相によるシンガポールのCovid-19アップデート
みなさん全てが不安になっているのを理解しています。そのため、私が直接みなさんに話しかけることにしました。
当初のアプローチ「ゼロCOVID」
当初のアプローチは、シンガポール人がCovid-19にできるだけさらされないようにすることでした。当時「ゼロCovid」は正しい戦略でした。当時はまだワクチンを接種していなかった。免疫がほとんど無く、感染すれば重症化した。ウイルスの伝染力はそこまで強くなかったので、感染連鎖を断ち切るのに規制はうまくいった。多くの国で起きた多くの死者を避けられた。世界中で死亡率が最も少ない国の一つだ。
ワクチン接種のおかげで、98%は軽症か無症状で、2%はあまり深刻ではない症状、0.2%が死亡かICUが必要な人だ。
デルタ変異種の登場が状況を変えた。全住民がワクチンを接種しても、ロックダウンや安全管理基準で撲滅できない。厳格な規制でCovid-19を抑えても、ゆるめるとすぐにウイルス感染が戻ってくる。Covidへのシンガポールでの免疫は低い。ワクチンを接種しても、感染リスクがシンガポールではある。これが感染者が多い理由だ。
だが、シンガポールはロックダウンを永久に続けることはできない。戦略を「Covid-19との共存」に変えた。
次のステップ
我々のマインドセットを更新する必要がある。Covid-19に恐れて麻痺してはいけない。注意をはらい安全管理規制を守って、できるだけ通常通りに日々の活動をうしよう。ワクチンによって、Covid-19は治療可能で、我々の大半には軽症の病気になった。脅威は、未接種ならは60歳以上、接種済みなら80歳以上になった。98%は、インフルエンザのように自宅で回復できる。
多くの人は自宅療養に不安がある。他の家族の人へのリスクを恐れている。悪化した時に、自宅で適切な治療を受けるか心配する。不安を理解します。在宅療養にいるすべての人が必要な治療をうけられることを、私に約束させてください。以前、サービス供給は不十分だったが、修正し正しくした。入院が必要になれば、そこに連れて行く。
Covid-19は管理可能な病気になったので、健康手順を単純化する。
遅かれ早かれ、我々全員は感染する。全ての高齢者も感染し、リスクは現実的なことを意味する。感染者数が増えるにつれ、高齢者数も増える。もし1日に5千人が感染すれば、毎日100人が重症化する。医師や看護師はベストを尽くしているが、肺炎のように、少なくない人は亡くなる。毎年、シンガポールで4千人が肺炎で亡くなっている。大半が高齢者で他の基礎疾患がある。次の数週間か数ヶ月で、死者数は上昇を続ける。
12歳未満には承認されたワクチンはない。子どもは重症化しにくいが、両親は心配している。米国での子どもへの試験接種状況を見ている。ワクチンが承認され、シンガポール恩専門家が安全と納得すればただちに、子どもへの接種を始める。
今からの数ヶ月は苦しいものになる。数週間、感染者数は上昇を続けると予測している。医療制度は圧力を受ける。デルタを遅らせることはできても、止めることはできない。ある点で、波は横ばいになり、感染者数は減少を始める。いつかは正確にはわからないが、他国の経験から、数ヶ月以内と期待している
この感染爆発が安定した後に、今後も波をみるかもしれない。とりわけ新しい変異種が現れたときだ。感染が拡大すれば、ブレーキをかける必要があるかもしれない。しかし、未来の感染拡大には対処可能だ。医療キャパは拡大し、より多くの人がウイルスにさらされ回復することで、免疫が上がる。拡大は素早くなくなる。
どうすれうばこのニューノーマルに達したと我々は知れるのか?行動規制が緩和され、感染者数が安定し、病院が正常化し、群衆が戻ってきたときだ。ヨーロッパの数カ国はこの状態に達したが、そこに至るまで多くの命を失った。シンガポールでは少なくとも3ヶ月はかかる。ニューノーマルには6ヶ月かもしれない。
2021年10月9日 保健省 シンガポールは9月27日に安定化フェーズに入り、感染率を抑え、医療制度を守っている。ワクチン未接種の高齢者は、人口の1.5%だが、ICUが必要か死亡する2/3を占めている。未接種者を守るために、ワクチン差異化安全規制を拡大する。
シンガポールの状況
98.8%は軽症か無症状だ。ワクチン接種によるものだ。83%が2度の接種を終えている。過去2週間での423人の重症者は、53.9%がワクチン未接種で、残りは併存疾患がある接種者だ。
ICUが必要な人は、感染者数と同じ割合で伸びている。過去2週間で51人の新規ICUがあった。その2週前は、32人だった。
在宅回復プログラム
9月15日の開始から、19,000人が自宅で療養している。うち8千人以上が完全に回復した。ワクチン未接種の12~49歳にも、在宅療養を拡大する。ワクチン接種の70~79歳も、自宅の馴染みがある環境での回復が安全だ。
5歳~11歳にも、在宅療養を拡大する。1~4歳にも、病院で診察を受け在宅療養が向いていると判断されれば、在宅療養になる。
10月10日から、下記グループ以外が在宅療養が基本となる。
a) 50歳以上のワクチン未接種か部分接種。
b) 80歳以上のワクチン接種者。
c) 1歳未満の子ども、在宅療養が適さないと診察された1~4歳。
在宅療養にいる人は24/7の医療支援を受けられる。PHPC医院、ポリクリニックに加えてテレメディスン事業者が利用可能だ。医療以外の支援は、在宅回復バディホットライン(68744939)に連絡すること。
ウイルス量は時間とともに減少する。ワクチン接種済みの人と、未接種の子どもは、未接種者より早い。診断を受けてからの時間に基づいて、更なる検査は無しに、治療は終了になる。ワクチン接種者と12歳以下は、在宅療養期間が10日間だが、未接種者は14日間だ。期間終了後に、治療終了電子メモが発行される。7日目での、PCR検査陰性か低ウイルス量での治療終了は、プロセス単純化のために、止めになる。
ワクチン差異化安全管理基準の拡大
陽性患者が頻繁に外食をしていたのが疫学調査で分かっている。未接種者を含み、後に重症化する。未接種者を守り、医療制度の過負荷を減らすために、ショッピングモール・アトラクション・ホーカーセンター・コーヒーショップ利用に、ワクチン接種を必要にする。ワクチン接種確認を実行できる企業は、そうすることを勧める。(Annex: 12歳以下、回復した人、イベント前陰性証明をもつワクチン未接種者は、グループの2人に含められる。2人グループの中に12歳以下の子どもが1人より多くいれば、子ども2人は同じ世帯からでなければならない。12歳より大きい人は、異なる世帯の子どもとも同席できる。大規模イベントでは、イベントサイズの20%が子どもの数の上限だ。)
ホーカーとコーヒーショップで店内飲食ができるようになるのは、レストランと同じように、ワクチン完全接種者のみになる。未接種は持ち帰りができる。ショッピングモールとアトラクションへの入場も、2人のワクチン完全接種者のみができる。
検査手順
検査手順を単純化する。目的は、具合が悪く症状がある人に、PCR検査を確保しておくことだ。コミュニティ検査や、接触追跡管理のような、体調が優れている人には、ART抗原検査を利用する。
手順を合理化する。
プロトコル1: 具合が悪い陽性者は、医師の診察を受けるべきだ。在宅療養に標準でおかれ、自宅環境が適さなければ、適切なケア施設で回復する。ワクチン接種しているか12歳以下であれば10日間隔離、ワクチン未接種なら14日間隔離となる。期間終了後に、追加検査無く、治療終了となる。
プロトコル2: 具合が良く検査陽性な人は、次の72時間を自宅で自己隔離する。72時間後、再検査し、陰性なら隔離を終え、通常活動に戻る。具合が悪くなれば、医師の診察を受ける。
QO検疫、HRA、HRWとリスクによって複数の行動規制があったが、HRW(ヘルスリスクワーニング)に一本化する。発行から7日間有効で、ART自己検査による。
プロトコル3: HRW通知を受けるのが1日目(Day 1)。即座に自己隔離すべきで、ART抗原検査で検査すべき。ART検査結果を、通知に基づいて、アップする。陰性であれば、通常活動を続けられる。その後、2日目から7日目まで、外出前には、ART陰性でなければならない。ART陽性になれば、プロトコル2に従う。7日目に、ARTで検査をし、陰性であれば、それ以上の検査は不要。
10月11日から改訂プロトコルは開始になる。
10月22日から12月7日まで、ART抗原検査キットを、各家庭に10個を郵便で配布する。
旅行
国のカテゴリを見直す。10月12日23時59分から有効。
ワクチントラベルレーンの拡大
ブルネイとドイツからのワクチントラベルレーンでは、2千人近くが入国し、2人のみの感染者が確認された。到着時陽性で即隔離された。カテゴリIIの8カ国に拡大する。カナダ・デンマーク・フランス・イタリア・オランダ・スペイン・英国・米国だ。10月19日入国から。10月19日入国から、出発48時間前PCR検査陰性と、到着時検査のみでよい。3日目、7日目のPCR検査は不要になる。
ブースター接種
10月9日から、ワクチン接種から6ヶ月たった現業職と医療従事者に、ブースター接種を提供する。接種から6ヶ月たった30歳以上にも、SMSで接種の案内をする。どのワクチンセンターやPHPC医院でも接種可能。
2021年10月8日 AsiaX COVID-19の違反により、36飲食店が閉鎖、3つのナイトライフ店がライセンス取り消し
タンピネス・モールのコピティアムとシティ・スクエア・モールのトーストボックスなど、COVID-19の安全管理措置に違反したとして、9月中旬以降、36の飲食店に閉店を命じた。
2021年10月8日 保健省 3,590人の新規感染者が見つかり、通算で120,454人になった。新規のうち、輸入が0人、市中感染が2,825人、寮居住者が765人。現在、1,564人が入院中(うちICUが41人)。6人が亡くなった。67歳から93歳。2人がワクチン未接種、3人がワクチン部分接種、1人がワクチン接種済み。これまでに142人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は83%、1回接種は85%。
・MWS Christalite Methodist Homeで13人、計89人。
・ASPRI-Westlite Papan Dormitoryで32人、計229人。
2021年10月8日 リー・シェンロン (Facebook) Covid-19の状況とニューノーマルへの進路について、シンガポール人に演説を行う。Facebookページで見れるし、メディアコープで報道する。買いだめしたり、外食に急ぐ必要はないので、通常通りに。
2021年10月8日 シンガポール運輸省 (MOT) シンガポールと韓国は、ワクチントラベルレーン(VTLs)を共同開始することに合意した。11月15日から。パンデミック前、週に64便が飛び、年に160万人が行き来していた。チャンギ空港とインチョン空港の間を、ワクチン完全接種者は、隔離SHNの代わりにPCR検査で旅行できる。渡航目的に制約はない。ワクチンの相互認証に同意した。ワクチン接種証明書があれば、相手国でもワクチン差異化規制を受けられる。
2021年10月8日 ストレートタイムズ紙 今年上半期の職場感染は82件に上った。全件がCovid-19だった。労働省MOMが発言。2017年~19年は、各年は1,2件だった。2020年上半期は6件、下半期は28件だった。
2021年10月7日 保健省 3,483人の新規感染者が見つかり、通算で116,864人になった。新規のうち、輸入が8人、市中感染が2,783人、寮居住者が692人。現在、1,534人が入院中(うちICUが40人)。3人が亡くなった。57歳から90歳。1人はワクチン未接種、2人がワクチン接種済み。これまでに136人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は83%、1回接種は85%。
・United Medicare Care (Toa Payoh)で15人、計50人。
・Tampines Dormitoryで35人、計216人。
2021年10月7日 ストレートタイムズ紙 テレグラムの"Singapore Suspected Vaccine Injuries"では、シノファーム接種後の頭痛と胸苦しさをイベルメクチンが和らげたと言うユーザーがいる。アンチワクチン団体tの関係が糾弾されたFront Line Covid-19 Critical Care Allianceが出した記事を引用して、ワクチン接種後の治療にイベルメクチンを使うように、メンバーに促した。マウントエリザベスの医師は、これまでに見たレポートの多くは、通常の服用よりはるかに多くの服用を促していると指摘した。1回の経口服用で、体重1キロにつき0.15mgだ。その後の服用は、必要に応じて3から12ヶ月後だ。入院した65歳女性は、$110でイベルメクチン1,000錠を友人から買っていた。服用開始の2日目に入院するまでに、3mgの錠剤を4つとっていたと思われている。チャットグループの多くのメンバーは、インドのサイトからイベルメクチンを購入していた。
2021年10月7日 ストレートタイムズ紙 65歳の祖母がイベルメクチン服用後に入院した事件と関連して、違法販売と供給を調査していると、健康科学局HSAは発言した。捜査の詳細は明らかにされなかった。
女性は、Covid-19を予防すると教会での友人にアドバイスを受けて服用した後に入院した。友人は、チャーチグループのメンバーからイベルメクチン1,000錠の注文を集めていたと言われている。違法薬物の販売は、$5万の罰金、2年以内の刑務所、もしくはその両方だ。
2021年10月7日 ストレートタイムズ紙 小学校3年と4年の年末試験はキャンセルとなった。10月11日(月)から、小学校3年から6年の対面授業は再開する。小学校1年と2年は10月13日(水)からだ。教育省MOEが発表した。「Covid-19で生じた混乱での履修課程を取り戻すのにより多くの時間を考慮した」パンデミックが始まってから、試験がキャンセルされたのは今回が初めてだ。影響を受ける生徒は7万人になる。
2021年10月6日 保健省 3,577人の新規感染者が見つかり、通算で113,381人になった。新規のうち、輸入が15人、市中感染が2,932人、寮居住者が630人。現在、1,520人が入院中(うちICUが37人)。3人が亡くなった。68歳から102歳。全員がワクチン未接種。これまでに133人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は83%、1回接種は85%。
・MWS Christalite Methodist Homeで23人、計76人。
・ASPRI-Westlite Papan Dormitoryで29人、計196人。
・9 Defu South Street 1 Dormitoryで21人、計263人。
2021年10月6日 CNA 離婚した妻が、16歳の娘のCovid-19ワクチン接種に強く反対しており、「代替手段が残っていない」として接種のための裁判所命令を男性が求めた。女性が男性の法定費用を負担することを求めている。子どもが未成年のため、原告と被告の名前は非開示。2003年にシンガポールで結婚し、男性は永住者PRで、女性はシンガポール人。3年の別居後の2015年に離婚した。仮判決で娘に共同親権を持っている。娘はワクチン接種を望む供述書を出している。「感染しても重症にならない可能性が高まる」旅行、外食、映画鑑賞も希望している。母親は出廷しなかった。
2021年10月6日 ストレートタイムズ紙 デルタを含む知られている全変異種に有効な抗ウイルス薬の供給・購入同意にシンガポールはサインをした。メルク(MSD)社が開発した。国内承認が得られれば、シンガポールで利用が可能になる。名前はモルヌピラビル。遺伝子コードに過ちを作ることで、ウイルスが自分の複製をつくる時に必要な酵素を狙う経口薬だ。ウイルスのポリメラーゼとして知られるこの酵素は、変異種を超えて保存されており、ガンマ・デルター・ミューにかかわらず効果がある。感染初期の投与が最も効果的だ。中間結果では、入院や、重病化した患者の死亡を半数に抑える可能性がある。米国緊急使用承認をできるだけ早くメルク社はとる計画で、世界中の規制当局に承認申請を行う。豪州は30万錠の購入で同意した。
2021年10月5日 保健省 3,468人の新規感染者が見つかり、通算で109,804人になった。新規のうち、輸入が6人、市中感染が2,767人、寮居住者が713人。現在、1,512人が入院中(うちICUが34人)。9人が亡くなった。64歳から90歳。3人がワクチン未接種、2人がワクチン部分接種、4人がワクチン接種済み。これまでに130人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は83%、1回接種は85%。
・United Medicare Centre (Toa Payoh)で7人、計14人。
・ASPRI-Westlite Papan Dormitoryで11人、計167人。
・Jurong Penjuru Dormitory 2 で13人、計101人。
2021年10月5日 保健省 老人ホームへの訪問を、9月13日から10月11日まで一時停止すると案内していたが、それを10月24日まで延長する。
2021年10月5日 ヤフーシンガポール mRNAが「信仰に反している」としてイベルメクチンを服用した患者とその友人がいる教会が、「公式に処方されたものを服用することで自分をCovid-19ウイルスから守って欲しい」と呼びかけた。「公式のセンターで利用可能な当局が承認したワクチンのみを接種して欲しい」主任司祭は、自分がワクチン接種を受けた経験を共有し、「全ての信心深い人はコミュニティへの善としてワクチンを接種して欲しい」と促した。だが同時に接種は「個人の選択に任され」ており、個人を強制することはできないともした。
2021年10月5日 健康科学局HSA Covid-19の予防や治療目的で、イベルメクチンを輸入や服用しようとする人々がいることに、HSAは気づいている。シンガポールでの治療方法は寄生虫感染のみで、処方箋が必要な薬だ。イベルメクチンがCovid-19に有効なことを証明する治験からの科学的証拠は、今日までない。イベルメクチンを自分で服用するのは危険だ。副反応には、嘔吐・下痢・腹痛・神経有害事象(目まい・発作・精神錯乱)・血圧の突然の低下・入院が必要な深刻な皮膚発疹・肝臓損傷(肝炎)が含まれる。服用後の入院事例の報告もある。
イベルメクチンを含む薬の違法販売・供給に携わった人に重大な関心をもっており、強力な強制執行を行う。薬物の違法販売にの有罪者は、健康商品法で、$5万までの罰金、もしくは2年以下の刑務所、もしくはその両方となる。違法販売の情報を持っている人は、HSAの強制執行局、電話6866-3485かメール hsa_is@hsa.gov.sg に通報できる。
2021年10月4日 保健省 2,475人の新規感染者が見つかり、通算で106,318人になった。新規のうち、輸入が15人、市中感染が1,859人、寮居住者が601人。現在、1,355人が入院中(うちICUが35人)。8人が死亡。60歳から94歳。3人がワクチン未接種、5人がワクチン接種済み。これまでに121人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は82%、1回接種は85%。
・Learning Vision @ Changi Airportで3人、計12人。
・ASPRI-Westlite Papan Dormitoryで25人、計156人。
・PPT Lodge 1B Dormitoryで14人、計124人。
2021年10月4日 mothership (ST) イベルメクチンを、コロナ予防のために服用した女性が、嘔吐・関節痛・歩行困難のため、入院した。シンガポールではイベルメクチンは医師の処方が必要で、違法な販売や供給は刑罰の対象になると健康科学局HSAは警告している。教会の友人から「mRNAは宗教に反している」と説得された。娘は、mRNAでないシノファーム接種を予約したが、一度目の接種を受けた所で「タブーで、2度接種すると天国にいけなくなる」と言われた。イベルメクチンはワクチンとCovid-19を清めるのを助けると友人が説得していた
2021年10月4日 ストレートタイムズ紙 (AsiaX) 先週の10月1日(金)~3日(日)にかけて、ホーカーセンターでの安全管理措置に違反したとして、警察と国家環境庁(NEA)の担当者が計188人を摘発した。2名以上のグループで集まっている、1mの安全な距離を保っていないなどが判明した。また、マスクを着用していない、マスクを下げている、22時30分を過ぎてもアルコールを飲み続けていた人もいたとのこと。初回は300Sドル(約2万5.000円)、2回目は1,000Sドル(約5万円)の罰金が科せられる。
2021年10月3日 保健省 2,057人の新規感染者が見つかり、通算で103,843人になった。新規のうち、輸入が8人、市中感染が1,676人、寮居住者が373人。現在、1,337人が入院中(うちICUが35人)。6人が亡くなった。68歳から91歳。2人がワクチン未接種で、4人が接種済み。これまでに113人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は82%、1回接種は85%。
・Avery Lodgeで24人、計439人。
・MWS Christalite Methodist Homeで19人、計50人。
・North Coast Lodgeで29人、計411人。
・9 Defu South Street 1 Dormitoryで22人、計240人。
2021年9月14日 保健省 Covid-19ワクチン専門家委員会は、医療的に接種ができないのは、これまでにワクチンでアレルギーがおきたことがある人だけだと勧告している。大多数の個人はmRNAワクチン接種に適している。
2021年9月14日 保健省 mRNA Covid-19ワクチンの初回接種で、7,100人にアレルギー反応が起きた。2回目の接種にはSinovacを勧めている。4つの公営病院で3,900人が接種した。待ち時間は2~4週間だ。
初回接種でアレルギーを起こした人は、2度目にmRNAを勧められない。2度目の接種に再評価を希望すれば、自費で診断書を取得できる。ワクチン提供の医師がその評価に合意すれば、2度目の接種をmRNAでできる。
2021年9月14日 保健省 ワクチン完全接種者は、回復が早く、伝染させる期間が短い。ウイルス量が未検出か非検出性になるまで減少するのは、発症後10日以内だ。未接種だと平均15日かかる。しかし、感染させる期間の間、接種者と未接種者で他の人に伝染させる可能性は同じだ。
2021年10月3日 ストレートタイムズ紙 シンガポールで「ロングコビット」(後遺症)を発症させたワクチン接種者は、これまで極少数だ。半数に減少しているとの海外データとも一致する。回復後も長期に渡って、後遺症を経験することを指す。4週間以上、倦怠感、息切れ、胸痛、関節痛、思考が遅れることを含む。だが、ワクチン接種者は、未接種者と比べて後遺症をおこす可能性が半分になる。国家感染症センターNCID調査。海外では後遺症になった接種済み感染者はいるが、シンガポールでは少数だ。ワクチン接種後に感染して重症化するのはまれで、接種者は長期間の合併症から守られているからだ。
しかし、今後もこれが続くかは時間をかけた注意深い研究が必要だ。以前のNCIDの研究では、ワクチン未接種の回復者10人中1人が感染から6ヶ月たっても症状が残っていた。即断するには早いが、NUHでのワクチン接種感染者で、後遺症がある感染者はいないとNUH教授は言う。ロングコビットのメカニズムはまだ解明されていないが、感染5日目移行にワクチンがウイルス量を減らしているかもしれず、免疫応答を刺激する抗原刺激を減らしている可能性がある。これが自己免疫や他の種類の反応を引き起こしている。後遺症は、インフルエンザなどの他の病気でも見られる。
2021年9月14日 保健省 7月22日から8月18日(フェーズ2行動警戒期間)に、Covid-19ホットラインに111,062コールを受け取った。ピーク時に電話の1/4がある。その間に、19,735の取られなかった着信があり、そのうち9.9%の11,013はつながるまでに電話が切られた。1%の901通話は、つながるまでに30分以上待った。
2021年10月2日 保健省 2,356人の新規感染者が見つかり、通算で101,786人になった。新規のうち、輸入が6人、市中感染が1,938人、寮居住者が412人。現在、1,422人が入院中(うちICUが31人)。4人が死亡。55歳から80歳。全員がワクチン未接種。これまでに107人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は82%、1回接種は85%。
・Toa Payoh/ Kim Keat Avenue dormitoryで1人、計22人。
・ASPRI-Westlite Papan Dormitoryで12人、計127人。
Avery Lodgeで18人、計415人。
・Blue Stars Dormitoryで41人、計483人。
・Woodlands Dormitoryで38人、計392人。
・Tampines Dormitoryで34人、計153人。
・Jurong Penjuru Dormitory 2で23人、計69人。
2021年10月2日 保健省 国内状況のアップデートと、国境管理を国内手順に合わせる変更
感染者の98%は軽症か無症状で、ICUが必要か亡くなったのは0.3%だ。ワクチン接種の成果だ。規制強化して1週間たち、感染者数は上昇しているが、上昇率はゆるやかになってきている。感染者数が倍になるのに、8日だったのが10日に伸びてきている。
現在の軌跡のままだと、1日3,200人の感染者数にすぐに達し、10月中旬に5千人となるのを観測することが始まる。しかしながら、大多数は無症状か軽症で、在宅療養が適している。ICU率は0.2%と少ないが、人数が多いため、絶対数も増える。現在はICUベッド利用は34人だが、数は上昇すると見込んでいる。
ワクチンが重症化を抑える強固なエビデンスがある。ワクチン完全接種者は、未接種者より、ICUや死亡する可能性が14倍小さい。0.12%と1.67%だ。高齢者、特に未接種の高齢者を心配している。60歳以上の高齢者の感染比率は、過去28日間で、27%から32%と安定している。
過去1週間で、4つのCovid-19治療施設CTFを立ち上げた。580のベッドになる。9施設まで拡大させ、10月末には3,700ベッドにする。緻密な観察が必要だが、病院治療が要らない高リスク患者のためのものだ。無症状か軽症だが、併存疾患がある高齢者が一例だ。
ブースターショットの対象拡大を議論している。医療従事者、現業職、脆弱者がいる環境の人がが想定される。
10月6日23時59分から、過去14日間の滞在歴に従って入国者の渡航規制が決まる。従来は21日間だった。デルタ変異種の潜伏期間が短いからだ。国のカテゴリの組み換えを行う。日本をカテゴリII(自宅隔離SHNで隔離期間7日間)とする。他にカテゴリIIになるのは、チェコ、デンマーク、フランス、フィンランド、イタリア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポルトガル、スペイン、スウェーデンもだ。
カテゴリIIIとIVからの入国は、隔離SHNが10日間になる。従来は14日間。カテゴリIIIからの入国で、ワクチン完全接種者は、自宅隔離SHNを選択できる。自宅隔離SHNには、自宅を1人で使っているか、世帯員が同一旅程のSHNでワクチン接種済みであることが必要だ。ワクチン完全接種でなければ、10日間の施設隔離SHNになる。自宅隔離SHN期間中は電子監視装置の着用が必要になる。
7日間のSHN施設利用は$1,000。10日間は$1,450。
全ての就労ビザ所持者と学生ビザ所持者が、シンガポール入国前に、ワクチン完全接種であるいことを求める。11月1日から。(編注: 学生はこれまでワクチン接種証明が不要でした。また建設などの一部業界もワクチン接種証明が不要でした)ファミリータイレーンでのシンガポール入国には、完全ワクチン接種者が11月1日から優先される。メイド・Sパス、建設・海洋・プロセスでの入国を再開する。入国に、3ヶ月から6ヶ月の待ち時間がかかる可能性がある。
Covid-19輸入感染の危険が低い産業イニシアチブでの入国には、ワクチン接種証明が不要となる可能性がある。入国後2ヶ月以内に接種を終わらせることが条件だ。
入国のためのワクチン条件は、18歳未満には適応されない。12歳から18歳のワクチン未接種者は入国できる。条件は、入国後2ヶ月以内にワクチン接種をすることだ。医療的にワクチン接種ができないビザ所持者は、入国許可の申請前に、免除を申請でき、医師の診断書が必要になる。
海外でワクチン接種を受けた人は、国家免疫登録NIRに自己隔離か隔離SHNを終えて14日以内に、登録する必要がある。海外での接種証明と、公的医療期間での血清検査陽性が必要だ。提出できなければ、ビザは停止になり破棄となる。
2021年10月2日 ヤフーシンガポール シンガポールの多くの人は結局はCovid-19に感染するし、そのことを恐れたり当惑する必要はない、とローレンス・ウォン大臣が発言した。「無症状か軽症で、数日後に自宅で回復する」しかし、2%は重症化する。2%は小さく見えるが、「感染した多くの人々からの2%は、大規模グループだ」と言った。
シンガポールは行動再開計画とCovid回復国家にコミットしていると繰り返した。
2021年10月1日 保健省 2,909人の新規感染者が見つかり、通算で99,430人になった。新規のうち、輸入が12人、市中感染が2,079人、寮居住者が818人。現在、1,356人が入院中(うちICUが34人)。8人が死亡。66歳から96歳。4人がワクチン未接種、2人が部分接種、2人が接種済み。これまでに103人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は82%、1回接種は85%。
・ASPRI-Westlite Papan Dormitoryで18人、計115人。
・9 Defu South Street 1 dormitoryで61人、計212人。
・PPT Lodge 1B Dormitoryで11人、計84人。
・Avery Lodgeで28人、計397人。
・Blue Stars Dormitoryで21人、計442人。
・North Coast Lodgeで14人、計379人。
2021年10月1日 ストレートタイムズ紙 ジュロンウェストセントラル・アルジャニード・べドックノース・タンピネスイースト・センカンタウンセンター・ウッドランドイーストが、過去3日間に、感染者がしばしば訪れた場所としてハイライトされた。地図の公開はこちら。 https://covidsitrep.moh.gov.sg/ 12のサブゾーンが、しばしば訪れた場所になっている。
多くの人が住んで移動している、郊外や住宅地区感染が一般的になっているのを、NUS公衆衛生学部長は予期していたので、地図が示す感染者の集中は驚くべきことではないと、言う。
2021年10月1日 ストレートタイムズ紙 国家環境局NEAは、ホーカーセンターでの飲食を避け、持ち帰りをすべきだと高齢者に促した。昨日には、統合医療局AICが、高齢者とその世帯員に、今から4週間は自宅にとどまるように勧告した。
「今は、ホーカーで食事や飲み物で歓談するのは、避けるべきだ」居残ってルールを軽視しているグループがあると、特定のホーカーでのフィードバックをNEAは受けていると語った。マーケットとホーカーで取締を強化しており、300以上の罰金を出した。ホーカー店主の98%はワクチン接種済みだ。
2021年10月1日 ストレートタイムズ紙 高齢者は危険に気づいているが、自宅で閉じ込められているように感じると、ST紙に語った。「耐えられない。監獄にいるようだ」「何をしたら良いかわからない。テレビは退屈だ」感染は怖くないのか、特に90歳の母親と住んでいるのにと尋ねられると、65歳男性はどこかで感染するかもしれないと答えた。本人と母親はブースターショットを待っている。
賃貸ブロックにいた、76歳男性は同じブロックの4人の老人とボイドデッキを囲んでいた。別々のベンチに座り、新聞を読み、携帯を見ていた。5人全員はワクチン接種済みで、ブースターショットを接種済みか待っている。「家にいても話し相手がいない」独身で清掃員としてパートで働く男性が答えた。「ウイルスは怖くないよ。近づいて座ってないし、注意深いし、マスクもちゃんとしてる」
2021年9月30日 保健省 2,478人の新規感染者が見つかり、通算で96,521人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が2,022人、寮居住者が452人。現在、1,360人が入院中(うちICUが34人)。2人が死亡。79歳と87歳。共にワクチン未接種。様々な既往歴があった。これまでに95人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は82%、1回接種は85%。
・MWS Christalite Methodist Homeで20人、計29人。
・ASPRI-Westlite Papan Dormitoryで12人、計97人。
・9 Defu South Street 1 dormitoryで13人、計151人。
・Cochrane Lodge 2 Dormitoryで14人、計62人。
・PPT Lodge 1B Dormitoryで11人、計73人。
・Kian Teck Hostelで13人、計62人。
・Avery Lodgeで19人、計369人。
・Blue Stars Dormitoryで16人、計421人。
・Woodlands Dormitoryで35人、計348人。
・North Coast Lodgeで16人、計365人。
2021年9月30日 保健省 4月1日以前に2度目の接種を終えた60歳以上は、ブースターショット接種に、事前予約が10月1日から不要になる。
イスラエルの国家全土でのブースターワクチン展開データから、60歳以上のブースター接種は、追加での安全の心配なしにCovid-19からの保護を維持することを示している。対象の高齢者は接種を受けるように促す。
2021年9月30日 ストレートタイムズ紙 リジェネロンとロシュが開発した抗体カクテル療法が、10月に届く。国家感染症センターNCIDが答えた。中程度の症状だが、重症化の危険性がある患者に使われる。軽症から中程度の患者への治療に、パンデミックスペシャルアクセルルートPSARでの暫定承認が健康科学局HSAで9月21日に降りた。18歳以上で、酸素吸入を必要としていないが、重症化する進行がある危険がある患者への治療法だ。
2021年9月30日 ストレートタイムズ紙 ロイヤルカリビアン(クルーズ)の12歳以上の予約には、出航する時にワクチン完全接種が必要になる。10月1日からの新規予約に適応。クルーズもう1社のドリムクルーズでは、現在はワクチン接種は求められていない。だが、船内レストランでの食事にはワクチン完全接種が必要だ。
2021年9月29日 保健省 2,268人の新規感染者が見つかり、通算で94,043人になった。新規のうち、輸入が10人、市中感染が1,810人、寮居住者が448人。現在、1,335人が入院中(うちICUが34人)。8人が死亡。72歳から90歳。6人がワクチン未接種、1人が一部接種、1人が完全接種。全員が既往歴あり。これまでに93人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は82%、1回接種は85%。
・Kian Teck Dormitoryで10人、計60人。
・Avery Lodgeで21人、計277人。
・Tampines Dormitoryで12人、計104人。
・Woodlands Dormitoryで50人、計314人。
・North Coast Lodgeで37人、計350人。
2021年9月29日 ストレートタイムズ紙 同僚のCovid-19ワクチン証明を編集して、名前を自分のものに書き換えた中国人30歳が、オーチャードセントラルのTanuki Rawで友人と食事をするために、偽造書類を使った。店は偽造を見抜いて、入店を拒否していた。偽造の罪を認め、3週間の刑務所になった。ワクチン証明偽造で起訴された最初の人だ。
もともと、米国での展示会に参加予定だったが、入国14日前までに中国にいた外国籍は米国入国に制限があったため、米国に渡航する前にシンガポールに14日間以上滞在することにした。2人の同僚中国人は、被告の到着前に、ラッフルズメディカルで、血液検査をしワクチン証明の認証を受けていた。認証の写真を被告に送っていた。レストランは、認証番号が同じであることに気づき、食事中の3人を追い出した。弁護人は、被告はSinovacを接種しており、思慮のない過ちをしたと言った。
2021年9月29日 ストレートタイムズ紙 老人ホームで、職員の検査が、2週間に1回から週に2回になる。9月27日から全ての居住者に検査を実施する。
居住者か職員に検査陽性がでた場合に、感染抑制のためにゾーンを分離する。相互に行き来しないようにする。
高齢で脆弱なため、大半の居住者は病院で治療と経過観察を受ける。容態が安定していれば、地域治療施設への収容になる人もいる。
感染者が発生した老人ホームでは、インシデント・レスポンスチームが組織される。感染者探知と封じ込めのためだ。
老人ホーム内の看護チームかモバイルチームが、ワクチン接種を行う。
2021年9月28日 保健省 2,236人の新規感染者が見つかり、通算で91,775人になった。新規のうち、輸入が10人、市中感染が1,711人、寮居住者が515人。現在、1,325人が入院中(うちICUが30人)。これまでに85人が亡くなっている。死者が5人、74歳、73歳、69歳、79歳、77歳。2人がワクチン未接種、1人がワクチン部分接種、2人がワクチン完全接種。全員に既往歴あり。
ワクチン完全接種は82%、1回接種は85%。
・Man Fatt Lam Elderly Joy Daycare Centreで2人、計11人。
・Pasir Panjang Wholesale Centreで6人、計106人。
・Avery Lodgeで15人、計256人。
・Blue Stars Dormitoryで20人、計401人。
・Woodlands Dormitoryで40人、計216人。
2021年9月28日 ストレートタイムズ紙 Covid-19の影響で、シンガポール人口が減少した。2年連続での減少で、2020年の569万人が、今年6月に545万人になった。4.1%減少は1950年以来で最大だ。人口減少は三度目だ。2020年に0.3%、1986年に0.1%減少している。
国民は0.7%減少し350万人、PRは6.2%減少し49万人になった。居住者以外(外国人)は10.7%減少で、昨年は2.1%減少だった。渡航制限での外国人雇用減少と経済の不安定さのためだ。全ての就労ビザの種類で減少しているが、最も落ち込んだのは建設・海洋・プロセスだ。
帰化は21,085人、永住権取得者は27,470人だった。
2021年9月27日 保健省 1,647人の新規感染者が見つかり、通算で89,539人になった。新規のうち、輸入が5人、市中感染が1,280人、寮居住者が326人。現在、1,288人が入院中(うちICUが27人)。2人が死亡。これまでに80人が亡くなっている。
・74761人目は、シンガポール人女性80歳。ワクチン接種済み、様々な既往症あり。88258人目は、シンガポール人男性74歳。ワクチン接種済み、様々な既往症あり。
ワクチン完全接種は82%、1回接種は85%。
・Blue Stars Dormitoryで18人、計381人。
・Woodlands Dormitoryで12人、計176人。
2021年9月27日 外務省 (日本) ・ワクチン接種証明書
・入国後10日目でのPCRか抗原検査陰性
の2つで、シンガポールからの入国者は自宅隔離10日間になる。従来は14日間
2021年9月27日 ストレートタイムズ紙 果物と野菜には十分な在庫があり、必要なものだけを買って欲しいとスーパーマーケットは顧客に約束した。パシパンジャン卸売りセンターが一時閉鎖された後に、声明がNTUCフェアプライス、シェンソン、デイリーファーム(コールドストレージとジャイアント)から出た。卸売市場は、感染者が見つかったため、水曜日まで清掃と消毒のため閉鎖。9月30日15時に再開予定だ。感染者数は、日曜晩で64人だ。フェアプライスの広報は、先週と比べて、果物と野菜で10%から15%の需要増加を見ている。デイリーファームは、増加を見ていない。「中から大規模のサプライヤーはパシパンジャンの外に倉庫を持っているので、酷い影響は受けない。が、卸売市場にのみ設備を持っている小規模のサプライヤーは、3日間事業停止になる」
2021年9月27日 ストレートタイムズ紙 Covid-19行動規制が無期限に続くことは現実的ではないと、調査を受けた2/3近くのシンガポール人が信じている。家庭での集まりや、飲食店での食事人数制限のような、社交に影響がある規制を辛抱し難い。ストレートタイムズ紙とMilieu Insightの千人からのネット調査。
規制強化をするべきと回答者が感じているトップ5は、在宅勤務(63%)、マスク着用義務(60%)、ソーシャルディスタンシング(47%)、図書館・プールなど公共施設への立ち入り(44%)、5人より多いグループでの店内飲食(43%)。
63%は行動規制が無期限に続くことは現実的ではないと答えた。45%は必要がある期間だけ規制と喜んで生活すると答えた。33%は1年以内と答えた。
政府への信頼は強いのだが、多省庁タスクフォースからのシグナルが混在しているとより多く感じられ、医療インフラキャパへの疑いが増している。
2021年9月26日 保健省 1,939人の新規感染者が見つかり、通算で87,892人になった。新規のうち、輸入が5人、市中感染が1,536人、寮居住者が398人。現在、1,203人が入院中(うちICUが30人)。新規に2人死亡。これまでに78人が亡くなっている。
・87292人目、シンガポール人女性97歳が亡くなった。ワクチン未接種。
・87418人目、シンガポール人女性69歳が亡くなった。ワクチン未接種。
ワクチン完全接種は82%、1回接種は85%。
・Pasir Panjang Wholesale Centreで2人、計64人。労働者と買付に来た人の中での感染。59人が市場の労働者、3人が訪問者、2人が世帯感染。
・LearnJoy Education Centreで1人、計17人。
・My Little Campus (Yishun)で4人、計44人。
・Avery Lodgeで30人、計238人。
・Blue Stars Dormitoryで40人、計283人。
・Woodlands Dormitoryで20人、計104人。
2021年9月26日 ストレートタイムズ紙 パシパンジャン卸売市場が月曜から水曜までの3日間、清掃と消毒のため営業停止になる。再営業は木曜日。労働者と訪問者から感染者が見つかった。シンガポールのフルーツ輸入の30%、野菜輸入の50%を扱っているため、シンガポールでは一時的な供給混乱が予想されている。シンガポール食品局SFAが述べた。ウェットマーケットの果物と野菜店は通常月曜日が休みのため、混乱は短いと予測される。環境資源省の大臣は「供給は十分にあるので、必要なものだけを買ってください」と述べた。
2021年9月25日 保健省 1,443人の新規感染者が見つかり、通算で85,953人になった。新規のうち、輸入が19人、市中感染が1,053人、寮居住者が371人。現在、1,142人が入院中(うちICUが27人)。新たに3人が亡くなった。これまでに76人が亡くなっている。
・71506人目、シンガポール人男性62歳が亡くなった。ワクチン一部接種。糖尿病、高血圧、高脂質の既往症。
・72277人目、シンガポール人男性71歳が亡くなった。ワクチン接種済み。心房細動・甲状腺機能亢進症・高脂質の既往症があった。
・76462人目、シンガポール人女性71歳が亡くなった。ワクチン未接種。
ワクチン完全接種は82%、1回接種は84%。
・Blue Stars Dormitoryで24人、計243人。
2021年9月25日 ストレートタイムズ紙 Covid-19の抗原検査ARTで陽性の人は、自己隔離をしなければならず、たとえ体調が優れていても在宅勤務をしなければならない。在宅勤務ができない仕事であれば、企業は有給の病欠として扱わなければならない。労働省、国家労働組合懐疑NTUC、シンガポール雇用者連合SNEFの三者が声明を出した。
ARTでの陽性だが体調が優れている場合は、72時間自宅で自己隔離し、次に再度ART検査を受ける。結果が陰性であれば、働きに戻れる。そこで陽性なら、自己隔離を続け、陰性になるまで24時間おきにART検査を受ける。脆弱者やハイリスクのグループの人でなければ、無症状なら医院に行ってPCR検査を受ける必要はない。
ART検査が陽性だった場合に、PCR検査が必要になるのは、医療従事者、高齢者介護職員、プレスクール職員、小学校勤務者と、プレスクール園児や小学生だ。QO検疫、隔離SHN、健康リスクワーニングHRW、80歳以上、70歳以上のワクチン未接種者にも、PCR検査が必要になる。
有給病欠がない従業員には、企業は事情を斟酌すべきだと三者は述べた。
2021年9月25日 ストレートタイムズ紙 規制強化によって、ブースターショットや未接種者へのワクチン接種をする時間を政府に与えると、リー・シェンロン首相がFacebookで述べた。「それまでの間、症状がCovid-19や他の病状でも、病院キャパを拡大している。医療崩壊を防ぎ、医療が必要な人を治療を続けられる。」「変更が混乱と不安を起こしていることを知っているが、どうか政府に辛抱して欲しい」「全ての家族を守るために、密接に働いている」
2021年9月25日 ストレートタイムズ紙 タクシーとプレイベートハイヤー(グラブ)に乗れる乗客は、2人までになる。9月27日から10月24日まで。集団行動人数が、5人だったのが2人以下になることを受けてのこと。例えば1人の親と2人の子どものように、同一世帯からであれば、2人を超えていても同乗できる。
同期間、カープール(GrabHitch)は停止になる。有償でなければ、友人や同僚を2人まで同乗させられる。「乗車中にマスク着用は義務だ」
2021年9月日 保健省 1,650人の新規感染者が見つかり、通算で84,510人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が1,369人、寮居住者が277人。現在、1,092人が入院中(うちICUが23人)。これまでに73人が亡くなっている。
・72380人目、シンガポール人男性79歳が死亡。ワクチン未接種。
・76190人目、シンガポール人男性83歳が死亡。ワクチン未接種。
・77456人目、シンガポール人男性86歳が死亡。ワクチン接種済み。慢性閉塞性肺疾患・虚血性心疾患・気管支拡張症・高血圧の既往症があった。
ワクチン完全接種は82%、1回接種は84%。
・Blue Stars Dormitoryで49人、計219人。
2021年9月24日 保健省 8月から感染者数が指数関数的に増加している。重症者の数は想定内だが、軽症者数が急速に伸びている。医療制度と医療従事者に負荷がかかっている。在宅療養は新しく、対応には過失があり、政府は制度を改善している。感染者の大半は軽症で、在宅療養が適しているが、感染者の急増、特に入院治療が必要な高齢者の増加を見ている。そのため、市中感染を遅らせる必要がある。
98%の感染者は無症状か、軽症だ。過去2週間での254人の重症者(酸素吸入かICU)のうち、48%はワクチン未接種で、残りは併存疾患があるワクチン接種済みの人だ。人口の80%以上がワクチン接種をしているので、ワクチンの重症予防効果は80%から90%ある。ワクチン接種をした10%から20%の人が高齢者で併存疾患がある人だ。感染者数増加につれ、ICUが必要な人も増えている。先週は9人だったのが、現在は21人だ。
併存疾患がある患者は、徐々に開設展開中の地域治療施設CTFで観察を受ける。更なる治療が必要になったときにCTFから病院に転院し、継ぎ目のないエスカレーションがあるために、病院とパートナーになる施設だ。既存の地域ケア施設CCFと似ているが、容態が安定しているが、重症化のリスクが高い患者に適したより高度な治療をCTFでは受けられる。
今の状態が続けば、2週間以内に一日の感染者数が3,200人に達する可能性を想定できる。そうなる前に、規制を強化する。現在、高度警戒レベルに戻る必要はないが、社会活動を縮退せねばならない。下記の規制は、9月27日から10月24日まで有効だ。今後、市中の状況をみて調整する。
■許容される集団人数
社交のための集団人数は現在の5人から、最大2人に減る。自宅への1人の最大訪問者数も2人までになる。訪問先は1日1箇所に制限すべきだ。
■脆弱社グループへの保護
ワクチン接種ができない小学生に、自宅学習HBLを9月27日から10月6日まで指示し、小学校卒業試験PSLEを控えた小学校6年生は9月25日から9月29日まで試験休暇としていた。HBLを10月7日まで延長する。
9月27日から10月10日まで、私営の教育機関(塾)もHBLを導入しなければならない。授業はオンラインか停止になる。ただし、プレスクールは事業を続ける。
■職場接触を最小限に
・自宅で業務ができる従業員は、在宅勤務が標準になる。複数の職場で、労働者を混ぜて配置してはいけない。職場での社交は引き続き禁止。出社が必要な従業員は、フレックス勤務と時差出勤を引き続き利用すべきだ。
自宅で勤務ができない人は、毎週の抗原検査ARTを強く推奨する。
■店内飲食
店内飲食は、ワクチン完全接種者に最大2人までとする。現在の5人以下からの減少だ。12歳未満の子どもも、2人までに含まれる。
ホーカーセンターとコーヒーショップは、地域への必須の飲食サービスであり、ワクチン接種にかかわらず、2人以下の店内飲食を譲歩する。
■イベントサイズとイベント前検査要求
礼拝、映画館、MICE、ライブ、スポーツは、全員がワクチン接種済みであれば、1,000人以下の参加を引き続き認める。さもなければ、イベント前検査もなしでは、最大が50人だ。ワクチン接種ができない12歳未満は、イベントに参加できる。ワクチン未接種の子どもは、同じ世帯から2人以下だ。
■政府支援
9月27日から10月24日まで、ジョブサポートスキームJSSで、影響を受ける産業は25%の支援を受ける。
政府所持商業施設のテナントには、2週間の賃貸免除を行う。
10月と11月に、タクシーには1台$10、プライベートハイヤーには1台$5のCOVID-19運転手支援ファンドを拡大する。支援の総額はS$6.5億になる。
■定期自己検査の推奨
必須定期検査RRT対象でない企業は、職場にいる従業員につき8個のARTキットを申請できる。以前、告知済みのものだ。申請は今から10月13日まで。
10月1日から、感染者の多くの数が最近訪れている地域の地図を、MOHウェブサイトで開示する。同じ時間帯にホットスポットを訪れた人は、健康に留意し、接触可能性がある日から10日間規則的にART検査をすることを促す。健康リスクアラートHRAと健康リスクワーニングHRWで、SafeEntryとTraceToghetherは個人に感染者や感染地域への接触を通知する。
■呼吸器症状を持つ人への週末検査増大
PCR検査をするSASHクリニックは、週末に閉まっているところがある。9月25日から、土曜と日曜に、8の地域スクリーニングセンターRSCと3のクイック検査センタQTCを開く。無料PCR検査を受けられるようになる。週末はアポのみだ。サイトで予約ができる時間帯は、金曜日18時から日曜日15時までだ。詳細は www.go.gov.sg/ari-weekend-testing を参照。
■ブースターワクチンの拡大
2回目の接種から6ヶ月たった50歳から59歳は、mRNAのブースター接種を推奨する。10月4日から、50歳から59歳への対象者をブースターショットに招待する。登録携帯に個人リンクがついたSMSが送られる。
モデルナワクチンのブースターショットには、50mcgを接種する。9月25日から。これまでは100mcgだった。十分に効果がある。100mcgの接種は、初回と2回目の接種に今後も使われる。免疫不全の人の3回目の接種も100mcgだ。
2021年9月24日 ヤフーシンガポール ファイザーとモデルナのワクチンは、シンガポールで完全登録ではないので、Covid-19ワクチン接種を義務化する計画はないと、保健省は発言した。シンガポールではパンデミックスペシャルアクセスでの、暫定承認を与えられている。メーカーは完全登録を健康保険局HSAに登録していない。「将来、データ登録を期待している。データがHSAによって検証され、完全登録に十分なデータだとHSAが考えれば、mRNAワクチンを使うことができるとの自信を政府に与える」ファイザーはHSAと完全ライセンス申請を議論していると、ロイターが報道している。米国FDAは、先月ファイザーワクチンに完全承認を与えた。モデルナのFDAへの完全承認は、まだ検討中だ。
2021年9月23日 保健省 1,504人の新規感染者が見つかり、通算で82,860人になった。新規のうち、輸入が13人、市中感染が1,218人、寮居住者が273人。現在、1,120人が入院中(うちICUが23人)。これまでに70人が亡くなっている。
・78524人目、シンガポール人女性93歳が亡くなった。ワクチン未接種。
・85278人目、シンガポール人女性71歳が亡くなった。ワクチン未接種。
ワクチン完全接種は82%、1回接種は84%。
・Maple Bear Preschool (Orchard Road)で新規に3人、計12人。園児と職員の相互感染。8人が園児、3人が職員、1人が同世帯員。
・Pfizer Asia Pacific Pte Ltdで新規に17人、計55人。
2021年9月23日 Today (参照: シンガポール政府広報) 在宅療養になった何人かの患者が、当局から明確な指示がないことへの苛立ちをうけて、保健省MOHはFAQを開示した。在宅療養中の人に、ホットラインに電話をしないように促した。制度を更に妨害するからだ。「制度を増強中で、在宅療養担当がみなさんに連絡する」すべきことについては、患者はSMSを受け取っている。患者の40%までが在宅療養になる。病院や地域ケア施設に入院する患者は、80歳以上か、70歳以上のワクチン未接種か、基礎疾患がある人になる。
「PCRで陽性になったが、誰も在宅療養か施設に入るかの連絡をしてこない」
感染爆発が遅れにつながっている。できるだけ早く連絡できるように、作業を合理化しているとMOHは言う。その間、自宅で自己隔離し、具合が悪くなれば遠隔診療に電話すること。遠隔診療のリストは https://go.gov.sg/telemedicineproviders ここ。同世帯員に電子検疫QOに登録を頼むこと。ここでできる。 https://go.gov.sg/quarantinereg 患者も隔離命令を10日間受ける。
「体温計・パルスオキシメーターなどが入っているケアパックをまだ受け取っていない」
自宅にオキシメーターがない場合のみ、ケアパックが届けられる。
「食事の受け取り、洗濯の代え、ゴミ捨てを、同居人が安全な状態でどうするのか?」同居人がドアの出口にいないことを確認し、マスクを付け、ドアを開けて素早く用事を済ませること。
「どこでオキシメーターの結果を登録するのか」
ここ。 https://go.gov.sg/homeisolationdailyreport
「いつ在宅療養から開放されるのか」
診断書はでない。具合が良ければ、病気の10日目に開放となる。追加のPCR検査は必要ない。ワクチン接種済みの人が、感染させる可能性は極度に低いからだ。
2021年9月23日 mothership 老いた親を在宅療養のために、家に隔離することに苦労している家族がいる。現在は、ワクチン完全接種の69歳以下が在宅療養の対象だ。
68歳の父親は、陽性で在宅療養になり、自宅にいるように言われた。しかし、4日目から部屋を出て近所を歩き回るようになった。「朝食をとっているのを見つけた」心臓に病があるため、MOHに地域ケア施設に入るようにMOHに、陽性になった1日目に頼んでいた。また隔離の部屋をとると、寝る場所がない人が出るために、隔離に向いていないとMOHには伝えていた。その後も出歩いたため、再度MOHに施設収容を頼んだが、まだ回答はない。国会議員MPにも頼んだが役に立たなかった。MOHへの電話で、MOHは警察に電話するように言ったが、「父親が逮捕されることは望んでいない。他の人を感染させないように、施設に収容して欲しいだけだ」父親は陽性になったことでショックを受けており、毎日のルーティンをあきらめるのを拒絶していると、家族は理解している。
68歳の父親は、自宅からは出ないが、自室に閉じこもっているのは困難だ。洗濯、植木の水やり、食事をとるなど、自室に居ないことを正当化する。家族は自宅から離れないように電子タグをつけられたが、父親が自室を離れるのに制約はなかった。
2021年9月22日 保健省 1,457人の新規感染者が見つかり、通算で81,356人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が1,277人、寮居住者が176人。現在、1,083人が入院中(うちICUが19人)。3名が亡くなった。これまでに68人が亡くなっている。
・70252人目、シンガポール人男性65歳が亡くなった。ワクチン未接種。
・74791人目、シンガポール人女性90歳が亡くなった。ワクチン接種済み。
・75271人目、シンガポール人男性50歳が亡くなった。ワクチン未接種で、既往歴はない。
ワクチン完全接種は82%、1回接種は84%。
・Woodlands Dormitoryで新規に8人、合計54人。
2021年9月22日 保健省 9月24日から10月23日までの間、病棟への訪問(見舞い)を原則停止する。
9月24日から、救急外来で、ART抗原検査を実施する。対象は下記。
a. 救急外来で一定期間の観察のために、ベッドを利用する患者。
b. 診察のためにマスクを15分以上外す人。
30分以上の観察期間を患者と共にいる付添人もART抗原検査を受ける。2021年中は患者へのART検査費用を助成する。付添人は自費だが、病院による。
2021年9月22日 ストレートタイムズ紙 感染者数が急増するに連れ、フラストレーションと混乱が増加している。自分の状況について公式な指示のために保健省MOHと連絡できない人がいる。検査陽性から回復施設に移るまでの長い待ち時間への不満がある。TelegramでのSG Quarantine Order Support Groupで明るみになっている。以下はST紙が取材した人達。
検査陽性になって、地域ケア施設に行くために7日分の衣類を準備するようにと告げられたが、陽性から9日間たつが、その後進展がない。
82歳の父親が陽性になり、3日後に入院した。79歳の母親が残された。ART抗原検査で陽性で症状があるが、4日間自宅に一人でいる。MOHに連絡して、父親の陽性から7日後に自宅でPCR検査をやっと受け、結果待ちだ。
6歳の息子が陽性になって7日間たつが、公式の治療を受けていない。MOHに問い合わせたが、回答をまだ得ていない。
陽性者が病院に転送されるまでの間、その家族の男性は陽性者と同じトイレを共有しなければいけなかった。他の家族4人は全員陽性になっている。
陽性になってから地域ケア施設に転送されるまでの間に、住所や子どもの詳細を同じように問い合わせる複数の電話を受けた。「システムが更新されていない。私に電話し続け、おなじことを聞くが、違う人からの電話だ」
2021年9月21日 保健省 1,178人の新規感染者が見つかり、通算で79,899人になった。新規のうち、輸入が5人、市中感染が1,038人、寮居住者が135人。現在、1,109人が入院中(うちICUが17人)。これまでに65人が亡くなっている。
・66111人目、シンガポール人女性62歳が亡くなった。ワクチン未接種。
・72610人目、シンガポール人男性74歳が亡くなった。ワクチン一部接種で、慢性腎疾患・真性糖尿病・高血圧・高脂質の既往歴があった。
・76425人目、シンガポール人男性83歳が亡くなった。ワクチン完全接種。慢性閉塞性肺疾患・反復性誤謬性肺炎・高血圧・高脂質の既往歴があった。
ワクチン完全接種は82%、1回接種は84%。
・LearnJoy Education Centreで1人、計10人。職員(1人)と生徒(9人)の間の感染。
・Blue Stars Dormitoryで10人、計133人。
2021年9月21日 ストレートタイムズ紙 増加する国内の市中感染を受けて、アンモーキョーThye Hua Kwan Hospital (AMKH)が10月21日まで大半の訪問者を禁止する。例外は、重症者の家族か、緊急で介護支援やトレーニングを必要な人だ。訪問の24時間前の抗原検査ARTかPCR検査の陰性が必要で、ワクチン接種状況にかかわらない。
2021年9月21日 ストレートタイムズ紙 ブロック20と21にあるMarsiling Lane Hawker Centre and Wet Marketが、火曜日から金曜日まで、徹底洗浄のため閉鎖となる。再開は土曜日から。
2021年9月20日 保健省 917人の新規感染者が見つかり、通算で78,721人になった。新規のうち、輸入が7人、市中感染が832人、寮居住者が78人。現在、1,055人が入院中(うちICUが18人)。これまでに62人が亡くなっている。
・74987人目、シンガポール人男性84歳が亡くなった。ワクチン完全接種。心臓病・高血圧・高脂質の既往症があった。
・77580人目、シンガポール人男性85歳が亡くなった。ワクチン部分接種、既往歴は不明。
ワクチン完全接種は82%、1回接種は84%。
・SUN-DAC (Choa Chu Kang)で2人。
・JMS Singaporeで2人。
・チャイナタウンコンプレックスで2人。
2021年9月20日 ストレートタイムズ紙 数週間か数カ月後に、隔離無しにシンガポールに入国できるワクチン接種済み旅行者の対象国が増える。同スキームでの900人の渡航者が到着し、感染者が見つかったのはたったの1人のみという成功がある。運輸大臣が発言。9月8日に始まり、現在はブルネイとドイツが対象だ。隔離の代わりに、4回のPCR検査を受ける。「シンガポールとワクチン旅行レーンを開始するのに興味を持っている国がある」
ワクチン旅行レーンで2,322人の承認を出した。
2021年9月20日 ストレートタイムズ紙 同じオフィスから7日間にわたって、3人以上の感染者を出した企業は、従業員の在宅勤務WFHを10日間しなければならない。3人目の従業員が陽性になってから、10日間だ。従来は、従業員1人以上で、在宅勤務は14日間だった。9月22日から有効だ。検疫期間が10日間になったのと合わせている。
抗原検査ARTで陰性が確認されれば、特別な理由があれば職場に労働者は出社できる。その場合、検査は、出社24時間以内でなければならない。在宅勤務の短縮は、ビジネスリーダーがビジネスの中断への心配しているのを、受けたのものだ。
2021年9月20日 ストレートタイムズ紙 9月20日にSinovacワクチンの101,000接種が届いた。在庫が補充されたため、一部のクリニックで数日以内に接種が再開する。Sinovacを1回以上接種したのは、シンガポール人口の2%になる。
2021年9月19日 保健省 1,012人の新規感染者が見つかり、通算で77,804人になった。新規のうち、輸入が3人、市中感染が919人、寮居住者が90人。現在、873人が入院中(うちICUが21人)。これまでに60人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は82%、1回接種は84%。
・Toa Payoh Lorong 8 Market and Food Centreで2人。
・Woodlands Care Homeで9人。
・Windsor Convalescent Homeで8人。
・My Little Campus (Yishun)で7人。
・Pfizer Asia Pacific Pte Ltdで3人。
2021年9月19日 保健省 容態が安定しており、軽症だが、疾病経過から緊密な観察が必要な基礎症状のCovid-19患者に、地域ケア施設を保健省MOHは準備している。酸素吸入や集中治療のような専門医療が必要な人のみが病院で治療を受けられるようにするためのものだ。
地域ケア施設CCFに、新しいカテゴリーを作る。ステップアップ地域ケア施設だ。容態が安定し、軽症で、医学的に良好だが、慢性疾患や共存症がある、高齢者の患者を治療し管理し、より総合的な医療対応をする。容態悪化した人は、病院に転送される。
タンピネスのNTUC Health Nursing Homeを再活用して、9月22に250ベッドで開始予定だ。既存のCCFも、ステップアップ地域ケア施設として対応する。ラッフルズメディカルグループのConnect@Changiが9月20日から開始し、9月24日に50ベッドで完全稼働となる。
2021年9月19日 ストレートタイムズ紙 トアパヨのSingapore Pools(Block 111 Lorong 1 Toa Payoh)が当面閉鎖となる。従業員1人の感染が金曜日に確認された。
2021年9月19日 ストレートタイムズ紙 ウェストコーストのAyer Rajahフードセンター(Block 503 West Coast Drive)が、9月22日まで閉鎖となる。店主と清掃員に定期検査で感染者が見つかった。
2021年9月18日 保健省 1,009人の新規感染者が見つかり、通算で76,792人になった。新規のうち、輸入が5人、市中感染が926人、寮居住者が78人。現在、863人が入院中(うちICUが18人)。これまでに60人が亡くなっている。
78675人目、シンガポール人男性90歳が亡くなった。ワクチン未接種。
ワクチン完全接種は82%、1回接種は84%。
・公立大病院で、軽度の呼吸器感染のための救急外来が急増している。病院での診察は避け、SASH(スワブ検査自宅送還)クリニックの家庭医GPで診察を受けることを勧める。SASH GPは症状の重度を測定でき、必要なCovid-19検査をできる。これで重症者の医療リソースを確保できる。
・Pfizer Asia Pacific Pte Ltdで7人。職場感染。22人の総感染者のうち、20人がスタッフで、2人が清掃員。施設はワクチン製造に関与していない。
・NSL OilChemで21人。
2021年9月18日 シンガポール教育省 (MOE) 小学校卒業試験PSLEの筆記試験が始まるまでの間、小学校と特別学校SPEDに追加での準備措置をとる。小学校1年から5年生は、9月27日から10月6日まで自宅学習HBLになる。小学校6年生は、9月25日から29日がPSLE試験前休暇で、9月30日から10月6日はPSLE受験となる。試験前に、検疫QO、休暇LOAを避けるためのものだ。HBL期間中に支援が必要な生徒のために、学校は開校続ける。自宅学習ができない両親は、学校に支援を頼むことができる。
学校の安全な再開のために、登校再開前に生徒は自宅で抗原検査ARTをすることを促す。
2021年9月17日 保健省 935人の新規感染者が見つかり、通算で75,783人になった。新規のうち、輸入が1人、市中感染が838人、寮居住者が96人。現在、813人が入院中(うちICUが14人)。これまでに59人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は82%、1回接種は84%。
・Blue Stars Dormitoryで17人。
・チャイナタウンコンプレックスで8人。
2021年9月17日 保健省 2週間前の1日あたり新規感染者146人から、先週は682人に増大している。重症者の数は低いままだ。酸素吸入が必要なのは77人で、ICUには12人だ。過去28日の感染者合計の1.6%と0.1%だ。住民の82%が接種したワクチンプログラムのおかげだ。重症者は高齢者とワクチン未接種者に集中している。
56箇所に100の自販機を設置する。9月18日から利用可能だ。ヘルスリスクワーニングHRWとヘルスリスクアラートHRAの情報、引取場所、抗原検査ARTキットの引取方法は https://gowhere.gov.sg/art で利用可能だ。HRW SMS通知を受け取った人は、PCR検査と、隠棲結果が出るまでの自己隔離が必要だ。感染者への最後の接触から3日目、5日目、7日目に自己抗原検査ART、8日目のPCR検査をする必要がある。接触10日目にHRWを期間が終わる。検査費用は政府負担だ。9月18日から、HRWかHRQになった人は、ARTキットを近くの自販機で受け取り、検査する必要がある。
70歳未満の人は、重症化リスクが小さい。在宅医療を、69歳以下のワクチン接種者を加える。個室が利用でき、バスルーム付きが望ましい(編注: 以前はバスルームが必要だった)。基準を満たす人は、病院や地域ケア施設に運ばれること無く、在宅治療となる。インフルエンザと同様だ。陽性となったなら、在宅治療のガイド https://go.gov.sg/home-recovery を参照のこと。
渡航者の入国区分を、変更する。9月22日23時59分から。カテゴリーIIに、ポーランドとサウジアラビアを加える。カテゴリーIIIにブルガリア・チェコ・フランス・ラトビア・ポルトガル・スペインを加える。ワクチン接種渡航者は、14日間の自宅隔離が可能となる。
インドネシアに過去21日間滞在していた者は、シンガポールでの乗り継ぎを許可していなかった。入国者には、到着時PCR検査に加えて、到着時ART抗原検査が必要だった。9月23日23時59分から、乗り継ぎを許可する。到着時検査はPCR検査のみになる。インドネシアはカテゴリーIVになる。
2021年9月18日 ストレートタイムズ紙 リー・シェンロン首相が、シンガポールジェネラル病院SGHでブースターショットを接種した。2度目の接種から、8ヶ月経っていた。60歳以上はブースターショットが推奨されている。異なるワクチンブランドの接種が許されているが、免疫不全者は同じブランドでなければらない。
2021年9月日 保健省 910人の新規感染者が見つかり、通算で74,848人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が803人、寮居住者が103人。現在、837人が入院中(うちICUが12人)。これまでに59人が亡くなっている。
シンガポール人女性72歳が亡くなった。ワクチン未接種。
ワクチン完全接種は82%、1回接種は84%。
・Blue Stars Dormitoryで46人、寮内感染、全居住者が検査を受けている。
・DHL Supply Chain Advanced Regional Centre (1 Greenwich Drive)で11人。
・チャイナタウンコンプレックスで17人。
2021年9月15日 ストレートタイムズ紙 ワクチン接種を義務化するかと聞かれた保健大臣は、シンガポールが接種を自由意志にしたのは、多くの他の国と一致したものだと答えた。
2021年9月15日 ストレートタイムズ紙 8月31日時点で、Sinovacで90件の副反応が報告されている。うち5件は重傷だ。168,439接種がおこなわれた。副反応は0.053%、重症は0.003%になる。国家ワクチンプログラム(ファイザー/モデルナ)では11,373件、0.13%の副反応。498件、0.006%は重症だ。
2021年9月16日 保健省 mRNAワクチン接種後に、しばらくたって深刻でない肌の反応があった人と、特異でない肌の症状があった人は、同じワクチンを続けて接種するのに適している。以前は不適だった。
ワクチン接種者で、特に若い人は、接種から2週間激しい運動を避けるべきだ。以前は1週間だった。心筋炎か心膜炎のわずかな可能性を示している。シンガポールで2接種目の後に、全体での確率は10万接種につき1.06、30歳未満では10万接種につき4.84だ。大半は接種して第一週目におこっているが、2週目に起きるケースも報告されている。
2021年9月15日 保健省 807人の新規感染者が見つかり、通算で73,938人になった。新規のうち、輸入が3人、市中感染が770人、寮居住者が34人。現在、822人が入院中(うちICUが9人)。これまでに58人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は81%、1回接種は84%。
・Orange Valley Nursing Home (Simei)で3人。
・Jamiyah Nursing Homeで13人。
・チャイナタウンコンプレックスで11人。
・ブギスジャンクションで1人。
2021年9月15日 ストレートタイムズ紙 医師の診断書を偽造して、ワクチン完全接種として店内飲食を企てた中国人男性30歳が逮捕された。裁判所に警察からビデオ通話で出頭した。実際のワクチンステータスは、裁判では言及なし。レストランでの店内飲食のための偽造では初めて起訴された。8月26日付の診断書に自分の名前を加え、9月1日に店を訪れた。店は偽造を疑い、男は立ち去った。店は警察に通報した。偽造は最大4年の刑務所だ。
2021年9月15日 ストレートタイムズ紙 ワクチンのブースタープログラムが開始になり、3,200人の高齢者が接種を受けた。12,000人以上の高齢者が接種の予約をしている。今後数日で、14万人の高齢者がブースターへの招待を受ける。防衛大臣62歳が自分の接種の写真をFBに投稿した。
ファイザーかモデルナかを選択できる。「主要な2回の接種と、ブースターショットで、2つの異なるmRNAブランドを混ぜることは許されている」国家ワクチンプログラムでmRNAでないワクチンの確保もシンガポールは話を勧めており、ブースターショットで使えるかもしれない。
2021年9月15日 ストレートタイムズ紙 アップルがオーチャード店で社内社交を6月18日に開催したとして、$千の罰金になった。従業員の最後の出社日を祝うためのイベントで集まった。50人以上が参加していた。現在のCovid-19規制では、従業員を含み社交イベントを物理的に開催してはならない。
2021年9月14日 保健省 837人の新規感染者が見つかり、通算で73,131人になった。新規のうち、輸入が5人、市中感染が755人、寮居住者が77人。現在、809人が入院中(うちICUが9人)。これまでに58人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は81%、1回接種は84%。
・11 Tuas Ave 10 dormitoryで20人。
・Avery Lodge Dormitoryで16人、居住者には移動制限令が出ている。
・チャイナタウンコンプレックスで15人。
2021年9月14日 保健省 9月11日から、検疫期間を感染者への最後の接触の14日後から10日後に減らした。検疫の終わりに、検査陰性が必要だ。11日から14日目には、自己管理でのART抗原検査が必要だ。市中感染接触者の10人中7人が自宅検疫を望んでいる。PCR検査以外では、自宅にとどまることが必要だ。
学校・病院・高齢者が頻繁に訪れるマーケットのような敏感な場所でのクラスタには、マニュアルでの接触追跡を継続する。あまり影響を受けやすいところでなければ、新規確認感染者にはSMSが送られ、伝染病法で、ネットで同一世帯接触者として自分を登録し、同一世帯員に通知される。同一世帯接触者は、患者との最後の接触日と連絡電話番号を提供する必要がある。
電子検疫命令eQOが送られ、検疫期間と、PCR検査の予約方法が伝えられる。検疫の間、24/7利用できる遠隔治療サービスにアクセスして、指示を仰げる。自宅環境が不適切であれば、政府検疫施設に送られる。
9月15日から自宅療養が以下の全てを満たす人に標準となる。
a) ワクチン完全接種
b) 12歳から50歳
c) 無症状か軽症
d) 重篤な併存疾患か病気がない
e) 80歳以上か脆弱者グループ(例:妊婦、免疫不全者、複数の併存疾患)の同居人がいない。
検査で要請となれば、自宅療養が直ちに始まる。バスルーム付きの部屋を確保する必要がある。
病院やコミュニティケア施設にいく必要はない。自宅療養の初日に、遠隔で初期診察を受ける。隔離命令が出て、自宅の指定部屋にとどまっているのを確認するために、電子タグが支給される。
子どもが5歳以上で、併存疾患や病気がなければ、陽性の子どもを、親は自宅に連れ帰って療養できる。子どもの安全のために、自宅で療養の前に、病院で診察が行われる。
必要があれば、体温計・パルスオキシメーター・マスク・手の消毒薬が入ったケアパックを依頼できる。日に1回は測定が必要だ。
自宅療養の間、患者は他の同居人と物理的や対面接触を避けるべきだ。同居人もeQOになる可能性が高いので、日用品は無接触配達を利用すべきだ。
自宅療養の患者は、6日目でPCR検査をうけ、陰性かウイルス量が少なければ、7日目で退院となる。そうでなければ、患者が良好であれば、10日目で自宅療養は終わる。その後、7日間は、社会的接触は最低限に留めるべきだ。7日までの診断書MCを請求できる。
感染者は、検疫QOにいる者より早く退院となることがある。ワクチン完全接種であれえば、7日までにウイルス量は激減する。一方、ウイルスにさらされQOになった人には、10日迄ウイルス量が値帰責することがあるからだ。
2021年9月13日 保健省 9月5日現在、人口の17%、93万人がワクチン未接種。半数以上が12歳未満で接種不可だ。残りの40万人のうち、10万人が60歳以上の高齢者で、30万人が12歳以上59歳以下だ。他のワクチンに以前アレルギーが出たため接種できないのが千人で、Covid-19ワクチンを潜在的に接種できない可能性が高い。この人達は専門医で診察を受けている。
2021年9月13日 保健省 健康科学局HSAは、妊婦へのファイザーワクチン接種での重症でない少数の副反応を聞いている。発疹、気絶、目まい、1例ではベル麻痺(顔面麻痺)がある。一般に報告されている副反応と同じである。
現在、実際の医療データに基づくと、妊婦に投与されるmRNAワクチンで、安全を心配する証拠はない。
2021年9月13日 保健省 シンガポール政府は20万のSinovacワクチンを入手し、17万を認定病院に割り当てた。mRNAワクチン初回接種で、mRNAにアレルギーがあると分かった人のために、Sinovac在庫の一部をとっている。現在、3,900人の対象者がいる。Sinovacの接種は、人口の1.5%だ。Sinovacの次回入荷は9月20日見込みだ。
2021年9月14日 保健省 シンガポールでは、累計367人の小児のコロナ感染者がいる。172人がデルタだ。12歳未満の感染者は0.6%だ。小児のうちで、0歳と1歳が13.6%、2歳から4歳が22.6%、5歳と6歳が20.7%、7歳から12歳が43.1%だ。シンガポールでは、酸素吸入が必要になったか、ICUに入った小児患者はいない。シンガポールで感染した子どもは、長期の後遺症にはなっていない。もし起きれば、後遺症がある全患者に治療を提供する。
2021年9月13日 保健省 公営病院ではKKHとNUHが、小児科ICUを持っている。両病院で32ベッドがある。Covid-19で酸素吸入やICUが必要になった小児患者はいないが、20ベッドを1週間以内に追加できる。現在、両病院で小児集中医療専門医が16人、小児ICUアソシエイトコンサルタントPICUが5人、小児ICU看護師が163人いる。
2021年9月13日 保健省 9月10日現在、ワクチン初回接種後に、アナフィラキシーを起こしたのは47人いる。全員が2回目のmRNA接種には不適切だった。代わって、Sinovacを提供された。もしくは、他のmRNAでないワクチン認可を待っている。
2021年9月13日 保健省 607人の新規感染者が見つかり、通算で72,294人になった。新規のうち、輸入が10人、市中感染が534人、寮居住者が63人。現在、774人が入院中(うちICUが8人)。これまでに58人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は81%、1回接種は84%。
・Ren Ci @ Bukit Batok Street 52(老人ホーム)で27人。
・Avery Lodge Dormitoryで12人。
・DHL Supply Chain Advanced Regional Centre (1 Greenwich Drive)で10人。
・チャイナタウンコンプレックスで21人。
・30 Sunview Way construction siteで16人。
2021年9月13日 ストレートタイムズ紙 バス事業者のGo-Aheadが5つのバス路線を水曜日から一時停止する。労働力不足のためだ。対象は、12e、43e、518、661、666。陸上運輸省LTAは「一時停止にLTAは許可を出した。」とした。LTAと4つのバス事業者が、数百人のバス運転手が勤務に付けば、いくつかのバス路線で待ち時間が伸びていると、先週金曜日にアナウンスしていた。
2021年9月12日 保健省 520人の新規感染者が見つかり、通算で71,687人になった。新規のうち、輸入が3人、市中感染が454人、寮居住者が63人。現在、780人が入院中(うちICUが7人)。これまでに58人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は81%、1回接種は84%。
・DHL Supply Chain Advanced Regional Centre (1 Greenwich Drive)で3人。
・チャイナタウンコンプレックスで10人。
・Hu Lee Impex (Chin Bee Avenue)で8人。
・30 Sunview Way construction siteで20人。
・Sembcorp Marine Tuas Boulevard Yardで9人。
・チャンギジェネラル病院で3人。
・ブギスジャンクションで3人。
2021年9月12日 ストレートタイムズ紙 (社説) ワクチン接種率が80%に達すれば、政府が規制を緩和すると以前言っていたため、失望を表明する人がいる。「多くの感染者数が、多くの重症・死亡者数にならないことを確認する時間が欲しい」と多省庁タスクフォースで大臣が発言した。2、3週間、一層の緩和は延期されている。
感染と重傷者の間に2週間のタイムラグがある。日曜日の42人の重傷者は、2週間前の120人の新規感染者に基づいている。
何人が重症化し死亡するかにワクチン接種は大きなインパクトがある。接種と未接種とでの重症化率の違いが継続すれば、シンガポールは規制を緩和できる。しかし、もし感染者の増加と重傷者の増加が連携すれば、強固な規制を課す必要がある。
イスラエルは人口の60%のワクチン接種率で、規制緩和をした。感染者が増大し、現在では1日に25人が亡くなっている。シンガポールでの接種率はイスラエルより高いが、同じことがおきる危惧がある。シンガポールでは完全接種者は千人中7人が重症になっている。一方、未接種者は千人中45人が重症化している。明白に問題は、ワクチンを接種していない人にある。
現在、人口の84%が少なくとも1回のワクチン接種を受けている。未接種の半数は、現在、承認済みワクチンがない12歳未満の子どもだ。医療的に接種できない人もいる。接種できるが接種をしないことを選んでいる50万人の人がいると推測されており、この人達がヘルスケアシステムを脅かしている。シンガポールが活動再開できるようになる鍵は、未接種者にある。
おそらく、医療的に可能なすべての人にワクチン接種を政府は義務付けるべき時だろう。反対論は、使われているワクチンが通常の承認を得てきたわけではないことだろう。パンデミックの条件下でのみの承認だ。しかしながら、数百万人の人がシンガポールで、数億人の人が世界中で、ワクチンを接種し、副反応はとても少ない。mRNAワクチンを恐れている人が以前はいたが、現在ではSinovacのような他のオプションがある。この問題を考え直すべきときだ。ワクチン接種は新しい考えではない。それで世界が天然痘をほぼ根絶した。シンガポールでは、ジフテリアと麻疹への子どものワクチン接種は法律上で求められている。もし政府が管理すれば、経済と人々の生活の制限は速やかに開放されるだろう。
2021年9月12日 保健省 養老院での職員・顧客・居住者に感染者増大を見ている。脆弱な居住高齢者を守るために規制を強化する。過去2週間で、18の養老院で42人の感染者がでた。今後数週間で、感染者の増大が予想される。9月13日から10月11日まで居住者への対面訪問を停止する。ワクチン未接種の高齢者がワクチン接種をし、ブースター接種を始める時間になる。
2021年9月11日 保健省 555人の新規感染者が見つかり、通算で71,167人になった。新規のうち、輸入が5人、市中感染が486人、寮居住者が64人。現在、708人が入院中(うちICUが7人)。これまでに58 人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は81%、1回接種は84%。
Chinatown Complexで働く人の感染を調査している。66人がこのクラスタと関連している。うち、63人がここで働いている。残り3人は感染者からの家庭内感染だ。Chinatown Complexは9月12日から9月15日まで閉鎖となる。全従業員は検査を受ける。9月8日から11日にSafeEntryチェックインをした人は、健康リスクアラートHRAを受ける。PCR検査を受け、社会接触を14日間減らすことを強く促す。9月8日から11日にChinatown Complexを訪れたがHRAを受け取らなかった人を、無料検査の対象にする。https://www.moh.gov.sg/covid-19/rsc/ongoing-community-surveillance-testing-for-visitors-to-chinatown-complex を参照。
・Chinatown Complexで44人。
・PCF Sparkletots Braddell Heights (335 Serangoon Avenue 3)で3人。
・Hu Lee Impex (Chin Bee Avenue)で6人。
・30 Sunview Way construction siteで17人。
・Sembcorp Marine Tuas Boulevard Yardで17人。
・チャンギジェネラル病院で3人。
・ブギスジャンクションで5人。
2021年9月11日 ストレートタイムズ紙 国外居住のシンガポール国民は、帰国時に空港とタナメラフェリーターミナルでワクチン接種ができるようになる。隔離SHN不要で、シンガポール到着時に初回のワクチン接種を受けられる。次に利用可能なフライトかフェリーで、居住国に帰国できる。2回目の接種にも利用できる。また、到着時に初回接種を受け、専用施設での完全隔離SHNを完了させることもできる。この場合は、居住国に戻る前に、所定の間隔をあけて、2回目の接種を受けることができる。ワクチンは政府負担だが、旅費・隔離施設費・検査費用などは受益者負担となる。
2021年9月10日 保健省 573人の新規感染者が見つかり、通算で70,612人になった。新規のうち、輸入が5人、市中感染が568人。現在、689人が入院中(うちICUが6人)。これまでに58人が亡くなっている。72986人目、シンガポール人男性80歳が亡くなった。ワクチンは一部接種だった。
ワクチン完全接種は81%、1回接種は83%。
・30 Sunview Way construction siteで32人、職場感染。
・Sembcorp Marine Tuas Boulevard Yardで23人、38 Kian Teck Drive dormitoryの居住者が大半。
・ブギスジャンクションで3人。
2021年9月10日 保健省 市中での感染が指数関数的な波になって伸びている初めての経験をしている。シンガポールの高いワクチン接種率にかかわらず、指数関数的な感染者は重傷者と死者を増やすリスクがある。感染者数が増大するにつれ、今後数週間が大事だ。ICUと死者につながる感染者数を監視する。
検査での陽性率は0.5%前後にすぎないが、ここ2週間で感染者数が増加している。2週間前の1日76人から、先週は288人だ。千人に達するのはすぐだ。
在宅療養は、他の同居人から隔離できる環境が家にある人が対象。パイロットテスト中は、感染者の家族は全員がワクチン完全接種で、脆弱者グループがいてはならない。病状を観察するケアパックが装備され、医療支援が必要になったときの24/7の遠隔治療支援へのアクセスができる。これまで21人が試験に参加した。9人が退院し、残りは医学的に良好だ。
無症状の子どもの親から、自宅に連れて帰りたいとの多くの要請を受けている。5歳以上で、併存疾患や病気がなければ、感染した子どもを自宅に連れ帰るのを許す。
ワクチン接種した感染者は、未接種者より回復が早い。9月7日から、ワクチン完全接種者の隔離期間を縮める。検出ウイルスがないか、とても少なければ、7日で退院できる。ワクチン未接種者は、退院には今後も14日かかる。
感染者数が増えるにつれ、接触追跡を、ハイリスク環境での大規模クラスタ抑止に優先させている。TraceTogetherのデータに頼ることになる。
検疫期間は、最大の潜伏期間である14日にしていたが、デルタ変異種は短い。従来の平均6日に比べて、デルタは平均4日以下だ。検疫期間を、最後に危険にさらされてから、14日間だったのを10日間にする。
60歳以上の人と、中程度の免疫不全者に、ワクチンブースタープログラムを始める。9月14日から、2度目の接種から6ヶ月たった60歳以上は、mRNAワクチンのブースターショットを接種する。接種予約のための個人リンクが、前回接種に使ったSMSで送信される。
2021年9月10日 ストレートタイムズ紙 数百人のバス運転手が検疫や自宅待機通知SHNで勤務につけず、いくつかのバス路線で待ち時間が伸びている。影響は多数は5分以内だが、少数で10分以上のものもある。影響を受けたバスサービスの数については言及しなかった。8つのバスインターチェンジがクラスタになっている。
2021年9月10日 ストレートタイムズ紙 不急で選択可能な医療を遅らせ、多くのIUCを多くあけておく準備を、シンガポールの病院は開始している。保健大臣は、シンガポールはICUベッドを1,000まで増やせられると述べた。前保健大臣は、ICUベッド数を積み上げるには、既存ベッドを転用し、選択肢がある医療を遅らせることを含むとした。その動きによって、病院キャパシティは低下するので、避けたいとのことだ。「直ちに300まで積み上げることができる。現在、動いているのはこの能力だ」
2021年9月10日 ストレートタイムズ紙 パンデミック前には20万人以上の労働者が、リトルインディアに週末にいたのが、今では寮外に住んでいる数千人になっている。毎週、500人の移民労働者がリトルインディアに訪れる試験スキームが始まる。寮から労働者をテッカレーンの指定場所まで、バスで輸送する。寺やモスクで礼拝でき、近くの食料品店や食堂に行ける。指定時間が終了すると、事前に決められた場所に戻り、寮に帰る。リトルインディアにとどまることが必要だ。
2021年9月9日 保健省 457人の新規感染者が見つかり、通算で70,039人になった。新規のうち、輸入が7人、市中感染が450人。現在、664人が入院中(うちICUが7人)。これまでに57人が亡くなっている。65653人目、シンガポール人男性62歳が亡くなった。ワクチン未接種。
ワクチン完全接種は81%、1回接種は83%。
・Hu Lee Impexで9人、職場感染。
・Sembcorp Marine Tuas Boulevard Yardで14人、38 Kian Teck Driveでの寮感染。
・チャンギジェネラル病院で2人、設備管理職員への感染に限定。
・ブギスジャンクションで8人、店員と訪問者のモール内感染。
2021年9月9日 mothership ホー・チン首相夫人と、カルビン・チェン前任命議員が、保健省MOHが未リンク感染者数の開示を続けるべきかどうかで、Facebookでの議論になった。MOHからの新しいレポートでは、感染者のリンクと未リンクの内訳を出さない。「Covid-19と共存するシンガポールの今の戦略から、以前ほど関連性がない」ため。代わりに、重症者数と大規模クラスタに集中となる。
ホーチン氏は、内訳を開示すべきだとの考えを示した。人民に「潜在的な新規感染者のパイプラインの感覚」と「シンガポールの接触追跡が維持されているか」の感覚を与えるからだ。年末までは未リンクは開示されるべきだと考えている。これは、12歳未満が初回接種を受ける時期と、高齢者がブースターショットを受ける時期に近い。
カルビン・チェン氏は、リンク済みも未リンクも共に「市中感染の中心」だとして、接触追跡に必要な資源を引用して、感染者数を管理するあまり混乱させない方法を見つけるべきとした。
2021年9月9日 ストレートタイムズ紙 プレスクールに新しく入る子どもに付きそう親は、ワクチン接種が必要になる。8月19日以降、新しく入る子どもの親は、安全管理規則に従ってプレスクールに入ることができた。プレスクールの最初の2日のうちの、半日を1人の親が子供といることができる。
ハイリスクワーニングとハイリスクアラートを受け取った子どもと教職員は、プレスクールに通知義務がある。
2021年9月8日 保健省 349人の新規感染者が見つかり、通算で69,582人になった。新規のうち、輸入が2人、市中感染が347人。現在、664人が入院中(うちICUが6人)。これまでに56人が亡くなっている。71194人目、シンガポール人女性93歳が亡くなった。ワクチン未接種。
ワクチン完全接種は83%、1回接種は81%。
■クラスタ
・Toa Payoh Bus Interchange staffで7人。
・Boon Lay Bus Interchange staffで8人。
・ブギスジャンクションで4人。
・チャンギジェネラル病院で4人。
・30 Sunview Way construction siteで9人。
2021年9月8日 ヤフーシンガポール 保健省MOHは、リンクと未リンクの数を開示しない。Covid-19との共存を行う今の戦略では、以前ほど関連性がないためだ。
シンガポールでのワクチン接種率も頭打ちになっている。接種の日々の詳細データを出さない。
木曜日から、感染報告は、現在の1日2回から、1日1回になる。
2021年9月8日 mothership 抗寄生虫薬のイベルメクチンをコロナ予防に、シンガポールの人が買っており、Telegramでの大量購入活動が組織されている。犬糸状虫の治療で大量に犬と馬に使われる薬だが、少量では人間のアタマジラミの治療にも用いられる。インドや米国から海外個人輸入でネットで買える。100錠と送料をあわせて、S$17.5と安い。
少なくとも3つのTelegramチャットグループが公開されており、イベルメクチンと購入とシンガポールへの持ち込みについて議論している。mRNAワクチン懐疑者で占められている。シンガポールでのイベルメクチン購入には、処方箋が必要だ。
2021年4月に、国立大学健康システムNUHSの研究者のチームが、2020年5月にシンガポールで3,000人の移民労働者に行われたCovid-19予防法の研究を出した。3,000人中617人はイベルメクチンを服用した。イベルメクチンは、高い感染環境では、感染を広めることを抑止するのに十分な効果はなかった。予防効果も十分にはなかった。ビタミンCをとっていたのと同程度に過ぎなかった。NCIDは、イベルメクチンの治療での利用は「推奨されない」と述べている。
メディアの問い合わせに対して、シンガポールの健康科学局HSAは、Covid-19予防や治療にイベルメクチンは承認されていないし、違法に販売・供給する人には強制執行を行うと述べた。シンガポールで、イベルメクチンは寄生虫治療にのみ承認されていると、HSAは述べた。違法な薬物の販売は、$5万以下の罰金と、もしくは、2年以下の刑務所になる。違法な薬物販売は、68663485に電話か、hsa_is@hsa.gov.sgにメールで、HSAに通報できる。
2021年9月8日 ストレートタイムズ紙 ワクチン旅行レーンVTLで、隔離なし入国ができる最初のフライトで、100人の乗客がドイツから到着した。内訳は、57人の短期訪問者、15人の長期ビザ所持者、28人の国民と永住者だ。検疫の代わりに、4回のPCR検査を受け、VTL専用フライトに搭乗する必要がある。ドイツからのVTL利用者に出したパスは1,412で、621人は短期訪問者、791人は長期滞在ビザ所持者だ。
2021年9月7日 保健省 332人の新規感染者が見つかり、通算で69,233人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が328人(うち未リンク185人)。現在、643人が入院中(うちICUが6人)。これまでに55人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は83%、1回接種は81%。
■アクティブクラスタは53個。
・Madrasah Irsyad Zuhri Al-Islamiah (新規)で6人。
・ブギスジャンクションで7人。
・チャンギジェネラル病院で3人。
・Toa Payoh Bus Interchange staffで13人。
・30 Sunview Way construction siteで20人。
2021年9月6日 today シンガポールではイベルメクチンを薬局カウンターで買えず、処方箋が必要だ。ワクチン未接種のある40歳代男性は、インドから個人輸入した。100錠でS$87だった。買ってからは、週に1度、コロナ予防のために1錠を服用している。イベルメクチンでの自己治療は世界的な傾向だが、健康当局の勧告を無視している。WHOは臨床実験でのみイベルメクチンを使うべきだと警告しており、コロナウイルスへの効き目の証拠は決定的ではないとしている。製造メーカーのメルク社も「科学的な根拠はない」としている。他のイベルメクチン購入者は「ワクチン未接種者で、シンガポールでのマイノリティとして、念のために大事をとった」と言う。
NUHシンガポール国立病院感染症の代表は、シンガポールでのCovid-19治療にイベルメクチンを使っていないと言う。利用を希望する患者もいないし、服用した副作用で入院した患者もいないとも言う。「レムデシビルやデキサメタゾンという確立した治療方法があるのに、証明されていない薬を服用するのは危険だ」「ワクチンは最も効果的な予防手段だ」昨年5月に寮の移民労働者の3千人以上に行った予防法の研究で、イベルメクチンは効果がなかった。NCID国立感染症センターは、データ不足で推奨しないとガイドラインで述べている。
2021年9月7日 ストレートタイムズ紙 人がいない荷物と、マスク未着用の乗客を、SBS Transitのビデオ分析で自動探知できるようになる。まずはドビーゴートなど5駅に導入される。システムは、1日のうちの異なる時間帯の混雑状況を特定するデータを集める。通常より人混みが多ければ、駅員が警告を受ける。乗客が倒れた時などに起きる。
2021年9月7日 ストレートタイムズ紙 9月8日からHealthwayクリニックが、シノファームワクチンを高齢者に無料接種する。60歳以上の千人が対象だ。通常では、2回接種で$99だ。
2021年9月6日 保健省 241人の新規感染者が見つかり、通算で68,901人になった。新規のうち、輸入が6人、市中感染が235人(うち未リンク110人)。現在、637人が入院中(うちICUが6人)。これまでに55人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は83%、1回接種は81%。
■アクティブクラスタは53個。
・Orient Goldsmiths & Jewellers staffで5人。
・チャンギジェネラル病院で5人。
・Boon Lay Bus Interchange staffで12人。
・North Coast Lodgeで16人。
・ブギスジャンクションで5人。
・Toa Payoh Bus Interchange staffで9人。
2021年9月6日 保健省 シンガポールは、Covid-19弾力性のある国としてのウイルスとの共存への以降を続けているが、増える感染者に医療能力が対応できることを保証する必要がある。多くは無症状や軽症だが、多くが念のために入院している。9月5日の週では、その前の週の倍の感染者数、1,200人になっている。毎週、感染者数が倍増すれば、より多くの重傷者が発生することになる。急増の可能性を和らげるために、応急措置をとる。
クラスタが見つかれば、濃厚接触者の検疫に加えて、感染者の広範囲の個人に健康危機ワーニングHRWと健康危機アラートHRAを送る。検疫命令ではないが、HRWを受け取った人は、PCR検査で陰性結果が出るまでは、自己隔離を法的に求められる。その後もART抗原検査と、14日目にPCR検査の必要がある。HRAを受け取った人は、法律での要請ではないが、PCR検査をできるだけ早く受けることが求められる。HRWもHRAも、14日間は社会的接触を減らすべきだ。
2週に一度だったのが、毎週に、FETでの定期検査RRTを増やす。FET RRT対象を、飲食店・パーソナルケア・ジムに加えて、小売店員・スーパースタッフ・配達員・タクシーなど輸送員に拡大する。
定期検査を現場で働く人に拡大したいと考えている。期間限定でART抗原検査キットを企業に配布する。従業員につき8個のキットを配る。毎週の検査で2ヶ月分だ。検査は自宅でも職場でも可能だが、企業は検査が適切に行われているか確認すべきで、結果は各政府に報告するべきだ。詳細は追って発表。
だらしない安全管理規制への対応のために、職場でのクラスタが最近発生している。従業員食堂や、パントレー台所で、マスクを外して、やり取りを他の人としている。9月8日から職場での社交ややりとりを許さない。
職場に感染者がでると、厳しい措置をとる。もし1人以上の感染者が見つかり、出勤していれば、14日間の在宅勤務を命じる。詳細はMOMが発表する。
とりわけ高齢者と住んでいる人は、次の2週間、必須でない社会活動を減らすように人々に促す。ワクチン接種・非接種にかかわらず、ART抗原検査を定期的に皆がうけるべきだ。
2021年9月6日 ヤフーシンガポール 「数ばかりでなく増加率もだ」再生産率Rが1を超えている。と、ローレンスウォン大臣が言った。先週600人の感染者数だったのが、日曜日終わりの今週は1200人と倍増した。2週間後には千人を超え、1ヶ月で2千人に達する。「なので、感染を遅らせ、再生産率を抑えなければならない。抑えられなければ、高度警戒フェーズに再度戻ることになる」
2021年9月6日 ストレートタイムズ紙 マリーナベイサンズでのマスク非着用をめぐるセーフディスタンスアンバサダーとの動画がネットで回覧された、(元海軍将校)シンガポール人女性54歳が有罪を認めた。14件の罪で、16週間の刑務所が言い渡された。
2021年9月5日 保健省 191人の新規感染者が見つかり、通算で68,660人になった。新規のうち、輸入が5人、市中感染が186人(うち未リンク90人)。現在、653人が入院中(うちICUが5人)。これまでに55人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は83%、1回接種は81%。
■アクティブクラスタは55個。
・Radiance Student Care Centreで1人。
・Orient Goldsmiths & Jewellers staffで1人。
・チャンギジェネラル病院で6人。
・ブギスジャンクションで10人。
・Toa Payoh Bus Interchange staffで13人。
2021年9月5日 保健省 国境規制を変更する。9月9日23時59分から有効。
カテゴリーII、IIIとIVの国からのシンガポール人と永住者の渡航者は、出発48時間以内のPRC検査陰性証明が必要になる。これまではカテゴリIIIとIVで出発72時間前までだった。加えて、a. 到着時PCR陰性検査、シンガポールでの隔離SHNと検査、隔離SHN終了時検査が必要だ。
カテゴリII: 韓国を対象にする。隔離SHNは7日間になる。
カテゴリIII: クロアチア・エジプト・フィンランド・マルタ・オランダ・ポーランド・サウジアラビア・スウェーデンを対象にする。自宅隔離SHNの申請ができるようになる。
2021年9月4日 保健省 259人の新規感染者が見つかり、通算で68,469人になった。新規のうち、輸入が6人、市中感染が253人(うち未リンク116人)。現在、608人が入院中(うちICUが5人)。これまでに55人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は81%、1回接種は83%。
■アクティブクラスタは62個。
・Sembcorp Marine Tuas Boulevard Yard(新規)で1人。
・Radiance Student Care Centre(新規)で2人。
・Orient Goldsmiths & Jewellers staff(新規)で2人。
・チャンギジェネラル病院で21人。
・Boon Lay Bus Interchange staffで6人。
・ブギスジャンクションで6人。
・Toa Payoh Bus Interchange staffで11人。
・Clementi Bus Interchange staffで5人。
2021年9月4日 ストレートタイムズ紙 チャンギジェネラル病院CGHでクラスタが発生した。14人の感染者のうち、大半が外注のサービスパートナーだった。「スタッフの職場は地下にあり、患者と直接のやり取りはない」「ほぼ全員がワクチン完全接種で、全員が安全距離規制を守っていた。ワクチンのおかげで、重傷者はいない。」「地下で働いしてるスタッフへのスワブ検査はほぼ完了した。外注業者を含む全てのスタッフは1度の抗原検査ARTを受ける」
2021年9月3日 保健省 219人の新規感染者が見つかり、通算で68,210人になった。新規のうち、輸入が3人、市中感染が216人(うち未リンク109人)。現在、580人が入院中(うちICUが5人)。これまでに55人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は80%、1回接種は83%。
■アクティブクラスタは59個。
・チャンギジェネラル病院(新規)で11人。
・Tampines Bus Interchange staffで2人。
・Boon Lay Bus Interchange staff12人
・Jurong East Bus Interchange staffで1人。
・ブギスジャンクションで7人。
・Toa Payoh Bus Interchange staffで8人。
・Bishan Bus Interchange staffで1人。
・Clementi Bus Interchange staffで4人。
2021年9月3日 保健省 フェーズ2(高度警戒)から抜け出る時の市中規制の緩和で、感染者数が増加しているのは、予見されていた。それにもかかわらず、酸素吸入やICUが必要な人の数は制御されている。病気になった人への十分な医療能力は確保されており、Covid-19と共存するという、Covidレジリエンス(弾力性)を示す。
検査と監視の拡大
頻繁な検査は、感染を特定するキーだ。ハイリスク環境では、政府は定期検査を義務化した。しかし、定期検査はこれらの環境で働く人のみに限るべきではない。ワクチン完全接種をした人を含み、社会的責任として規則的に抗原検査ARTで自己検査をすることを全員に促す。
全世帯に送られた抗原検査キットを利用可能だ。これまでに、健康科学局HSAは6つの抗原検査キットを承認した。雇用主も定期検査で役割を果たせる。三者(雇用主・組合・政府)は、職場での抗原検査の広範囲な利用を促すガイドラインを議論する。定期的な自己検査を補完するために、20のクイック検査センターで、自費での迅速簡単な検査FETの予約を10月1日から受ける。
ブースターワクチン戦略
より感染しやすいデルタ変異種のために、90%を優に超える高いワクチン接種率でなければ、集団免疫に達する可能性は各国はない。時間がたてば、ワクチンの感染抑止効果も弱まるデータがある。60歳以上への2度目の接種は5月に終わっており、3度目のブースターワクチンの接種は、9月中になる。
2021年9月3日 保健省 Covid-19ワクチン専門家委員会は、追加のワクチン接種の必要性について、検討を行った。以下の人に推奨する。
a. 深刻な免疫障害がある人は、2度目の接種を受けてから2ヶ月後に、同じ種類のパンデミックスペシャルアクセスルートでのmRNAワクチンの3度目の接種を受けること。
b. 養老院の住民のみでなく、60歳以上の人は、2度目の接種から6~9ヶ月後にブースターショットを受けること。
中度から重い免疫障害の人は2度のワクチン接種への免疫反応が弱いとの証拠がある。3度目の接種で、免疫不全の人が強固な防御免疫反応を育てられる可能性が高まるとの研究がある。3度の接種を推奨するのは下記の人。
a. 免疫反応を抑止する薬をとっている移植を受けた患者。固形臓器移植と幹細胞移植を含む。
b. 科学治療療法や免疫反応を抑止する治療を受けているがん患者。
c. 血液癌。
d. 免疫反応を抑止する癌以外への治療。
e. 透析を受けている末期腎不全。
f. 進行性か未治療のHIV。
重度に免疫不全の人は、3度目の接種を受けるのに医者の紹介を受けるべきだ。
2021年9月3日 ストレートタイムズ紙 Covid-19ワクチンは感染予防率は40%だが、重症予防にはとても効果的だと保健大臣が語った。「過去28日間で、未接種が重症か死亡する確率は9.2%だが、完全接種では1.3%だ」「7倍違う」
ワクチン接種率は80%を超えており、数は横ばいだ。日報で保健省MOHが詳細を報告する必要はない。「ブースターショットで、監視を始めるかもしれない」
シンガポールはもはや「一つ一つの感染を追いかけていない」ので、未リンクの数もあまり意味はない。「一方、みんなは新規クラスタを知りたがっている。訪問を避けるためだ。これはよいことだ。迅速にその情報を利用可能にする」
2021年9月2日 保健省 191人の新規感染者が見つかり、通算で67,991人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が187人(うち未リンク113人)。現在、528人が入院中(うちICUが5人)。これまでに55人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は80%、1回接種は83%。
■アクティブクラスタは65個。
・Tampines Bus Interchange staffで1人。
・Institute of Mental Healthで1人。
・Boon Lay Bus Interchange staffで5人。
・Jurong East Bus Interchange staffで2人。
・ブギスジャンクションで8人。
・Toa Payoh Bus Interchange staffで10人。
・Bishan Bus Interchange staffで1人。
・Clementi Bus Interchange staffで2人。
2021年9月2日 ストレートタイムズ紙 バスインターチェンジでのスタッフ休憩と食事場所が分離され、1人のスタッフのみが食事のために座ることを許される。陸上運輸省LTAが発表した。マスク着用で休憩している人と、食事中の人を分け、一度にマスク無しでいる最大の人数を制限する。例えば、タンピネスICでは、10人までが食事をとれる。
運転手とカウンター職員は、木曜日から定期検査が週に一回になる。以前は、抗原検査ARTを時折行っていた。陽性者がでると、そのICの全職員がART検査を受けるのが義務付けられる。陽性か、結果がでない人は、PCRスワブ検査に送られる。
バス業界の11,000人いる現業職が影響を受ける。
水曜時点で、314人の感染者がいる。284人のバス運転手とサービススタッフだ。残りは、家庭内接触での感染だ。
来週までに、全てのICで空気清浄機が設置される。喫煙所では、物理的な敷居が設置される。
現在はバスの運転に大きな影響はないとLTAは言うが、バスICでのクラスタが増大し続ければ、バスの間隔を伸ばす非常計画がある。St紙では1つか2つのバス路線が影響を受けているのを把握している。
2021年9月2日 ストレートタイムズ紙 ワクチン旅行者への新しいスキームが導入された最初の9月1日に、シンガポールへの入国許可を受け取ったのは約750人だった。735人がドイツからで、内訳は301人が短期訪問ビザで、434人が長期滞在ビザ所持者だった。ワクチントラベルレーンでのトラベルパスを受け取る。
ブルネイからは20人だった。うち18人が短期訪問で、2人が長期滞在ビザだ。来週水曜日から、10月7日までの入国に有効だ。
ワクチン完全接種者は、ドイツとブルネイからシンガポールに入国でき、指定飛行機を利用し(隔離の代わりに)検査でよい。
2021年9月1日 保健省 180人の新規感染者が見つかり、通算で67,800人になった。新規のうち、輸入が3人、市中感染が177人(うち未リンク90人)。現在、499人が入院中(うちICUが5人)。これまでに55人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は80%、1回接種は83%。
■アクティブクラスタは68個。
・Tampines Bus Interchange staffで3人。
・Institute of Mental Healthで6人。
・Boon Lay Bus Interchange staffで9人。
・Jurong East Bus Interchange staffで2人。
・ブギスジャンクションで9人。
Toa Payoh Bus Interchange staffで8人。
・Bishan Bus Interchange staffで1人。
・Punggol Bus Interchange staffで2人。
・Clementi Bus Interchange staffで4人。
2021年9月1日 ストレートタイムズ紙 3ヶ月たって初めて、チャンギ空港ターミナル1と3の小売店と飲食店のいくつかが営業再開した。水曜朝の人通りは少なかったが、週末には人波が戻ってくるのを小売店店員は期待している。「感染者がいないことを知れば、お客さんは戻ってくるだろう」「先週行ったジュエルはにぎわっていた。その中には来る客もいるだろう」来週には、9月のスクールホリデーで人混みが戻るのを期待できる。
2021年8月31日 保健省 161人の新規感染者が見つかり、通算で67,620人になった。新規のうち、輸入が5人、市中感染が156人(うち未リンク79人)。現在、463人が入院中(うちICUが5人)。これまでに55人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は80%、1回接種は83%。
■アクティブクラスタは70個。
・Tampines Bus Interchange staffで2人。
・Boon Lay Bus Interchange staffで13人。
・Jurong East Bus Interchange staffで2人。
・North Coast Lodgeで15人。
・ブギスジャンクションで11人。
・Toa Payoh Bus Interchange staffで7人。
2021年8月31日 ストレートタイムズ紙 ブースターショットがシンガポールで展開される時、以前のワクチンとは異なるブランドを接種する人も出てくる。「高齢者にとって良いものは、若い人たちにはより強い副反応があるので、同じ対応を全員に推奨できない。それらの種類のデータは、現在収集・解析中だ。」
Sinovacのような不活性化ワクチンは、ブースターにmRNAを使うことでのメリットが大きい。「不活性化ワクチンは十分なキラーT細胞を作らない」「Sinovacを受けて半年で中和抗体値は急激に減少する」
シンガポールのワクチン委員会は、他国でのブースターショットからの副反応の事故率を含むことと、リスクを取り除くか和らげる方法をも研究している。
2021年8月30日 保健省 155人の新規感染者が見つかり、通算で67,459人になった。新規のうち、輸入が8人、市中感染が147人(うち未リンク52人)。現在、441人が入院中(うちICUが5人)。これまでに55人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は80%、1回接種は83%。
■アクティブクラスタは68個。
・Tampines Bus Interchange staff(新規)で4人。
・精神衛生研究所IMMI(新規)で4人。
・Boon Lay Bus Interchange staffで15人。
・119 Neythal Road dormitoryで11人。
・Jurong East Bus Interchange staffで3人。
・Toa Payoh Bus Interchange staffで18人。
・Punggol Bus Interchange staffで4人。
・ブギスジャンクションで7人。
・Bishan Bus Interchange staffで2人。
2021年8月30日 ストレートタイムズ紙 120人のバス運転手が感染している。
Q. 公共交通機関の乗客は、同じバスや電車で感染者との「一時的な接触(transient contacts)」とみなされていた。デルタでも同じか?
A. NUS感染症科のPaul Tambyah教授が回答。「デルタは多くの乗客を感染させることにつながっていない」運転手と乗客の間にはシールドがある。物理接触もない。多くの場合、空気感染は知られていない。「MOHの接触追跡チームから新情報がなければ、バスでの接触の定義を変える必要はない」
Q. なぜバスインターチェンジと関連するクラスタが急増しているのか?
A. 分子疫学か遺伝子指紋法が真因を知るには必要だが、2つの可能性がある。最初は、発症前の人を含み人が詰め込まれている状況。仮の環境で食事している人がいる。これは感染大拡大につながる可能性がある。もう一つは、清掃員や監査員のような人が、感染中にインターチェンジを渡り歩いた。
2021年8月29日 保健省 133人の新規感染者が見つかり、通算で67,309人になった。新規のうち、輸入が9人、市中感染が124人(うち未リンク34人)。現在、414人が入院中(うちICUが6人)。これまでに55人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は80%、1回接種は83%。
■アクティブクラスタは67個。
・Boon Lay Bus Interchange staff(新規)で7人。
・119 Neythal Road dormitory(新規)で3人。
・Jurong East Bus Interchange staffで4人。
・Tuas South Lodgeで1人。
・Clementi Bus Interchange staffで6人。
・Toa Payoh Bus Interchange staffで17人。
・Punggol Bus Interchange staffで3人。
・Bugis Junctionで21人。
・North Coast Lodgeで5人。
・43 Sungei Kadut Loop dormitoryで5人。
2021年8月29日 ストレートタイムズ紙 ワクチン接種率が新しいマイルストーンに達した。本日時点で、人口の80%が接種を2回受けた。保健大臣が語った。
4,300家庭の個人が、自宅ワクチンチームから接種を受けた。毎週、700件の自宅ワクチン希望を受けている。対応チームを11から33に増やした。200人のボランティア医師、看護師と軍の助けからなる。待ち時間は8週間から4週間に減った。9月末までに全ての自宅ワクチン接種を完了させる予定だ。
2021年8月28日 保健省 121人の新規感染者が見つかり、通算で67171人になった。新規のうち、輸入が8人、市中感染が113人(うち未リンク29人)。現在、389人が入院中(うちICUが6人)。これまでに55人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は79%、1回接種は83%。
■アクティブクラスタは66個。
・Jurong East Bus Interchange staff(新規)で11人。
・Homestay Lodge(新規)で3人。
・Tuas South Lodgeで1人。
・Clementi Bus Interchange staffで1人。
・Toa Payoh Bus Interchange staffで3人。
・Punggol Bus Interchange staffで4人。
・Bugis Junctionで25人。
・Selarang Halfway Houseで3人。
・North Coast Lodgeで8人。
・Sengkang Bus Interchange staffで1人。
2021年8月28日 保健省 113 Ang Mo Kio Avenue 4で5世帯から9人の感染者が確認された。全居住者に必須検査を行う。
2021年8月28日 保健省 8月30日23時59分から、ニュージーランドからの渡航者は7日間の自宅隔離SHNが必要になる。短期滞在のためのATPでの入国はできなくなる。
8月30日23時59分から、江蘇省からの渡航者は、到着時PCR検査陰性で、シンガポールでの活動が可能になる。7日間の隔離SHNは不要になる。江蘇省からの短期訪問は、9月4日以降に入国が可能になる。
2021年8月28日 ストレートタイムズ紙 シノファームのCovid-19ワクチンの第一陣が、8月30日からシンガポールで利用可能になる。マウントエリザベスやグレンイーグルスなどIHHヘルスケアシンガポールは、予約を月曜日に開始する。価格は2回接種で、消費税GSTを含み$99。シノファームはシンガポールで利用可能な4番目のワクチンだ。
2021年8月27日 保健省 122人の新規感染者が見つかり、通算で67,050人になった。新規のうち、輸入が2人、市中感染が120人(うち未リンク26人)。現在、369人が入院中(うちICUが6人)。これまでに55人が亡くなっている。
3人が亡くなった。全員がワクチン未接種。シンガポール人男性80歳、シンガポール人女性70歳、シンガポール人女性90歳。
■アクティブクラスタは66個。
・Tuas South Lodge(新規)で2人。
・Clementi Bus Interchange staff(新規)で3人。
・Toa Payoh Bus Interchange staffで5人。
・Punggol Bus Interchange staffで4人。
・ブギスジャンクションで47人。
・Selarang Halfway Houseで3人。
・North Coast Lodgeで4人。
・Bishan Bus Interchange staffで3人。
2021年8月27日 保健省 37ある集団ワクチンセンターの4つを閉鎖し、ワクチン接種を通常のヘルスケアプロバイダー、PHPC、モバイルやホームワクチンチームに移管する。過去一週間の感染者のうち、98.9%は無症状か軽症で、専用の医療ケアが不要だった。
保健省MOHは、抗原自己検査ARTキットを全世帯に郵便で配布する。8月28日から9月27日の間。各世帯は6つの検査キットを受け取る。これに加えて、教育省MOEと早期幼児教育局ECDAは9月中旬から、プレスクール・小学校などの全生徒・教職員にARTキットを3つ配布する。
必須PCRとFET定期検査への補助金を9月30日までとしたが、12月31日まで延期する。ワクチン未接種者もPCRとFET定期検査が補助されるので、追加の検査負担が実費になる。少数の医療理由での労働者には、PCRとFET定期検査のような必須検査へは12月31日まで政府が費用支援をする。2021年から後は、雇用主は検査費用はビジネスコストと準備する必要がある。
2021年8月27日 ストレートタイムズ紙 チャンギ空港のターミナル1と3が9月1日から再開する。パンデミックのため3ヶ月閉鎖されていた。到着客と一般人は分けられている。到着客とプロの出迎えの人のみが、到着ホールに入れる。エアコンと機械式通風装置が改善された。一般客との接触を最低限にするために、専用の休憩と食事エリアが空港に設けられた。T1とT3とJewelの閉鎖は、T3でのクラスタの発生のためだ。108人の感染者が見つかり、うち43人は空港職員だった。Jewelは6月14日に再開したが、T1とT3は閉鎖のままだった。
T2とT4は閉鎖のままだが、昨年5月から閉鎖されている。即座の再開計画はない。
2021年8月27日 環境資源省 (MSE) ワクチン差異化安全管理規則VDS違反で、3つの飲食店を営業停止とした。過去1週間で、700の店舗と2,500人がVDSのチェックを受けた。ワクチンがクリアステータスでないのに客を入店させ、食事させた3店舗が、10日間の営業停止になった。
安全管理基準違反で、7つの飲食店を営業停止とした。1店舗と10人が罰金を受けた。
2021年8月26日 保健省 116人の新規感染者が見つかり、通算で66,928人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が112人(うち未リンク24人)。現在、343人が入院中(うちICUが7人)。これまでに52人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは68個。
・Bangkit 257 Coffee House (257 Bangkit Road)(新規)で2人。
・Toa Payoh Bus Interchange staff(新規)で7人。
・Punggol Bus Interchange staff(新規)で7人。
・ブギスジャンクションで40人。
・Selarang Halfway Houseで4人。
・North Coast Lodgeで13人。
・Bishan Bus Interchange staffで2人。
■Punggol Bus Interchangeで11人の感染者のうち、10人がインターチェンジのスタッフで、1人がスタッフと同一世帯員。Toa Payoh Bus Interchangeの25人は、全員がインターチェンジのスタッフ。
2021年8月23日 厚生労働大臣 入国時の誓約に違反した事例
氏名: TORIYOSHI HIDENOBU
出発国: シンガポール
年代: 50代
住所: 東京都
入国後の行動歴等: 令和3年8月11日シンガポールから成田空港に到着し入国。空港での入国時検査は陰性。令和3年8月12日以降の自宅等待機(登録されている待機場所は東京都)の期間中、健康状態の報告、位置情報の報告及びビデオ通話に一度も応答がなかった。
2021年8月26日 ストレートタイムズ紙 テマセク財団のマスク無料配布で、初日の今日、10万世帯以上が受け取った。各世帯は、50の医療品質サージカルマスクと、25のN95マスクを受け取れる。一部のショッピングモールとスーパーが対象。本日から9月26日まで。受け取りにはSPユーティリティ請求書が必要だ。受け取りに袋は提供されない。請求書を持ってこなかったために、追い返される人もいた。本日の在庫分の配布が終了したため、追い返される人もいた。配布場所の確認はこちら https://stayprepared.sg/staymasked/onetime/
2021年8月26日 ストレートタイムズ紙 パンデミックにおいて国際ビジネス会議を可能にする試験施設 Connect @ Singaporeが、Covid-19患者の収容施設に転用されることになった。コロナウイルスが風土病になる準備をシンガポールが増大させているためだ。現在、地域ケア施設として使われている。検査陽性だが、軽症な人を収容する。転用されてからの受け入れは、ここ数日で始まった。
(シンガポールでの)感染者の97.5%は、軽症か無症状だ。感染者の40%は、地域ケア施設に収容されるが、ワクチン完全接種者の増加で、割合が高まっている。6つある地域ケア施設の収容可能人数は5千人だ。
転用で、Connect @ Singaporeのイニシアチブが疑問になった。昨年12月にアナウンスされたが、5月末にフェーズ2高度警戒になり、運用停止となっていた。
2021年8月26日 ストレートタイムズ紙 現在、ワクチン接種にかかわらず2人までが店内飲食可能なホーカーセンターとコーヒーショップで、5人までに引き上げるのは現実的ではないと保健省と国家環境局が発言した。客のワクチン接種ステータスの確認などの面でだ。
2021年8月25日 保健省 120人の新規感染者が見つかり、通算で66,812人になった。新規のうち、輸入が2人、市中感染が118人(うち未リンク29人)。現在、350人が入院中(うちICUが7人)。これまでに52人が亡くなっている。
・66762人目、シンガポール人男性86歳が亡くなった。ワクチン一部接種、癌・心筋症・慢性腎疾患・高血圧・高脂質の既往症があった。
・67995人目、シンガポール人女性95歳が亡くなった。ワクチン未接種、アルツハイマーの既往症があった。
■アクティブクラスタは68個。
・ブギスジャンクションで38人。
・Selarang Halfway Houseで10人。
・North Coast Lodgeで26人。
・ブギスジャンクションの感染で、61人の感染者のうち、51人がブギスジャンクション勤務者、そのうち46人がBHGのスタッフ、10人がモールへの訪問者だ。ブギスジャンクションの閉鎖は8月30日まで行われる。
・Selarang Halfway House(刑務所収容者の職業訓練施設)で、19人の感染者のうち、17人が監督者。2人が監督者の同一世帯か職場での接触だ。
2021年8月25日 ストレートタイムズ紙 8月24日火曜日、ブギスジャンクションのBHGデパートは清掃と消毒のために閉店だった。多くのスタッフが検査で陽性となった後のことだ。一昨日の月曜日に、多くのスタッフが検査で陽性だった。
2021年8月24日 保健省 116人の新規感染者が見つかり、通算66,692人になった。新規のうち、輸入が5人、市中感染が111人(うち未リンク33人)。現在、339人が入院中(うちICUが7人)。これまでに50人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは70個。
・Bugis Junction(新規)で20人。
・Selarang Halfway House(新規)で7人。
・North Coast Lodgeで24人。
・Bishan Bus Interchange staffで4人。
■North Coast Lodgeクラスタでの全検査が終了し、検査結果が判明した。過去3日で、5,300人が検査を受けた。
■Bugis Junctionで働いている20人の感染者を調査している。Bugis Junctionの関連する店で働いている店員は検査させ、感染確定者の濃厚接触者は検疫におかれる。8月17日から24日に、Bugis Juntionの店舗を訪れたか、サービスや施設を使った人にも、検査を拡大する。近くのビルやBugis MRT駅に行くために通り過ぎた人は検査の必要はない。詳細はこちら。 https://go.gov.sg/bugis-junction-testing
2021年8月24日 ストレートタイムズ紙 2020年のサーキットブレーカーは、経済のシャットダウンで、月収$3千未満の収入の家族にも一様ではない影響を与えた。その多くの家庭は、毎日の支払いを払うのに困難だった。一方、ロックダウンの社会的結果は広範囲に感じられ、社会の全ての層で幸福感に長く影響を与えた。SRSIが発表した調査による。10世帯のうち、収入$千未満では4世帯が、$千から$2,900では3世帯が、日々の生活の支払いに困窮した。平均して、それらより所得が多い家庭では、同種の問題を報告したのは10世帯中3世帯より少なかった。
平均して、$千未満の世帯の半分以上、$千から$2,900では半分近くが、収入が途絶した。収入が多い家庭では少なかった。世帯収入が$8千から$9,900の間では10世帯中4世帯が、$1万から$14,900では3世帯より少なかった。
2020年5月7日から7月16日の間の、隔週で千人より多い国民と永住者からのデータだ。
世帯月収が$千から$4千では、政府化の支援をわずかに多く受け取っていた。$千未満の約半数、$千から$3,900の半数以上が、政府から支援を受け取った。
過半数が、サーキットブレーカー中に社会活動や家族訪問が制限され、44%が運動をできなかった。16%は家庭調和が乱された。
マレー系は中華系やインド系より、多くの不安があった。収入の途絶がより多かった。他の民族では10世帯中3世帯より少なかったのが、マレー系では1/3が日々の支出を支払うのに影響をうけた。
2021年8月23日 保健省 98人の新規感染者が見つかり、通算で66576人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が94人(うち未リンク19人)。現在、336人が入院中(うちICUが7人)。これまでに50人が亡くなっている。
67375人目、シンガポール人女性86歳が亡くなった。ワクチン未接種、癌・高血圧の既往歴があった。
■アクティブクラスタは70個。
・North Coast Lodge(これまでは68799人目と表記)で59人。
・FairPrice (Kallang Bahru)で1人。
・My First Skool (54 Chin Swee Road) で2人。
移民労働者寮North Coast Lodgeで59人が関連している。定期検査で8月21日に3人の感染が見つかってから、2200人に検査済みだ。残りの3200人の検査が実施中。寮の全員に行動制限命令が出ている。
2021年8月23日 ストレートタイムズ紙 医療的に接種可能だが接種しない選択の従業員が、定期検査の費用を負担し、Covid-19と関連した医療給付を削除することを、企業は求めることが可能になる。ワクチン接種率を上げるためだ。企業は、接種のみを根拠に従業員を解雇したり脅迫すべきではないが、ワクチン差異化職場規則に従わない未接種従業員を解雇できる。シンガポールの三者協議会が新ガイドラインを発表した。
ワクチンを接種していれば発生しない、検査や隔離SHNの費用が対象だ。給与からの天引きや、従業員が直接支払うことで対応する。休みについては、未接種者が退院後に行動制限で動けない場合があり、余分にかかった休みの日にちを企業は差し引ける。「休みがなくなれば、無給与休暇(ノーペイリーブ)を企業は従業員に要求できる」
「ワクチンか定期検査か」を実施する対象の産業の企業は、従業員にワクチン接種証明の提出を求められる。未提出者は未接種として扱え、厳しい安全管理基準におかれる
2021年8月23日 ヤフーシンガポール 接触追跡アプリTraceTogether(TT)の利用をやめるべきかどうかの決断は、科学によって導かれるべきで、政治によるべきではないとビビアン大臣が述べた。ロイターとのインタビューで、パンデミックが解決すれば、TTは撤廃されるかと尋ねられた。「当時の言及は守る。科学者や医師が我々に言うようにしたい。TTのレベルの接触追跡が必要か助けになるかを、専門家が我々に言うようにしたい」「接触追跡が必要で、社会を安全にできる新しく革新的な技術の利用することを、全ての野党が支持している」
TTのウェブサイトには「接触追跡が終わると、収集された全ての個人の接触追跡データは、可及的速やかに削除される」と書かれている。
今年1月には、警察が犯罪捜査にTTデータを使ったことで議論になった。昨年6月にはビビアン大臣が「TTは(感染)接触追跡でのみ使われる」と記者会見で約束していからだ。後に、7つの重罪には利用可能となった。
2021年8月22日 保健省 35人の新規感染者が見つかり、通算で66,478人になった。新規のうち、輸入が6人、市中感染が29人(うち未リンク17人)。現在、346人が入院中(うちICUが7人)。これまでに49人が亡くなっている。
・67456人目、永住者女性91歳が亡くなった。ワクチン未接種、慢性腎疾患、心臓病、高血圧、高脂質、副甲状腺機能亢進症の既往症があった。
・67630人目、シンガポール人男性87歳が亡くなった。ワクチン一部接種、癌・糖尿病・高血圧・高脂質の既往歴があった。
■アクティブクラスタは72個。
2021年8月22日 ストレートタイムズ紙 2020年3月から4月にかけ、保健省MOHが開示する前に、36歳国民女性が情報を漏らしていた。公務秘密法OSAでの5つの罪を認め、$1万の罰金刑を受けた。当時MOHで働いていた別のシンガポール人女性の知人から聞いた毎日の感染者数を、銀行の同僚に4回漏らしていた。仕事の詳細は、裁判では触れられなかった。最後の件は、MOH職員から感染者の秘密情報をせがんでいたことだ。
MOH職員は、MOHのデータ管理部門のサブリーダーだった。Covid-19対応に設置された部署だ。感染者数と感染者の詳細について、アクセスでき、情報を扱っていた。WeChatで日々の感染者数を、昨年3月16日には、共有していた。チャットグループでは、情報は口外しないように言っていた。
被告の住んでいるコンドで感染が発生し、被告が2歳の子どもをコンドの共有施設に連れて行ったため、感染者との不注意な接触を恐れて、詳細情報を被告はMOH職員に懇願した。MOH職員は、感染者が輸入であること、シンガポールへの入国日、NCIDに入院していることを漏らした。
2021年8月21日 保健省 37人の新規感染者が見つかり、通算で66,443人になった。新規のうち、輸入が5人、市中感染が32人(うち未リンク16人)。現在、364人が入院中(うちICUが7人)。これまでに47人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは76個。
・Nimble/Kneadで1人。
2021年8月22日 ヤフーシンガポール 高いワクチン接種率にもかかわらず、感染勃発が立ち消えになる集団免疫に達することは、シンガポールはないとローレンス・ウォン大臣が述べた。その代わり、活動再開し、制御された方式で国が経済を再開していくにつれ、感染が今後増えることに、シンガポールは心の準備が必要だと言った。「最小限の死者と損失で」パンデミックの終わりに向かっていくことがシンガポールの目的だとした。
高齢者の接種が改善しなければ、今後1,2年でシンガポールの死者は千人にのぼると、NUS感染症モデルの専門家を、ロイターは引用している。
2021年8月20日 保健省 40人の新規感染者が見つかり、通算で66,406人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が36人(うち未リンク14人)。現在、380人が入院中(うちICUが7人)。これまでに47人が亡くなっている。
・67178人目、シンガポール人男性82歳が、Covid-19感染での合併症から亡くなった。ワクチン未接種、虚血性心疾患・心筋梗塞・嚢胞性腎疾患・高血圧の既往症があった。
■アクティブクラスタは77個。
・FairPrice (Kallang Bahru)(新規)で2人。
・Sengkang Bus Interchange staffで2人。
・Giant (683 Hougang Avenue 8)で1人。
2021年8月20日 ストレートタイムズ紙 長期間開始が立ち遅れていた検疫不要のトラベルバブルを、シンガポールと香港は行わない。運輸大臣が「両国の戦略は異なっている。シンガポールはCovid-19に弾力性にある国になる段階を踏もうとしている」と発言。しかしながら香港は、国境管理を厳格化しており、シンガポールや他の地域からのワクチン済み旅行者を、中リスクとして、7日ではなく14日の検疫におく。シンガポールは、香港とマカオからの入国は、到着時検査で入国できるようにする。
シンガポールがゼロコロナ政策から変わったことで、香港立法府はトラベルバブル計画を廃止するように政府に促していた。中国と香港が国境再開するには、ゼロコロナ政策が必要だと理由づけていた。
2021年8月19日 ロイター (編注:「シンガポール航空が高リスク職に接種を義務付け」ということです。接種義務付けは国内報道はなかったはず。8月18日の「ジェットスターの接種義務」は全従業員が対象でした)シンガポール航空などは従業員にワクチン接種を義務付けている。シンガポール航空は、現場で働く地上スタッフ全員に加え、稼働中の操縦士と客室乗務員の99%が9月1日期限前にワクチンを接種したと発表。
2021年8月20日 環境資源省MSE 700の飲食店、2000人以上の個人に、ワクチン差異化安全管理基準VDSが守られているか、前の週末に監査した。5つの店舗が、入店前にワクチン状態を確認せず、VDSを守っていなかった。入店をクリアしていない約10人が見つかった。大半は、2回目の接種を終えているが、2週間経っていない人達だった。開始初めての週だったので、厳重注意にとどまった。ワクチン状況を偽った客は見つからなかった。安全管理基準で、8つの飲食店が営業停止になり、22の飲食店と59人が罰金を言い渡された。
■安全管理基準違反店
・Araki (#04-23/24, 150 Orchard Road, Orchard Plaza)
・Great World City (1 Kim Seng Promenade, Great World City, #07-01)
・IndoChine (#01-00, 47 Club Street)
・Yoshinoya (23 Serangoon Central, #B1-36/37, NEX)
2021年8月19日 保健省 32人の新規感染者が見つかり、通算で66, 366人になった。新規のうち、輸入が3人、市中感染が29人(うち未リンク13人)。現在、391人が入院中(うちICUが8人)。これまでに46人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは84個。
・67220人目(新規)で32人。
・Giant (683 Hougang Avenue 8)(新規)で7人。
2021年8月19日 保健省 ワクチン完全接種者への在宅治療モデルの試験運用
軽症か無症状のCovid-19患者の管理に在宅治療モデルを試験導入する。同世帯の他の人から隔離できる、適切な自宅環境が必要だ。8月30日から。患者と同世帯人は完全接種で、高齢者や免疫不全のような脆弱者グループがいてはいけない。患者は医療施設に最初の数日はいて、その後に自宅隔離に移る。患者と同世帯人は、住居に居続けなければならない。電子機器と電話監査で追跡される。患者は健康状態と安全を密接に監視され、24時間週7日間アクセス可能な遠隔医療サービスを提供される。検査結果が陰性かとても低いウイルス量であれば、隔離を終えるかの判定に、PCR検査を病気の9日目に行う。全世帯人はART抗原検査を毎日実施する。
国境の開放
国を4つのカテゴリーに分類する。シンガポール入国21日前の渡航歴に基づいて、異なる国境管理を行う。複数国を訪問していれば、最も厳しい国の規制が当てはまる。
a. カテゴリーI: 隔離SHNなしに入国可能。入国時PCR検査のみが必要で、陰性であれば活動開始できる。対象は、中国(江蘇省は除く)、ニュージーランド、台湾。8月20日から香港、マカオも追加。
b. カテゴリーII: 7日間の隔離SHN。隔離先は自宅も可。対象は中国江蘇州。8月20日から豪州、カナダ、ドイツが加わる。
c. カテゴリーIII: 未接種は14日の専用施設での隔離。完全接種は自宅隔離も選択可。(Annex D: 単身者か、同一旅程で同一隔離SHN期間の者との同居が必要。隔離中は電子監視機器の装着が必要。) 対象国は、オーストリア、イタリア、ノルウェイ、韓国、スイス。8月20日からベルギー、デンマーク、日本、ルクセンブルグが加わる。
d. カテゴリーIV: 他の全ての国(バングラデシュ、インド、ミャンマー、ネパール、パキスタン、スリランカを除く)。14日間の専用施設での隔離SHN。
ワクチン旅行レーン
ブルネイとドイツと、ワクチン旅行レーンを始める。隔離の代わりに、出発48時間前PCR検査、シンガポール到着検査、3日目と7日目の検査を行う。スキーム専用に利用できるフライトに対象旅行者は限定される。直行便になる。旅行前に、短期訪問者と長期滞在パス所持者は、ワクチン旅行パスを入国希望の7日から30日前の間に提出する。9月8日入国開始で、9月1日から受付開始。接種済みの国民と永住者PRは自動的に対象になり、応募は不要。
WHO EULワクチンの海外接種者の認識
短期訪問者は、ワクチン差異化安全管理基準のために、24時間以内のMOH認定の検査施設でイベント前検査を受ける必要があった。8月20日から、不正改ざん防止シールを、WHO EULワクチンを海外で完全接種し、英語の証明書を持つ新規入国者のパスポートに添付する。9月までに、TraceTogether経由でSE Biz Appでも認識されるようになる。
2021年8月19日 ストレートタイムズ紙 労働者のためのCovid-19ワクチンガイドラインが見直されている。より多くの人が保護されることが狙いだ。高リスク環境にいる従業員にワクチン接種を企業は要求できるとした、先月発行した勧告を見直していると、労働省MOMがST紙に発言した。現在、最終段階で、間もなく発行される。「特定産業での「ワクチンか定期検査か」の見地から、職場が安全でありワクチン接種率を高めるために勧告を見直している」
2021年8月18日 保健省 53人の新規感染者が見つかり、通算で66,334人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が49人(うち未リンク19人)。現在、402人が入院中(うちICUが6人)、施設隔離が人。これまでに46人が亡くなっている。
・67560人目、シンガポール人男性64歳がCovid019感染からの合併症で亡くなった。ワクチン未接種、末期腎不全、虚血性心疾患、高血圧、高脂質の既往歴があった。
■アクティブクラスタは87個。
・Westlite Juniper Dormitoryで1人。
・Sengkang Bus Interchange staffで1人。
・Superland Pre-School (Kreta Ayer Community Centre)で1人。
2021年8月18日 保健省 ワクチン接種は、1日8万接種がピークで、現在では4万接種に落ちてきている。8月18日から、短期訪問パスで滞在を延期している人向けに、国家ワクチンプログラムの対象にする。短期就労パス、特別パス所有者も含む。例えば、トレーニングEP(TEP)、トレーニングWP(TWP)、ワーホリパス(WHP)、スペシャルパスだ。過去60日以上滞在している短期訪問パス(STVP)所持者も含む。接種は無料だが、ワクチン疾病金融補助プログラムVIFAPの対象外。副反応での治療費は自己負担。
2021年8月18日 ストレートタイムズ紙 バジェットエアラインのジェットスター・アジアが、10月1日までに全従業員にワクチン完全接種を求めた。ハイリスク環境にいるスタッフには、企業はワクチン接種を要求できるとの、7月2日付け政府勧告を参照している。全従業員にワクチン完全接種が必要な、シンガポールで最初のエアラインになったとジェットスターアジアは発言した。現在、ほぼ100%の従業員がワクチン接種済み。従業員と家族を守るため、仕事でワクチン接種が必須との考えを、大部分の労働者は支持している。
接種をしない従業員があらわれればどうするのかとの質問に、医療的に接種が可能な他の方法があるかを調査すると答えた。「他の医療理由で接種に懸念があれば、労働省MOMのガイドラインに基づいてケースバイケースで対応する」ハイリスク環境での新規採用でワクチン接種を強制できるが、ワクチン接種拒否で既存従業員を解雇できないとMOMはしている。接種拒否をするハイリスク環境の従業員を、低リスク業務に異動にできるが、上司と労働者の相互の同意が必要だ。
2021年8月18日 ストレートタイムズ紙 8月19日、明日から行動制限が緩和され、職場に従業員の半数が戻れるようになる。5月8日以来だ。多くの企業は、シンガポール最大の雇用主の政府を含み、(出社とリモートの)ハイブリッドでの就労方法が、パンデミック後の恒久方式になると予期している。
2021年8月17日 保健省 56人の新規感染者が見つかり、通算で66,281人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が52人(うち未リンク14人)。現在、404人が入院中(うちICUが6人)。これまでに45人が亡くなっている。
・67329人目、シンガポール人男性90歳が亡くなった。ワクチンに完全接種だったが、高齢であり慢性の腎臓病と高血圧があった。
■アクティブクラスタは93個。
・Sengkang Bus Interchange staffで2人。
・My First Skool (54 Chin Swee Road) で2人。
・Westlite Juniper Dormitoryで13人。
2021年8月17日 ストレートタイムズ紙 8月26日から9月26日まで、131のスーパーマーケットと一部のキャピタランド・モールで、医療品質サージカルマスク50個と、N95呼吸マスク25個が配布される。テマセク財団の5回目の配布だ。スーパーでは、Sheng Siong、プライム、フェアプライス、コールドストレージ、ジャイアントが含まれる。受け取りには、SPグループの請求書の、アカウント番号を見せ、スキャンされる。
2021年8月16日 保健省 53人の新規感染者が見つかり、通算で66,225人になった。新規のうち、輸入が5人、市中感染が48人(うち未リンク9人)。現在、426人が入院中(うちICUが7人)。これまでに44人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは99個。
・43 Sungei Kadut Loop dormitory(新規)で12人。
・Bishan Bus Interchange staffで5人。
・My First Skool (54 Chin Swee Road)で4人。
2021年8月16日 保健省 695 Jurong West Central 1で6世帯から14人の感染者が見つかった。必須検査を実施する。
2021年8月16日 保健省 病院の病棟に訪問する人(見舞客)に、ワクチン接種差異を行う。8月19日から、病院でのリスクが減るまでの間。既存の規制に追加となる。2021年5月からの医療スタッフと入院患者への定期検査や、2021年10月1日からの医療スタッフへのワクチン接種か定期検査かなどが既存の規制だ。
8月19日から、Covid-19から回復しイベント前検査免除通知を持っている人と完全ワクチン接種者は、訪問前検査無しに、病院病棟に入れる。現在から9月30日までは一部接種者は訪問可能だが、10月1日以降は訪問前検査陰性の提示が必要になる。ワクチン未接種者は、事前訪問検査を自費で行うことが必要になる。MOHが認める抗原検査ART事業者で、訪問前検査を実施できる。9月1日から、クイックテストセンターに検査手配を病院はする。訪問者は自費となる。
2021年8月16日 保健省 ワクチン接種から6日後に院外心停止になりICUに入った16歳少年が、着実に回復しており、院内患者のリハビリを現在は受けている。補助なしに日常生活をおくることができている。数週間後に退院できる見込みだが、学校通学を始めるまでに外来でのリハビリが必要だ。
深刻な心筋炎を起こしていたことが医療調査で分かった。接種したワクチンからの重篤有害事象の可能性がある。激しいウェイトリフティングと、エナジードリンクやサプリメントでのカフェインをとっていたことで、悪化した。保健省MOHが提供するワクチン疾病金融支援プログラムVIFAPで、少年と家族は$225,000の一度きりの金融支援を受けた。
ワクチン接種後に、心筋炎や心膜炎のリスクがわずかだが増える。国内では10万人中0.48人の確率だ。念のために、ワクチン接種した人全員、特に若い男性は、1回目と2回目接種の後に、激しい運動を1週間控えるべきだ。1回目の接種で心筋炎になった人は、それ以上のmRNAワクチン接種をすべきではない。
2021年8月15日 保健省 53人の新規感染者が見つかり、通算で66,172人になった。新規のうち、輸入が3人、市中感染が50人(うち未リンク14人)。現在、443人が入院中(うちICUが8人)。これまでに44人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは102個。
・Bishan Bus Interchange staffで1人。
・Sengkang Bus Interchange staffで3人。
・My First Skool (54 Chin Swee Road)で11人。
・Superland Pre-School (Kreta Ayer Community Centre)で2人
・MBSカジノで1人。
・KTVラウンジで1人。など
2021年8月14日 保健省 58人の新規感染者が見つかり、通算で66,119人になった。新規のうち、輸入が1人、市中感染が57人(うち未リンク17人)。現在、451人が入院中(うちICUが9人)。これまでに44人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは111個。
・Bishan Bus Interchange staff(新規)で5人。
・Sengkang Bus Interchange staffで4人。
・SAFRA Tampinesで3人。
・My First Skool (54 Chin Swee Road)で5人。
・Superland Pre-School (Kreta Ayer Community Centre)で2人。
・Zuellig Pharmaで2人。
・Westlite Mandai Dormitoryで3人。
・ジュロン漁港で1人。
2021年8月14日 保健省 52 Chin Swee Roadで2世帯から5人の感染者、3と9 Jalan Kukohで3世帯から3人の感染者、4世帯から7人の感染者がそれぞれ見つかった。52と53 Chin Swee Road、3と9 Jalan Kukohとで必須検査を実施する。Jalan Kukoh Food Centre (1 Jalan Kukoh)で働く全員と清掃員にも必須検査を実施する。
2021年8月14日 ストレートタイムズ紙 60歳以上の高齢者をCovid-19ワクチンに紹介した人は、健康増進局HPBから$30の商品券を受け取る。8月13日から11月30日まで。商品券は、フェアプリス、キャセイ映画館、榮寿司、LiHo Teaで使える。ネットで登録し、次にHPBからSMSで確認を受け取る。HPB職員がいるワクチンセンターに高齢者と同行し、職員にSMSとNRICを見せる必要がある。紹介プログラムは、国民・永住者・就労ビザ所持者の17歳より上が対象。詳細はこちら
現在、60歳から69歳の接種率は91%で、70歳以上は85%。
2021年8月4日 ストレートタイムズ紙 8月10日に店内飲食が再開してから、偽のワクチン証明を持ち込む人や、完全接種ではない人を、飲食店は入店拒否をしなければならなかった。ある店は初日に10人の客を入店拒否した。エアコンがなければ"コーヒーショップ"だと考えていた客もいた。ある店では、偽のワクチン証明を見せたり、14日たっていなくても完全接種と主張する客もいた。本人のものではない印刷のワクチンカードを持ってきた者がいた。偽の陰性証明をネットで提示した人もいた。保健大臣は、偽の証明を使うと罪に問われると警告している。
バーガーキングとKFCには、持ち帰り専門での営業を選んだもある。
2021年8月13日 保健省 49人の新規感染者が見つかり、通算で66,061人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が45人(うち未リンク13人)。現在、488人が入院中(うちICUが10人)。これまでに44人が亡くなっている。
66875人目、シンガポール人男性84歳がCovid-19感染からの合併症で亡くなった。ワクチン未接種で、癌・虚血性心疾患・真性糖尿病・高血圧・高脂質の既往症があった。
■アクティブクラスタは116個。
・SAFRA Tampinesで3人。
・My First Skool (54 Chin Swee Road)で5人。
・Superland Pre-School (Kreta Ayer Community Centre)で1人。
・Zuellig Pharmaで2人。
2021年8月13日 保健省 10月1日から「ワクチンか定期検査か」が始まる。ワクチン未接種者は週に2度の抗原検査ARTを受ける。対象は以下。
a) 医療業界、高齢者業界、12歳未満を相手とする人たち。
b) マスクを外すハイリスク環境の顧客とやり取りがある業界、国境とCovid-19現業職の業界。飲食、ジム、フィットネススタジオ、パーソナルケアサービスを含む。
c) 公共サービス、制服組を含む。
小売店員、スーパーマーケット・タクシー・プライベートハイヤー運転手・ラストマイル配達員・運転教習員・公共交通機関職員を含めることにした。
10のモバイルワクチンチームを、90箇所のハートランド地区に配備した。11の自宅接種ワクチンチームを寝たきりの個人宅に配備している。合計6,600人が接種した。
60歳以上では115,000人がワクチン未接種だ。診療所PHPCでワクチン接種ができるようにする。8月18日から、12歳以上で初回接種がまだの国民・永住者・長期滞在ビザ所持者は、事前予約不要で、ポリクリニックや参加の診療所PHPCで接種できるようになる。
長期間シンガポールにいる短期訪問パス所持者にワクチンプログラムを開放する。8月18日から対象者にはSMSで通知する。
近隣諸国に、ワクチンの寄付と交換を行う。
2021年8月13日 保健省 ストレートタイムズ紙での医師の投書「シンガポールのICU定員能力は拡大されるべき」で、シンガポールの段階的再開への制約はICU能力としているが、不適切だ。シンガポールは1,000ベッドまでICU定員を拡大でき、病室を転換し、専用医療器具・薬を備蓄し、ICU手順を踏まえた医療専門者を訓練してきた。現在、70のICUベッドを空けている。千のICUベッドは緊急計画の一部であるが、使い切ることを計画していない。無制御に感染が拡大し、多くの重傷者がでることを意味しているからだ。その代わり、重傷者を抑えるためにワクチンを使い、入院やICUの利用を減らす。ICU準備ではなくワクチンが、コロナとの共存の鍵だ。
2021年8月日 保健省 59人の新規感染者が見つかり、通算で66,012人になった。新規のうち、輸入が0人、市中感染が59人(うち未リンク19人)。現在、470人が入院中(うちICUが9人)。これまでに43人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは119個。
・SAFRA Tampines(新規)で9人。
・My First Skool (54 Chin Swee Road)(新規)で5人。
・Superland Pre-School (Kreta Ayer Community Centre)で6人。
・NKF Dialysis Centre (Sakyadhita)で2人。
・Sin Ming 23 Coffee Shopで3人。
・Westlite Mandai Dormitoryで1人。
2021年8月12日 ストレートタイムズ紙 Covid-19にさらされた可能性がある人を見つける接触追跡を行う人の数が、7月中旬から半分増加した。330人だったのが480人になった。7月12日に公表されたKTVラウンジでのクラスタ以降、感染者数が急増している。感染者発見の時点から、検疫QOを濃厚接触者に出すのに14日かかる事例もあった。接触追跡チームは様々な官庁の人と、外部の事業者で構成されている。国内でICUに100のベッドが、Covid-19患者用に確保されている。必要になればICU定員を拡大することができる。一般病棟を隔離や集中治療室に転換することを含む。人工呼吸器と薬の十分な供給もある。Covid対応に備えるため、国家感染病センターNCIDと公営病院は不急の診察や手術を減らしている。
2021年8月11日 保健省 63人の新規感染者が見つかり、通算で65,953人になった。新規のうち、輸入が2人、市中感染が61人(うち未リンク17人)。現在、508人が入院中(うちICUが8人)。これまでに43人が亡くなっている。
66910人目、シンガポール人男性69歳がCovid-19感染からの合併症で亡くなった。ワクチン未接種。脳卒中・真性糖尿病・高血圧・高脂質を経験していた。
■アクティブクラスタは118個。
・Superland Pre-School (Kreta Ayer Community Centre)(新規)で3人。
・NKF Dialysis Centre (Sakyadhita)で1人。
・ジュロン漁港で2人。
・Westlite Juniper Dormitoryで8人。
・Sin Ming 23 Coffee Shopで1人。
2021年8月11日 保健省 スペシャルアクセスルートによって、政府保管のSinovacワクチンを17万接種分、民間医療機関に割り当てた。合計8万5千人が接種を受けた。残りの3万接種分は、mRNAへのアレルギー反応が出た国民・永住者・長期滞在パス所持者や他の目的のために、とって置かれてている。mRNAにアレルギー反応が出た個人は、Sinovacの接種が引き続き可能で、MOHは該当者のワクチン予約手配に連絡を続けている。8月12日までに8万5千人への初回接種分の接種が終わると見積もっている。二回目接種をする人への分を確保した後に、病院の在庫はなくなる。病院は次のSinovacを注文でき、次回輸入は4~6週間後になる。
mRNAワクチンが接種可能な人は、高い予防効果のために、mRNAを接種することを勧めている。
2021年8月10日 保健省 54人の新規感染者が見つかり、通算で65,836人になった。新規のうち、輸入が1人、市中感染が53人(うち未リンク15人)。現在、508人が入院中(うちICUが11人)。これまでに42人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは118個。
・NKF Dialysis Centre (Sakyadhita)で1人。
・ジュロン漁港で1人。
・マリーナベイサンズ カジノで2人。
・JEMで1人。
CHIJ Katong Conventで2人。など
2021年8月10日 ストレートタイムズ紙 過去270日以内にCovid-19から回復した人は、店内飲食のためには、イベント前検査も追加で必要になる。自動的に完全ワクチン者と同等になれるわけではない。保健省MOHが語った。
海外でWHOの緊急使用ワクチンを接種した居住者は、接種証明と認定医院での血液検査が必要。血清検査陽性なら、国家免疫登録NIRに記録が反映され、TraceTogetherとHealthHubで確認可能になる。
海外接種の短期訪問者は、NIRに登録できる方法が検討されている。「言語や書式が違うので、飲食時に書面を許可することはない」
コーヒーショップの定義とは、コーヒショップ、eating house、キャンティーンのシンガポール食品庁ライセンスを持っている施設だ。
2021年8月10日 ストレートタイムズ紙 ショッピングモールの中のエアコンがきいたフードコートで、店内飲食をしたいワクチン接種済みの人は、入り口でチェックを受け、接種済みを示すシールを受け取っていた。Junction 8、Nex、Plaza Singapuraでだ。店内飲食が解禁された最初の日の出来事だ。シールがない未接種者は持ち帰りのみができる。
客の中には多少の混乱もあり、全員が完全接種でなかったため、追い返されるグループもいた。2人以下なら未接種でも店内飲食ができると誤解していた。
他のフードコートでは、店舗が個別に確認しているところもあった。
2021年8月9日 保健省 72人の新規感染者が見つかり、通算で65,836人になった。新規のうち、輸入が3人、市中感染が69人(うち未リンク20人)。現在、527人が入院中(うちICUが10人)。これまでに42人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは131個。
・NKF Dialysis Centre (Sakyadhita)(新規)で1人。
・ジュロン漁港/ホンリムマーケットで2人。
・Westlite Juniper寮で8人。
・ポンゴル小学校で1人。
2021年8月9日 保健省 2021年8月8日時点で、国家ワクチンプログラムで人口の70%が完全接種を終え、79%が少なくとも1回の接種を受けた。7月中旬から、60歳以上の高齢者は、予約無しに接種が可能になっている。8月2日から、18歳以上は、モデルナの予約無し接種が11センターで可能になっている。8月10日から、12歳以上の国民・永住者・長期滞在ビザ所持者は、予約無しに初回接種ができる。ファイザーは26のワクチンセンターで接種されている。引き続き http://www.vaccine.gov.sg で予約もできる。
2021年8月9日 mothership 64歳女性が、1回目のコロナワクチン(ファイザー)接種から8時間後に倒れ、亡くなったことに、保健省MOHは回答した。高血圧は制御下にあり、軽い糖尿病があったことを除き、概ね健康だったと娘がFacebookでうったえている。生前には、Covid-19ワクチンの擁護者で、ワクチンは安全でなく調査が不徹底だとする憶測に反証していたと、娘は言う。
MOHによると、7月25日に接種を受け、同日亡くなった。検死解剖での認められた死因は、高血圧性心疾患と冠動脈疾患だった。患者の心臓病・糖尿病・高脂質と高血圧の既往歴と合致している。ワクチン接種後に心臓発作の数が増えたデータはないとMOHは付け加えた。「公営病院では、毎月、1000人の卒中と心臓発作を扱っている。多くのワクチンが接種されるにつれ、接種後での偶然の卒中と心臓発作は起きる」
2021年8月8日 保健省 78人の新規感染者が見つかり、通算で65,764人になった。新規のうち、輸入が5人、市中感染が73人(うち未リンク21人)。現在、542人が入院中(うちICUが8人)。これまでに42人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは130個。
・Sin Ming 23 Coffee Shopで2人。
・Chee Song Frozen Foodsで1人。
・ジュロン漁港/ホンリムマーケットで4人。
・マリーナベイサンズ カジノで1人。
・Westlite Juniper Dormitoryで1人。
・Nimble/Kneadで3人。
・JEMで1人。
・CHIJ Katong Conventで5人。
2021年8月6日 筆者 ■ワクチン完全接種なしに店内飲食をする方法
イベント前検査PETで店内飲食が可能になります。
・シンガポール保健省MOH8月6日アナウンス
12. Unvaccinated individuals with a valid negative pre-event test result or recovered individuals are of similarly lower risk, and may also join in such groups of up to 5.
・PETは、指定病院で、通常ART抗原検査で行われる。検査から活動終了(退店)までの24時間が有効。PETの説明はこちら
・PETを受けられる場所はこちら
2021年8月8日 ストレートタイムズ紙 Q. ワクチン接種者と未接種者が同等の扱いを受けられるまでどれぐらい時間がかかりますか?
A. シンガポールと世界で脅威がどれぐらい続くかによる。シンガポール国立大学公衆衛生学部長は、ワクチンでの差別化は最低12~18ヶ月は続くと見ている。接種者が徐々に日常生活が通常通りに戻っていく間に、未接種者を守り続ける。はしかとジフテリアは小学校入学に必須だ。医療理由で接種できない子どもは例外だが、接種を拒否する親は国の教育制度から排除されている。
2021年8月6日 シンガポール政府 Q. TraceTogether携帯アプリからPossible Exposure機能が取り除かれた。今後のPossible Exposure通知はどう受けますか?
A. 感染リスクが高いと保健省MOHはSMSや電話で通知を受ける。
リスクは低く、検疫や電話確認は不要だが、14日間の自己管理を目的としていた。TraceTogetherやSafeEntryを使った他の警告方法が開発された。
加えて、Possible Exposureを不正利用する企業が立ち入りを禁止する不正利用があったため、混乱を避けるため、機能を取り除いた。
2021年8月8日 ストレートタイムズ紙 Covid-19規制が守られているかをチェックするために、Safe Distancing Enforcementオフィサーは、令状なしに住居に立ち入りができる。3人のURAオフィサーと3人の警官が自宅に入ってきたビデオを、Instagramに俳優があげたことで話題になった。
safe distancing enforcementオフィサーは自宅に入れるが、safe distancing enforcementアンバサダーは入れない。警官の様にオフィサーは、罰金のような強制執行ができる。アンバサダーは、安全管理基準への遵守を促すことだ。住居への立ち入りにオフィサーが令状が不要なのは、Section 35(5) of the Covid-19 (Temporary Measures) Act 2020に基づく。昨年4月に議会で可決された法律だ。住居で規則違反が行われているとオフィサーが判断すれば、立ち入りをする理由になる。
身分への疑義などの妥当な理由がなく立ち入りを拒むと、違法になる。身分への疑いがあれば、公的ID提示を求めることができる。オフィサーの名前、写真、職位、組織が記載されている。それでも疑いがあれば、該当の組織に電話するか、警察に連絡をとることになる。
2021年8月7日 保健省 81人の新規感染者が見つかり、通算で65,686人になった。新規のうち、輸入が6人、市中感染が75人(うち未リンク16人)。現在、529人が入院中(うちICUが4人)。これまでに42人が亡くなっている。
65943人目、シンガポール人女性80歳がCovid-19合併症で無くなった。ワクチン未接種、糖尿病・高血圧・心房細動の既往歴があった。
■アクティブクラスタは128個。
・Sin Ming 23 Coffee Shop(新規)で1人。
・Chee Song Frozen Foodsで1人。
・Changi General Hospitalで1人。
・ジュロン漁港/ホンリムマーケットで9人。
・Westlite Juniper Dormitoryで12人。
2021年8月7日 ストレートタイムズ紙 (社説)ワクチン未接種には3グループがいる。1.12歳未満。2.医療理由で接種不可。3.個人の選択で接種しない人。
接種・未接種での対応の違いでターゲットにしなっているグループだ。「未接種の人はより厳格な安全管理基準に従い、自分と周囲の人を守る必要がある」と他省庁タスクフォースは言っている。接種は本人の選択だとしても、未接種者は冷遇されている。未接種者は、感染しやすく、感染を広めやすい。多くの未接種の人が重症化すれば、医療崩壊につながる。
医療理由で接種できない人は、本人の責任ではなく、保護されるべきだ。
接種を拒否して、集団活動に参加するために、感染していないことへの証明に、検査を求めるのは、フェアだ。イタリア・パキスタンでも行われている。ワクチンを拒否する人は自分を危険にさらすが、ワクチンが義務化されなければ、それは本人の選択だ。だが、他人を危険にさらす自由や選択を許すべきでない。未接種者には、コロナに感染すれば、治療への政府補助や保健適応をシンガポール政府はすべきではない。結局、ワクチン拒否は自傷行為に等しいのだ。
2021年8月7日 保健省 556 Ang Mo Kio Avenue 10で8月1日に検査を行ったが、同じブロックで新しい感染者がでている。必須検査を再度実施する。
2021年8月7日 mothership 飲食店やジムなどで、TraceTogetherアプリやトークンを店舗の携帯にタップすれば、ワクチン完全接種かどうかを表示するようになる新機能が搭載される。店員の確認が容易になる。
ワクチン完全接種とは、
1. ファイザー・モデルナ・WHOの緊急利用リストEULワクチンを完全接種し、2週間たった人。
2. Covid-19から回復した人。
3. イベントの24時間前にイベント前検査陰性を取得した人。
2021年8月7日 mothership 移動ワクチンチームを宣伝する広報トラックが組織された。音を出すことに、大臣は理解を求めた。「やぁ、アンカー、アンティー。もうワクチンは受けた?移動ワクチンチームが特別にあなたのために来たよ。近くのCCとRCまで行ってみて。60歳以上なら、感染すると酸素支援かICUが必要になるかも。今日、受けてね!」
2021年8月6日 ストレートタイムズ紙 シンガポールの活動再開で、特にワクチン未接種者から、重症になる人が増え、死者が上昇する。ニューノーマルに達する4段階に政府が着地するときでさえ、この結末にシンガポール人は心理的に準備すべきだと、保健大臣が述べた。「重傷や死者を最小化するベストを我々は尽くす。多くの人がワクチン接種を続けることが特に重要だ」火曜日からこの4段階の最初の段階「準備段階ステージ」にシンガポールは突入する。ワクチン完全接種した就労ビザ所持者と被扶養者の入国許可を再開し、渡航制限を緩和する。シンガポールと指定国との間で隔離SHN無しに旅行ができる「ワクチン渡航レーン」の開始を運輸省は計画している。
1. 準備段階。9月上旬の1ヶ月続く。感染者の多くは地域ケア施設に収容されるヘルスケア手順の変更が行われる。
2. 移行ステージA。9月上旬開始。イベントサイズの増加。国境規制の緩和。下水検査の拡大。
3. 移行ステージB。更なる経済再開。ワクチン接種未接種での違いは続く。
4. 対Covid国家。ニューノーマル。
2021年8月6日 保健省 237 Bukit Batok East Avenue 5の4世帯で7人の感染、51 Chin Swee Roadの4世帯で4人の感染、683 Tessensohn Roadの4世帯で8人の感染が見つかった。住民と店舗勤務者に必須検査を行う。
2021年8月6日 保健省 97人の新規感染者が見つかり、通算で65,605人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が93人(うち未リンク29人)。現在、546人が入院中(うちICUが7人)。これまでに41人が亡くなっている。
67716人目、シンガポール人男性63歳が、Covid-19合併症で亡くなった。ワクチン未接種。心臓病・脳卒中・真性糖尿病・高血圧・高脂質の既往歴があった。
■アクティブクラスタは127個。
・Elsie’s Kitchen(新規)で3人。
・JEM(新規)で1人。
・Nimble/Knead(新規)で2人。
・Chee Song Frozen Foodsで3人。
・ジュロン漁港で6人。
・67343人目で12人など。
2021年8月6日 保健省 Covidからの回復に向けた転換の準備
感染者の数は安定しており、重傷と死亡の数は制御不能には増加しなかった。
8月5日時点で、ワクチン完全接種は67%が終えている。78%が最低一回は接種した。過去28日で、重症になった80人のうち、72人が未接種か一部接種だった。完全接種は8人のみだった。高齢者への接種を促している。高齢者への予約無し接種を可能にし、自宅接種のためのチームを作った。家庭医GPと中国医TCMに患者への接種を促した。70歳以上は、76%が完全接種となり、82%が最低一回の接種を終えたが、まだ8万人の未接種がいる。
8月9日までに人口の70%が完全接種となり、経済と活動再開への自信になる。再開は段階的に実施する。入院とICU患者数を注視する。感染リスクと重症化への備えができている完全接種者は、より広範囲な活動ができるようになる。未接種者は、より厳しい警戒が必要になる。高い接種率にも関わらず、ワクチンブレークスルーと多くの感染者を市中で見ている。それにもかかわらず、入院とICUの数は低い。
■ヘルスケア手順の更新
ワクチン接種者は、感染から10日以内に回復できるとのエビデンスがある。ワクチン完全接種者は、検査が陰性でウイルス量が低ければ、隔離から10日目かそれより早く退院とする。それ以外の人は、検査無しで隔離から14日目以降に退院となり、7日の自宅待機LOAが追加となる。
■2021年8月10日からの安全管理措置
フェーズ2(高度警戒)規制への中間見直しにいる。2段階で規制緩和を行う。状況が安定していれば、最初は8月10日、2度めが8月19日だ。
(A) 集団行動人数制限の増加
2人から5人に増加させる。1日の自宅への訪問者数を2人から5人に引き上げる。ワクチン未接種者は、2人以内でなければらない。
(B) 安全管理規制と資格をワクチン接種か未接種かで変える
ワクチン完全接種者は、マスクを外す高リスク活動で、5人までのグループに参加できる。例: 店内飲食、パーソナルケアサービス、屋内でのマスク未着用の激しい運動、大規模イベント(結婚式、集会礼拝、他の宗教活動)。
WHOの緊急利用リストEULのワクチンを承認する。Sinovac-CoronaVac、シノファーム、アストラゼネカ接種者は、2度目の接種から2週間たてば、「完全接種」とみなす。
適切な陰性検査結果をもつ未接種の人は、5人以下のグループに参加できる。
■ワクチン接種者への店内飲食再開
全員が完全接種者であれば、店内飲食が5人以下で可能となる。未接種の12歳未満の子どもは、同一世帯からであれば、5人の中に認められる。飲食店は、店内飲食は完全接種者のみに可能となる。これが守れない店舗は、持ち帰りと配達でのみの営業となる。
ホーカーとコーヒーショップは、2人以下となる。
(C) イベントサイズの増加
ワクチン未接種の12歳未満の子どもは、全ての子どもが同一世帯からであれば、5人以下のグループに入れる。
a) 集団礼拝、映画館、MICE、ライブパフォーマンス、スポーツ観戦: 全員が完全接種であれば、500人まで参加できる。さもなければ、イベント前検査なしでは、50人までだ。ワクチン接種者が、歌い、管弦楽を演奏し、マスクを外すことが再開する。
b) 結婚式と披露宴: 結婚式は、外部会場で、全員が完全接種であれば、500人まで参加できる。さもなければ、イベント前検査なしでh50人までだ。披露宴は、ワクチン完全接種であれば、250人までだ。各テーブル5人まで。
■8月19日からの変更
集団礼拝、映画館、MICE、ライブパフォーマンス、スポーツ観戦、結婚式: 全員が完全接種であれば千人まで。さもなければ、イベント前検査なしでは50人まで。
b) アトラクション、クルーズ、美術館、図書館: 定員の25%までが、50%までに引き上げられる。
c) shヨッピングモールとショールーム: 16平方メートルに1人までの入館が、10平方メートルになる。
職場に50%までの出社ができるようになる。
8月19日から、体温測定を行わない。
ワクチン接種者と未接種者を分けるが、行動制限を緩和する。
■特定業界での「ワクチンか定期検査」
未接種者は定期検査に行く必要がある。
a) ヘルスケア、介護、12歳未満の子どもを扱う人
b) マスク非着用で顧客とやり取りがあり、国境やCovid-19現場職とやり取りがある人。
c) 公務員
時間の猶予を与えるため、開始は10月1日から。それ以降は、週に2度、抗原検査キットで検査をする必要がある。医療理由でワクチン接種ができない人には、政府が検査費用を補助する。
ワクチン接種での入国規制の違い
接種済みの就労ビザ所持者と被扶養者への入国再開
8月10日から、ハイリスク国からの就労ビザ所持者と被扶養者の入国承認を再開する。シンガポール到着までに、ワクチンの完全接種になっていなければならない。ファイザー・モデルナ・あるいはWHO EUL承認があるワクチンが対象だ。
8月20日23時59分から、豪州・オーストリア・カナダ・ドイツ・イタリア・ノルウェイ・勧告・スイスからのワクチン感染接種者は、条件を満たせば、自宅隔離を選択可能になる。他の国からは、専用施設での14日間隔離が続く。
2021年8月6日 シンガポール労働省 (MOM) 8月10日から、就労ビザ所持者と被扶養者の、ハイリスク国からの入国許可申請が開始となる。シンガポール到着までにワクチン完全接種していることが条件だ。
飛行機搭乗前のチェックイン時に、ワクチン完全接種の証明書を提示する必要がある。海外でワクチンを接種した人は、シンガポールの隔離SHN完了の2週間以内に、国家免疫登録(National Immunisation Registry (NIR))の接種記録を更新する必要がある。海外でのワクチン接種証明と、保健省MOH指定の民間病院で血清検査陽性が必要だ。しなければ、ビザは停止か破棄になる。
12歳未満の被扶養者には、入国へのワクチン制限は当てはまらない。12歳から18歳の未接種被扶養者は、シンガポール入国1ヶ月以内にPSARワクチンを初回接種し、二回目の接種をその1ヶ月以内にすれば、接種証明は不要。医療理由で接種できない就労ビザ所持者と被扶養者は、医師の診断書を添えて、入国許可を申請するまでに、入国へのワクチン条件免除のアピールをすべきだ。
メイド、建設・海洋造船・プロセス産業からのSパスとWPは、ワクチン制限の対象にならない。規制強化された入国の業界イニシアチブがある。
今年の上旬におこなった入国承認強化の影響をうけた人の再スケジュールがまだ進行中であり、ハイリスク国からの入国申請を受け入れるのは後日になる。
2021年8月6日 mothership 店内飲食ができないカッページプラザの苦闘
店内飲食は8月18日まで禁止されている。持ち帰りと配達のみが可能だ。カッページプラザは多くの和食店で有名だ。シンガポール人と多くの日本人駐在員をひきつけてきた。ビルはゴーストタウンのようだ。KTVラウンジとバーは閉店していた。焼肉王のオーナーは、とっくに落ち込んでいる売上を、店内飲食禁止は更に悪化させたと言う。「お客様がいません。顧客は、ランチにくるオフィス勤務の人だ。大半のオフィスは閉鎖されて、在宅勤務をしている。ビジネスは、50%から55%落ち込んだ」無給休暇をとっている店員もいると言った。デリバリーは使っているのかとたずねたところ、難しいとのことだ。店内で自分でバーベーキューする体験のために客の半数はくる。居酒屋 新宿の店員は、ビジネスは非常に悪く、客は持ち帰りでなく店内飲食を好むからだと言う。「持ち帰りや配達では、美味しくない食事がある」
弊誌が取材した店ではジュロン漁港閉鎖の影響を受けていなかった。日本から海産品を直接輸入しているからだ。
生き残りのために様々な手立てを店は試している。Hibachiのオーナーは、Facebookライブを準備していた。
Grabのような配達プラットフォームを利用はしているが、コストが高く、利益は低い。開店4ヶ月のレストラン(Hibachi)は売上が90%減った。
どすこいxドンパチは、配達しやすいようにメニューを変えた。弁当やフルーツサンドイッチを増やし、アイスデザートをなくした。1日に5から10の注文しかないと言う。「開店して12年になるが、こんなのは初めてだ。状況はとても悪い。とてもタフだ」他の関連店は閉じてしまった。
取材した全ての店は、営業を続けることを決めていた。焼肉王のオーナーは「店は閉めない。ここが私の唯一の店舗だ。なので、我々は強くあり続ける(stay strong)」一方、Hibachiのオーナーは、閉店が胸をよぎるという。
活況ある売上がある店もある。椿 by 旬水は常連客からの注文が続いており、ビジネスは良いと言う。客の大半はシンガポール人だ。別のレストランでは、売上は影響を受けているが、常連客からの売上で営業できていると言う。だが、他の店は、和食は贅沢だと見られており、顧客が継続して注文続けるのは難しいとも指摘する。
カッページプラザのレストランでは、明らかに落胆が広がっているが、困難な時期に営業を続ける方策と決意を見せる店があった。どすこいxドンパチのオーナーは「店内飲食が再開すれば、解決する」と取材に語った。
2021年8月5日 保健省 98人の新規感染者が見つかり、通算で65,508人になった。新規のうち、輸入が2人、市中感染が96人(うち未リンク38人)。現在、577人が入院中(うちICUが8人)。これまでに40人が亡くなっている。
・67610人目、シンガポール人男性79歳が、Covid-19合併症で亡くなった。ワクチン未接種、心臓病・慢性閉塞性肺疾患・高血圧の既往歴があった。
■アクティブクラスタは122個。
・ジュロン漁港/ホンリムマーケットで12人。
・North Bridge Road Market & Food Centreで3人。
2021年8月4日 ストレートタイムズ紙 東京五輪は、スポーツの力とCovid-19リスク管理への教訓への、日本から「世界への贈り物」だと、シンガポール国会議長のタン氏が述べた。教訓は、シンガポールが外国人渡航者を歓迎し国境を再開するものに、特に当てはまる。「ゼロリスクを求めれば極端な規制をするが、何も得られない。緩和しすぎると、感染リスクが高まる」再開の重要性を議長は強調したが、命と生計の間のバランスをとるのが難しいとも指摘した。
バブルの維持は簡単ではない。日本が五輪をどう運営したかにタン氏は感心した。毎日の検査が必要とされている。322人の感染がみつかり、1つのクラスタと、7月1日以降50万回検査されている。
日本と議論した問題の1つはワクチン認証の認識だ。日本はワクチンパスポートの発行を開始しているが、12の国が対象だ。日本は検疫免除をしていないので、互恵性がハードルになっている。シンガポールは国境再開への準備ができていない。広範囲のワクチン接種がシンガポールにとっては重用だ。
2021年8月5日 ストレートタイムズ紙 MRTでマスク未着用だったイギリス人ベンジャミン・グリン(40歳)の公判。保釈が7月19日に取り消され、再勾留されている。「有罪を絶対に認めない」英国人は「弁護士がいる」と主張したが、シンガポールの弁護士資格を持っていないので代理人になれないと、裁判官は発言した。フィリピン ハシエンダ王国の大使であり弁護士で、「ソブリンの同国人」を弁護するためにいる、「弁護をする資格は私には必要ない」とその男は言った。その国の法律を適応する場所ではないと裁判官は述べた。
検事は精神鑑定を求め、英国人は「私が狂人だといいがかりをつけている」と叫んだ。2つの立場から聞いた後に、裁判官は英人が精神を病んでいると疑う理由があるとし、精神鑑定のために精神病院IMMでの勾留を命じた。
2021年8月5日 保健省 台湾の感染状況が改善した。過去21日間に台湾に滞在していた渡航者は、到着時PCR検査陰性で、市内行動が可能になる。これまでは14日間の専用施設での隔離SHNが必要だったが、不要になる。短期訪問パスは、ATP申請で可能になる。入国は8月12日以降だ。
2021年8月4日 保健省 95人の新規感染者が見つかり、通算で65,410人になった。新規のうち、輸入が3人、市中感染が92人(うち未リンク30人)。現在、555人が入院中(うちICUが7人)。これまでに39人が亡くなっている。
■66894人目、シンガポール人女性58歳が、Covid-19合併症で亡くなった。Samy’s Curry Restaurantでの感染者の家族。ワクチン未接種で、既往症はない。
■アクティブクラスタは112個。
・Kian Hiap Constructionで2人。
・ジュロン漁港で9人。
・Home’s Favourite Pte Ltdで2人。
・Institution S2 Selarang Park Complexで2人。
・KTVラウンジで1人。
■ジュロン漁港の関連で、Yuhua Hawker Centre (347 Jurong East Avenue 1)を閉鎖する。8月5日から19日まで。ホーカーでの全労働者は検疫におかれている。7月21日から8月4日に訪問した人に検査を提供する。詳細はこちら https://go.gov.sg/yuhua-testing
2021年8月4日 ストレートタイムズ紙 テマセク財団が無料のサージカルマスク50個とN95マスク25個を、各世帯に今月配布する。配布場所はキャピタランドモールと大規模スーパーだ。薬局は配布対象外。引き取りにはSPグループの電気代請求書が必要。
2021年8月4日 ストレートタイムズ紙 7月30日時点で、8人のバス運転手が陽性になっている。接触者には検疫や自宅隔離になっているものもいる。影響を受けているのは、バス運転手9,500の1%以下だ。バスの運行には支障がない。バス運転手の99%が最低1回のワクチン接種を受けている。
2021年8月4日 ストレートタイムズ紙 病院の職員と患者を含む感染者が見つかっている。院内での感染者の発見は、病棟閉鎖、対象病棟内外での患者と職員の動きの制限につながることが避けられない。検疫にもなる。医療能力に影響がある。
8月5日から18日の間、病棟への訪問を停止する。下記の患者の場合には、病院判断で訪問が許される。
a. 重症患者。
b. 小児科患者。
c. 出産・分娩後の母親
d. 追加の介護支援が必要な患者。訪問は1人で、30分以内が許される。重傷者には5人までの登録者のうち、一時に2人までが30分以内で訪問できる。30分以上には、管理された抗原検査ARTの陰性が必要。
ワクチンを接種していない入院と外来の全患者は、医療的に許せば、ワクチン接種を打診される。接種済みの患者は、病院内の他の患者を守り、院内での感染リスクが低下する。
2021年8月3日 保健省 102人の新規感染者が見つかり、通算で65,315人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が98人(うち未リンク31人)。現在、592人が入院中(うちICUが7人)。これまでに38人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは100個。
・チャンギジェネラルホスピタル(新規)で2人。
・Kian Hiap建設現場(新規)で5人。
・ジュロン漁港/ホンリムマーケットで22人。
・マリーナベイサンズ カジノで2人。
・Samy’s Curry Restaurantで1人。
・Seng Leong Steel (Ent) Pte Ltdで1人。
・Westlite Mandai寮で1人。
2021年8月3日 ストレートタイムズ紙 ファイザービオンテック社製ワクチンのウォークイン(予約なし)接種を、国民はすぐに可能になる。保健省ダイレクターが発言した。現在は、国民・永住者・長期滞在ビザ所持者は、モデルナの11のワクチンセンターで予約無しに接種が可能。ファイザーを接種するワクチンセンターは26ある。
来月はじめに、人口の80%が完全接種を終え、集団免疫にシンガポールが達する。日曜日時点で、完全接種者は62%だ。
2021年8月2日 ストレートタイムズ紙 検疫QOにいる人を、政府の検疫施設に収容する遅れで、保健省MOHは謝罪した。KTVラウンジ、ジュロン漁港、他の小規模クラスタのために、検疫の人が増加した。検疫中の人の中にはコミュニケーショギャップと、増加が、施設への収容遅れにつながったと述べた。MOHは詳述はしなかった。未処理の大半は週末に整理され、状況は改善したと付け加えた。
ワクチン完全接種の人は、自宅の設備が満たせば、自宅隔離が可能だ。自宅隔離の人も、本人が希望すれば、施設に入れる。8月1日時点で、約1万人が自宅で検疫を受けていた。
待ち時間の長さと不明確なコミュニケーションについて、ST紙読者やネット民からの苦情の後に、MOHのコメントが出た。複数回にわたり施設収容が延期された、7月31日に検疫が終了したが検査結果がまだのため開放されないといったものだ。窓口に電話をしても電話がとられなかった。7月時点で、感染者の判明から、検疫QOが発行されるまで平均2日だ。最長では14日だ。
2021年8月2日 保健省 111人の新規感染者が見つかり、通算で65,213人になった。新規のうち、輸入が5人、市中感染が106人(うち未リンク25人)。現在、602人が入院中(うちICUが7人)。これまでに38人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは93個。
・66567人目クラスタ(新規)で12人。
・ジュロン漁港で24人。
・Samy’s Curry Restaurantで3人。
・Westlite Mandai Dormitoryで3人。
・Home’s Favourite Pte Ltdで1人。
■67264人目、ウクライナ人男性34歳が、Covid-19合併症で亡くなった。7月29日に到着した船員(既往症、ワクチン接種は記載なし)。
2021年8月2日 ストレートタイムズ紙 7月31日時点で、シンガポール人口の61%がワクチン完全接種を終えた。7月中旬以降、60歳以上の高齢者は、予約無しでのウォークインで接種ができるようになった。8月2日から、18歳以上の国民・永住者・長期滞在ビザ所持者で、初回接種を終えていない人は、予約なしに11のモデルナ会場で接種できる。
2021年8月2日 ストレートタイムズ紙 短期訪問パスでの入国者がワクチン接種をできる方法を調べていると、保健省は発言した。脆弱な人と、パンデミックでの旅行制限で滞在延長している人が含まれる。「国家ワクチンプログラムは、滞在延長している人を含むことになる」「年齢を考慮するし、訪問者の周囲の人にリスクとなる」詳細は追って発表。
2021年8月2日 ストレートタイムズ紙 2016年から20年に、年平均160人の就労ビザ所持者が、違法就労のためにシンガポールでの就労を禁止されている。就労ビザ申請の公式の企業でのみ働くことを許されている。他の雇用主やビジネスのために働くのは違反だ。他省庁からに加えて、一般からの苦情・通報・紹介をもMOMは調査している。「大半は文書もないパートで、最近の例がKTVだ」違法就労は$2万以下の罰金と2年以内の刑務所だ。違法雇用は$3万以下の罰金と12ヶ月以内の刑務所だ。
2021年8月2日 ストレートタイムズ紙 シンガポールで12歳未満の子どもが、ICUに入ったり、酸素吸入を必要としたことはない。現在進行中の12歳未満へのワクチン試験を専門会員会は注視しており、準備ができれば、推奨を出す。「デルタ変異種でさえ、シンガポールでは12歳未満には軽症までしか見たことがない」
2021年8月1日 保健省 121人の新規感染者が見つかり、通算で65,102人になった。新規のうち、輸入が8人、市中感染が113人(うち未リンク38人)。現在、590人が入院中(うちICUが8人)。これまでに37人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは83個。
・Yishun Community Hospital(新規)で2人。
・Westlite Mandai Dormitory(新規)で4人。
・ジュロン漁港/ホンリムマーケットで18人。
・Samy’s Curry Restaurantで1人。
・ポンゴル小学校で1人。
・Home’s Favourite Pte Ltdで3人。
・Seng Leong Steel (Ent) Pte Ltdで1人。
2021年7月31日 ストレートタイムズ紙 昨年10月以降にCovid-19規則に違反した元ナイトライフ施設の再営業は、Covid-19規制で許可されない。他の元ナイトライフ施設は、当局が検査し条件付き営業を出すまでは、食事持ち帰りを含め、営業停止のままだ。7月16日から31日までの2週間、営業停止になった後の話だ。営業が許可されれば、通常の飲食業界規制に加えて、追加規則に従う必要がある。
・営業している全エリアを監視カメラの範囲としなければならない。閉鎖している個室も含む。
・施設の照明は、カメラが撮影できるほど明るくなければらない。
・店内は外部から見えなければならない。照明を落とした窓や、不透明ドアは禁止。
・ビリヤード台、ダーツボード、カラオケ機器といった公共エンターテインメント機器は顧客の視野から撤去しなければらなない。
2021年7月31日 保健省 120人の新規感染者が見つかり、通算で64,981人になった。新規のうち、輸入が3人、市中感染が117人(うち未リンク42人)。現在、604人が入院中(うちICUが7人)。これまでに37人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは71個。
・Institution S2 Selarang Park Complex(新規)で5人。
・Zuellig Pharmaで1人。
・ジュロン漁港/ホンリムマーケットで26人。
・Samy’s Curry Restaurantで1人。
・KTVラウンジで1人。
・マリーナベイサンズ カジノで1人。
・ポンゴル小学校で1人。
・Westlite Juniper Dormitoryで1人。
・Home’s Favourite Pte Ltdで2人。
・ジュロン漁港の魚屋に関連した感染を調査中。下記の近隣住民に抗原検査キットを配布する。497 Jurong West Street 41 MarketとFajar Market (445 Fajar Rd)。
2021年7月31日 保健省 8月2日23時59分から、過去21日の豪州からの旅行者に14日の専任施設での入国時隔離SHNを義務付ける。到着時までに、自宅隔離を申請可能。入国時に、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要。
8月2日23時59分から、過去21日以内に中国江蘇省への渡航歴がある国民・永住者・長期滞在ビザ所持者は、到着時PCR検査、7日間の自宅隔離SHN、SHN終了前の検査が必要になる。ATPでの短期訪問旅行者は入国が禁じられる。
2021年7月31日 保健省 556 Ang Mo Kio Avenue 10で5世帯で感染者7人、510 West Coast Driveで5世帯で感染者10人が見つかった。全居住者に必須検査を実施する。
2021年7月30日 保健省 139人の新規感染者が見つかり、通算で64,861人になった。新規のうち、輸入が8人、市中感染が131人(うち未リンク52人)。現在、571人が入院中(うちICUが7人)。これまでに37人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは63個。
・Zuellig Pharmaクラスタ(新規)で4人。
・ジュロン漁港/ホンリムマーケットで28人。
・Samy’s Curry Restaurantで8人。
・KTVラウンジで1人。
・マリーナベイサンズ カジノクラスタで2人。
・ポンゴル小学校クラスタで1人。
2021年7月30日 ストレートタイムズ紙 過去3ヶ月で、129人の生徒と17人の教職員が陽性になった。小学校から大学未満の生徒人口の0.03%だ。教育大臣は、学校は安全な場所であり続けると約束した。現在、20の学校が一部在宅遠隔授業HBLを、2つの学校が完全なHBLを行っている。ワクチン接種可能な90%の生徒が初回接種をしており、70%が2度目の接種を終えている。
全ての生徒がHBL環境があるわけではないと、教育大臣は言った。「完全なHBLは、生徒の学習を犠牲にする」親と教師への負担も指摘した。「学校で感染者がでた時、接触者を休暇LOADや検疫QOで隔離する。感染状況が不確かであれば、教育省は学校再開までに検査と調査実施ばかりでなく、学校全体をHBLに置く可能性もある。」
2021年7月30日 ストレートタイムズ紙 全てのマーケットとホーカーセンターで、TraceTogetherでのチェックインが、入場時に必要になった。必須になることは、7月20日に保健省MOHがアナウンスしていた。ジュロン漁港を訪れた魚屋で、7月20日時点で321人の感染者が見つかった規制強化だ。本日午後時点で、997人に感染者が増えている。今後、チェックインポイントに人員が配置される。食事時のような混雑時間帯に人員配置は優先される。
2021年7月30日 ストレートタイムズ紙 中国のシノファームワクチンを、スペシャルアクセスルートSARで輸入する11の私営病院からの申請に、健康科学局HSAは承認をだした。医師と接種者が全責任を追う。ラッフルズメディカルとIHHヘルスケアが含まれている。8月に最初の接種を行う。条件は、各提供者は、ワクチンの3ヶ月単位供給を持ち込め、各月に5千接種の上限がある。深刻な副反応は15日以内にHSAに報告する必要がある。
2021年7月29日 保健省 133人の新規感染者が見つかり、通算で64,722人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が129人(うち未リンク49人、寮居住者が3人)。現在、572人が入院中(うちICUが3人)。これまでに37人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは53個。
・Seng Leong Steel (Ent) Pte Ltdクラスタ(新規)で2人。
・ジュロン漁港/ホンリムマーケットクラスタで30人。
・Samy's Curry Restaurantクラスタで2人。
・KTVラウンジクラスタで2人。
・マリーナベイサンズ カジノクラスタで5人。
Westlite Juniper Dormitoryクラスタで2人。
・ポンゴル小学校クラスタで3人。など
■抗原検査キットを配布。Mayflower Market & Food Centre (162 Ang Mo Kio Avenue 4)とRedhill Market (79 Redhill Lane)の近隣住民が対象。
2021年7月29日 ストレートタイムズ紙 ポンゴル小学校の全教職員と全生徒が必須スワブ検査を受けることになった。クラスタが発生し、感染者が7人に増えた後のことだ。本日から8月6日まで自宅遠隔学習に切り替わった。
2021年7月29日 保健省 3 Teck Whye Avenueで4世帯から7人が感染し、357 Yung An Roadで3世帯から4人が感染した。全住民は必須検査を受ける。検査結果を待っている間は、社会的接触を最低限にすること。
2021年7月28日 保健省 136人の新規感染者が見つかり、通算で64,589人になった。新規のうち、輸入が6人、市中感染が130人(うち未リンク48人、寮居住者が3人)。現在、567人が入院中(うちICUが2人)。これまでに37人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは44個。
・66377人目クラスタ(新規)で1人。
・Home’s Favourite Pte Ltdクラスタ(新規)で5人。
・66413人目クラスタ(新規)で3人。
・66435人目クラスタ(新規)で2人。
・66542人目クラスタ(新規)で1人。
・ジュロン漁港/ホンリムマーケットクラスタで27人。
・Samy's Curry Restaurantクラスタで10人。
・KTVラウンジクラスタで2人。
・マリーナベイサンズ カジノクラスタで5人。
・Westlite Juniper Dormitoryクラスタで2人。
・PSC Express Pte Ltdクラスタで1人。
・ポンゴル小学校清掃員クラスタで3人。
■菓子店Home’s Favourite Pte Ltd (15 Jalan Tepong, #04-08 and #04-09)で6人の感染者が見つかった。7月29日から8月12日まで閉鎖。全スタッフは検疫に置かれる。
■ジュロン漁港関連で、7月13日から27日に Taman Jurong Market & Food Centre (3 Yung Sheng Road)を訪れた人に無料検査を提供する。 https://go.gov.sg/tj-testing を参照。
2021年7月28日 ストレートタイムズ紙 KTVラウンジクラスタに関係する外国人ホステスで有効な就労ビザを持つ者は50人未満だった。全員が、昨年以前に承認を得ていた。昨年10月以降に、雇用主が飲食店のような認可ビジネスに転換した後に、ホステスではない仕事で就労許可を得ていた。「オペレーションエグゼクティブやウェイトレスのような他の職業で、就労ビザをナイトライフ施設は得ていた。Covid-19前ですら、彼女達はホステスとして働くことは許されていない」入管法に違反している。「未認可活動に従事する就労ビザ所持者が見つかれば、就労ビザ規則のもとで、MOMの強制執行に参照となる。
2021年7月28日 保健省 438 Ang Mo Kio Avenue 10で6世帯から感染者10人がでている。430 Clementi Avenue 3から7世帯で感染者10人がでている。445A Clementi Avenue 3で3世帯から感染者3人がでている。大半はジュロン漁港と関連している。
438 Ang Mo Kio Avenue 10の全居住者に必須検査を行う。7月13日から27日の間に、訪問したか居住者とやり取りがあった人に、任意での検査を行う。 https://go.gov.sg/438-amk-appt を参照のこと。
430 and 445A Clementi Avenue 3の全居住者に必須検査を行う。訪問者と居住者とやり取りがあった人に、任意での検査を提供する。 https://go.gov.sg/430-445a-clementi-appt を参照のこと。
2021年7月28日 保健省 Covid-19ワクチンが国際展開され、Covid-19合併症へのリスクが高い免疫不全者にもワクチンが安全で感染からの保護になることを、データが示している。免疫システムがワクチンにより良く反応することを保証するために、以下の患者のグループは、治療専門家から適切さのメモを取得し、接種前にワクチン提供者に提示すべきだ。
a. がん治療(化学療法・免疫療法・放射線治療)をしている患者は、最後の治療から3ヶ月後か、計画されている次の2ヶ月後に。
b. 過去3ヶ月に(固形臓器か幹細胞の)移植をうけた患者
c. がん以外でアグレッシブな免疫療法を受けた患者
d. HIV患者はCD4の数にかかわらずメモ無しで接種可能。
上記のグループは、病院かコミュニティワクチン場所で接種を受けられる。
免疫不全の人のワクチン接種の効果は低下する。そのため、人混みを避け、手の清潔さを保つことが重要だ。
ワクチン接種を完了していない回復中の人も、感染から少なくとも3ヶ月後に、国家ワクチンプログラムで、1回のワクチン接種を受けることを推奨する。
2021年7月28日 ストレートタイムズ紙 中国のシノファームワクチンがシンガポールの民間医療グループで、まもなく利用可能になる。シンガポールでの4つ目のCovid-19ワクチになる。スペシャルアクセスルートでシノファームワクチンの輸入を、HSA健康科学局は認可したと、IHHヘルスケアは語った。政府の補助金の対象外だ。ワクチン疾病金融支援プログラムも対象外だ。
2021年7月27日 保健省 139人の新規感染者が見つかり、通算で64,453人になった。新規のうち、輸入が3人、市中感染が136人(うち未リンク55人、寮居住者が8人)。現在、545人が入院中(うちICUが2人)。これまでに37人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは39個。
・65695人目クラスタ(新規)で2人。
・66259人目クラスタ(新規)で2人。
・Westlite Juniper Dormitoryクラスタ(新規)で8人。
・ポンゴル小学校清掃員クラスタ(新規)で3人。
・65893人めクラスタで1人。
・Samy’s Curry Restaurantクラスタで6人。
・KTVラウンジ/clubsクラスタで2人。
・ジュロン漁港/ホンリムマーケットクラスタで36人。
・マリーナベイサンズ カジノクラスタで5人。
・64697人目クラスタで3人。
・65360人目クラスタで2人。
■ジュロン漁港との関連がある魚屋の近隣住民に抗原検査キットを配布する。Teban Gardens Market & Food Centre (37A Teban Gardens Road)と216 Bedok Food Centre and Market (216 Bedok North Street 1)。 https://www.gowhere.gov.sg/art を参照のこと。
2021年7月26日 today 緊急承認されたものなので、Covid-19ワクチン接種を義務化することを政府はまだ考えていないと、保健大臣は述べた。
国会議員は「医療理由がなければ、接種は市民の義務だ」と言った。「自分・家族・コミュニティのために接種を選んだ多数派の自由を脅かすのは、接種しないことを選ぶ少数派の自由だ」との議員の発言に、保健大臣が回答した。
世界中には、職業によって義務化されている国もある。豪州では6月からハイリスク老人ホームと検疫ホテル労働者で、イングランドでは10月からケアホーム労働者で必須になる。
接種が不可能な人と、接種を望まない人に対する差別への懸念をある議員があげた。医療理由で接種をできない人にTraceTogetherアプリで示すように政府に求めた。保健大臣は、接種をしない人と接種できない人については「公衆衛生の面では、両者は同じ」両者はともに脆弱だと加えた。「公衆衛生の観点から、両者を同じに扱うべきだ。自分を守るために接種しないのなら、大規模イベントに参加しないのがベストだ。意図が違うからといって、参加を認めることはできない。」
2021年7月26日 保健省 135人の新規感染者が見つかり、通算で64,314人になった。新規のうち、輸入が6人、市中感染が129人(うち未リンク28人)、寮居住者が1人。現在、551人が入院中(うちICUが2人)。これまでに37人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは35個。
・65721人目クラスタ(新規)で2人。
・65751人目クラスタ(新規)で2人。
・65929人目クラスタ(新規)で2人。
・65972人目クラスタ(新規)で1人。
・66007人目クラスタ(新規)で3人。
・Apex Medical Centre(新規)で2人。
・65893人目クラスタで1人。
・Samy’s Curry Restaurantで9人。
・KTVラウンジ/クラブ クラスタで6人。
・ジュロン漁港/ホンリムマーケットで61人。
・マリーナベイサンズ カジノクラスタで2人。
・64697人目クラスタで3人。
・65360人目クラスタで4人。
2021年7月26日 ストレートタイムズ紙 クラスタが制御下にあり、入院率が低ければ、8月上旬にCovid-19規制を見直す。緩和された規制は、「ウイルスから保護されている」ワクチン接種者のみが対象になる。「100人以上がいる大規模イベントや宗教行事に参加したければ、ワクチン完全接種が必要になる」「レストランで店内飲食をしたり、ジムで運動したければ、完全接種が必要になる」
人口の80%が2度の接種を終える9月には、更なる緩和を行う。感染制御への渡航であれば、14日のホテル隔離なしに、検査か7日間自宅検疫に、完全接種した人ができるようになる。どちらかは、感染状況による。9月上旬に、70歳以上の高齢者の80%が完全接種になると希望できる。
ワクチン未接種者は、既存の規制の影響を受ける。「大事なのは感染者数から、少数の重傷者数になる」「高齢者を危惧している。完全接種でない60歳以上が20万人いる」
2021年7月26日 ストレートタイムズ紙 より多くの感染者が、無症状か軽症であれば、入院ではなく、地域ケア施設に直接収容となる。従来は、17歳から45歳に適応されていたが、先週から59歳以下に拡大された。次のステップでは、80%は地域ケア施設に収容し、一部は自宅療養になる。ニューノーマルの一部だ。
完全なワクチン接種者は、検査陰性かウイルス量がとても少なければ、退院までに、21日ではなく、14日後で7日の休職(Leave of Absence)になる。
完全な接種者は、自宅が隔離に適切であれば、政府施設ではなく自宅検疫が可能になる。「自宅検疫に40%を予定している。数週間後には、接種者の増加で、50%になるだろう」
2021年7月26日 ストレートタイムズ紙 全世帯に抗原検査キットを政府が配布する。まずはクラスタの近所から配布が始まる。
マスク着用がニューノーマルで残る最後のルールの1つになる。屋外でのマスク着用をシンガポールはやめる可能性があるが、危険性が高い密閉された屋内で着用するのは意味があると大臣は指摘した。
2021年7月26日 ヤフーシンガポール KTVクラスタに関わった人を罰することは、検査を受けるのを妨げ、感染封じ込めをより困難にすると、保健大臣が語った。「罰則を怖がるために、感染した人が検査を避けたり、接触追跡から隠れることを望まない」「罰則は封じ込めを困難にし、長い目ではより多くの対価を払うことになる」KTVクラスタの感染者が医療費を全額払うことを政府が検討するかを、Xie Yao Quan国会議員が尋ねたのに回答した。過去3日のKTVクラスタ感染数が低いことを示し「これが正しかったと政府は信じている」とした。
2021年7月26日 ストレートタイムズ紙 KTVクラスタで感染したベトナム人が入国時に申請した「ボーイフレンド/ガールフレンド」カテゴリの不正利用で、入管ICAは迅速に廃止していたと、法務大臣兼国務大臣が答弁した。昨年10月に導入された時に、外国人パートナーが長期の別れの後に再開できる柔軟性を導入するためだった。2月に、ベトナムの感染状況悪化のために、一方的開国を取りやめ、短期訪問渡航者は入国できなくなった。当時、ベトナム人女性のボーイフレンドと主張する申請を受けていたが、複数のガールフレンドの申請、スポンサーが既婚者、渡航者との関係を証明できないなどがあった。この乱用で、3月にカテゴリは取り消された。承認の取り消し、入国禁止、将来の申請禁止の措置がとられた。「2月には停止し、3月に廃止になった」1月31日時点で、家族関係レーンで16,000人の短期訪問者が入国した。
2021年7月26日 ストレートタイムズ紙 動かないTraceTogetherトークンの交換に、自販機が設置される。100以上のコミュニティセンターと、特定のショッピングモールが対象。7月26日から。最初の2箇所は、NexとSun Plazaだ。
初めての引取者と、紛失した人、引き取ってから4ヶ月以内の人は、自販機では対応できない。
2021年7月26日 ストレートタイムズ紙 シンガポール在住者の72,000人がSinovacを最低1度は接種し、17,000人が2度の接種を受けた。保健省発表。接種者のうち、28%は若いシンガポール人だ。60歳以上のSinovac接種をした人で、シンガポール人は10%より小さい。Sinovacでの有害事象は10人だ。かゆみ、発疹のようなアレルギーだ。
mRNAでないワクチンの利用が年末に可能かもしれない。
心筋炎の報告は12人になる。
2021年7月25日 保健省 125人の新規感染者が見つかり、通算で64,179人になった。新規のうち、輸入が8人、市中感染が117人(うち未リンク37人)、寮居住者が0人。現在、524人が入院中(うちICUが2人)。これまでに37人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは25個。
・65893人目クラスタ(新規)で2人。
・65846人目クラスタ(新規)で1人。
・Samy's Curry Restaurantクラスタで5人。
・KTVラウンジ・クラブ クラスタで5人。
・ジュロン漁港/ホンリムマーケットクラスタで46人。
・マリーナベイサンズ カジノで7人。
・64697人目クラスタで1人。
■ジュロン漁港クラスタとの関連で、Geylang Bahru Market and Food Centre (69 Geylang Bahru)と146 Teck Whye Avenue Market (146 Teck Whye Lane)の近隣住民に抗原検査キットを配布する。
2021年7月25日 ストレートタイムズ紙 職場に従業員を戻す必要があるなら、理由を明確に説明すべきだと、労働省MOMは企業に促している。ある企業のマーケティング担当は、6月末から隔週での出社を求められていると言う。感染状況が落ち着き、チーム分散が導入されるとだけ人事は言った。火曜日182人の感染者がでて初めて、完全な在宅勤務になると企業トップは決めた。「WhatsAppグループで人事は回答しない。在宅勤務になったとメールしただけだ」
2021年7月25日 ストレートタイムズ紙 ナショナルディパレードを8月9日から21日に遅らせるとの決定は、パンデミック中に例年のお祝いを継続するメリットがあるかの議論を生んだ。何ヶ月もの準備が無駄になることと、公衆衛生の間で、今年と以前のパレード参加者の間で、意見が別れた。ネット感情は中止を望み、あるネット請願では4万人がNDP中止に賛同した。クリエイティブダイレクターは、イベントの中止はとても困難だと言う。「全ては完成し、準備が住んでいる。1年間のリハーサルがあり、懸命に取り組んできた」
NUS教授は「NDPを開催しないことはとても深刻な危機を知らしめる。国が崩壊するかもしれないと国民が考えることを望まない」
2021年7月25日 ストレートタイムズ紙 シンガポールのメイドが雇用主を変更(トランスファー)するには、現在の雇用主の同意が必要だが、10人中1人しか同意を得られない。パンデミック前は、10人中4人は同意を得ていた。入国規制での雇用難が背景。
2021年7月24日 保健省 130人の新規感染者が見つかり、通算で64,054人になった。新規のうち、輸入が3人、市中感染が127人(うち未リンク28人、寮居住者が1人)。現在、490人が入院中(うちICUが1人)。これまでに37人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは26個。
・Samy’s Curry Restaurantクラスタ(新規)で6人。
・65791人目クラスタ(新規)で3人。
・KTVラウンジ・クラブクラスタで5人。
・Jurong漁港/ホンリムマーケットクラスタで75人。
・マリーナベイサンズ カジノクラスタで4人。
・64697人目クラスタで5人。
■Samy’s Curry Restaurant訪問者の感染を調査中。これまでクラスタに8人の感染者を特定した。7月25日から8月8日まで閉鎖する。店員は全員が検疫におかれた。7月19日から23日の間の訪問者に無料検査を提供する。詳細は https://go.gov.sg/samy-testing を参照。デンプシーを訪れた人は、健康状態を監視すること。
■64342人目、83歳シンガポール人女性が、Covid-19合併症でなくなった。121 Bukit Merah Viewクラスタにリンクしている。ワクチン未接種。高血圧・高脂質の既往歴があった。
2021年7月24日 筆者 クラスタになったMBSカジノの当局による強制閉鎖を「念の為の措置」と主張するMBS
マリーナベイサンズ(MBS)のカジノではクラスタが発生。7月23日発表で20人と膨れ上がっており、7月21日付けでシンガポール政府に営業停止の強制措置を命じられれています。ところが、MBSの告知では
『念の為の措置として、徹底洗浄のために7月22日から8月5日まで一時閉鎖をする。再オープンが決まれば、アナウンスする』との、実害がないにもかかわらず自主的な対応であるかのように印象づける表記であり、
・クラスタの発生
・当局の強制措置
であることを記載していません。政府は、「MBSカジノでの従業員と訪問者(顧客)の感染を調査中」「感染拡大の可能性」の状況下で、「感染拡大を断ち切り、施設の徹底洗浄のため」の閉鎖と明記しています。カジノの全従業員は強制検査に、訪問者(顧客)は任意の無料検査の対象になっています。
2021年7月24日 ストレートタイムズ紙 多くのウェットマーケットが感染の影響を受けたため、顧客がスーパーに流れている。スーパーの中には、入店までの入場規制で20分かかるところもある。支払いにも時間がかかっていた。大臣は、シンガポールの海産物の供給は安定していると保証した。供給は強化しており、通常の4,5倍の注文がある。
2021年7月24日 保健省 456 Ang Mo Kio Avenue 10で4世帯から感染者8人、340 Clementi Avenue 5で4世帯から感染者12人が見つかった。大半はジュロン漁港と関連している。疫学的調査が進行中だ。居住者と店主/店員に必須検査を行う。訪問者には任意で検査を提供する。
2021年7月23日 保健省 133人の新規感染者が見つかり、通算で63,924人になった。新規のうち、輸入が3人、市中感染が130人(うち未リンク29人)、寮居住者が0人。現在、447人が入院中(うちICUが2人)。これまでに36人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは26個。
・65342人目クラスタ(新規)で1人。
・65360人目クラスタ(新規)で2人。
・65484人目クラスタ(新規)で4人。
・マリーナベイサンズ カジノクラスタで3人。
・KTVラウンジ・クラブクラスタで6人。
・ジュロン漁港/ Hong Lim Market & Food Centreクラスタで78人。
■ジュロン漁港関連で、2箇所の近隣住民に抗原検査キットを配布する。
Admiralty Wet Market (678 Woodlands Avenue 6)
Bukit Timah Market & Food Centre (51 Upper Bukit Timah Road)。詳細は https://www.gowhere.gov.sg/art を参照。
2021年7月23日 ストレートタイムズ紙 以前はナイトライフ施設だった3つの飲食店のライセンスが、複数の違反で取り消された。店員と客のやりとりを最低限にせず、ホステスサービスをし、ゲームを許していた。
18の飲食店が、最大20日の営業停止を受けた。違反には、1メートルの距離が離れていなかったこと、別世帯からの人が複数のテーブルに別れた同じグループにいたこと、ライブエンターテイメント、体温測定漏れ、TraceTogetherチェックイン漏れだ。
客の間が1メートルなかった店が$1000から$2000の罰金を受けた。
許可人数より多くであつまっていた8人が罰金$300を受けた。
公園やビーチで、79人が安全管理基準違反で罰金を受けた。激しい運動でない時のマスク非着用、許可人数より多いグループだ。1500人が似たルール違反で警告を受けた。
2021年7月23日 ストレートタイムズ紙 最近の未リンク感染者の増大は、市中感染の拡大より、感染者間のリンクを特定するのが遅れていることだと、専門家は言う。木曜日には162人の感染者のうち52人が未リンクで、金曜日は130人中29人だった。水曜日には179人中30人だったが、木曜晩には30人が9人になった。
感染者のリンクの遅れは、心配ではない。既に捕捉され隔離されているからだ。NUS公衆衛生学部長は言う。しかし、もしリンクがとれており検査で探知されている多くの感染者が、隔離や検疫を以前受けていなかったなら、感染者は新しい感染チェーンを作る可能性がある。
2021年7月22日 保健省 170人の新規感染者が見つかり、通算で63,791人になった。新規のうち、輸入が8人、市中感染が162人(うち未リンク52人)、寮居住者が0人。現在、415人が入院中(うちICUが1人)。これまでに36人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは28個。
・マリーナベイサンズ カジノで5人。
・KTVラウンジで5人。
・ジュロン漁港/ホンリムマーケットで87人。
・64697人目で6人。
・64735人目で1人。
■ジュロン漁港を訪れた魚屋店主と思われる感染が拡大している。Boon Lay Place Food Villageで7人の感染が見つかった。7月23日から8月6日まで閉鎖する。訪問者に無料検査を提供する。 https://go.gov.sg/mkt-testing を参照のこと。
2021年7月22日 保健省 ゲイランセライマーケットの近くにある842, 844, 846 and 848 Sims Avenueの感染拡大を調査している。汚水からCovid-19ウイルス破片が探知された。店主・店員に加えて住民に必須検査を行う。7月6日から20日の訪問者には任意の検査を提供する。 https://go.gov.sg/sims-ave-appt を参照のこと。
2021年7月22日 ストレートタイムズ紙 ナショナルディパレードが建国記念日8月9日に開催だったのが、8月21日に延期となる。現在のフェーズ2(高度警戒)規制が8月18日に終わった後だ。
儀式パレードは8月9日に行われる。昨年のパダンと似たものだが、場所はマリーナベイフローティングプラットフォームになる。防衛省が語った。花火とレッドライオンパラシュートはキャンセルになる。
ナショナルディラリーは8月29日になる。
2021年7月21日 保健省 181人の新規感染者が見つかり、通算で63,621人になった。新規のうち、輸入が2人、市中感染が179人(うち未リンク30人)、寮居住者が0人。現在、379人が入院中(うちICUが1人)。これまでに36人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは28個。
・65231人目新規クラスタで3人。
・マリーナベイサンズカジノ新規クラスタで3人。
・KTVラウンジ/クラブで8人。
・ジュロン漁港/ホンリムマーケット&フードセンターで130人。
■ジュロン漁港関連で、Clementi 448 Market & Food Centreで22人の感染者が見つかり、Whampoa Drive Marketで12人の感染者が見つかった。7月22日から8月5日まで閉鎖する。
■7月7日~21日に下記に訪れた人に無料検査を提供する。Clementi 448 Market & Food CentreとHaig Road Market & Food Centre。 https://go.gov.sg/mbs-mkt-testing を参照。
・過去14日間の対象マーケット訪問者に、抗原検査キットをWhampoa Drive Market (92 Whampoa Drive)と726 West Coast Market (726 West Coast Road)で配布する。https://www.gowhere.gov.sg/art を参照のこと。
■マリーナベイサンズカジノで働くか訪問した人の感染を調査している。11人が感染した。7月22日から8月5日まで閉鎖する。7月7日から21日までに訪問した人に無料検査を提供する。https://go.gov.sg/mbs-mkt-testing を参照のこと。
■KTVクラスタとの関連で、Sakura Entertainment (517 Geylang Road)で感染進行中なのを調査中。
2021年7月21日 ストレートタイムズ紙 ワクチン接種者と未接種者とで安全管理規制を変えることは、フェーズ2(高度警戒)の間は行わない。貿易産業大臣が言った。ワクチン接種率が上がるか、感染状況が安定すれば、接種非接種で変えることは検討する。「接種済みの人はより多くの活動ができるようになる」未接種の人はリスクが高い活動に参加できなくなるだろう。
規制を変えることは、感染が制御下に置かれていた時には適応されていたと、大臣は説明した。接種者は重症になることから守られるが、感染し感染させる可能性がある。ローレンスウォン大臣は、規制を変えることを継続すれば、感染者が引き続き急上昇していくだろうと言った。
2021年7月20日 保健省 195人の新規感染者が見つかり、通算で63,440人になった。新規のうち、輸入が13人、市中感染が182人(うち未リンク26人)、寮居住者が0人。現在、332人が入院中(うちICUが1人)、施設隔離が人。これまでに36人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは26個。
・KTV lounges/clubsクラスタが14人。
・Jurong Fishery Port/ Hong Lim Market & Food Centreクラスタが142人(うちクラスタになったマーケットとフードセンターが4つ、3人以上が3つ、2人以下が28)。
・64697人目クラスタが4人。
・64599人目クラスタが1人。
・64752人目クラスタが1人。
■ジュロン漁港クラスタで、Haig Road Market & Food Centreで25人、Chong Pang Marketで10人の感染者が見つかった。2つを、7月21日から8月4日まで閉鎖する。
Chong Boon Market & Food Centreの7月18日から8月1日までの閉鎖はアナウンス済みで、マーケットとフードセンターで働く全員が検疫に置かれ検査を受けている。訪問した人にも無料検査を提供する。 https://go.gov.sg/cbmfc-testing を参照。
KTVクラスタで、Club MX (401 MacPherson Rd)で感染拡大を見つけた。
2021年7月20日 保健省 フェーズ2高度警戒に戻る
KTVクラスタのために、7月19日から8月8日の規制強化をアナウンス済みだった。その後、ジュロン漁港とリンクしたクラスタをウェットマーケットやホーカーセンターで見つかった。KTVと違って、多くの高齢者が感染している。まだワクチン未接種の高齢者は脆弱だ。ワクチン接種を早める。7月12日から18日の間に、平均46件の市中感染が見つかった。2020年4月以降で、最大の数だ。
フェーズ2(高度警戒)へと戻る。下記の規制は7月22日から8月18日まで有効だ。7月19日発表されたものを上書きする。導入後2週間で見直しをし、その時の感染状況で調整をする。
集団行動人数
集団行動人数が5人から2人以下になる。家に訪問できるのは、1日に2人までだ。社交の回数は1日に2回まで。親族での育児は続けられる祖父母が孫の世話を見るのは、1世帯につき2人までの訪問や、社交回数から除外する。
職場でのやり取りは最低限に
在宅勤務は職場でのデフォルトであり続ける。
マスク非着用活動の停止
飲食店は持ち帰りか配達でのみになる。激しいインドア運動クラス、激しい個人やグループでのインドアスポーツや運動も停止になる。マスクを外す、フェイシャル・サウナ・メークアップ・歌唱・管弦楽器のような息を吹き込む楽器の演奏も許されない。規制は、医療と歯科には当てはまらない。医療でない美容は規制除外にならない。
7月中旬からFET検査対象になっていた店員は、営業停止であれば、規制期間は検査の必要がない。配達や持ち帰りなどで営業する飲食店を含み、ビジネスを継続する店では、店員は14日FET検査が必要になる。この期間、FETは無料になる。
イベントサイズの縮小と、イベント前検査規制
a. ライブパフォーマンスとMICE: イベント前検査PETで100人まで参加可能。なしで50人まで。スピーカーと演者はマスク必須。歌唱と管弦楽演奏は禁止。
b. スポーツ観戦: イベント前検査で100人まで参加可。50人以下であれば、イベント前検査不要。
c. 結婚挙式と結婚レセプション: 結婚挙式は、イベント前検査で100人まで。イベント前検査なしで50人まで。1テーブルに5人まで。ワクチン未接種者はイベント参加を控えるよう強く促す。
d. アトラクションとショー: 入場定員を通常の25%に減らす。従来は50%だった。イベント前検査で100人まで、イベント前検査なしで50人まで。
e. 映画館: イベント前検査で100人まで入場可。検査無しで50人まで。グループは2人まで。飲食販売と飲食は禁止。
f. 集団礼拝: イベント前検査で100人まで。イベント前検査無しで50人まで。常時マスク着用のこと。歌唱・管弦楽器演奏は禁止。
g. 美術館と図書館: 定員の25%での受け入れ
ショッピングモールとショーモール: 1人あたり16sqmだったのが、10sqmに。
政府支援策
8月18日までに、政府は影響を受けたビジネスに支援策を提供する。詳細は数日後に発表する。
国内でのウェットマーケットとホーカーセンターでのSafeEntryチェックイン義務化
7月18日に発表したように、感染者が見つかったマーケットでSafeEntryチェックインを開始している。今後数週間で、TraceTogetherオンリーSafeEntryとSafeEntry Gatewayチェックインを、全てのウェットマーケットとホーカーセンターに設置する。
2021年7月20日 シンガポール労働省(MOM) 在宅勤務が就労の基本である。在宅勤務が可能な従業員全員は、そうできるよう企業は許可する必要がある。職場での勤務が必要な従業員には、なぜ出社する必要があるかを企業は従業員に伝える必要がある。従業員も、企業に心配を説明すべきだ。
5月16日にフェーズ2(高度警戒)が始まってから、職場での安全行動規則の通報を3500件以上、MOMは受け取った。在宅勤務か、業務の意図を伝えていれば、防げてたものがあった。違反の66社に是正勧告を出した。
2021年7月20日 ストレートタイムズ紙 ナショナルディパレードNDPは計画通りにとり行われ、全ての必要な安全管理基準が守られていることを保証するために規模を見直している。8月9日建国記念日は重要な国家行事であり、パレードは計画通りに行われると、ローレンスウォン財務大臣が述べた。
2021年7月19日 保健省 172人の新規感染者が見つかり、通算で63,245人になった。新規のうち、輸入が9人、市中感染が163人(うち未リンク17人)、寮居住者が0人。現在、289人が入院中(うちICUが1人)。これまでに36人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは28個。
・KTV lounges/clubsクラスタで20人。
・Jurong Fishery Port/ Hong Lim Market & Food Centreクラスタで116人。
64697人目クラスタで7人。
64752人目クラスタで1人。
■過去14日間に下記を訪れた人に、抗原検査キットを配布する。Cheng San Market & Cooked Food Centre (527 Ang Mo Kio Ave 10);
Chong Boon Market & Food Centre (453A Ang Mo Kio Ave 10);
Geylang Serai Market and Food Centre (1 Geylang Serai);
Haig Road Market & Food Centre (14 Haig Rd)。引き取りの詳細はこちら。 https://www.gowhere.gov.sg/art
KTVクラスタがDynasty Classic KTV (1 Sophia Road) and True Love (211 Geylang Road)で拡大を確認した。
2021年7月19日 ストレートタイムズ紙 シンガポールの最大クラスタのKTVとジュロン漁港はリンクしていると、保健相が語った。2つのクラスターは、タントクセン病院とチャンギ空港でのクラスターのデルタとは、遺伝子的に異なっている。インドネシアから輸入で見つかったものに近い。最終的な結果がでれば、詳細は発表される。「地域の国が感染爆発をしている時、我々も常にリスクがある」
KTVクラスタは収束しつつあるが、ジュロン漁港は上昇している。5千人以上の店員・ホステス・客が検査を受けた。「感染を発見する手段を使い果たした」
漁港クラスタでは、700人の漁港労働者が検疫を受けている。2つ目のリングでは、港を訪れた魚屋と配達員860人以上がPCR検査を受け、自己隔離を行っている。3つ目は、他のマーケットの店主が検査に行く。4つ目のリングでは、陽性者がでたマーケットの近隣住民で、接触を控えるように勧告がでた。国家環境局NEAは汚水検査を行っている。
2021年7月19日 ストレートタイムズ紙 陽性になったKTVホステスは漁港でも働いていたといわれている。漁港の労働者の中には、ラウンジの客もいる。KTVと漁港はリンクしている。だらしがないマスク着用が、ウイルスの急拡大につながったと言う魚屋がいる。「魚は100キロから120キロにもなる。貨物車から店に手で運ぶ。汗が顔に落ち、ちょっとの間、息をするためにマスクをおろす。注意深くなければ、話しているときもある。」港で働く大部分はワクチンを接種していると言う。マスク無しにタバコ休憩で談笑しているのを見る。敷地が広いため、査察官が来れば噂は知れ渡り、緩めていたマスクを直す。去れば、またゆるめる。
ジュロン漁港には100の商店と、3000人の客が毎日来る。もうひとつの漁港のSenokoは、ジュロンよりずっと小さく、25の商店と700から1000人の客がくる。
2021年7月19日 ストレートタイムズ紙 本日7月19日から新しい店内飲食ルールになった。8月8日まで、ワクチン未接種は、店内飲食が2人以下になる。完全接種か、イベント前検査陰性などで、5人以下になる。確認の負担は飲食店にかかっている。2人以下にしたのは、マクドナルド・バーガーキング・KFC・サブウェイ・トーストボックス・コーヒービーンなどだ。
ある店では、2人より多いグループに、WhatsAppで公式接種証明を送ることを客に求めた。別の店では、HealthHubやTraceTogetherでの携帯表示での接種証明を求めた。印刷での証明も受け付けた。高級店のilLidoグループでは、同行者をわずらわせるのをやめ、多くの客ががキャンセルをした。
完全接種でない客には、室内のテーブルを出さないカフェがある。チョンバルのPlain Vanillaだ。(編注:政府はこの対策を求めておらず店の独自判断)
ある客は、$35で医院にイベント前検査に行く。$35だが、回数が多いので$30になった。
2021年7月18日 保健省 92人の新規感染者が見つかり、通算で63,073人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が88人(うち未リンク10人)、寮居住者が0人。現在、243人が入院中(うちICUが1人)、施設隔離が人。これまでに36人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは29個。
・KTV lounges/clubsクラスタで25人
・Jurong Fishery Port/ Hong Lim Market & Food Centreクラスタで42人。
・64697人目クラスタで8人。
・PSC Express Pte Ltdクラスタで1人。
■Jurong Fishery Portクラスタとの関連でHaig Road Market and Cooked Food Centre, Jurong Central Plaza, Shunfu Martで感染者が追加。店主と店員に感染者がでたマーケットで、SafeEntryを義務にする。
■KTVクラスタで下記の4箇所での感染拡大の可能性を見つけた。Maze Club (2 Aliwal Street); China Doll (1 Sophia Road); Club Myth (1 Coleman Street); Martell W Ktv Chivas (6 Foch Road)。
2021年7月18日 保健省 マーケットで販売するためにJurong Fishery Portを訪れた魚屋のなかでクラスタが見つかっている。予防のために、国家環境局NEAやNEAが運営委託しているマーケットで、鮮魚やシーフードの営業は今朝から許されない。保健省MOHからの健康リスク警告SMSを、店主は受け取る。法に基づいて指定検査センターでPCR検査を受ける必要がある。陰性が判明するまで、自己隔離し自宅を離れてはいけない。
陰性結果がでた店主は、直ちにビジネスを再開できる。
マーケットの店の店主と店員、ホーカーの調理食品店主への検査実施をNEAと準備している。検査詳細について、SMSで通知を受け取る。鮮魚やシーフードを売っていない店は、数日に渡る検査実施の間に、営業可能だ。
2021年7月18日 保健省 高齢者の保護
ホーカー・フードコート・コーヒーショップでのグループサイズは2人以下だ。
NEAとタウンカウンシルはアクセス制御を実施する。店主や店員に感染者が見つかったマーケットで、SafeEntryチェックインを必須にする。7つのマーケットが対象だ。サーキットブレーカーが始まってから、13の人気があるマーケットで、許容人数までがマーケットに入れるアクセス制限が行われている。そのうち、11でSafeEntryチェックインが必須になっている。
感染拡大で、ワクチン接種していない、とりわけ高齢者は、今後数週間はできるだけ自宅にいるように推奨する。自宅にいる高齢者に、日用品の買い物などの支援をするように求める。7月20日は休日だが、1日の訪問は2箇所に制限するべきだ。
ワクチン接種可能な人は、特に高齢者は、できるだけ早くワクチン接種をするように求め続ける。
2021年7月17日 保健省 68人の新規感染者が見つかり、通算で62,981人になった。新規のうち、輸入が8人、市中感染が60人(うち未リンク2人)、寮居住者が0人。現在、196人が入院中(うちICUが1人)。これまでに36人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは29個。
・64782人目新規クラスタで1人。
・64850人目新規クラスタで1人。
・PSC Express Pte Ltd新規クラスタで2人。
・Jurong Fishery Port/ Hong Lim Market & Food Centreクラスタで11人。
Khoi Grill & Hotpotクラスタで1人。
・KTVラウンジ/クラブ クラスタで29人。
・64697人目クラスタで12人。
■Chong Boon Market & Food Centreで2人の感染者が確定し、3人の検査結果待ち。7月18日から8月1日まで閉鎖とする。働いている人は全員が検疫に置かれ、検査を受ける。
・魚屋での感染者を確認している。Amoy Street Food Centre, Chong Pang Market & Food Centre, Whampoa Wet Market, Telok Blangah Crescent Block 11, Taman Jurong Market, Redhill Market, Geylang Serai Malay Market, Geylang Bahru Market, 527 Ang Mo Kio Market, 726 West Coast Wet Market and Bukit Timah Wet Marketから抗原検査で陽性がでており、PCR検査の結果待ちだ。Jurong Fishery Portの店との関連を疫学調査は発見している。
・全てのマーケットの魚屋はSMS健康リスク警告を7月18日に受け取る。検査を受ける法的な義務がある。
■KTVクラブ/ラウンジ感染
下記で感染拡大中。• Quinn KTV (207A Syed Alwi Road);
• Club AURA (442 Orchard Road);
• Club Ion (271 Bukit Timah Road);
• Icon II (35 Selegie Road);
• Club Lucky Thai (5001 Beach Road);
• M. Sakhon (5001 Beach Road).
2021年7月17日 保健省 Jurong Fishery Portで昨日7人の感染者が見つかった。7月31日まで閉鎖される。Jurong Fishery PortからHong Lim Marketや、他のマーケットに感染しているリスクがある。全てのマーケットの魚屋に抗原検査を行う。詳細は追って発表。
あわてて魚を買う動きがある。混雑してない時間帯に買い物することをすすめる。
2021年7月17日 ストレートタイムズ紙 飲食店に業態変換したKTVで、20歳から47歳の女性29人を逮捕した。火曜日から木曜日の捜査で27のKTVラウンジの281人が調べられた。女性憲章・入管法・外国人雇用法違反での捜査だ。そのうち10人の21歳から34歳は「好ましくない移民」として、短期訪問パスと就労ビザがキャンセルされ、国外追放になる。別の10人と7月13日に逮捕された10人の女性は、就労ビザを持っていないか、就労ビザの条件に従っていなかった。
2021年7月16日 Today KTVラウンジのクラスタに関わる可能性がある2,480人を政府は検疫にしている。店員と、SafeEntryとTraceTogetherで判明した顧客だ。これまでに検査を受けたのは1,660人になり、25人が陽性だった。TraceTogetherによって、2千人がKTVクラスタと接触があり、検査義務の通知がSMSで送られた。「本人や家族が心配していれば、KTVに行ったと政府は言っておらず、感染者とどこかで接触しており、我々のデータがピックアップしたと説明したい」
最終的なリングでは、数千人か1万人以上に健康リスクアラートを送ることになる。KTVがあるショッピングモールや建物に行った人が対象だ。検査の義務はないが、体調を監視し自己検査が求められる。「KTVクラスタの問題は、客が誰で、どこに行っていて、今どこにいるかが分からないことだ」該当地区の居住者を全員検査する方法をとれない。
シンガポールのICU能力は1,000だ。現在はICUに1人のみだが、一週間後に25人になれば、5週間後に千人になる。そうなれば3週間目までに、フェーズ2(高度警戒)に戻ることになる。
2021年7月16日 保健省 61人の新規感染者が見つかり、通算で62,913人になった。新規のうち、輸入が8人、市中感染が53人(うち未リンク5人)、寮居住者が0人。現在、184人が入院中(うちICUが1人)。これまでに36人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは27個。
・Jurong Fishery Port/ Hong Lim Market & Food Centre新規クラスタで6人。
・Khoi Grill & Hotpot新規クラスタで5人。
・KTVラウンジ/クラブクラスタで32人。
64697人目クラスタで3人。
■Hong Lim Market & Food Centre and Jurong Fishery Portを7月17日から31日まで閉鎖。7人の感染者が見つかった。特別検査を行う。詳細はこちら。 https://go.gov.sg/hlm-testing
■Khoi Grill & Hotpotの閉鎖。7月16日から30日まで。7人の感染者が判明。店員と訪問者の全員が検疫になった。
2021年7月16日 保健省 フェーズ3(高度警戒)規制のアップデート
今週、新たなクラスタが発生した。素早く封じ込めに入らねばならないが、人口の多くがワクチンを完全接種している。
■ナイトライフ全店の営業停止
飲食店として業態転換した複数のKTVラウンジとナイトクラブで多くのクラスタを見ている。特定された店の店員には検査を行っている。2020年10月以降、ナイトライフ店は営業を許されていないが、飲食店への業態変換が許されてきた。残念なことに、いくつかの誤った店は、秘密裏に違法活動を行い、システムを乱用してきた。3つの飲食店としての営業許可が取り消された。7月16日から7月30日までの2週間、飲食店に転換したナイトライフ全店は営業停止となる。400のそういう店舗がある。この間に、全店の店員を検査する。営業再開までに、安全管理基準が適切に守られているかを査察する。
■SafeEntryを使い、KTVクラスタであらわれた感染を封じ込める。
感染者と同時間にホットスポットに訪れた人は、SMSを受け取る。法のもとに、検査を受け、PCR検査で陰性結果を受け取るまで自己隔離を行う。検査で陰性になっても、最後の接触から14日間は、他の人との接触は制限し、必須活動のみをすべきだ。接触から7日目に自宅で抗原検査を行い、14日目に再度PCR検査を受ける。
■7月19日からの安全管理基準強化
7月19日から8月8日まで、ハイリスクのインドア・マスク未着用への安全管理基準を強化する。
■飲食店での店内飲食
客のグループは2人以下になる。従来は5人以下だった。
ワクチン完全接種者は5人以下の店内飲食を許す。個人のステータスをチェックするシステムを設置する飲食店においてだ。完全接種とは、ファイザー・モデルナの2回め接種から2週間たった人だ。イベント前検査で陰性か感染回復者は、5人のグループに参加できる。
12歳未満の子どもは、国家ワクチンプログラムの対象外だ。スワブも難しい。同一世帯の12歳未満が、イベント前検査なしに一緒に食事を許可する。子どもが同一世帯からでなければ、グループの半数以上であってはならない。
まとめる。5人以下の店内飲食ができるのは、ワクチン完全接種者、270日以内の感染回復者、イベント前検査で陰性、12歳未満。
飲食店は、ワクチン接種でグループサイズを分けるかどうかを、柔軟に決めることができる。
ホーカー・フードコート・コーヒーショップは、SafeEntryがなく、確認が困難なため、2人までに制限する。
ライブパフォーマンス、録音音楽・ビデオ上映は今後も禁止。
■結婚式
ライフイベントへの不確かさが続いているため、従来の規制を継続。
■屋外でのマスク着用・非着用、インドアでのマスク着用活動
グループは5人以下。クラスは50人まで。
インドアの激しいマスク非着用活動。グループサイズを2人以下に減らす。クラスは30人まで。
全員がワクチン完全接種、回復患者、検査陰性であれば、グループは5人以下、クラスは30人まで。12歳未満は、グループに2人まで、クラスに30人まで。
■職場での社会的会合。在宅勤務はデフォルトのまま。時差出勤は継続。職場での社交・リクレーション集会は禁止。業務でのイベントは、飲食を提供してはならない。
■政府支援
10%の政府支援金JSSを7月26日から8月8日まで、支給する。飲食店、ジム、フィットネススタジオ、活動芸術組織、芸術教育機関が対象。自営のホーカーを支援するために、賃貸免除を拡大し、テーブル清掃と皿洗いへの補助金を出す。
2021年7月16日 ストレートタイムズ紙 あるKTVラウンジはバスケコートの大きさに100人の客が入っていたといわれる。店には10から20の部屋がある。入り口にチェックインはあるが、追跡を恐れて客はわざとチェックインしない。入り口でマスク無しのホステスに客は出迎えられ、自分のマスクも外す。部屋に案内され、ホステスがサービスをする。おさわりは普通にある。30分後にホステスは別の部屋に行く。これが「バタフライ」として呼ばれ、複数の客に自分の時間を使う方法だ。客は終わりに$100を支払う。
ホステスには2つのタイプがあることをST紙は見つけた。最初のグループは短期訪問者だ。ボスが準備したアパートにグループで通常住む。ボスがかかわるKTVラウンジでのみ働くが、一晩に1箇所だけだ。2つめは、長期滞在パス所持者や居住者だ。多くは家族がシンガポールに居るといわれている。一晩で最大3つのKTVラウンジを"バタフライ"して巡る。
複数のラウンジを移り歩くのはホステスだけでなく、客も複数のKTVを移り歩く。
KTVのある常連客は、多くの客やホステスはクラスタの発生を気にしていないと言う。「多くは秘密に営業し、性的サービスを提供している」キスし、抱き合い、客にまたがり、つばが交換される。600人のホステスがシンガポールにおり、大半はワクチンをうけていないと言う。警察に摘発されないのは、警察が店に入るまでにホステスは逃げ去るからだ。警察が入ってきても、店員が裏口から逃がす。「多くの人気店は営業停止になった。ホステスは地下で営業している」「摘発が困難になり、感染は一層拡大する」
2021年7月16日 ストレートタイムズ紙 KTVクラスタで最初に感染が判明した女性は、親族関係レーンで2月にシンガポールに入国したベトナムからの短期訪問パス所持者だ。シンガポール人ボーイフレンドがスポンサーをしていた。犯罪行為がわかれば、ビザのキャンセルを含めアクションを当局はとる。短期訪問者は、シンガポールで就業や仕事ができないと付け加えた。違法行為が見つかれば、訴追されるか、訪問パスがキャンセルされ、シンガポールから追放され再入国が禁止される。違法で働かせた雇用主は、$5000以上$3万以下の罰金か、12ヶ月未満の刑務所になる。雇用主の就労ビザも停止になる。
KTVクラスタの54人のうち、30人はシンガポール人でない。2人が永住者PR、14人が就労ビザ所持者、1人が学生ビザ所持者、5人が長期滞在パス所持者、8人が短期滞訪問パスだ。30人中、25人は2021年までにシンガポールに入国した。
8人の短期訪問パスのうち、2人は入国が厳しくなる2020年3月以前に入国していた。別の2人は、エアトラベルパスで2020年後半に入国した。エアトラベルパスは、ベトナムには昨年10月8日から、今年2月13日まで利用可能だった。残りの4人の短期訪問パスは、親族関係レーンで2021年に入国した。8人は、滞在期限延期でシンガポールに居続けていた。
2021年7月16日 シンガポール入管ICA KTVクラスタの最初の感染者は、2021年2月に家族ティアレーンで入国した。ボーイフレンドとして申請したシンガポール人がスポンサーだった。“Boyfriend/Girlfriend of Singapore Citizen (SC)/Singapore Permanent Resident (PR)”で申し込まれた。2020年10月に導入されたカテゴリーだ。外国人パートナーとの関係があるシンガポール人が、パンデミックでの長期間の別離から再会するためのものだった。シンガポール人から多くのアピールを受け取っていた。
“Boyfriend/Girlfriend of Singapore Citizen/Singapore Permanent Resident”は2021年3月に申請項目から取り除かれた。入国申請で、Singpassでのログインと、セキュリティ検査規制が、SafeTravelポータルに課せられた。事前許可があっても、疑わしい外国人は入国拒否をされている。
パンデミック下で、短期訪問パスの延長申請には、ケースバイケースで判断している。たとえば、国際旅行の制約やフライトが利用できるか、シンガポールに申請者が家族のつながりがあるかだ。
2021年7月15日 保健省 48人の新規感染者が見つかり、通算で62,852人になった。新規のうち、輸入が6人、市中感染が42人(うち未リンク4人)、寮居住者が0人。現在、180人が入院中(うちICUが1人)、施設隔離が155人。これまでに36人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは25個。
・KTVラウンジ/クラブのクラスタで34人。
・64697人目クラスタで3人。
・64752人目クラスタで1人。
■ComfortDelGro運転教習所を7月15日~29日に閉鎖。関連した6人の感染者がいる。7月6日から15日に訪問した人に無料検査を適応する。詳細はこちら。 https://go.gov.sg/cdc-testing
■Las Vegas KTVとTuberose KTVを7月16日から30日に閉鎖。ソーシャルホステスでの感染のため。この2箇所への無料検査を実施する。詳細はこちら。 https://go.gov.sg/ktv-testing
2021年7月15日 ストレートタイムズ紙 店のアシスタントがKTVクラスタで陽性になったため、トアパヨホーカーセンターが閉鎖される。日曜日にKTVに行っていたとされている。追って連絡があるまで閉鎖。他の店員たちは、水曜午後3時に感染者を告げられ、3時間の荷物の積み出しの猶予があり、2週間の検疫に入った。ある店では、その日のための食材をすべて廃棄し、残したものも捨てることになる。
感染者は、Fang Yuan Satayでアシスタントをしており、日曜日にKTVに行き、月曜日に出勤せず、火曜日に具合が悪く医師の診察を受けた。「ホーカーの人と接触していないので、ホーカーに影響はないはずだ」
2021年7月15日 ストレートタイムズ紙 シンガポール居住者は、海外で受けたワクチン接種を、シンガポールの記録に更新することができる。ファイザー、モデルナ、WHOの緊急使用リストのワクチンを海外で接種した人は、シンガポール帰国時に、国家免疫登録(National Immunisation Registry)の自分の記録を更新できる。海外での接種した文書と、シンガポールで血清検査陽性の結果が必要になる。私立病院がサービスを行う。ドキュメントを確認し、接種したワクチンの種類に基づいて血清検査を実施する。現在行っているのはSATA CommHealth, Raffles Medical Group, MinMed, Make Health Connect (MHC)で、Fullerton Healthは来週月曜に開始する。費用は政府補助はない。血清検査での陽性を確認後に数日立って、HealthHubのワクチン記録が更新される。
2021年7月15日 ストレートタイムズ紙 以前はナイトライフ店だった3つの飲食店が、複数の違反で、免許が取り消しになった。3 Kings Pub in Lucky Plaza、DMAX in Beach Road、Peony Garden Food House in New Bridge Roadだ。店員と顧客とのやり取りを最小限にせず、2人より多くの人がグループで一緒に座るのを許し、音楽をかけていた。5月に厳罰化されてから、初の免許取り消しだ。
11の店舗が、安全管理規則違反で$1,000から$2,000の罰金を受けた。タンジョンパガーのRistorante Lukaなど。
24の個人が、許された集団行動人数におり$300の罰金を受けた。7人の店員が、マスクを着用せず、$300の罰金を受けた。
2021年7月14日 保健省 60人の新規感染者が見つかり、通算で62,804人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が56人(うち未リンク5人)、寮居住者が0人。現在、125人が入院中(うちICUが1人)。これまでに36人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは25個。
・64642人目クラスタ(新規)で1人。
・64735人目クラスタ(新規)で3人。
・64752人目クラスタ(新規)で5人。
・KTVラウンジ/クラブで42人。
■KTVソーシャルホステスの感染拡大が、4箇所で広がっている。One Exclusive (114 Middle Road)、Level 9 (L9) (114 Middle Road)、Terminal 10 (Clarke Quay)、Club M (114 Middle Road)。この4箇所か、飲食店として営業の類似のKTVラウンジかクラブに訪れた人に、検査を拡大する。
2021年7月14日 保健省 7月15日23時59分から、過去21日間で、トランジットを含むミャンマーへの渡航歴がある全ての長期滞在パス所持者と短期訪問者は、シンガポールへの入国とトランジットが許されない。
2021年7月14日 ストレートタイムズ紙 6月29日以降に、KTVラウンジに行ったか、ホステスと接触した人への検査は、秘密になる。保健相が発言した。感染者を見つけて隔離し、コミュニティを守ることが優先だ。検査プロセスは秘密になる。どうしてもスクリーニングセンターでの検査を望まない人は、最低限、自己隔離をして家から出ず、家族に抗原検査キットARTを買ってきてもらうよう保健相は求めた。
月曜日に特別検査を発表後、100人以上が検査を受けている。多くは店員と客だ。店員の知識と、TraceTogetherとSafeEntryで集めた情報に、人数は基づいている。「保健省も警察も、TraceTogetherとSafeEntryで集めたデータが全てではないと疑っている」
2021年7月14日 CNA 「韓国・香港のナイトライフで発生したような感染例を知っている。中にはホステスと接触し、そして巨大クラスタを生む。1年以上そういう活動を許してこなかった。」と保健相。最初の感染者は、7月11日に呼吸器症状で家庭医を訪れたベトナムからの短期訪問パスSTVP所持者で発見された。他の感染者には同一世帯に住んでいた者もいる。
KTVに行ったが検査に来たがらない者は違法行為になるかとの質問に、シンガポール入国時にパス(入国許可)を申請しているのでホステスの記録があると保健相は答えた。「客については、居住区のようにリングを引くことができるのであれば、政府はする。だが、客が誰なのか分からない」「なので、最良の方法は客に検査を受けるように促すことだ。プロセスは秘密にする」客の100人以上と、店員の100人近くが検査を受けた。「対象者は、勤務者、TraceTogetherとSafeEntryからの情報だ」「これらのKTVが違法に運営されていたことを考えると、TTとSafeEntry情報は完全ではない。
2021年7月14日 ストレートタイムズ紙 韓国・マレーシア・タイ・ベトナム国籍の20人の女性が、飲食店として運営中の3つのKTVラウンジで、売春関連活動に関わった容疑で逮捕された。South Bridge Road、Selegie Road、Geylang Roadでの取り締まり活動による。女性は20歳から34歳だ。女性憲章・入管法・外国人労働力雇用法で取り調べられている。店内でホステスサービスを店が提供したので、Covid-19規制法での安全管理規制違反で3つのKTV経営者が捜査を受けている。
2021年7月13日 保健省 26人の新規感染者が見つかり、通算で62,744人になった。新規のうち、輸入が7人、市中感染が19人(うち未リンク4人)、寮居住者が0人。現在、94人が入院中(うちICUが2人)。これまでに36人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは22個。
・KTV lounges/clubsで8人。
64697クラスタで7人。
■ベトナム人ソーシャルホステスが、飲食店として運営中のKTVラウンジとクラブを頻繁に訪れれていた感染を調査中。3つの場所で感染が進行しているのが分かった。Club Dolce Pte Ltd (Balestier Point)、WU Bistro Pte Ltd (Golden Mile Complex)、Club De Zara Pte Ltd (Textile Centre)。7月13日から27日まで閉鎖し、徹底洗浄を行う。無料検査を拡大する。対象は、6月29日から7月13日の間に、WU Bistro Pte Ltd (Golden Mile Complex)か、Club De Zara Pte Ltd (Textile Centre)か、飲食店として運営されている類似のKTVラウンジかクラブへの訪問者。ベトナム人ソーシャルホステスと接触した人。昨日の3つのKTVに追加となる。詳細は https://go.gov.sg/ktv-testing を参照。
2021年7月12日 ストレートタイムズ紙 「既に十分に年寄りで死につつある。ワクチン接種するのは何のためなんだ?」と83歳退職男性は語った。そう考えるのは彼だけではない。70歳以上は接種が最も早いグループだったが、接種率が今では最も低い。先月から開始の12~39歳に抜かれた。
高齢者は様々な接種しない理由をST紙に語った。
70歳女性は、新しく、未知の副作用があるかもしれないmRNAは嫌だと語った。保健省MOHはmRNAは何年も前に実用化されていると言う。
目まいがある女性75歳は、副反応と自分の病気への予測が不可能なことを心配している。「病状が悪化するのは嫌だ。注射でめまいが突然起こるかもしれない。何か起これば子どもに迷惑をかけてしまう」
80歳女性は、心臓病・高コレステロール・低血圧の持病のために、ワクチンを希望しない。MOHはこれらの症状には安全と保証する。「ワクチンには年を取りすぎている。医師に多すぎる質問をしたくない。ワクチンが聞くと100%の保証はない」
海洋産業でMDの71歳男性は、米国FDAが完全認可をしておらず緊急使用のみだと言う。現在のパンデミックは緊急事態ではないと考えている。シンガポールの死亡率は0.06%で極度に低く、危機ではないとMDは言う。だが、世界中で400万人が亡くなり、世界での死亡率は2.2%だ。専門家は、シンガポールの低い死亡率は厳しい規制によるもので、規制が緩むと、特に未接種者では、死亡率が劇的に上昇すると警告する。MDは「緊急事態になっている唯一の理由は恐怖だけだ」mRNA接種に警告している医療グループがあり「名声がある専門家で、事実でないことを広める隠れた動機もない。彼らが世界に警告をしており、ワクチン接種者の死亡のより多くの証拠を見えることになると信じている」とも言う。
2021年7月13日 ストレートタイムズ紙 学歴が低く、社会的接触が少ない高齢者ほど、ワクチン接種をためらう傾向があると、シンガポール経営大学SMUのSuccessful Ageing研究調査が示した。シンガポール人の56歳から75歳の7,230人が回答した調査だ。
71歳から75歳では、16.26%がワクチンを接種していない。他の世代と比べ、最も高い。
小学校卒業か学歴なしでは大半がワクチンを接種していなかった。
未接種は、1ルームから3ルームのHDB居住者が19%、4か5ルームかエグゼクティブコンドミニアムでは13.42%、私有不動産では12.01%だった。
接種していな人に親しい人の数は8.63人で、完全接種者では12.38人だった。
接種しないもっとも多い理由は副反応で、次がどんなワクチンも信じていないからだ。
接種を希望しない人は、Covid-19の情報がどんなソースでも信用していない。しかし、政府やメディアより家族を信用している。完全接種者では、この逆で、家族より地元ニュースや政府を信用している。
2021年7月23日 ストレートタイムズ紙 Balestier Pointのラウンジオーナーは、月曜日に特別検査に店舗スタッフを特別検査に受けさせなければらないと言われたと告げた。火曜日朝には従業員をスワブ検査に送り、検査結果を待っているとのこと。KTVを閉めるように当局から命令を聞いていないので、通常営業を続けると付け加えた。

Empress KTVがあるTanglin Shopping Centreの小売店主は、KTVの営業がリノベーション後に7月1日に再開したと覚えている。「短いスカートの若い女性がグループで入ってくるのをみていた」あるレストランのマネージャーはKTVは台所がなく、営業再開後、食事が運ばれてこなければならなかった。「女性がFar East Shopping Centreにある他のKTVでも働いているのを知っている。家に帰る時に同じ女性グループを見かけたからだ」|

2021年7月12日 保健省 26人の新規感染者が見つかり、通算で62,718人になった。新規のうち、輸入が18人、市中感染が8人(うち未リンク3人)、寮居住者が0人。現在、80人が入院中(うちICUが2人)。これまでに36人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは22個。
・新規の64693人目クラスタで3人。
・新規の64697人目クラスタで4人。
■現在、飲食店として運営されているKTVラウンジとクラブを頻繁に訪れていたベトナム人ソーシャルホステスの間での感染を調査している。Supreme KTV (Far East Shopping Centre)、Empress KTV (Tanglin Shopping Centre)、Club Dolce (Balestier Point)の全スタッフに特別検査を行っている。6月29日から7月12日の間にこれらを訪れたか、ベトナム人ホステスと接触した人に無料検査を行う。 https://go.gov.sg/ktv-testing を参照のこと。
2021年7月12日 ストレートタイムズ紙 本日から5人での店内飲食が認められ、昼前には退職者と高齢者が5人で集まる姿も見られた。6月21日にから昨日までは最大2人までの制限だった。月曜日のため、多くの店は客足は低調だった。
2021年7月11日 保健省 8人の新規感染者が見つかり、通算で62,692人になった。新規のうち、輸入が7人、市中感染が1人(うち未リンク1人)、寮居住者が0人。現在、77人が入院中(うちICUが2人)。これまでに36人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは20個。
2021年7月11日 ストレートタイムズ紙 シンガポールでは看護師が不足しており、外国人看護師が求められている。しかし、フィリピンがCovid-19との戦いで自国の看護師人員を増強するために、看護師が海外で働くのを一時的に先月禁止したため、外国人看護師の数が滞っている。シンガポール看護師の1/3は外国人だ。最大はフィリピンからだ。2019年に、2804人の新人看護師のうち58%が外国人だった。1980年代には、マレーシアとフィリピンから看護師をシンガポールは採用し、次に中国・インド・ミャンマーから採用した。地元民労働力を増やすために、7月から看護師給料が5%から14%上がる。シンガポールの医療労働力で最大は看護師だ。2020年末には、42,000人の登録看護師がいた。2013年には36,000人だった。
2021年7月10日 保健省 6人の新規感染者が見つかり、通算で62,684人になった。新規のうち、輸入が6人、市中感染が0人(うち未リンク0人)、寮居住者が0人。現在、76人が入院中(うちICUが2人)。これまでに36人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは22個。
2021年7月10日 ストレートタイムズ紙 Covid-19感染から回復した10人中1人は、初期の感染から6ヶ月たっても続く後遺症がある。感染病国家センターNCID調査。"long Covid"として知られ、回復したあとも長く、ぐずぐずしたせきや息切れがあるのが多い。他には、疲労の継続、目まい、不眠症もあるが、それほど頻繁ではない。病気だった時の重さにかかわらず、高い炎症マーカーがある。血液の中にあるこれらのタンパク質は、循環器系に影響し、心疾患のリスクになる。
明確なデータはないのだが、ワクチンは後遺症を妨げる助けになる可能性があるという医師がいる。ワクチン接種にもかかわらず感染した人は、ワクチンが引き起こした免疫反応が感染の重症度を著しく下げることができるからだ。ある女性患者58歳は、味覚障害から回復するのに半年、嗅覚障害からは1年かかった。
2021年7月10日 mothership 香港とのトラベルバブル開始に失敗しているシンガポール。親中派を中心とした香港議員に、集団免疫で軽症者を考慮しない政策転換を図るシンガポールとのトラベルバブルに反対する動き。ゼロ政策を維持する中国が、香港との国境開放に賛成しなくなる恐れが理由。
2021年7月10日 NHK インドネシアに国際社会から支援広がる コロナ感染状況悪化で
デルタ株の広がりなどから、9日に新たに確認された感染者は3万8124人に上り、871人が死亡。病床の使用率は、8日の時点で、首都ジャカルタで85%となり、医療用酸素の1日の使用量も感染拡大前のおよそ500倍になっていて、医療体制がひっ迫しています。
こうした中、シンガポールから9日、人工呼吸器200台や酸素ボンベおよそ250本、医療用手袋などの支援物資が到着しました。
2021年7月10日 保健省 インドネシアの状況悪化で、インドネシアからの入国規制を強める。国民と永住者PR以外の入国許可数を減らす。規制は直ちに有効となる。7月12日23時59分から、インドネシアに過去21日の渡航歴がある全旅行者は、シンガポールでの乗り継ぎが許されない。
7月12日23時59分から、インドネシアからの出発前PCR陰性証明は48時間以内のものが有効になる。これまでは72時間前だった。
2021年7月9日 保健省 10人の新規感染者が見つかり、通算で62,678人になった。新規のうち、輸入が9人、市中感染が1人(うち未リンク0人)、寮居住者が0人。現在、85人が入院中(うちICUが2人)。これまでに36人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは22個。
2021年7月9日 ストレートタイムズ紙 来年の旧正月にCovid-19ワクチンのブースターショットが始まるかもしれないと、保健大臣が発言した。ワクチンを完全接種した人はブースターショットが必要かもしれず、当局は調査している。必要になれば、来年2月である旧正月に接種できるようになる。
ワクチンは1年か2年の間効果があるので、ブースターは免疫を増やのに必要で、今後現れる新しい変異種と戦うものだ。「旧正月は、国のワクチンドライブが始まって約1年だ。ブースターショットを始めるべきだ。」現在のワクチン在庫は人口への接種に十分だが、ブースターショットが必要になれば、シンガポールは追加注文する。ブースターショットに使うワクチンに、別の種類を使う可能性を除外していない。
2021年7月9日 保健省 シンガポールのワクチン疾病金融補助プログラムVIFAPで、102人に合計$451,000の支給が行われた。6月25日時点で、292人からの申請があり、267人の審査が完了した。159人がVIFAP基準を満たさず、31人が審査中で、申請者の担当医の追加医療情報待ちだ。
2021年7月8日 保健省 16人の新規感染者が見つかり、通算で62,668人になった。新規のうち、輸入が13人、市中感染が3人(うち未リンク2人)、寮居住者が0人。現在、84人が入院中(うちICUが2人)。これまでに36人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは22個。
・64599人目クラスタで1人
2021年7月8日 ストレートタイムズ紙 8月9日、建国記念日の後に、テマセク財団は使い捨てマスクとマウススプレーを配布する。「医療品質の使い捨てサージカルマスクと、使い捨てN95マスクだ。建国記念日の後に発表する」ホーチンCEOがFacebookに投稿した。9月か10月にマウススプレーとして使うことができるポビドンヨードうがいを配布し、その後に続くものだ。
2021年7月8日 ヤフーシンガポール 接触追跡の尋問に虚偽申告をした武漢から入国の中国人女性が、検査官の中国語が分からなかったと供述した。女性は、インター校に通う娘に同行する長期滞在ビザLTVP(通称タイガーママビザ)で入国した。「検査官は私が言ったことを理解していないと会話から感じた」「アヒルと鶏の会話のようだった」
2021年7月7日 保健省 12人の新規感染者が見つかり、通算で62,652人になった。新規のうち、輸入が7人、市中感染が5人(うち未リンク2人)、寮居住者が0人。現在、90人が入院中(うちICUが3人)、施設隔離が185人。これまでに36人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは23個。
・64599人目クラスタで3人。
2021年7月7日 保健省 フェーズ3高度警戒規制のアップデート
■7月12日からのフェーズ3高度警戒規制
飲食店での店内飲食が5人までになる。
結婚レセプションが再開する。イベント前検査では250人以下が許される。50人以下では、結婚パーティにイベント前検査が必要になる。
屋内の高負荷でマスクを外すスポーツについて。ジムとフィットネススタジオは5人以下のグループで許される。クラスは教師を含み50人までか、会場の収容制限のどちらか小さい方。
職場でのソーシャルギャザリング。在宅勤務はデフォルトであり続ける。職場での社交は許されるが、グループは5人以下に制限。
■支援
政府給与支援JSSは5月16日から7月11日まで行われている。7月12日から25日の2週間は10%が上限になる。
■ハイリスク活動スタッフへの定期的な迅速簡単検査FET
企業管理自己スワブか、クイック検査センターでの定期検査に取り組んできた。7月15日から必須になる。以下が対象。a. 店内飲食がある飲食店
b. フェイシャル・ネイル・スパ・サウナ・マッサージ・理美容・メークアップのようなパーソナルケア
c. 顧客がマスクを外すジムやフィットネススタジオ
抗原検査キット。コンビニ・スーパーでも買えるようになる。購入制限の10個を外す。
■全スーパーへのSafeEntry設置
感染者と重なる訪問をした個人を追跡するために、TraceTogetherオンリーSafeEntryがあるビルに入っているスーパーへの入店に、チェックインを再度義務付ける。(編注: モール内のスーパーは、TT強制化後にチェックイン不要だった)
■ワクチン感染接種50%に向けて
国家ワクチンプログラムで、完全接種をした人は、地域と経済活動により参加できる。
感染状況が安定し、人口の少なくとも半分が完全接種を終えたタイミングで以下を考えている。7月末を予定。
a. ソーシャルギャザリングが8人までに。
b. 完全接種者はイベント人数が倍の500人にできる。映画館、礼拝、MICE、ライブ、スポーツ観戦、結婚式だ。
c. 店内飲食など屋内でマスクを外すハイリスク活動で、完全接種者のみでは8人まで可能になる。そうでなければ5人まで。
d. 在宅勤務はデフォルトだが、完全接種図もの従業員の割合に基づいて、職場に戻れる人が多くなる。
2021年7月7日 ストレートタイムズ紙 Sinovacとファイザー・モデルナを接種した違いはあるべきだと保健大臣が述べた。Sinovacを接種した人は、完全接種者が対象になる、7月末からの8人以下の店内飲食には認められない。「ワクチン接種率が高くなれば、より強固な集団免疫を持つ。ワクチンの効果はあまり重要ではなくなる」「その場合、完全接種者や、一部接種者、未接種者が大規模イベントに参加ができるようになる」
Sinovac接種者は、国のワクチン集計から除外されている。7月3日現在で、Sinovac接種者は17,296人だ。だが、Sinovacも国家免疫登録に記録を今後はされ、携帯アプリHealthHubでも表示する。Sinovac接種者はmRNAを接種できないか、mRNAに安心していない人だと、保健大臣は言った。「Sinovac接種者も社会の復元に貢献している」
2020年9月から2021年5月までの感染者の1,000の家庭内接触の研究で、mRNAワクチンの効果はデルタ変異種に69%と判明した。イスラエルでもデルタ変異種に64%の効果となっている。
Sinvocや他のワクチンを接種した人で、ファイザーやモデルナ接種を希望する人は、接種登録ができる。ただし、異なるワクチンを接種した効果のデータは欠如している。
2021年7月5日 保健省 mRNAワクチンを接種後に、心筋炎と心膜炎となるわずかなリスクがあるデータがある。全ての接種者、特に青年期で若い男性は、何回目かにかかわらず、接種後の1週間、運動や激しい活動を避けるべきと、Covid-19ワクチン専門家委員会は推奨する。胸痛、息切れ、異常な心拍があれば、直ちに医師の診察を受けるべきだ。
専門家委員会は、青年期で若い男性を含む、接種できるすべての人へのmRNAワクチン接種の推奨を続ける。予防効果が、副反応リスクを上回るからだ。接種は任意であり続ける。
2021年7月6日 保健省 10人の新規感染者が見つかり、通算で62,640人になった。新規のうち、輸入が8人、市中感染が2人(うち未リンク1人、寮居住者1人)。現在、99人が入院中(うちICUが3人)、施設隔離が192人。これまでに36人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは22個。
2021年7月6日 ストレートタイムズ紙 7月3日付けで、17,296人がSinovacの初回接種を受けた。保健省が国会で開示。重症ではない2人の有害事象が報告されている。
2021年7月6日 ストレートタイムズ紙 6月において、43人のタクシーとプライベートハイヤー運転手がCovid-19に感染した。6人が家族を感染させた。運転手の92%(53,268人中48,846人)が最低1回接種を受け、86%が接種を完了した。
2021年7月6日 ヤフーシンガポール マリーナベイサンズで「バッジを見せろ」と安全距離アンバサダーに言ったのを動画に取られたPhoon被告が、7つの余罪を追加された。保釈の金額を以前の$8千から$12,000に上げることを検察が求め、認められた。入管ICAからの連絡に電話でもメールでも応じず、6月25日に新しい罪を犯した可能性があるからだ。被告は「ICA官がアグレッシブだから応じなかった」と言った。
マスクをつけないのは、発疹と息が苦しくなる、アトピーがあり、長い治療歴があるからだと被告は主張した。「息苦しくなれば、倒れるより息をするために、マスクを下げるのは人間の当然の反応だ」海軍将校であったため、正当なヒアリングを受けることが困難なため、起訴は取り下げられるべきだと再度求めた。
2021年7月5日 保健省 13人の新規感染者が見つかり、通算で62,630人になった。新規のうち、輸入が7人、市中感染が6人(うち未リンク2人)。現在、102人が入院中(うちICUが3人)。これまでに36人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは24個
・64388人目クラスタ(新規)で1人。
・105 Henderson Crescentクラスタで1人。
・Changi General Hospitalクラスタで2人。
2021年7月5日 ストレートタイムズ紙 7月12日から、外食に許されるグループの人数が5人に緩和される。ローレンスウォン財務大臣が国会で語った。現在は2人まで。
2021年7月5日 ストレートタイムズ紙 全世帯にオキシメーターの配布が始まった。テマセク財団からの配布。配布期間は8月5日まで。フェアプライス・シェンソン・ジャイアント・コールドストレージ・ワトソン・ユニティ・ガーディアンの300箇所以上で配布。
各戸の郵便受けに配布された小冊子が、引き取りに必要。誤って捨てた人も報告されているが、再発行はされない。店頭では、NRICで受け取ろうとした人が拒否されていた。
2021年7月4日 保健省 7人の新規感染者が見つかり、通算で62,617人になった。新規のうち、輸入が3人、市中感染が4人(うち未リンク0人)。現在、101人が入院中(うちICUが2人)、施設隔離が192人。これまでに36人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは26個。
・105 Henderson Crescentクラスタで2人。
・Changi General Hospitalクラスタで2人。
201年7月4日 ストレートタイムズ紙 昨年12月にアナウンスされ、2月に運用が始まった、シンガポールエキスポのConnect @ Singaporeが、5月28日のフェーズ2高度警戒での行動制限から運用延期になっている。当初は2週間の運用停止で、今は無期限だ。
利用者は、施設内で会議ができるが、外出できず、定期的な検査も必要だった。これまでに、120の予約があり、200の会議が行われた。顧客は、インドネシア・中国・フランス・米国を含む。
2021年7月3日 保険省 シンガポールで7人の新規感染者が見つかり、通算で62,606人になった。新規のうち、輸入が3人、市中感染が4人(未リンク0人)。現在、113人が入院中(うちICUが2人)。36人が亡くなっている。
■アクティブなクラスタは26個。
・105 Henderson Crescentクラスタで2人。
・Changi General Hospitalクラスタで2人。
2021年7月3日 ストレートタイムズ紙 民間で行われているワクチン接種者への特典
・Gojek: ワクチンセンターまでの行き来に$15のバウチャーを2回。8月31日まで。
・ComfortDelGro: 携帯アプリでワクチンセンターへの行き来で、タクシー乗車に$3割引。
・Shake Shack: ハンバーガー購入に付きフライドポテトが無料。7月15日まで
・ハードロックカフェ: 食品とグッズ購入で25%オフ。12月31日まで。
・NTUCフェアプライス: オンラインストアでの初めての購入で、$80を使うと$12割引。既存顧客は自宅配送で$150使うと$10オフ。12月31日まで。
2021年7月2日 保健省 10人の新規感染者が見つかり、通算で62,599人になった。新規のうち、輸入が7人、市中感染が3人。現在、117人が入院中(うちICUが2人)、施設隔離が194人。36人が亡くなっている。
新規の市中感染のうち、リンク済みは2人、未リンクは1人。
■アクティブなクラスタは28個。
・105 Henderson Crescentクラスタで1人。
2021年7月2日 シンガポール日本人会 シンガポール在留邦人向けPCR検査支援事業
日本政府より在外諸団体を通じて行われる海外在留邦人・日系人への新型コロナウイルスの感染拡大防止やビジネス環境作りを目的とした事業への支援スキームを利用し、シンガポール日本人会は、シンガポール在留邦人の方々が利用されるPCR検査の費用を支援。
・対象者: シンガポール長期在留資格を有する邦人(会員・非会員を問いません)。短期出張者はご利用いただけません。
・実施期間(予定)2021年7月1日~11月30日 ※検査数が上限に達した場合、予定日よりも早く終了。
・支援の範囲: シンガポール日本人会クリニックにおける一回のPCR検査費用全額。本支援は、一人あたり一度のみ利用することができます。
・長期在留邦人の資格。シンガポール長期在留資格(Work Pass、Dependant Pass、Student’s Pass、Long Term Visit Pass、又はSingapore Permanent Residence Status)を有する邦人。
・シンガポール日本人会・シンガポール日本商工会事所の会員・非会員を問わず、日本国籍を持つ全ての長期在留邦人の方にご利用いただけます。
2021年7月2日 ストレートタイムズ紙 企業は従業員にワクチン接種を義務付けてはいけないが、高リスク環境の企業は企業ポリシーとして接種義務をしてもよい。感染の高リスク企業では、従業員の新規採用時や求人広告で、ワクチン義務を課すことができるかもしれない。しかし、接種拒否を理由に、既存の従業員を解雇できない。労働省MOM、NTUC、シンガポール国家雇用者連盟SNEFが出した勧告で、ガイドラインがまとめられている。
シンガポールの国のワクチンポリシーから、企業は接種を義務化すべきではないが、医療的に接種可能な従業員には推奨し手助けを企業はすべきだ。ビジネス継続計画として、ビジネス目的で、接種状況を企業は尋ねるが、接種を拒否した従業員は罰則を受けるべきでない。
ハイリスク環境の業務で、接種を拒否した従業員は、低リスクの仕事に配属変更がなされる。企業内に配属ポリシーがなければ、配属の条件は企業と従業員とで合意があるべき。接種を拒否した従業員に発生した検査や隔離SHN費用は、同種の業務で接種済み従業員に発生した費用を超えた分について、企業は従業員に請求できる。
接種を拒否したことを理由に、企業は雇用契約を終了させたり、終了を脅迫したりすべきではないと強調している。
2021年7月2日 ストレートタイムズ紙 ワクチン接種を拒否した従業員に、解雇したり雇用の打ち切りを脅迫したとの通報を、労働省MOMは調査をすることになる。
2021年7月2日 ストレートタイムズ紙 Covid-19ワクチンにアレルギー反応を起こした人に、政府がSinovac接種を提供する。異なるワクチンでの免疫を調査する研究の一環としてだ。mRNAワクチンの1回目接種でアレルギーになった3,600人が打診を受け、1,400人以上が興味を示した。
mRNAワクチンの初回接種をしたが、アレルギーのため2回目を接種できない人は、国家ワクチンプログラムで今後採用されるmRNAでないワクチンを待つことも選べると、保健省は述べた。
2021年7月2日 保健省 スペシャルアクセスルートでSinovacを取り扱う7つの民間医院を追加した。合計で31医院になる。
2021年7月1日 保健省 10人の新規感染者が見つかり、通算で62,589人になった。新規のうち、輸入が6人、市中感染が4人。現在、124人が入院中(うちICUが3人)、施設隔離が192人。これまでに36人が亡くなっている。
新規の市中感染のうち、リンク済みは4人、未リンクは0人。
■アクティブなクラスタは29個。
・105 Henderson Crescentクラスタで2人。
・115 Bukit Merah View Market & Food Centreクラスタで2人。
2021年7月1日 持続可能性環境省 (MSE) 16の飲食店が営業停止を言い渡され、13の飲食店と14人の個人が罰金、1500人が警告書を受け取った。クラークキーのセントラルに入っているドン・ドン・ドンキのフードコートは、グループ間での安全距離を取るのを複数回怠った。7月1日から10日の営業停止を言い渡した。
2021年7月1日 ストレートタイムズ紙 行動制限の緩和は3段階で行う。保健相談。
7月12日に、外食可能な人数の拡大を行う。この緩和は、ワクチン接種率とは別であり、クラスタが制御されているかに関係する。
その次は、ワクチン完全接種者が半数に達する7月中旬、その次が人口の2/3が完全接種となる8月9日のナショナルディだ。「行動再開のもう一段階としてナショナルディパレードを位置づけたい。
年末までには、観光での海外への渡航を再開させたい。可能性のある渡航先は、ワクチン接種率が高く、感染率が低い傾向を見ているところだ。EUの大半の国と米国が含まれる。「感染率が下がり、ワクチン接種者が増え、10万人あたり2人か3人の感染率以下になれば、これらくの国を渡航対象国として真剣に検討する。」
デルタ変異種には少なくとも80%の接種率が集団免疫には必要と科学者は考えているが、達成できなくても人々はCovid-19と共存できると保健相はいう。
見直される最後のものはマスクになると言った。
2021年7月1日 ストレートタイムズ紙 Covid-19から人を安全にするためには、人口の70%から80%がワクチンを接種し、高齢者は90%に近い接種であることがベストだと、保健相が言った。デルタ変異種には少なくとも80%の接種率が集団免疫には必要と科学者は考えていると、保健相は言った。
2021年6月30日 保健省 16人の新規感染者が見つかり、通算で62,579人になった。新規のうち、輸入が11人、市中感染が5人。現在、133人が入院中(うちICUが4人)、施設隔離が182人。これまでに36人が亡くなっている。
新規の市中感染のうち、リンク済みは5人、未リンクは0人。
■アクティブクラスタは33個。
・64478人目クラスタで1人。
・105 Henderson Crescentクラスタで1人。
・チャンギジェネラルホスピタル クラスタで3人。
2021年6月30日 保健省 7月2日23時59分から、過去21日間に豪州への渡航歴がある人は7日間の自宅隔離を受ける。到着時と隔離終了時PCR検査もある。短期訪問のエアトラベルパスATPは無効になる。
7月2日23時59分から、中国広東省からを含む中国からの入国に、7日間の自宅隔離は不要になる。広東省からのエアトラベルパスATPでの短期訪問の入国が再開する。入国時のPCR検査陰性だけで行動が可能になる。
2021年6月30日 ストレートタイムズ紙 Sinovacのワクチン接種者はイベント前検査の免除対象にならないと、保健省MOHは発表した。シンガポールの国家ワクチンプログラムに含まれないワクチンは、Covid-19感染、特にデルタのような変異種に、感染防止への効果の十分な書類が不足しているとMOHは言う。これはSinovacを含む。「公衆衛生の観点から、国家ワクチンプログラム以外でワクチンを接種した個人は、イベント前検査を受ける必要がある」ライブ、MICE、結婚式のような大規模イベントへの参加に、ワクチンの完全接種者はイベント前検査を免除されると、政府はアナウンスしていた。Sinovacは、政府在庫をつかって、24の民間医院で接種が可能だ。国家ワクチンはファイザービオンテックとモデルナの2つだ。
2021年6月30日 ストレートタイムズ紙 感染が確認された場所に住んでいる、働いている人の立ち入りを、民間や施設が断る必要はないと、保健省MOHは言った。既に検疫を受けている感染者の接触者と同じリスクではないからだ。「ブキバト運転教習所 (BBDC: Bukit Batok Driving Centre) の場合は、具合が悪い個人は授業を受けず、医師の診察を受けるべきだ」とMOHが語った。
2021年6月30日 ストレートタイムズ紙 今年の建国記念日パレード(NDP)はマリーナベイのフローティングプラットフォームで対人イベンとして行われるが、参加者と観覧者数は限定される。国防大臣が発言した。参加者と観覧者は全員がワクチン接種を完了している必要がある。演者はリハーサル前に抗原検査ARTを受ける。観覧者はイベント前検査を受ける。建国記念日には、人口の2/3がワクチン接種を受けていることを予期している。例年であれば、2万5千人が集まるが、今年はそうはならない。詳細は数日後に発表。
2021年6月30日 ストレートタイムズ紙 グラクソ・スミスクライン(GSK)シンガポールとVIRバイオテクノロジーとから、モノクローナル抗体製剤ソトロビマブ (sotrovimab) の事前購入同意に、保健省MOHはサインした。
2021年6月29日 保健省 10人の新規感染者が見つかり、通算で62,563人になった。新規のうち、輸入が5人、市中感染が5人、寮居住者が0人。現在、129人が入院中(うちICUが3人)
新規の市中感染のうち、リンク済みは5人、未リンクは0人。
■クラスタ
・アクティブクラスターは34個。
・64394人目クラスタで1人。
・105 Henderson Crescentクラスタで1人。
・Changi General Hospitalクラスタで3人。
2021年6月29日 ストレートタイムズ紙 高齢者への十分な予防無しに、国境を素早く開いた国には、高いCovid-19感染率を見ることになると、ローレンス・ウォン大臣が発言した。シンガポールはそういう状況を避けようとしているが、多くの人がウイルスのために入院するか亡くなることになると言った。「ワクチン接種率が高いレベルの新しいフェーズでニューノーマルに達するまでは、我々は通過フェーズにいる」企業が国境再開に期待しているとのコメントに大臣が回答した。
2021年6月29日 ストレートタイムズ紙 これまで2度目の接種が6週間後か8週間後だった人が、4週間後に予約可能になっているのを、ST紙は確認した。保健省MOHに問い合わせをしている。最初の報告はネットのRedditからだった。「早く終わらせたいから、前倒しに変更した」マウントエリザベスノベナの医師は、初回接種では予防が30%だが、2度目の接種で88%になると言った。このサイトから、予約コードとIDで変更ができる。 https://appointment.vaccine.gov.sg/
2021年6月29日 ストレートタイムズ紙 ブキメラビューの近隣住民は、ワクチン接種が完了していれば、ブキバト運転センター (BBDC: Bukit Batok Driving Centre) での運転教習を再開できる。BBDCが自社サイトに掲示した。金曜日に、アクティブクラスターがある近隣住民は立入禁止との掲示をBBDCは出していた。居住地区にかかわらず、「全顧客を平等に扱う」と発言した。ST紙はBBDCの規制について保健省に問い合わせている。
2021年6月29日 ストレートタイムズ紙 チェックアウトができるSafeEntryゲートウェイボックスが、ショッピングモールやスーパーなどに設置され始めている。先週火曜日から、対象となる施設に配布が始まっている。3月に始まったときにはチェックインのみだった。チェックアウトは必須ではないが、人がある場所で時間を費やす時間の量を政府により正確なデータを与える。携帯充電池節約のためTraceTogetherトークンを利用する食品配達員「施設を(感染者が立ち寄る前に)立ち去っている場合に、濃厚接触として(検疫に)呼ばれる可能性が、チェックアウトで減るので嬉しい」
2021年6月29日 保健省 91 Henderson Roadで5人の感染者が見つかっている。91 Henderson Roadの全居住者に必須検査を実施する。6月9日から28日に、91 Henderson Roadを訪れた希望者を対象に、無料検査を提供する。検査予約はこちら https://go.gov.sg/91-hr-covid-19-testing
2021年6月28日 保健省 9人の新規感染者が見つかり、通算で62,553人になった。新規のうち、輸入が5人、市中感染が4人、寮居住者が0人。現在、135人が入院中(うちICUが3人)、施設隔離が170人。これまでに62,212人が回復し、36人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドネシアから3人、パキスタンから2人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは4人、未リンクは0人。■クラスタ
・105 Henderson Crescentクラスタで4人。64496人目は、シンガポール人男性37歳、ベスト電器でテレビの設置をしている。
2021年6月28日 ストレートタイムズ紙 シンガポールの若者にワクチン接種を中止すべきとの公開書簡を出した医師達に、国立感染症センターNCIDの感染症専門医は一方的な主張と対決姿勢を見せた。保健省MOHは、公開書簡の主張のように、米国の子どもの死亡は心臓病であると、ニュースは述べていないと言った。
「米国当局はまだ調査中だ」公開書簡を出したGPの医師は「ウイルスが急拡大する場所では米国CDCの推奨は適切だが、シンガポールは制御下にある」と言った。
MOHは、医師達の主張が一方的なのは、患者が回復しているデータに触れていないことだとした。メリットがリスクを上回ることにも触れていない。NCID教授は「大人と違って子どもへの効果的な治療法は限られている。ワクチンは主要な防御法だ」1万人以上の子どもを含む31カ国の129の研究の分析では、22.9%がICUにはいり、3.6%が亡くなっている。
「子どもにはmRNAでなく伝統技術のSinovacを接種するように」と主張した12人のうちの3人が、今回の署名に含まれている。
2021年6月27日 保健省 14人の新規感染者が見つかり、通算で62,544人になった。新規のうち、輸入が2人、市中感染が12人、寮居住者が0人。現在、148人が入院中(うちICUが4人)、施設隔離が165人。これまでに62,195人が回復し、36人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドから1人、インドネシアから1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは11人、未リンクは1人。
■未リンク
・64483人目はシンガポール人男性37歳。GW Marine社でバンク測量士。
■クラスタ
・115 Bukit Merah View Market & Food Centreクラスタで2人。
・105 Henderson Crescentクラスタで1人。
・チャンギジェネラルホスピタルで5人。
・64394人目(シンガポール人男性81歳、退職者)クラスタで1人。グラブ運転手。
・64444人目(シンガポール人男性32歳、シンガポールジェネラルホスピタルで設備スペシャリスト)クラスタで2人。
2021年6月27日 保健省 103 Henderson Crescentの3世帯で4人の感染者、また別に、55, 56 and 57 Lengkok Bahruで汚水からCOVID-19ウイルス残留物が検出された。
103 Henderson Crescentの全居住者に必須検査を実施する。
6月7日から6月26日に訪問した人にも希望での検査を実施する。検査予約はこちら https://go.gov.sg/103-hc-covid-19-testing
55, 56 and 57 LENGKOK BAHRUの居住者、店主と店員の全員に必須検査を実施する。6月12日から26日に接触した人にも希望で検査を実施する。検査予約はこちら https://go.gov.sg/55-57-lb-covid-19-testing
2021年6月27日 ストレートタイムズ紙 (Cheryl Tan記者) 米国で13歳が亡くなったのを受けて、5名のシンガポールの医師と心臓専門医が20万人の生徒へのワクチン接種を停止するように、Covid-19ワクチン専門家委員会に公開書簡を出した。男子は、接種の3日後に亡くなっており、心臓疾患と推定されている。ワクチンの種類は不明。ワクチンと死亡への因果関係を米国CDCが調査している。公開書簡では、CDC等が事件に説得力があるデータを提示するまで、シンガポールでの接種を少し遅らせることを呼びかけている。シンガポールでの接種者で心筋炎と心膜炎にかかった6人中4人が18歳から30歳だ。4人全員が2回目の接種の数日以内に心筋炎の症状を報告している。
保健省MOHは、ST紙の問い合わせに、書簡への回答を拒否し、ワクチンプランへの変更はないと言った。
2回目の接種後に心筋炎と心膜炎にわずかなリスクがあると現在のデータが示していると、専門家委員会は以前発言している。大半の症状は軽症で、さほどの治療無く回復しており、長期間の影響はないと述べている。まれだが、深刻な症状は心臓の筋肉にダメージを与える可能性がある。
mRNAワクチンのベネフィットは、感染防止と重症化防止の点で、リスクを上回っていると評価されている。米国では3.18億接種が行われており、心筋炎と心膜炎は393人が確認されている。大半は、思春期と若い男性だ。入院が必要だった者もいるが、大半は症状から回復している。
2021年6月27日 ヤフーシンガポール ブキバト ドライビングセンター (BBDC: Bukit Batok Driving Centre) がブキメラビュー近くに住む顧客の立ち入りを禁止する。立ち入りを禁止された人に、払い戻しは行わないとも書いている。アクティブクラスターの視点から、「顧客と職員の安全のため」とウェブサイトに勧告を掲示している。BBDCのジェネラルマネージャーAng Koh Kweeは「レッスンは1対1で行われるので、感染リスクを負いたくない」キャンセルした人には払い戻しを行うと言った。
5月はじめに、ComfortDelGroドライビングセンターが、TraceTogeterで感染者との近接を示した人は入場を拒否し、その後保健省MOHとスマートネーションデジタル政府オフィスの「ビジネスはTradeTogetherアプリの表示をもとに、建物への立ち入りを許可・拒否すべきでない」とのコメント後に、決定を覆した。
2021年6月26日 保健省 17人の新規感染者が見つかり、通算で62,530人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が13人、寮居住者が0人。現在、143人が入院中(うちICUが4人)、施設隔離が170人。これまでに62,181人が回復し、36人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドから2人、英国から1人、サウジアラビアから1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは9人、未リンクは4人。
■未リンク
・64463人目はシンガポール人女性32歳、ウォルト・ディズニーでアドミスタッフ。
・64464人目はシンガポール人女性21歳、チャンギジェネラルホスピタルで看護師。
・64468人目はシンガポール人男子絵27歳、シンガポール海軍。
・64478人目はシンガポール人女性76歳、退職者。
■クラスタ
・115 Bukit Merah View Market & Food Centreクラスタで2人。
・119 Bukit Merah Viewクラスタで1人。
・105 Henderson Crescentクラスタで1人。
・チャンギジェネラルホスピタル クラスタで2人。
・64264人目(インドネシア人32歳女性、メイド)クラスタで1人。
・64349人目(国民男性24歳、プルデンシャルでファイナンシャルコンサルタント)クラスタで2人。
・64255人目シンガポール人女性84歳が、COVID-19からの合併症で亡くなった。115 and 116 Bukit Merah Viewの訪問者として市中検査を6月15日に受け、感染確認。ワクチン未接種。癌、高血圧、高脂質の既往症があった。
2021年6月26日 ストレートタイムズ紙 昨年6月のフェーズ2から今年3月末までの間に、安全管理違反で340の飲食店が罰金となった。営業停止になった店は100以上だ。
SFAからの視察官の監視項目は、客と店員のマスクの着用、客の1メートルの距離、客のグループが制限人数を超えていないこと、22時半以降のアルコール販売などだ。
違反を犯した店への調査は数ヶ月以内だ。
2021年6月26日 ストレートタイムズ紙 ワクチン接種を避ける高齢者は、副反応を恐れるのが理由。60歳以上の人の約75%がワクチンを1回接種済みだが、これは不十分だと保健大臣が発言した。
退職男性69歳は、コロナで死ぬより、ワクチンの副反応で死ぬことを恐れている。外出時はマスクを着用しているので感染することはないと考えている。接種するならSinovacを考えており、伝統技術を使っているのでより信用できると感じている。「ウイルスに打ち勝つにはワクチンはいらない。体は自己回復する。運動し、日光を浴び、食べ物を変えれば良い」と中国語で言った。
男性74歳は、政府がうまくパンデミックを管理しているので、自分が感染することを恐れていないと言った。女性65歳は、103歳の母の介護をしているが、母親のために接種予約をしていない。"so old ready"だからだ。希望はしているが、自分も未接種だ。
高齢者にワクチンを説明してまわっているシルバージェネレーションオフィスは、ここ数週間で、拒否はゆるまっていると語る。ブキメラビューマーケットとホーカーセンターでの感染増によるものだ。
2021年6月25日 保健省 20人の新規感染者が見つかり、通算で62,513人になった。新規のうち、輸入が5人、市中感染が15人、寮居住者が0人。現在、139人が入院中(うちICUが0人)、施設隔離が4人。これまでに178人が回復し、35人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、英国から2人、インドから1人、インドネシアから1人、フィリピンから1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは12人、未リンクは3人。
■未リンク
・64444人目はシンガポール人男性32歳、シンガポールジェネラルホスピタルで設備スペシャリスト。
・64450人目はマレーシア人男性31歳、Fourways社勤務で、シンガポール国立大学NUSのプリンスジョーシパークレジデンスで清掃員。
・64454人目はシンガポール人女性84歳、退職者。
■クラスタ
・115 Bukit Merah View Market & Food Centreクラスタで2人。
・105 Henderson Crescentクラスタで6人。
・チャンギジェネラルホスピタル クラスタで2人。2人ともにポーター。
・64264人目(インドネシア人女性32歳、メイド)クラスタで1人。インドネシア人女性30歳、メイド。
・他のリンクで1人。
■ブキメラとレッドヒルで、排水検査と特別検査を実施している。6月26日と27日に、抗原検査ARTキットを対象ブロックの居住者に配布する。詳細は下記リンクを参照。 https://www.gowhere.gov.sg/art
2021年6月25日 保健省 Eng Watt Streetを調査中。これまでに3世帯で13人の感染が判明。全居住者への必須検査を実施する。6月26日と27日に、2D Boon Tiong Roadにて実施。
6月8日~22日の間に、訪問したか居住者と接触した人に、自発的な検査を実施する。検査は予約制で、下記リンクで行う。 https://go.gov.sg/66-ew-covid-19-testing
2021年6月25日 ストレートタイムズ紙 安全距離違反で117人が罰金になった。チャンギビジネスパークに17人が集まっていたものや、イーストコーストパークに13人が集まっていたものもあった。マスク未着用者を含む。警告書は1800人に渡された。
2月6日に11人がオーチャードホテル誕生会をし、シンガポール観光局STBが$千の罰金と、30日間の新規での客室予約停止を課した。罰則前の予約は有効。
2021年6月24日 保健省 23人の新規感染者が見つかり、通算で62,493人になった。新規のうち、輸入が9人、市中感染が14人、寮居住者が0人。現在、136人が入院中(うちICUが4人)、施設隔離が182人。これまでに62,140人が回復し、35人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドから4人、インドネシアから3人、バングラデシュから2人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは12人、未リンクは2人。
■未リンク
・64413人目はシンガポール人男性35歳、チャンギジェネラルホスピタルでポーター。
・64420人目はシンガポール人女性78歳、退職者。
■クラスタ
・115 Bukit Merah View Market & Food Centreで3人。
・64135人目(国民女性57歳、IONIのガーディアンでプロモーター)クラスタで1人。
・64184人目(インド人男性27歳、Ecoxplore社でエンジニア)クラスタで1人。
・64349人目クラスタ(シンガポール人男性24歳、プルデンシャルでファイナンシャルコンサルタント)で4人。
・64359人目(フィリピン人女性38歳、メイド)クラスタで2人。
・他のリンクで1人。
2021年6月24日 保健省 国家ワクチンプログラムのアップデート
60歳以上の75%、45歳~59歳の77%、40歳~44歳の70%が接種済みか接種予約をしている。12歳~39歳の国民の39%が接種済みか接種予約をしている。
現在の1日4万7千接種から、8万接種に加速させる。今日から7月中旬までの接種スロットに、今から数日で50万人への最初の接種予約を加える。国民の12歳~39歳へ2週間の優先接種予約期間があったが、これを7月1日まで延期する。追加のスロットで予約が可能になるようにだ。7月1日までに予約をすませることを推奨する。
7月2日から、12歳から39歳への永住者、長期滞在ビザ所持者にワクチンプログラムを拡大する。SMS経由で、7月2日から接種予約が可能になる。
ワクチン供給が予定どおりであれば、7月中に人口の大半を最初の接種にカバーする。現在、6~8週間後になっている2度目の接種を、4週間後にする。
接種登録はこのサイトから。 https://www.vaccine.gov.sg/
2021年6月24日 保健省 入国規制を改める。豪州ニューサウスウェールズ州での感染増加のため、入国規制を強化する。6月26日23時59分以降の入国者は、入国時PCR検査、7日間の自宅での隔離SHNと、隔離終了時のPCR検査が必要になる。短期滞在者は入国できなくなる。
豪州ビクトリア州での感染状況改善によって、6月26日23時59分からの入国者は、入国時のPCR検査陰性でもって活動が許可される。これまでの7日間のの自宅隔離は不要になる。7月1日以降、短期滞在者の入国は許可される。
2021年6月24日 ストレートタイムズ紙 ワクチン接種済みのシンガポールへの旅行者は隔離が不要になり、シンガポールから海外旅行が可能になり、大人数で集まれるようになる。多くのワクチン接種によって、風土病としてCovid-19と生活していくことになると、多省庁タスクフォースが発言した。「高い接種率によって、海外旅行を再開できる。接種した人は、帰国時にある譲歩を受け取れるようになる」「例えば、隔離SHNの代わりに、より頻繁な検査をうけるなどだ」
移民労働者やメイドといったより多くの労働者がシンガポールに入国できるのを許可する。
2021年6月24日 ストレートタイムズ紙 テマセク財団がシンガポールの全世帯にオキシメーター(酸素濃度計)を1つ配る。血液中の酸素レベルを定期的に測ることができる。「COVID-19ウイルスは危険な低いレベルにまで血液酸素レベルを低下させる。他の徴候がなかったとしてもだ。静かな肺炎が最も深刻なCovid-19の後遺症の1つだ。肺に損傷を与え、患者の具合を悪くさせる」
6月28日から7月3日の間に郵便受けに配布されるリーフレットを提示することで、フェアプライス・シェンソン・ジャイアント・コールドストレージ・ワトソン・ユニティ・ガーディアンで受け取れる。配布は300箇所以上になり、こちらで確認。配布は7月5日から8月5日の間。血液酸素レベルが95~100%は健康だが、90~94%は低い。低い人は酸素補給が必要になるか、医師の診察を受けて欲しい。90%未満は危険なほど低く、救急外来AEDを訪れて欲しい。
昨年5月に、8千のオキシメータを寮居住者の外国人労働者にテマセク財団は支給した。1日に2度、オキシメーターで測らなければならない。
2021年6月24日 ストレートタイムズ紙 シンガポール保健省は、Novavaxと今年1月に先行購入契約にサインしており、年末までにタンパク質ベースの組換えCovid-19ワクチン供給を受けられる可能性がある。ワクチン候補は93%の効果があった。
2021年6月24日 ストレートタイムズ紙 多省庁タスクフォース議長による投書
パンデミックが始まり18ヶ月がたった。人々は疲れている。パンデミックが終わるのはいつでどう終わるのかと尋ねている。
Covid-19は風土病になる可能性が高い。ウイルスは市中で変化し続け、生き残る。風土病の例はインフルエンザだ。パンデミックを、インフルエンザ・手足口病・水痘のようにもっと驚異が小さいものに変え、日々の生活でやっていくことができる。数ヶ月後にそうすることが、政府の優先事項だ。現在、広範囲な計画を持っている。
最初は、ワクチンだ。7月上旬までに人口の2/3が初回接種をすることが目標だった。これは達成できそうだ。次の目標は、ナショナルディ前後に人口の2/3が2度のワクチン接種を完了することだ。ワクチンは、自分が感染するのも、人に感染させる危険も低下させる。
次に、検査と監視は引き続き必要になるが、焦点は異なる。国境では積極検査が必要になる。PCR検査のみには頼れない、抗原検査ARTも提供を開始した。
第三に、治療は改善されている。シンガポールで死亡率が低い理由である効果的な治療法がある。
最後に、Covid-19と共存できるかどうかは、風土病になり我々の集団での行動になることを、シンガポール人が受け入れられるかにかかっている。もし、良い個人衛生を我々全員が実行すれば、感染する可能性は低い。
ニューノーマルはこんな具合になる。最初に、感染者は自宅で回復する。感染者の周囲の人はワクチン接種済みのため感染リスクは低い。医療リソースのひっ迫を恐れることは減る。次に、感染者を見つけるたびに、広範囲の接触追跡と検疫をする必要がなくなる。自分で定期的に検査をできる。陽性なら、PCR検査をうけ、自己隔離をする。第三に、毎日感染者数を監視する代わりに、結果に集中する。具合が悪くなった人数、ICUにいる人数、酸素補給が必要な人数などだ。第四に、徐々に安全管理ルールをゆるめ、大規模集会を再開する。ニューイヤーカウントダウンのようなものだ。第五に、旅行を再びできる。少なくとも、ウイルスを制御し、風土病とした国に訪れられる。政府は各国のワクチン認証を認める。ワクチン接種済みの人は、出発前に検査し、到着時に陰性なら検疫免除になる。
現在、このニューノーマルに向けてロードマップを書いている。当面の間、必要な注意を行う必要がある。
2021年6月23日 保健省 22人の新規感染者が見つかり、通算で62,470人になった。新規のうち、輸入が9人、市中感染が13人、寮居住者が0人。現在、141人が入院中(うちICUが5人)、施設隔離が181人。これまでに62,113人が回復し、35人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドネシアから3人、マレーシアから2人、インドから1人、ミャンマーから1人、英国から1人、フランスから1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは10人、未リンクは3人。
■未リンク
・64394人目はシンガポール人男性81歳、退職者。
・64399人目はシンガポール人女性34歳、国立感染症センターNCIDの看護師。COVID-19感染者と接触があった。
・64405人目はシンガポール人女性69歳、退職者。
■クラスタ
・115 Bukit Merah View Market & Food Centreで1人。インド人女性34歳、ムスタファセンターでキャッシャー。
・119 Bukit Merah Viewで1人。
・90 Redhill Closeで1人。シンガポール人男性31歳、国立心臓センターで看護師。
・64135人目(国民女性57歳、IONのガーディアンでプロモーター)クラスタで1人。
・64349人目(シンガポール人男性24歳、プルデンシャルでファイナンシャルコンサルタント)クラスタで2人。64408人目はシンガポール人女性46歳、ニホンプレミアムクリニック(ノベナメディカルセンター)でパートの清掃員。濃厚接触者として6月21日に検疫。無症状。検疫中の6月22日検査され、翌日に陽性。血清検査は結果待ち。64397人目は、シンガポール人男性26歳、IONのモンスターカレーでキッチンスタッフ。ION従業員への6月13日検査では陰性だった。
・64359人目(フィリピン人女性38歳、メイド)クラスタで2人。
・64374人目(永住者女性26歳、ドイツ銀行アナリスト)クラスタで1人。
・その他のリンクで1人。
2021年6月23日 保健省 6月23日23時59分から、ハイリスク国からの全ての新規渡航者は、専用施設での隔離SHNが14日間になる。従来は21日間だった。
4月下旬に、変異種の潜伏期間について、ほとんど知られていなかった。念の為に、隔離SHNを21日にした。国際的な証拠と国内での感染データに基づいて、レビューを続けてきた。変異種は、感染力は増しているのだが、潜伏期間が長いとの国外・国内データからの証拠は見つからなかった。5月8日から、270人の輸入感染があるが、全員の潜伏期間は14日以内だった。
感染力が強いため、隔離SHN期間中に、渡航者はシンガポール到着の3日目、7日目、11日目に抗原検査ART自主検査キットでの検査が必要になる。PCR検査を入国時、到着14日で行っており、これに追加となる。
まとめ。ハイリスク国からの渡航者は、14日間の隔離SHNになる。台湾とイスラエルからの入国者は、14日間の自宅隔離を申請できる。
2021年6月23日 保健省 ファイザー・ビオンテック製ワクチンは、ヨーロッパをまたがる各地で製造されており、様々なマーケットの規制承認でラベル付がなされている。ワクチン供給を増やすため、Comirnatyと呼ばれるワクチンを受け取る。これまで使ってきたファイザー・ビオンテックと同じで、BNT162b2という同じ研究名だ。同じプロセスと手順で製造され、ファイザー・ビオンテックと同じ最終製品規格を満たす。同じくヨーロッパで製造され、シンガポールに直送される。違いはラベルだけである。ファイザー・ビオンテックかComirnaryを接種済みか接種する人のHealthHubの記録をMOHは変更し、“Pfizer-BioNTech/ Comirnaty”というカテゴリーにワクチンを管理上登録する。
2021年6月22日 保健省 18人の新規感染者が見つかり、通算で62,448人になった。新規のうち、輸入が3人、市中感染が15人、寮居住者が0人。現在、142人が入院中(うちICUが2人)、施設隔離が173人。これまでに62,098人が回復し、35人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドから2人、ブラジルから1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは10人、未リンクは5人。
■未リンク
・64374人目は永住者女性26歳、ドイツ銀行でアナリスト。
・64378人目はシンガポール人男性77歳、退職者。
・64379人目はシンガポール人男性79歳、退職者。
・64386人目はシンガポール人女性82歳、退職者。
・64388人目はマレーシア人男性36歳、Omni Aquatic Supplies社で運転手。
■クラスタ
・115 Bukit Merah View Market & Food Centreクラスタで3人。
・119 Bukit Merah Viewクラスタで1人。
・121 Bukit Merah Viewクラスタで1人。
・90 Redhill Closeクラスタで2人。
・64233人目(フィリピン人女性41歳、メイド)クラスタで1人。
・他のリンクで2人。
2021年6月21日 ストレートタイムズ紙 顧客がマスクを外したり、長い接触がある環境にいるリスク業種を対象に、2つのクイックテストセンター(QTCs)で、必須スワブ検査が始まった。スワブをうけた人は、QTCの職員が自己採取をするのを手伝い、素早く痛みはなかったと言った。参加者は、QTCでの必須検査を受ける必要があると、当局にSMSで通知を受けていた。参加者の中には、会場まで行く時間がかかるため、自費で検査キットを使って自分が選んだ場所で検査をしたいと言う人もいた。
2021年6月22日 ストレートタイムズ紙 インドネシアに建設会社の調査で渡航したが、シンガポール帰国時に施設隔離を避け自宅隔離とするために、他の国からの帰国と嘘を着いた男性58歳が、伝染病法の虚偽申告で3週間の刑務所になった。施設隔離が免除されていた渡航先7カ国を全てSafeTravelサイトで事前申告し、自宅隔離の許可を得た。査察官が自宅に訪れた時に、隔離SHNを行っていない兄と父が同居していた。
2021年6月21日 保健省 16人の新規感染者が見つかり、通算で62,430人になった。新規のうち、輸入が3人、市中感染が13人、寮居住者が0人。現在、134人が入院中(うちICUが0人)、施設隔離が191人。これまでに62,070人が回復し、35人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドネシアから1人、英国から1人、UAEから1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは10人、未リンクは3人。
■未リンク
・64356人目は永住者女性33歳、マウントエリザベスノベナで看護師。
・64359人目はフィリピン人女性38歳、メイド。
・64367人目はシンガポール人男性29歳、フードパンダの配達員。
■クラスタ
・115 Bukit Merah View Market & Food Centreクラスタで5人。
・119 Bukit Merah Viewクラスタで2人。
・64264人目クラスタで2人。
・他のリンクで1人。
■6月3日から21日に166 Bukit Merah Centralのフェアプライスに訪れた人に無料検査を提供する。詳細は https://go.gov.sg/bmc-ntuc-testing を参照。
■63752人目、永住者男性44歳が、COVID-19の合併症で亡くなった。5月25日に入院した。ワクチンを接種していなかった。糖尿病の既往歴があった。
2021年6月21日 ストレートタイムズ紙 妊婦がワクチン接種でリスクが増すことはないと、専門家が言った。米国での4千人近くの妊婦からのデータが、流産・胎児の奇形・早産のリスクが増すことはないと、KKH(婦人科小児科病院)教授が語った。先週、KKHにレターを出した5人の親が不安を上げた後に、教授がST紙に語った。レターでは、流産と出生異常のリスクに特に心配をしていた。データの研究論文は、ピアレビューを受けており、医療ジャーナルに掲載されている。母と子に有害転帰となるリスクはないことを示している。
6月14日のKKHでの妊婦へのワクチン接種の公式な立ち上げ以降、80の予約が病院でされている。妊婦のワクチン接種の予約は、6月4日から可能になった。授乳する女性にもワクチン接種は安全で、遅らせる必要はないと、保健省MOHは語っている。
「Covid-19ばかりでなく、インフルエンザや肺炎にも、妊婦の許容は大きくない」Covid-19に感染した女性は、重症化する危険性が高いとの研究がある。「Covid-19に発症した妊婦は、早産する可能性が2倍高く、子どもが新生児ICUに入る可能性が高い」シンガポールでは昨年、38,590人の子どもが生まれている。
2021年6月20日 保健省 11人の新規感染者が見つかり、通算で62,414人になった。新規のうち、輸入が2人、市中感染が9人、寮居住者が0人。現在、142人が入院中(うちICUが1人)、施設隔離が196人。これまでに62,042人が回復し、34人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドネシアから1人、サウジアラビアから1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは4人、未リンクは5人。
■未リンク
・64342人目はシンガポール人女性83歳、退職者。
・64345人目はシンガポール人女性80歳、退職者。
・64347人目はマレーシア人女性22歳、Q&M Dental Surgery (Redhill MRT)で歯科助手。
・64349人目はシンガポール人男性24歳、プルデンシャルでファイナンシャルコンサルタント。
・64353人目はシンガポール人男性52歳、HDBでエンジニア。
■クラスタ
・115 Bukit Merah View Market & Food Centreで3人。
・他のリンク済みが1人。
2021年6月19日 保健省 21人の新規感染者が見つかり、通算で62,403人になった。新規のうち、輸入が7人、市中感染が14人、寮居住者が0人。現在、153人が入院中(うちICUが1人)、施設隔離が193人。これまでに62,023人が回復し、34人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドから3人、タイから3人、UAEから1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは10人、未リンクは4人。
■未リンク
・64326人目はシンガポール人女性46歳、主婦。
・64330人目はシンガポール人女性86歳、退職者。
・64333人目はインドネシア人女性44歳、メイド。
・64336人目はベトナム人女性31歳、チョンバルのBakery Pointのパン職人。
■クラスタ
・115 Bukit Merah View Market & Food Centreクラスタで5人。
・Tektronixクラスタで1人。
・64263人目(インドネシア人女性47歳、メイド)クラスタで3人。
・64264人目(インドネシア人女性32歳、メイド)クラスタで1人。64332人目はインドネシア人女性30歳、メイド。64264人目の濃厚接触者。
2021年6月19日 保健省 116, 117, 118, 119, 124A, 124B, 125 と 126 Bukit Merah Viewに全居住者を対象に必須検査を行う。6月5日から19日に居住者と接触した訪問者に、任意検査を行う。
2021年6月19日 ストレートタイムズ紙 5月31日以降、940人の輸入と市中感染者が変異種だ。デルタ(インド変異種)が550人だ。アルファ(英国変異種)は204人、ベータ(南ア変異種)は177人、ガンマ(ブラジル変異種)は177人だ。市中感染では449人中、428人がデルタだ。
2021年6月19日 ストレートタイムズ紙 Covid-19の初回接種を受けた1日後に亡くなった72歳女性が、ワクチンのアレルギー反応があったことを示すものはないと、保健省MOHは語った。Facebookでの男性の投稿に回答した。男性の母親は、7月3日にファイザーワクチンを接種し、男性によると腕の痛み以外は全て良好だったのだが、翌日に転倒し亡くなった。病院は「死亡原因を確認できないので、更なる調査は検視官に委ねた。検視官は、虚血性心疾患を死亡原因とした」と語った。保健省は「検死解剖で、心臓の筋肉への血液供給が長年に渡ってせき止められていたことを示しており、ワクチンへのアレルギー反応を示すものはなかった」と加えた。
2021年6月19日 Daily Mail (英国紙) Benjamin Glynn、英国人男性39歳がマスク非着用なのを、仕事を終え帰宅中にシンガポールMRTで動画撮影されて、Facebookで拡散。逮捕され、パスポートは没収、公判を待っている。英国の人材会社のシンガポール支店で2017年1月から勤務している。英国での新しい仕事のために、数週間後に戻る予定だった。
「マスクでCovid-19を防げるどんな証拠があるとも私は信じていない」
「通常、人々に私は(マスク着用を)免除されていると伝え、これまでなんの問題もなかった」「通常、マスクをつけたことは一度もない。なのに、問題になったのはこれが初めてだ」
このアンチマスク人は、保釈されるまで2日間、独房で過ごした。家族は5月31日に帰国している。
「この出来事全体は馬鹿げている」「国に帰りたいのだから、単に帰らせてくれ」「単にマスクを着けなかっただけなのに、裁判に直面していることは馬鹿げている」
英国での仕事に、期日までに帰国できなかったので、無効となり、現在は無職だ。
「(マスク着用は)イカサマだと正直信じている。科学的根拠から、マスク着用はナンセンスだと思う」
イギリス外務省は「シンガポールで公判を待っている英国人男性を支援している。彼の事件にいて地元警察と連絡をとっている」

読者のコメント
・「シンガポールはいつも極端に厳しい。そこに住んでいたのに彼が知らなかったとは信じがたい」
・「同情はない。アホみたいに振る舞った。結果を受け入れろ」
・「ローマにいる時は…」
・「他国が自分たちの国の法律を執行できるのを見るのはよい」
・「現地の法律に従うのを拒否した。自分がしたことの報いを次に受ける。イギリスのようなソフトタッチではない」
2021年6月18日 保健省 16人の新規感染者が見つかり、通算で62,382人になった。新規のうち、輸入が2人、市中感染が14人、寮居住者が0人。現在、152人が入院中(うちICUが1人)、施設隔離が209人。これまでに61,987人が回復し、34人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドネシアから2人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは10人、未リンクは4人。
■未リンク
・64308人目は中国人男性69歳、退職者。
・ブキメラビューのNTUC Health Senior Group Home居住。
・64310人目はシンガポール人男性67歳、退職者。
・64311人目はシンガポール人女性51歳、主婦。
・64138人目はシンガポール人女性83歳、退職者。
■クラスタ
・115 Bukit Merah View Market & Food Centreで9人。
・64183人目(国民男性68歳、Amozonia社で庭師)クラスタで1人。
2021年6月18日 保健省 フェーズ3(高度警戒)のステージ1が6月14日に、ステージ2が6月21日に始まると政府はアナウンスをした。未リンクの感染者が発生し続けている。探知できていない市中感染が続いていることを示す。
6月21日から、店内飲食とインドアでのマスクをとったスポーツと運動は、グループに2人までで再開する。前回アナウンスした5人ではない。抗原検査ARTでの定期検査FETをできるだけ速やかにこれらの店のスタッフに開始する。数週間でFETのキャパを高め、7月中旬までに定期的なFET実施を予定する。5人までのグループサイズにするのは、7月中旬からになる。具体的な日にちは追ってアナウンスする。
飲食店で、同一世帯からでなければ、複数のテーブルに別れても、2人より多いグループで飲食店で店内飲食はできない。大声での会話、録音音楽は禁止。既存の規則に追加となる。
結婚式披露宴は7月中旬まで禁止。
ジムとフィットネススタジオの再開は、グループに2人までで、クラスにインストラクターを含み30人まで。個人間は2メートルあけ、グループ間は3メートルあけること。マスク着用や外でのマスク非着用は、グループに5人まで、クラスにインストラクターを含み30人まで。
在宅勤務は標準のままである。
影響を受けた産業には、追加で2週間10%のJSS(国民給与支援)を提供する。ホーカーや自営には、7月中旬まで、NEA運営のセンターでは、テーブル清掃・皿洗いへの費用援助と、賃貸免除を提供する。
7月31日まで、COVID-19 Recovery Grant (Temporary) [CRG-T]を延長する。
定期FETは7月中旬より、14日周期で必須になる。勤務先が管理するセルフスワブで、FETを行うことができる。検査は6月21日から徐々に実行される。セルフスワブができないスモールビジネスを対象に、テッカとイーシュンにクイック検査センターQTCを作る。
老人ホームへの訪問は、6月5日から6月20日まで一時停止。訪問者は老人ホームでFETが必要になる。
SafeEntry Gateway Check-out Boxesを導入する。現在チェックアウトができず、SafeEntry Gatewayユーザーからの一般のフィードバックによるものだ。これによって、より精密な接触追跡を助ける。SEGWチェックアウトボックスは、ショッピングモール・病院といった人が多い場所や、店内飲食やジムといったマスク未着用で一定期間滞在する場所に、設定される。対象のビジネスは、数週間後に機器を受け取る。大衆は、場所を立ち去る時に速やかにチェックアウトをするように求められる。
感染者とウイルスにさらされた可能性がある人と、同じ日にホッツスポットに訪れた人に、'Health Alert' SMSを送信する。受信者は検査が必須になり、結果を受け取るまで隔離が必要になる。検査センターで、DIY検査キットが渡され、陰性でもその後の数日は自己検査をする必要がある。
2021年6月18日 ヤフーシンガポール SinovacやCoronaVacで、接種済みの人が後に感染する国際的な証拠があると、「ワクチンブレークスルー」の危険を保健省が指摘した。インドネシアではCoronaVacを接種した350人以上の医師と医療従事者が感染した。「ファイザーでは問題にならなかった。Sinovacに関する問題だ。当初の接種から半年しかたっていないのに、ブースターワクチンを考え始めている。」
2021年6月18日 ストレートタイムズ紙 シンガポールでの2万9千人の検疫を受けた人のデータ分析で、ワクチンは79.1%の予防効果があることが分かった。英国の類似調査では、88%の予防効果があった。
4月11日以降、完全接種ではない629人の感染者のうち54人(8.6%)が重症化し、酸素補給を受けるか、ICUに入ることになった。完全な接種者では、158人が感染し、そのうち2人(1.3%)が酸素補給を受け、ICUは誰も必要なかった。2人には既往症があった。
2021年6月17日 保健省 27人の新規感染者が見つかり、通算で62,366人になった。新規のうち、輸入が7人、市中感染が20人、寮居住者が0人。現在、151人が入院中(うちICUが1人)、施設隔離が221人。これまでに61,960人が回復し、34人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドから3人、インドネシアから3人、マレーシアから1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは19人、未リンクは1人。
■未リンク
・62486人目はシンガポール人女性72歳、McDonald‘s (Tiong Bahru Plaza)のカウンタースタッフ。チョンバルプラザで働くひとへの検査で発覚。
■クラスタ
・115 Bukit Merah View Market & Food Centreクラスタで17人。64269人目は永住者女性32歳、MSIG Insurance(三井住友海上)のアドミンスタッフ。同一世帯での感染。64271人目はシンガポールジェネラルホスピタルSGHでの患者サービスアソシエイト。家族に感染者。勤務先病院の定期検査で判明。
・その他のリンクで1人。
■78, 79, 80, 84 and 85 Redhill Lane, 86 Redhill Close, 18 Jalan Membina and Tiong Bahru Yong Tao Hu Coffeeshopの店員と店舗訪問者に検査を実施。Redhillは6月1日から15日、18 Jalan Membinaは6月9日から15日、Tiong Bahru Yong Tao Huは6月7日から14日の訪問者。 https://go.gov.sg/rh-tb-testing を参照。
2021年6月18日 ストレートタイムズ紙 公園やビーチでの安全距離規制違反で61人が罰金になった。マスク未着用や、2人より多いグループがあった。初回の違反は$300で、2回目以降は高額になる。
2021年6月17日 All Singaproe Stuff (ASS) 母親のグループが、mRNAワクチンを妊婦に接種する危険性について更なる情報開示を求めて、レターをKKH(シンガポール最大の婦人科小児科病院)のCEO宛に出した。
2021年6月17日 ストレートタイムズ紙 Sinovacを接種する24の認可医院の中には、問い合わせの洪水にあっているところがある。ST紙が電話をした20医院はつながらず、4医院は朝から問い合わせの電話にずっと対応していると言った。「数百の電話があった」とある医院は語る。ワクチンの200の瓶を受け取る。
選ばれた24の医院に、関心を示していたIHHヘルスケアーのような大規模チェーンが含まれていない。「普通ではない」と語る医師がいる。「全ての主要グループが興味を持っていたが、なぜ選ばれたのは小規模医院なのか?」「多くの診療所をもっているラッフルズメディカルやヘルスウェイでの接種を希望していた」ST紙は提供医院になぜ大規模チェーンが含まれていないかをMOHに問い合わせている。また、24医院以外が別の手段でSinovacを入手できれば、接種が許されるかも聞いている。
2021年6月16日 保健省 24人の新規感染者が見つかり、通算で62,339人になった。新規のうち、輸入が5人、市中感染が19人、寮居住者が0人。現在、146人が入院中(うちICUが1人)、施設隔離が228人。これまでに61,931人が回復し、34人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドネシアから3人、インドから1人、英国から1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは16人、未リンクは3人。
■未リンク
・64254人目はシンガポール人女性85歳、退職者。
・64263人目はインドネシ人女性47歳、メイド。
・64264人目はインドネシア人女性32歳、メイド。
■クラスタ
・115 Bukit Merah View Market & Food Centreで13人。
・64184人目(インド人男性27歳、Ecoxplore社でエンジニア)クラスタで2人。
・他のリンクで1人。
2021年6月16日 ストレートタイムズ紙 24の民間病院が、Sinovacワクチンのライセンス供与者として保健省MOHに認可された。既存の国の在庫を使い、国民・永住者・長期滞在ビザ所持者が接種を受けられる。ワクチンは無料で病院に提供され、病院はワクチンコストを請求すべきではない。管理費、コンサル費、消費税GST7%がかかり、1接種につき$10から$25になる。興味がある人は、6月18日から直接病院に問い合わせること。(編注: 病院と価格はこちら)
2021年6月16日 ストレートタイムズ紙 6月21日始まる予定だった、外食を含む経済再開の第二段階のタイミングと範囲を、多省庁タスクフォースでは見直している。ブキメラや他の場所での大きなクラスタの発生によるものだ。ローレンス・ウォン財務相がInstagramとFacebookで発言した。「日ごとに、未リンクの感染者を見ている。市中での謎の感染が増えている」「感染を制御するベストを我々は行っていることを私は保証したい。市中でワクチンが十分に高いレベルになるまでは、再発(flare-up)はないことを約束したい。」Bukit Merah View Market and Food Centreでは感染者が25人判明している。
2021年6月16日 ストレートタイムズ紙 主要薬局でCovid-19の自己検査キットの販売が始まった。ガーディアン全79店舗はアボットとQuickVueの2種類の抗原検査ARTキットを売る。ワトソンとユニティでも購入可能だ。保健省MOH推奨で、キットにつき$10~$13だ。アボットは、ガーディアンで$13、ユニティで$12.8、ワトソンで$13.1で販売する。10キット以上の箱売りだと安くなる。午前中の段階で、購入者はほぼいなかった。
2021年6月16日 ストレートタイムズ紙 スタッフと客のマスク未着用で、20のマッサージ店が10日間の営業停止になり、店は$千・客は$300の罰金となった。強制検査で発覚した。「サウナ、オンセン、フェイシャルを受けている客のみが、マスク着用を免除される」
2021年6月15日 保健省 14人の新規感染者が見つかり、通算で62,315人になった。新規のうち、輸入が0人、市中感染が14人、寮居住者が0人。現在、137人が入院中(うちICUが2人)、施設隔離が233人。これまでに61,911人が回復し、34人が亡くなっている。
新規の市中感染のうち、リンク済みは10人、未リンクは4人。
■未リンク
・64233人目はフィリピン人女性41歳、メイド。咽喉炎、咳、味覚を失ったため、当日に雇用主が地域審査センターRSCに連れていき、検査で陽性。具合が悪い人は、政府が検査に呼ばなければ、直接RSCに行ってはいけない。医師の診察を受け、RSCでの検査への紹介を受けること。
・64236人目はシンガポール人女性36歳、主婦。
・64237人目はシンガポール人女性30歳、Imperva Singapore社で営業。
・63238人目はシンガポール人男性35歳、無職。
■クラスタ
・115 Bukit Merah View Market & Food Centreクラスタで9人。
・他のリンクで1人。
■115 Bukit Merah View Market & Food Centreの閉鎖を6月26日まで延長する。これまでに25人の感染が見つかっている。以前の発表では6月13日から15日までだった。店舗の全スタッフは検疫に置かれている。
6月7日13:00~15:05 Ngee Ann Cityの高島屋ショッピングセンターに感染者が訪問
2021年6月15日 ストレートタイムズ紙 マリーナベイサンズでのマスク着用拒否の動画が拡散した元海軍将校の女性。棄却を主張。過去に軍と関連した事件で証人だったために、公平な裁判を受けることが困難と主張。元海軍将校であることを主張し「過去のこれらのために、市民として免責を与えられるべき」休暇から帰ってきており、マスク着用の法律を知らなかったと加えた。
2021年6月15日 ストレートタイムズ紙 Gojekは運転手から受け取るコミッションを、6月21日から少なくとも年末まで、これまでの半分に減らし、運転手が稼ぎを増やすのを助ける。Gojek運転手は、これまでの乗車料金の80%に代わり、90%を受け取る。今月から$1値上げをGrabが行った後での動きだ。
また、客を迎えるのに3キロ以上運転が必要であれば、$3を運転手に支払うようになる。
ワクチンセンターへの無料か割引走行でのGojekキャンペーンでは、117,500の乗客があった。
2021年6月15日 ストレートタイムズ紙 GoogleのCovid-19 Community Mobility Reportsで、シンガポールの移動や職場だけでなく、小売店やリクレーションに関する場所で過ごし時間が減ったのが確認できる。5月16日から22日で、前週と比べてのことだ。その代わり、より多くの時間を家で過ごしている。Googleの位置追跡データによる。
2021年6月14日 保健省 25人の新規感染者が見つかり、通算で62,301人になった。新規のうち、輸入が6人、市中感染が18人、寮居住者が1人。現在、138人が入院中(うちICUが2人)、施設隔離が235人。これまでに61,894人が回復し、34人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドから2人、インドネシアから1人、フィリピンから1人、バングラデシュから1人、マレーシアから1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは17人、未リンクは1人。
■未リンク
・64217人目は、シンガポール人男性79歳、375 and 376 Clementi Avenue 4で清掃員。
■クラスタ
・115 Bukit Merah View Market & Food Centreクラスタで10人。
・64184人目(インド人27歳男性、Ecoxplore社でエンジニア)クラスタで6人。
・他のクラスタで1人。64209人目はシンガポール人男性16歳、ACS (Independent)の生徒。
■寮居住者は64219人目、インド人男性26歳、GT ENGRG社勤務。Westlite Juniper (23 Mandai Estate)居住。
2021年6月14日 保健省 フィジーからの渡航者は、21日の施設隔離SHNが必要になる。これまでは、14日の施設隔離SHNと、7日の自宅隔離だった。
イスラエルからの渡航者は、21日間の施設隔離SHNが必要。6月16日23時59分までに、14日の施設隔離SHNが完了しない人が対象。6月16日23時59分からのイスラエルからの入国者は、14日の施設隔離と、7日の自宅隔離になる。
2021年6月13日 保健省 13人の新規感染者が見つかり、通算で62,276人になった。新規のうち、輸入が3人、市中感染が10人、寮居住者が0人。現在、130人が入院中(うちICUが1人)、施設隔離が243人。これまでに61,869人が回復し、34人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドから2人、インドネシアから1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは8人、未リンクは2人。
■未リンク
・64192人目は、インド人男性23歳、All Saints Home (Hougang)で看護補助。血清検査は陽性。
・64184人目はインド人男性27歳、Ecoxplore社でエンジニア。
■クラスタ
・115 Bukit Merah View Market & Food Centreで4人。
・64184人目(Ecoxplore社)クラスタで2人。
・他のリンクで2人。
■115 and 116 Bukit Merah Viewの商店を訪れた人への検査
115 Bukit Merah View Market & Food Centreで6人の感染者が見つかっている。5月25日から働いていた全員が検疫に置かれており、検疫中に検査を受ける。116 Bukit Merah Viewで5月25日から働いている人も特別検査を受ける。115 and 116 Bukit Merah Viewを5月25日から6月12日に訪れた人に無料検査を提供する。詳細はこのリンク http://go.gov.sg/bmv-testing を参照。
2021年6月13日 ストレートタイムズ紙 命の危険性があるか、入院になるほど深刻だった、ワクチン副反応は157人いる。死亡と関連づけられるものはない。健康科学局HSAが発表した。5月23日までの370万接種のうちで、0.004%だ。これらは0.13%になる4,704人の"疑わしい重篤有害事象"の一部だ。この反応は、ワクチンに関連しているかもしれないし、そうでないかもしれない。有害事象や反応は、接種後に起こった好ましくない医療状態であり、必ずしも接種との直接の関係があるわけではない。偶然の一致かもしれないが、医療団体から報告が必要だ。
深刻なアレルギー反応の急激な発生であるアナフィラキシーは、最も頻繁に報告される深刻な有害事象で、26人の症例がある。全員が治療後に回復している。ファイザーとモデルナでは、10万接種に0.85人だ。
他の深刻なアレルギー反応は23人だ。呼吸困難、早い脈拍、血圧の増加や減少、胸部の不快や痛み、失神、足の無感覚や虚弱や痛み、視覚変化、肝酵素の増加、関節痛、ひきつけだ。
6人が心筋炎を起こしており、そのうち4人が30歳未満だ。念の為に、2回目の接種後、一週間は、激しい運動を避けるように、専門家は言う。「多くの人が接種をしているために、接種の数日か数週間後に、心臓発作が偶然起こることがある。」
45人の顔面麻痺が報告されている。顔の筋肉の一時的な低下や麻痺だ。多くは深刻ではなく、治療なしに完全に回復している。10万人中3.35人だ。ワクチン導入前では、一ヶ月に、10万にあたり1.1から4.4人だった。
2021年6月13日 ストレートタイムズ紙 シンガポールで6人が、ワクチン接種後に、心筋炎と心膜炎を起こしている。そのうち4人は30歳未満だ。大半は、接種後数日で起き、全員が回復するか退院している。米国とイスラエルでも、2回目の接種後に、わずかな心筋炎と心膜炎の増加があるが、稀であり大きく心配する必要がないと専門家は言う。Duke-NUS教授は、mRNAワクチンが引き起こしているかは、まだ不確かだと言う。小児科学アメリカアカデミーの報告では、16歳から39歳で、2回目の接種で100万あたりに16人だと言う。
2021年6月12日 保健省 18人の新規感染者が見つかり、通算で62,266人になった。新規のうち、輸入が9人、市中感染が9人、寮居住者が0人。現在、125人が入院中(うちICUが1人)、施設隔離が266人。これまでに61,838人が回復し、34人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドから3人、ポルトガルから2人、英国から1人、米国から1人、ロシアから1人、タイから1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは4人、未リンクは5人。
■未リンク
・64159人目は、シンガポール人女性18歳、SIMグローバルエデュケーションの学生。
・64162人目は、ミャンマー人女性27歳、メイド。
・64169人目は、マレーシア人男性57歳、Jurong Port社で土地の掘削を行っている。
・64174人目は中国人女性45歳、Hong Ya Group勤務でIONオーチャードで清掃員をしている。無症状。雇用主からの検査指示で判明。
・64183人目は、シンガポール人男性68歳、Amozonia Landscape社で庭師。
■クラスタ
・MARINA ARIELクラスタで2人。
・63399人目(マレーシア人男性35歳、Kota Zheng Zong Bak Kut Tehでキッチンクルー)のクラスタで1人。
・その他のリンクケースで1人。シンガポール人女性82歳、115 Bukit Merah View Market & Hawker Centreでよろず屋を営む。
2021年6月11日 保健省 9人の新規感染者が見つかり、通算で62,245人になった。新規のうち、輸入が6人、市中感染が3人、寮居住者が0人。現在、133人が入院中(うちICUが1人)、施設隔離が279人。これまでに61,799人が回復し、34人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドから4人、インドネシアから1人、米国から1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは0人、未リンクは3人。
■未リンク
・64135人目はシンガポール人女性57歳、IONオーチャードのガーディアンでプロモーター。
・64139人目はシンガポール人女性50歳、Raffles City TowerとOne Raffles Quayで守衛。
・64149人目はインドネシア人男性38歳、Marina Offshore社勤務で、タグボートMARINA ARIELのクルー。
■IONオーチャードを、6月12日から一般に閉鎖し、再開は6月16日となる。IONオーチャードでの3件の感染を調べており、徹底洗浄を行う。IONオーチャードで、5月28日以降に勤務している従業員に特別検査を行う。6月3日から11日に、IONオーチャードの小売店を訪れた人と、サービスやファシリテイを使った人にも、無料検査を拡大して実施する。近隣ビルやオーチャードMRT駅につながるモールを歩き抜けた人は、検査は不要だ。詳細は https://go.gov.sg/ion-testing を参照。
2021年6月11日 ストレートタイムズ紙 ファイザー・ビオンテックを提供するワクチンセンターのスロットのほうが、モデルナより早く予約が埋まっている。12歳から39歳に予約が開放されてから後のことだ。ファイザーの方が副反応が小さいと言われているためだ。また、18歳未満に認可されているためでもある。
米国CDCの研究では、モデルナを接種した人は、注射の周りの赤み、筋肉痛、発熱のような副反応を、ファイザーより多く報告している。2回目の接種後に、モデルナ接種の74.8%が発熱・頭痛・疲労のような反応を報告しており、ファイザーでは64.2%だ。NUS准教授によると、違いの理由は不明。重症や命の危険がある副反応については、2つのワクチンは似ており、危険はとても小さい。「モデルナでのアナフィラキシーの危険性は、ファイザーの半分以下だ」
2021年6月11日 ストレートタイムズ紙 シンガポールの企業は、従業員にCovid-19ワクチンをうったかどうかの開示を強たり、接種を要求する法律の権限はない。接種は強く求められているが、接種をすすめる方法はあるが、自発的なものだと専門家と企業は留意すべきだ。「海外業務渡航や現業職のような、仕事上の理由があったとしても、なぜ接種状況を知る必要があるかを明確に説明すれば、大半の従業員は従う」医療理由で接種をできない人がいるので、解雇理由に未接種を使うべきではないと、人事プロフェッショナル協会IHRPは言った。もし企業が、名前のような個人情報を含む接種者従業員の記録を保持するには、個人情報保護法PDPAなどに則る必要がある。
だが、接種者のみに職場に戻るのを制限することは、正当化されうる。銀行のUOBは、金融業界のエッセンシャルワーカーを対象にして以降、重要業務の従業員が摂取することを促してきた。UOBは従業員の接種ステータスを追跡していない。
2021年6月11日 ストレートタイムズ紙 2つの飲食店が安全管理基準違反で営業停止になった。ビーチロードのSteamov Steamboatが30日間、イーストコーストのThe Starz Bistroが10日間だ。
5月16日に規制強化され、77人が公園での安全管理基準違反で罰金になった。
Bedok Shopping Complexのジャイアントと、Siglap Vのコールドストレージが、Safe Entryチェックポイントをスタッフが見落としで$千の罰金になった。
2021年6月11日 ストレートタイムズ紙 総計150万人が対象になっている12歳から39歳のワクチン接種で、優先接種の国民の最初のグループの10万人がSMS案内をうけ、7万3千人が正午までに接種予約をした。
2021年6月10日 保健省 13人の新規感染者が見つかり、通算で62,236人になった。新規のうち、輸入が9人、市中感染が4人、寮居住者が0人。現在、150人が入院中(うちICUが1人)、施設隔離が287人。これまでに61,765人が回復し、34人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドから4人、フィリピンから2人、インドネシアから1人、英国から1人、アンゴラから1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは2人、未リンクは2人。
■未リンク
・64123人目は、インド人男性29歳、Orange Valley Nursing Home (Balestier)で看護。
64132人目はシンガポール人男性74歳、115 Bukit Merah View Market & Hawker Centreのよろずやで働く。
■クラスタ
・チャンギ刑務所クラスタで1人。
・61121人目はマレーシア人男性40歳、高島屋のSt Leavenでパン焼き職人。Four Leaves勤務の感染者と家族。
2021年6月10日 保健省 多省庁タスクフォースは、フェーズ2高度警戒が6月13日で終わることをアナウンスする。規制を緩和する。少数の未リンクがあるように、慎重であり続け、体調が悪くなれば医師の診察を受けること。
ワクチンプログラムを、12歳から39歳の国民、Covid-19に以前かかっており回復した人に拡大する。対象者は6月11日から予約可能になる。
■フェーズ3(高度警戒)への徐々の再開
6月14日から、2段階でフェーズ3に戻る。
6月14日からの再開
・社交での集団制限が2人から5人になる。1日1世帯あたり、2人の訪問を受け入れられたのが、5人になる。
・イベント制限
アトラクション・クルーズ・美術館・図書館の入場が、定員の25%までだったのが50%になる。
・映画館/MICE/ライブパフォーマンス/スポーツイベントは、事前検査ありで観客は最大250人、なしで50人以下。
・集会礼拝や宗教活動は、事前検査ありで最大250人まで、なしで50人以下。
・結婚式で、外部会場は事前検査ありで最大250人まで、なしで50人以下。披露宴は禁止だが、6月21日から再開可能性がある。
・フェイシャルやサウナのようなマスクをとるパーソナルサービスは、再開する。
■6月21日からの再開
状況が安定すれば、6月21日から再開する活動。
店内飲食。グループ間の距離は1メートル必要。
・披露宴。事前検査ありで最大100人まで。
・ライブパフォーマンス。マスク無しでの歌唱・管楽器演奏が許可。宗教礼拝でも許可。
・ジム/フィットネススタジオ/マスクをとってのスポーツ。人の間は2メートルをあけ、5人までのグループの間は3メートルあけること。スポーツ教室は30人が最大。激しい運動であれば、参加者はマスクを外せる。
・対面塾、課外活動。歌唱/管楽器演奏も再開。
■在宅勤務
在宅勤務は標準であり続ける。在宅勤務可能な従業員は在宅勤務をし、出勤が必要な人は時差出勤を続けることを、企業は保証しなければならない。
■政府支援
・給与支援JSSを影響ある業界に6月20日まで続ける。6月21日から30日は、影響ある業界は10%のJSSを受ける。2ヶ月に渡って、各月$300のタクシーとプライベートハイヤー支援を行い、翌々月は$150を支援する。
■マスクを着用しない顧客をもつ労働者
・マスク未着用の顧客をもつ労働者は、定期での迅速簡易検査FETの対象になる。ワクチン接種状況にかかわらず、抗原検査ARTを受ける。対象は、飲食店員、フェイシャル/サウナ/メークアップといった顧客がマスクを外すパーソナルケア業務、ジムとフィットネススタジオ。
飲食店へのFETは来月から始まる。詳細は追って発表。
・薬局で抗原検査ARTの自己検査キットの販売。
20分で結果がわかる。ガーディアン・ユニティ・ワトソンで6月16日から販売する。販売場所は拡大する。当初は1人あたり10キットの販売制限をする。
自己検査キットでの陽性者は、病院でPCR検査を受けるべきだ。PCR検査結果を受けるまでは、自己隔離が必要。ARTとPCRでともに陰性なら、用心の継続になる。呼吸器症状がある人は、医師の診察を受け、自己検査キットではなく、PCR検査を受けるべきだ。
■ワクチン接種の拡大
・60歳以上は74%、45歳から59歳は74%、40歳から44歳の65%が、ワクチン接種を受けた。登録から数日で、予約のSMSを受け取る。混雑により、2週間かかる。登録済みの人は、再登録は不要。
・過去に感染し回復した人は、1回の接種を推奨する。感染から半年以内では、まだ強い免疫を保持している。感染から6ヶ月以上たった人を優先する。
・18歳未満の接種には親の同意が必要になる。接種に、同意書を持参すること。
2021年6月10日 ストレートタイムズ紙 12歳から39歳のグループで、6月11日から2週間のワクチン優先予約期間が国民にあると、保健相が発言。「このグループで150万人がまだ接種をうけていない。そのため、12歳から39歳の国民が2週間の接種予約の優先期間を得た」リー首相は、6月中旬に39歳以下の接種が開始し、2週間の優先期間があると、5月31日に発言していた。毎日、4万9千接種をしている。(編注:6月25日に永住者/外国人の接種予約が始まると推定できます)
2021年6月10日 ストレートタイムズ紙 シンガポールを住処にしているが、現在国外にいる駐在員が、帰国できるかと尋ねられ「当面か、数週間では、政府の商店は国内コミュニティの再開と、経済の再始動だ」と、多省庁タスクフォースの共同議長の大臣が述べた。ワクチン接種、検査と接触追跡の能力が高まって、渡航規制の検討に入れる。空港での感染リスクを最小限にする厳格な手順も導入している。これら全てが整って、シンガポールは渡航規制を調整できるようになる。
2021年6月10日 ストレートタイムズ紙 シンガポールと香港は、開始日を設定する前に、エアトラベルバブル合意を7月初旬に見直す。運輸省が発言した。当初は5月26日開始予定だった。貿易産業大臣は「重要な基準の1つはワクチン接種率だ」
2021年6月10日 ストレートタイムズ紙 シンガポールと豪州は、エアトラベルバブルに向けて動き出し、2方向での旅行を回復させる下地を両国が作ると、両首相が述べた。
2021年6月9日 保健省 4人の新規感染者が見つかり、通算で62,228人になった。新規のうち、輸入が2人、市中感染が2人、寮居住者が0人。現在、158人が入院中(うちICUが1人)、施設隔離が291人。これまでに61,740人が回復し、34人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドから1人、イラクから1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは1人、未リンクは1人。
■未リンク
・64114人目はミャンマー人男性29歳、Grandwork Interiorで修理工。
■クラスタ
・NTUC Foodfare (308 Anchorvale Road)クラスタで1人。
2021年6月9日 ストレートタイムズ紙 5月末時点で、インド変異種へのシンガポールでの感染者は550人になる。428人が市中感染、122人が輸入だ。5月4日の時点では、7人の市中感染だった。変異種が最初にインドで見つかったのは昨年10月。
他の変異種では、7人がイギリス変異種、9人が南ア変異種、5人がブラジル変異種だ。
2021年6月9日 ストレートタイムズ紙 Ionオーチャードのパン屋Four Leavesの店員全員が検疫QOになった。店は現在一時的に閉店になっている。店員が感染したのを受けてのことだ。5月の終わりに、トレーニングのために感染者がいたAMKハブも、クリーニングのため1日休みになっている。こちらの店員は念の為にスワブ検査を受けることになった。チェーンのシニアマネージャーのタナベコウジ氏が、今日ステートメントで述べた。感染者は、マレーシア人女性35歳だ。
NUS博士研究員は、食品や食品パッケージで感染する証拠は現在ないので、客は食品経由での感染を恐れるべきでないと言った。
2021年6月8日 保健省 9人の新規感染者が見つかり、通算で62,219人になった。新規のうち、輸入が5人、市中感染が3人、寮居住者が1人。現在、187人が入院中(うちICUが2人)、施設隔離が296人。これまでに61,702人が回復し、34人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドから2人、インドネシアから2人、フィリピンから1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは1人、未リンクは2人。
■未リンク
・64107人目は永住者54歳男性、NYK Shipmanagement社でvesselマネージャー。
・64112人目はマレーシア人女性35歳、Four Leaves (Ion OrchardとAMK Hub)の小売アシスタント。
■クラスタ
・MINDSville@Napiriで1人。
■寮居住者はKeppel Shipyard Tuas Yardで働き、Avery Lodgeに住む。
62680人目シンガポール人女性86歳が、COVID-19感染症での合併症で亡くなった。ワクチン未接種。糖尿病・高脂質・高血圧・甲状腺機能低下症の既往歴あり。
2021年6月7日 ストレートタイムズ紙 ポンゴルのBlock 325A Sumang Walkで、3家族から8人が感染し、全員検査になる。124世帯、361人が対象。居住者はリーフレットとSMSで知らされる。5月10日から6月5日にブロックを訪問した人も、検査が促されている。
2021年6月8日 ストレートタイムズ紙 マリーナベイサンズでマスク着用を拒否した女性53歳が、$8千で保釈を言い渡された。他に7件の類似の罪がある。メンタルヘルス研究所IMHでの2週間の勾留後のことだ。マスク非着用では、MBS、ニュートンホーカー、クラークキーセントラル、ブラバサコンプレックス、地方裁の外でだ。裁判で女性は、「強固なプロフェッショナルとしての名声」を持つ海軍将校だったとの話を4回し、自分への罪は却下されるべきと求めた。警告なしに逮捕されたなど、捜査官に手順の不備があったとも主張した。
2021年6月7日 保健省 14人の新規感染者が見つかり、通算で62,210人になった。新規のうち、輸入が9人、市中感染が5人、寮居住者が0人。現在、204人が入院中(うちICUが2人)、施設隔離が313人。これまでに61,660人が回復し、33人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドから3人、マレーシアから2人、インドネシアから1人、フィリピンから1人、英国から1人、ベルギーから1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは5人、未リンクは0人。
■クラスタ
・Atatcutz Singapore (348 Bedok Road)クラスタで2人。
・MINDSville@Napiriクラスタで2人。
・63964人目(国民女性61歳、NTUC FairPrice (Clementi Avenue 3)勤務)クラスタで1人。
2021年6月6日 ストレートタイムズ紙 Covid-19にさらされた可能性があるプレスクール園児と職員は、休暇LOA(leave of absence)が強制になる。感染者との接触で濃厚接触者検疫に置かれている同一世帯者がいるような場合だ。政府の検疫施設に連れて行かれるのを待っていたり、検疫で検査結果を待っている、同一世帯者がいる場合だ。政府ECDA発表。プレスクールに戻れるようになるのは、世帯員が検疫施設に入り、PCR検査で陰性になってからだ。
現在、世帯員が検疫か自宅で隔離SHNに入っている場合のみ、LOAがでる。加えて、感染者にさらされて検疫になる前に園児や職員が体調が悪くなるか、検疫がはじまってすぐに園児や職員が体調悪化した場合のみ、クラスの園児と職員全体にLOAがでる。
検疫にあった人が体調良好なら、両親はそのことを告げられ、同じクラスにいた子どもをできるだけ自宅に置いておくように両親は促される。また、感染者にさらされたために、必須検査を園児か職員が受けている場合、LOAがその人達にも出る。もし、プレスクールの世帯員が検査になれば、両親は子どもを自宅に置いておくことが強く促される。検査結果で陰性になれば、戻れる。
2021年6月7日 ストレートタイムズ紙/保健省 国立感染症センターNCIDの臨床研究医Lye准教授は「胡散臭い国際専門家や研究を医師が引用して、市民を誤った方向に医師が誘導するのに怒るべきだ」と発言した。先月、12人の医師の公開書簡では、実績がある技術を使ったSinovacを子どもには使い、mRNAを使うべきでないと、政府に促したが、11人は後に取り下げた。ワクチンからどんな副反応があるか10年から20年で分からないと主張していた。マウントエリザベスのOon医師は、ファイザーは変異種には陳腐で、子どもを含め皆がインド変異種からも守るSinovacを使うように促した。ファイザーとモデルナはこれができないと主張した。
NCIDの臨床研究医は、これらは全て間違いと言った。「mRNAワクチンは、英国変異種には93%、南ア変異種には75~90%、インド変異種には88%有効だ」「Sinovacは変異種に対するデータがほぼない。ラボのデータでは、Sinovacはブラジル変異種と南ア変異種には十分機能しないことを示している」「全てのワクチンは急いで作られており、SinovacとSinopharmもトライアルが完了する前に中国で承認された」「シンガポールと海外の反ワクチン派は非常に活動的だ。ウイルスへの戦争に勝たねばならない。効果的なワクチンは解決策の一部だ」
公開書簡の原稿を書いたDr Yangは、NCID臨床研究医は「年長者を信頼すべきだ」とだけ、Oon医師を指して言った。Oon医師とは連絡がつかなかった。
2021年6月7日 ストレートタイムズ紙 卒業学年の10人中9人の生徒が、ワクチン接種に登録した。そのうちの半数は、第一回目の接種を完了した。教育相が発言した。国立大学の学生は、火曜日から登録に呼ばれる。
2021年6月6日 保健省 20人の新規感染者が見つかり、通算で62,196人になった。新規のうち、輸入が14人、市中感染が6人、寮居住者が0人。現在、207人が入院中(うちICUが2人)、施設隔離が321人。これまでに61,635人が回復し、33人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドから12人、インドネシアから1人、ミャンマーから1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは5人、未リンクは1人。
■未リンク
・64068人目はシンガポール人女性13歳、Paya Lebar Methodist Girls’ Schoolの生徒。
■クラスタ
・NTUC Foodfare (308 Anchorvale Road)クラスタで1人。
・マクドナルド配達員クラスタで1人。
・Tektronixクラスタで2人。
・63931人目(シンガポール人男性82歳)クラスタで1人。
2021年6月6日 ストレートタイムズ紙 自宅では空気清浄機を使う必要はなく、その代わりに、接触リスクを減らすために、窓とドアを開け、自然の換気をできるだけすべきだと、国家環境局NEAは発言した。ある環境での空気感染での感染可能性への心配で、空気清浄機の売上が増加したことを受けてだ。空気中のエアロゾルのウイルスを適切な空気清浄機の使用は除去するが、良好な換気にとって代わることはない。同一世帯の他の構成員がウイルスにさらされていれば、他の構成員への予防には空気清浄機はならない。「良好な換気は、空気中のウイルスエアロゾルが貯まるのを防ぎ、ウイルスにさらされるリスクを減らす。一般人は空気清浄機を買ったり使用する必要はないが、できるだけ窓とドアを開けて自然の換気を改善すべきだ」
空気清浄機が暫定措置として役に立つのは、病気感染のリスクが高く、マスクが着用されず、スワブのような医療手順が行われるような、換気が良くないところでだ。世帯の中で感染の恐れがある人が他の家族から自主隔離をするような場合には、役立つ。だが、空気清浄機のみに頼ることはできず、ソーシャルディスタンシングとマスク着用が重要だ。
暫定措置として使うには、HEPAフィルターのようなエアロゾルを除去する高い効率のフィルターであるべきだ。
イオン化発生装置のような機能もあるが、効果は不確かだ。
2021年6月5日 保健省 18人の新規感染者が見つかり、通算で62,176人になった。新規のうち、輸入が5人、市中感染が13人、寮居住者が0人。現在、207人が入院中(うちICUが2人)、施設隔離が323人。これまでに61,613人が回復し、33人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドから2人、UAEから1人(インド人)、カナダから1人、タイから1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは13人、未リンクは0人。
■クラスタ
・Atatcutz Singapore (348 Bedok Road)クラスタで4人。
・マクドナルド配達員クラスタで1人。
・MINDSville@Napiriクラスタで3人。
Tektronixクラスタで1人。
・63714人目(国民男性74歳、退職者)クラスタで2人。
・63922人目(国民女性56歳、主婦)クラスタで1人。
・63964人目(国民女性61歳、NTUC FairPrice (Clementi Avenue 3)勤務)クラスタで1人。
2021年6月5日 FORMULA1-DATA F1シンガポールGPの中止が正式決定「2年連続での開催中止、シンガポール国内でのイベント規制を考慮するとやむを得ないものだった」今季のレースチケットは発売されていなかったが、昨年からの繰越チケット保有者に対して全額返金を保証した。
2021年6月5日 ストレートタイムズ紙 私立病院のIHH Healthcare(マウントエリザベス等)が、Sinovacワクチン利用を申請する。Parkway Shentonやいくつかの病院で、Sinovac接種を提供する。「mRNA接種が向かなかった人を歓迎します」費用や認証期間についての詳細は明かさなかった。病院のMOHへの申請は6月11日まで。MOHはワクチンを無料で提供するが、コストの請求は許される。
2021年6月4日 保健省 13人の新規感染者が見つかり、通算で62,158人になった。新規のうち、輸入が6人、市中感染が7人、寮居住者が0人。現在、229人が入院中(うちICUが2人)、施設隔離が316人。これまでに61,580人が回復し、33人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドから3人、フィリピンから1人、ミャンマーから1人、モルジブから1人(インド人)、ルーマニアとドイツから1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは6人、未リンクは1人。
■未リンク
・64029人目は、シンガポール人男性19歳Hwa Chong Institutionの生徒。
■クラスタ
・Hong Ye Group清掃員で2人。
・63892人目(国民男性68歳、Phoenix Entertainment Karaoke TV Music Loungeでマネージャー0)のクラスタで2人。
・63922人目(国民女性56歳、主婦)のクラスタで2人。
2021年6月4日 ストレートタイムズ紙 / 保健省 アナフィラキシーと、薬・食事・虫刺されや他の未知の原因でのアレルギー反応を起こしたことがある人は、mRNAワクチンの接種が可能となった。保健省が発言した。世界と国内での詳細な調査後に、Covid-19ワクチンの専門家委員会が、このグループの人がmRNAワクチン接種を許されることを推奨した。医療理由で、ファイザー・ビオンテックとモデルナのmRNAワクチンを受けることができなかった3万2千人の人が、国家プログラムでの接種が可能となった。
他のワクチンへのアナフィラキシーやアレルギー反応がある人は、接種できない。mRNA Covid-19ワクチンの第一回目接種を受けた後に、アレルギー反応がでた2千人も、再度mRNAワクチンを受けるべきではない。これらの人には、mRNAでないワクチンが接種できるかを、MOHは評価している。健康科学局HSAが承認し、今年の年末までの評価を見込んでいる。
同時に、ファイザー・モデルナがあわない人で、Sinovacワクチンを接種希望者は、スペシャルアクセスルートで民間病院で無料で接種可能だ。国民、永住者、長期滞在ビザ所持者が対象。20の私立病院が選ばれる。2月に20万ダースが輸入されている。民間病院は、コストをカバーする料金を患者に請求が許され、mRNAワクチン接種を拒絶されたか、アレルギーがある人で、Sinovacを選ぶ3万4千人に、この費用を政府が払い戻す。政府はアレンジはするが、プライベートだと言う。「ワクチンは未登録のままだ。ワクチン傷病金融支援プログラムVifapdeでカバーされない。」
2021年6月4日 保健省 現在、中国からの入国者は、到着時のPCR検査陰性で、隔離SHNなしに国内活動を許されている。広東省での感染者の増加を受けて、2021年6月5日23時59分から、過去21日間に広東省へのシンガポール出発前に渡航歴がある人は、到着時にPCR検査をうけ、自宅での7日間の隔離SHNを受け、隔離終了までにPCR検査を受けることになる。広東省への渡航歴がある人のATP(Air Travel Pass)での短期滞在旅行者は、入国を許されなくなる。
2021年6月4日 ストレートタイムズ紙 老人ホームへの訪問者が、6月5日から20日の間、禁止される。介護ホーム、福祉ホーム、シェルター、成人向け障害者施設を含む。
去年の訪問者の再開は、6月19日だった。禁止から3ヶ月後のことだった。
2021年6月3日 保健省 45人の新規感染者が見つかり、通算で62145人になった。新規のうち、輸入が10人、市中感染が35人、寮居住者が0人。現在、231人が入院中(うちICUが2人)、施設隔離が324人。これまでに61,557人が回復し、33人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドから5人、インドネシアから3人、ミャンマーから1人、マレーシアから1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは34人、未リンクは1人。
■未リンク
・64008人目は永住者男性41歳、SBM Keppel Tuasで塗装検査員として働く。
■クラスタ
・マクドナルド配達員クラスタで1人。
・MINDSville@Napiriクラスタで22人。
・NTUC Foodfare (308 Anchorvale Road)クラスタで1人。
・506 Hougang Avenue 8クラスタで1人。
63887人目(国民女性65歳、主婦)クラスタで1人。
・63714人目(国民男性74歳、退職者)クラスタで1人。
・63941人目(ベトナム人女性36歳、主婦)クラスタで1人。
・63964人目(国民女性61歳、NTUC FairPriceのSingapore Pools勤務)クラスタで3人。
・63973人目(国民女性80歳、退職者)クラスタで2人。
・その他リンクが1人。
2021年6月3日 ストレートタイムズ紙 ローレンスウォン大臣が、市中で感染が続く隠れたCovid-19患者が懸念だと、発言した。大人の知的障害者施設で最近発生した感染勃発はこのことを厳しく思い出させると付け加えた。225人の居住者と職員のうち、91%が2月と3月にワクチン接種済みだった。27人中23人は無症状だった。
2021年6月2日 保健省 31人の新規感染者が見つかり、通算で62,100人になった。新規のうち、輸入が7人、市中感染が24人、寮居住者が0人。現在、216人が入院中(うちICUが2人)、施設隔離が328人。これまでに61,523人が回復し、33人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、インドから6人、UAEから1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは19人、未リンクは5人。
■未リンク
・63939人目は、ミャンマー人女性22歳、Grace Lodgeでヘルスケア助手。
・63941人目は、ベトナム人女性36歳、主婦。
・63964人目は、シンガポール人女性61歳、NTUC FairPrice (Clementi Avenue 3)でSingapre Pools勤務。
・63971人目は、シンガポール人女性43歳、チャンギ刑務所でアドミン。
・63973人目は、シンガポール人女性80歳、退職者。
■クラスタ
・チャンギ刑務所クラスタで1人。
・Chevy’s Bar and Bistroクラスタで1人。
・Hong Ye Group清掃員クラスタで3人。
・MINDSville@Napiriクラスタで4人。5月31日の最初の感染者(63924人目)が判明以来、255人の全職員・居住者が検査を受けている。これまで合計で27人が陽性。1人は6月1日、4人は本日に告知済み。22人は明日の検査確認後に計上される。全ての入退院と、6月1日以降に訪問は止まっている。全居住者、職員、デイケア患者・訪問者・業者を含む接触者は、全員が検疫に置かれ、検疫中に検査を受ける。
・NTUC Foodfare (308 Anchorvale Road)で1人。
・63806人目(永住者男性49歳、Success Consultancyでマネージャ)クラスタで4人。
・63887人目(国民女性65歳、主婦)クラスタで2人。
・63941人目(ベトナム人女性36歳、主婦)クラスタで2人。
・他のリンクで1人。
■455 Sengkang West Avenueの店に、5月12日から30日に訪れた人に、無料検査を実施する。
2021年6月2日 ストレートタイムズ紙 Sinovacワクチンが、スペシャルアクセスルートSARで認可されることになった。保健省MOHが語った。WHOが緊急使用リストEULにSinovacを認可したことをうけてだ。だが、Sinovacは国家プログラムの一部ではないので、接種する人はワクチン負傷金融支援プログラムVifap対象外だ。私営病院がどう利用に応募できるかの詳細を、数日後にMOHは発表する。値段、インフォームドコンセント、Sinovacの接種が好ましい患者の安全についても取り掛かっている。国内にSinovacのストックは20万ある。
2021年6月1日 ストレートタイムズ紙 医療理由で、3万人以上の人がファイザー・ビオンテックとモデルナのmRNAワクチンを接種できない。mRNAはアレルギー反応を引き起こすからだ。アナフィラキシーを経験した人は、ファイザーとモデルナをを接種すべきでない。私営ヘルスケアで未認可の新しいワクチンを利用可能にすると、月曜日にMOHは語った。それらは、ウイルスベクターのジョンソンアンドジョンソン、オックスフォード・アストラゼネカ、不活化ワクチンのシノファーム製だ。緊急利用でWHOが認可し、他国では既に使われている。
2021年6月2日 ストレートタイムズ紙 26の建設業者が3日間の操業停止になった。作業現場にSafeEntryチェックイン無しで作業員が入場するのを許していた。チェックイン無しで入った2つの現場からは、陽性者がでたが、接触追跡が困難になった。5月16日に規制強化されてから、65の建設業者が摘発されている。
2021年6月1日 保健省 18人の新規感染者が見つかり、通算で62,069人になった。新規のうち、輸入が3人、市中感染が15人、寮居住者が0人。現在、217人が入院中(うちICUが2人)、施設隔離が338人。これまでに61,481人が回復し、33人が亡くなっている。
新規の輸入のうち、フィリピンから2人、インドから1人。
新規の市中感染のうち、リンク済みは8人、未リンクは7人。
■未リンク
・63922人目は、シンガポール人女性56歳、主婦。
・63924人目はシンガポール人女性37歳、MINDSville@Napiri居住。
・63930人目は、シンガポール人男性72歳、SMN Elite Security Services社勤務で、Shriro Houseで警備員。
・63931人目は、シンガポール人男性82歳、退職者。
・63932人目は、シンガポール人男性46歳、ホテルBossのフロントスタッフ。
・63934人目は、マレーシア人男性29歳、TOP Parking社にて、carpark roving担当。
・63936人目は、マレーシア人男性26歳、ピザハット(Hougang Green)で配達員。
■クラスタ
・Hong Ye Group清掃員クラスタで1人。
・Tektronixクラスタで1人。
・63399人目(マレーシア人35歳男性、Kota Zheng Zong Bak Kut Tehでキッチンクルー)のクラスタで1人。
・63660人目(シンガポール人男性31歳、ERA Realty Network社で不動産エージェント)クラスタで1人。
・63743人目(マレーシア人男性24歳、マクドナルド (The Woodgrove)勤務)クラスタで1人。
・63887人目(シンガポール人女性65歳、主婦)クラスタで2人。
・その他リンクで1人。
■Hua Zai店舗で働いている人の感染を調べている。いくつかの店舗で働いていた人に感染が広がっている。NTUC Foodfare (308 Anchorvale Road)のHua Zai店は、コーヒーショップでの感染検出後に、5月30日から営業停止している。6月1日から営業停止で、6月15日に再開する。
2021年6月1日 ストレートタイムズ紙 Block 745 Yishun Street 72、Block 501 と 507 Hougang Avenue 8が、(強制の)スワブ検査対象になった。汚水からCovid-19残留物が発見されたためだ。これまでに、Block 745 Yishun Street 72の2世帯の6人から感染者を見つけている。検査は、火曜と水曜だ。

ブログの文字数限界に達しました。2020年1月から9月の時系列は、下記ページにて参照可能です。
uniunichan.hatenablog.com
2020年11月以降は、こちらです。
uniunichan.hatenablog.com


本記事の出所とポリシー

私のこの記事では、下記をソースとします。

  • シンガポール政府など、政府機関
  • WHOなど国連機関
  • 主要メディア報道

読者の対象は、

  • 原文がどこにあるかを知りたい人
  • 英語が理由で原文を理解することができない人
  • 原文を読む時間がどうしてもない人

です。可能な限り、私のブログではなく、原文にあたってください。

サイトでの最新情報は下記で確認できます。すべて英文です。

シンガポールでは保健省が中心となって、情報更新と対策を行っています。政府からの情報は、WahtsApp登録で受け取ることができます。対応言語は、日本語はありません。シンガポール標準語に、英語・中国語・マレー語・タミル語です。

これまでの新型コロナウイルス記事

uniunichan.hatenablog.com

「健康な人にはマスクは効果がない」がシンガポール政府の立場でしたが、発症前に感染させた人が確認され、再利用可能マスクが配布。現在は、外出時のマスク着用が必須に。
uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com


uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com

(10月25日更新)シンガポールのCOVID-19: ワクチン未接種者の解雇を合法と、労働省MOMが勧告する。ワクチン効用を否定し、イベルメクチンを推奨していたウェブサイトTruth Warriorsに偽ニュース防止法が適応される。

シンガポールも、新型コロナウィルス (COVID-19) の影響を受けています。
デマに負けないためには、信頼できるソースからのものを掲載しています。シンガポール政府・WHOなど国連機関、地元大手メディア(ストレートタイムズ紙、CNA)などです。可能な限り、私のブログではなく、原文にあたってください。

更新情報のサマリー

  • ワクチン未接種者の解雇を合法と、労働省MOMが勧告する。

解雇(雇用終了(terminate employment))には「最後の手段」という但し書きはついていますが、出社が必要な従業員が未接種であれば、MOMは解雇を認めました。新規則が適応される1月1日以降です。
接種を拒み、かつ解雇を避けるためには、自費かつ業務時間外に検査を受け続けることで対応可能です。費用は$600~900ぐらいですが、出社のたびに検査を受けに行く手間がかなりのものです。「自己負担検査を受け続けながら、コロナ感染を待ち、感染後270日あるワクチン免除期間を期待」するという、謎な選択肢を考慮する人がでてくるでしょう。

  • ワクチン効用を否定し、イベルメクチンを推奨していたウェブサイトTruth Warriorsに偽ニュース防止法が適応される。
  • 3,174人の新規感染。内訳は、輸入8人、市中感染が2,843人、寮居住者が322人。ICUに64人。新規の死者14人、死者合計が329人。

クラスタ感染者数の発表は26人のみ。多くの未リンクがあると推定されます。
ICUが昨日の58人から64人に増加。

シンガポールでの最新状況

更新情報

日時 発信者 (ソースとなるリンク) 内容
2021年10月25日 保健省 3,174人の新規感染者が見つかり、通算で175,818人になった。新規のうち、輸入が8人、市中感染が2,843人、寮居住者が322人。現在、1,779人が入院中(うちICUが64人)。14人が亡くなった。60歳から93歳。全員が既往歴あり。これまでに329人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は84%、1回接種は85%。
・Institute of Mental Healthで8人、計116人。
2021年10月23日 労働省 (MOM) 職場でのCovid-19ワクチン勧告の改定
在宅勤務が可能な仕事をしているワクチン未接種従業員には、企業は在宅勤務を認めることが許されるが、そのような仕事のアレンジの判断は企業の権限だ。接種済み従業員の大半はより頻繁に職場に戻るし、職場から未接種者が長期に不在なことは、チームや組織のパフォーマンスに悪い影響を与え、個人のパフォーマンスにも影響するだろう。
在宅勤務ができない仕事の従業員に、企業は、
a. 従業員の費用負担と自分の時間に(業務外時間に)イベント前検査で既存の仕事を続けることが許される。
b. もしそういう業務があるなら、在宅勤務が可能な仕事に配置転換する。代わりの仕事の責任にみあった報酬になる。
c. 無給休暇になるか、最後の手段として、雇用契約に基づいて予告とともに雇用を打ち切る。もし雇用打ち切りが、従業員が契約業務の遂行を職場でできないためでであれば、そのような雇用打ち切りは違法解雇とみなされない。
未接種妊婦は、医療理由での未接種者と同等に扱われる。
2021年10月24日 シンガポール政府: 偽ニュース防止法POFMA ウェブサイトTruth Warriorsに掲載の多くの記事が、Covid-19感染を減らすのにワクチンは効果的ではなく、感染予防と治療にイベルメクチンの安全性と効果について、誤った考えを人に導いている。未確認で疑わしいものが記事の根拠だ。読者は自分と周囲の人を危険に陥れる。とりわけ以下の主張は間違いだ。
i 最もワクチンを接種している国は人口あたりの感染者と死者数が最も多い。接種が少ない国は感染者と死者数が最も少ない。
ii ワクチンは感染を妨げない

シンガポールでの最新状況

更新情報

日時 発信者 (ソースとなるリンク) 内容
2021年10月23日 保健省 3,598人の新規感染者が見つかり、通算で169,261人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が2,804人、寮居住者が790人。現在、1,680人が入院中(うちICUが58人)。6人が亡くなった。61歳から91歳。4人がワクチン未接種、2人が接種済み。これまでに300人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は84%、1回接種は85%。
・AWWA Community Home for Senior Citizensで10人、計59人。
2021年10月23日 保健省 在宅療養適応基準の拡大
35歳より若く、26週より早い、ワクチン完全接種の妊婦に、在宅療養を拡大する。在宅療養になるまでに、在宅療養に適しているかを指定病院で診断される。
ワクチンブースター
10月21日時点で、50歳~59歳の82%、60歳以上の79%がブースターショットを受けたか、接種の予約済み。2回目の接種から半年たった30歳以上も接種対象になり、対象になった人の72%が予約をした。
健康科学局の暫定承認を経て、Sinovacが国家ワクチンプログラムNVPに含まれることになる。ワクチン効果がmRNAと比べて比較的低いことから、以下のガイダンスが適応される。
a. mRNAワクチンを接種できる人は、mRNAワクチンを2回接種し、主要接種を終わらせるべきだ。
b. Sinovacを1回か2回接種した人は、最善の保護を得るために、3回めをmRNAを接種することを強く推奨する。
c. 医療理由でmRNAを接種できない人は、主要接種を終えるために、Sinovacをを3回接種すべき。
d. mRNAワクチンを接種したが、アレルギーや深刻な副反応が起きた人は、あと2回をSinovacを摂取し、3度の接種を完了させるべきだ。mRNAワクチンの2度の接種の後に、アレルギー反応が起きれば、ブースター接種に適していれば、3度目の接種はSinovacを接種すべきだ。
対象年齢の90%以上が接種済みで、ワクチン接種率は高いのだが、強固な個人の好みでmRNAワクチンを接種しないことを選んでいる人がいる。ワクチンの完全接種を終えていない人に、国家ワクチンプログラムで、Sinovacの3回接種を提供することにした。既にSinovacの1回か2回接種している人を含む。
しかし、既にmRNAワクチンを2回接種し、アレルギーを起こしていない人に、ブースターショットとしては、Sinovacは提供されない。国家ワクチンプログラムで提供される3度目の接種はmRNAになる。
12歳~17歳に、Sinovacは認可されていない。Sinovac社が申請しておらず、WHOの緊急利用リストでも同じだ。しかし、mRNAで2回の接種を終えることができなかった人に、専用の公的医療プログラムでSinovacの3度の接種を政府は提供する。健康科学局HSAの暫定承認に18歳以下のSinovac利用は含まれていないため、訓練を受けた医療者が綿密に観察する。この年令の対象者には、政府が連絡する。
Sinovacで接種を2度受けた人は、2度目の接種から4ヶ月間か、2021年12月31日までのどちらか早いほうが、完全接種期間とみなされる。3度目の接種を受けるのに十分な期間の猶予のはずだ。Sinopharmにも同様のルールを当てはめる。旅行者は、多くが母国で2度のみのSinovacを接種しており、2度の接種者もワクチン接種者と政府はみなすが、期間は30日のみとする。
ワクチン差異化規制で医療理由で接種できない人への対応
ワクチン差異化規制は未接種者を保護し、医療制度の負荷の緩和のために行っている。mRNAにもSinovacにも医療理由で接種できない少数の人がいることに気づいている。特別対応として、ワクチン国家プログラムでの全ワクチンに医療理由で接種できない承認を受ければ、ワクチン差異化規制から免除する。
職場でのワクチン規制
2022年1月1日から、ワクチン完全接種か過去270日以内にCovid-19から回復した従業員のみが、職場に復帰できる。職場に戻る前に検査で陰性でなければ、ワクチン未接種の従業員は職場に戻れない。検査費用は本人負担だ。検査は、MOH認証の検査業者でのイベント前検査でなければならない。職場に滞在できる期間は、検査(結果)が有効な間だ(24時間)。検査の必要性は、医療理由でも(編注: 医療理由でも免除しないというのが保健省プレスリリースですが、記者会見では医療理由は免除すると大臣が発言しています)妊婦にも当てはまる。医療理由や妊婦には、三者パートナーが特別の考慮をすることで同意している。例えば、パフォーマンスに影響がない在宅勤務や、検査費用の共同負担の合意だ。
規制緩和の基準
週での感染率がわずかに1を超え、感染が上昇しており、1を下回れば行動規制の緩和を考慮できる。
ワクチン完全接種のメイドの入国
11月1日から、必須労働者と学生が安全かつ徐々に入国することを許可する。到着までにワクチン完全接種が条件だ。緊急や介護の必要を満たすために、より多くのメイドの入国を容易にする。世界情勢に合わせて、数は慎重に規制する。
国のカテゴリを見直した。10月26日23時59分から有効。
バングラディシュ・インド・ミャンマー・ネパール・パキスタン・スリランカに過去14日滞在した人は入国できなかったが、10月26日から入国とトランジットを許可する。
10月26日23時59分から、カテゴリII(日本を含む)、IIIとIVからの旅行者は、到着時PCR検査は不要で、SHN隔離終了時のPCR検査のみになる。
カテゴリIIIからの入国で、10日間の隔離SHNは、旅行者や同居者のワクチン状況にかかわらず、(自宅など)住居となる。基本では、専任隔離SHN施設の割当がされなくなる。自宅でのSHNが不適切な家では、帰国前に他の施設を確保する必要がある。カテゴリIVからの渡航者は、専用SHN施設での10日間のSHNが必要となる。
2021年10月23日 保健省 Covid-19ワクチン専門家委員会は、Covid-19予防のために、18歳以上のシンガポール在住者の利用に、パンデミックスペシャルアクセスルートPSARでの健康科学局HSAによる、Sinovac-CoronaVac Covid-19ワクチンに暫定承認を指摘した。
デルタ変異種前のSAR-CoV-2感染に対し、ブラジルの第Ⅲ相試験で、51%の有効性があった。重症化に高い保護があった。しかし、異なる研究で有効性の変化があった。デルタへの保護の総合的なデータがない。更に、ワクチン接種後の抗体レベルが低く、2度目の接種後の3~6ヶ月以内に、6ヶ月までに接種前のレベルに素早く減少する。
SinovacはHSAに3度接種の承認を申請していないが、抗体レベルを引き上げるために、3~6ヶ月以内に3度目の接種を必要とする証拠がある。WHOのSAGE推奨とも一致している。
mRNAと比較したSinovacの効果の低さ、デルタへの効果のデータの欠如の観点から、医療理由でmRNAを完全接種ができない人のみがSinovacを接種すべきと推奨する。
Sinovacでは、2度目の接種は初回接種から28日以降に、3度目の接種は2度目の接種から90日で接種すべきだ。
Sinopharmにも同じ現象がある。専門家委員会は、Sinopharmを接種した人は、3度目の接種にmRNAを選ぶように強く推奨する。もし拒絶するなら、3度目の接種は2度目の接種から3ヶ月で3度目の接種をすること。
Covid-19でないワクチンにアレルギーを起こした人は、mRNAワクチを安全に接種できると、国内と国際での安全データが示す。以前は、これらの人は、ワクチン前に専門医の診断を受けていたが、診断なしにmRNAワクチンの接種を認める。mRNAワクチンの成分であるPEGへのアレルギーが有る人は、mRNAには不適切なままだ。
2021年10月 SafeTravel 2021年10月26日23時59分から、同一旅程を共有していない世帯員と、旅行者は自宅で隔離SHNを行うことができる。ワクチンステータスを問われない。もし、他の人と住居を共有しているなら、旅行者はその人だけが使う専用のバスルームを使い、他の世帯員は別のバスルームを使うべきだ。もし、1つのバスルームが共有されるなら、全員が良い衛生を保ち、仕様後はバスルームを殺菌すること。例として、トイレを流す前にフタを閉める、仕様後に接触した部分を殺菌する、SHNをしている人が使ってから最低20分はトイレの利用は控える。
2021年10月 在シンガポールドイツ大使館 10月24日から、シンガポールはCOVIDハイリスクエリアに分類される。ドイツ入国までの10日間でシンガポールに滞在した旅行者は、ドイツ入国には、重要な理由を提示する必要がある。観光を含みいかなる理由でも、ワクチン完全接種者の入国は可能。未接種者の入国は例外措置だ。

これまでの新型コロナウイルス記事

これまでの更新情報の総集編は、こちらを参照ください。
uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com

「健康な人にはマスクは効果がない」がシンガポール政府の立場でしたが、発症前に感染させた人が確認され、再利用可能マスクが配布。現在は、外出時のマスク着用が必須に。
uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com


uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com



筆者への連絡方法、正誤・訂正依頼など本ブログのポリシー

にほんブログ村 シンガポール情報

(10月24日更新)シンガポールのCOVID-19: ワクチン未接種の労働者は4%、113,000人にとどまる。大半が医療理由でない個人の選択。ブルームバーグニューエコノミーフォーラムでは5人までの食事が特別に許可され、入国時隔離も不要。

シンガポールも、新型コロナウィルス (COVID-19) の影響を受けています。
デマに負けないためには、信頼できるソースからのものを掲載しています。シンガポール政府・WHOなど国連機関、地元大手メディア(ストレートタイムズ紙、CNA)などです。可能な限り、私のブログではなく、原文にあたってください。

更新情報のサマリー

  • ワクチン未接種の労働者は4%、113,000人にとどまる。大半が医療理由でない個人の選択。

シンガポールで接種が必要な本丸は、現役世代より、重症・死亡を押し上げている、退職済みの高齢者です。そこへのアプローチは、接種強制化になるのか、公共交通機関利用制限など更なる行動規制になるのか。

  • ブルームバーグニューエコノミーフォーラムでは5人までの食事が特別に許可され、入国時隔離も不要。

キャンセルになりましたがダボス会議でも特別対応を当時は予定しており、今回も特別対応を発動するようです。

  • 3,383人の新規感染。内訳は、輸入8人、市中感染が2,708人、寮居住者が667人。ICUに58人。新規の死者15人、死者合計が315人。

クラスタ感染者数の発表は26人のみ。多くの未リンクがあると推定されます。
ICUが昨日の58人を維持。

シンガポールでの最新状況

更新情報

日時 発信者 (ソースとなるリンク) 内容
2021年10月24日 保健省 3,383人の新規感染者が見つかり、通算で172,644人になった。新規のうち、輸入が8人、市中感染が2,708人、寮居住者が667人。現在、1,738人が入院中(うちICUが58人)。15人が亡くなった。58歳から100歳。8人が未接種、1人が部分接種、6人が接種済み。これまでに315人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は84%、1回接種は85%。
・AWWA Community Home for Senior Citizensで10人、計70人。
2021年10月23日 ストレートタイムズ紙 ワクチン未接種の労働者は約113,000人だ。医療理由で接種していないのはごくわずかだ。このうち60歳以上の未接種者は14,000人だ。保健省MOHと労働省MOMが発表した。10月17日時点で、シンガポールの労働者の96%はワクチン接種済みで、接種率100%の企業は70%になる。「mRNAワクチンに医療上の理由を医師が認めた未接種従業員はごくわずかだ」「Sinovacが国家ワクチンプログラムに加わったことで、医療理由での従業員の大半も、Sinovacで接種できるようになり、接種を促す」
妊婦の労働者にもできるだけ早い接種を政府は勧めている。「未接種の妊婦は合併症と重症化の危険性が高い」9月末時点で、未接種妊婦の20%が入院し酸素吸入を受けている。10%がICUか高ディペンデンシー治療を受けている。一方、ワクチンを接種した女性で、酸素吸入やICUがひつようになった人はいない。企業は自社の接種率を確認できるサイトが月曜日から利用できる。 https://www.gobusiness.gov.sg/percentvaccinated/
9月27日から11月21日までは、接種者も含め、在宅勤務が標準だ。
2021年10月24日 ストレートタイムズ紙 11月16~19日開催の、ブルームバーグニューエコノミーフォーラム(NEF)での出席者は、厳格な基準で、指定レストランで5人までのグループで食事を許されると、当局が語った。シンガポールの到着時に、PCR検査が陰性であれば、検疫も免除となる。全員がワクチン完全接種で、カンファレンスの日には毎日イベント前検査を受ける。51ヶ国から300人の参加者が予定されている。国や多国籍企業の代表を含む。渡航歴にかかわらず、いかなる国からでも入国ができ、商用機やプライベートジェットで到着する。
11月21日までは、外食が2人以下の制限となっている。
指定の場所やレストラン以外では、2人以下の制限が適応される。

シンガポールでの最新状況

更新情報

日時 発信者 (ソースとなるリンク) 内容
2021年10月23日 保健省 3,598人の新規感染者が見つかり、通算で169,261人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が2,804人、寮居住者が790人。現在、1,680人が入院中(うちICUが58人)。6人が亡くなった。61歳から91歳。4人がワクチン未接種、2人が接種済み。これまでに300人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は84%、1回接種は85%。
・AWWA Community Home for Senior Citizensで10人、計59人。
2021年10月23日 保健省 在宅療養適応基準の拡大
35歳より若く、26週より早い、ワクチン完全接種の妊婦に、在宅療養を拡大する。在宅療養になるまでに、在宅療養に適しているかを指定病院で診断される。
ワクチンブースター
10月21日時点で、50歳~59歳の82%、60歳以上の79%がブースターショットを受けたか、接種の予約済み。2回目の接種から半年たった30歳以上も接種対象になり、対象になった人の72%が予約をした。
健康科学局の暫定承認を経て、Sinovacが国家ワクチンプログラムNVPに含まれることになる。ワクチン効果がmRNAと比べて比較的低いことから、以下のガイダンスが適応される。
a. mRNAワクチンを接種できる人は、mRNAワクチンを2回接種し、主要接種を終わらせるべきだ。
b. Sinovacを1回か2回接種した人は、最善の保護を得るために、3回めをmRNAを接種することを強く推奨する。
c. 医療理由でmRNAを接種できない人は、主要接種を終えるために、Sinovacをを3回接種すべき。
d. mRNAワクチンを接種したが、アレルギーや深刻な副反応が起きた人は、あと2回をSinovacを摂取し、3度の接種を完了させるべきだ。mRNAワクチンの2度の接種の後に、アレルギー反応が起きれば、ブースター接種に適していれば、3度目の接種はSinovacを接種すべきだ。
対象年齢の90%以上が接種済みで、ワクチン接種率は高いのだが、強固な個人の好みでmRNAワクチンを接種しないことを選んでいる人がいる。ワクチンの完全接種を終えていない人に、国家ワクチンプログラムで、Sinovacの3回接種を提供することにした。既にSinovacの1回か2回接種している人を含む。
しかし、既にmRNAワクチンを2回接種し、アレルギーを起こしていない人に、ブースターショットとしては、Sinovacは提供されない。国家ワクチンプログラムで提供される3度目の接種はmRNAになる。
12歳~17歳に、Sinovacは認可されていない。Sinovac社が申請しておらず、WHOの緊急利用リストでも同じだ。しかし、mRNAで2回の接種を終えることができなかった人に、専用の公的医療プログラムでSinovacの3度の接種を政府は提供する。健康科学局HSAの暫定承認に18歳以下のSinovac利用は含まれていないため、訓練を受けた医療者が綿密に観察する。この年令の対象者には、政府が連絡する。
Sinovacで接種を2度受けた人は、2度目の接種から4ヶ月間か、2021年12月31日までのどちらか早いほうが、完全接種期間とみなされる。3度目の接種を受けるのに十分な期間の猶予のはずだ。Sinopharmにも同様のルールを当てはめる。旅行者は、多くが母国で2度のみのSinovacを接種しており、2度の接種者もワクチン接種者と政府はみなすが、期間は30日のみとする。
ワクチン差異化規制で医療理由で接種できない人への対応
ワクチン差異化規制は未接種者を保護し、医療制度の負荷の緩和のために行っている。mRNAにもSinovacにも医療理由で接種できない少数の人がいることに気づいている。特別対応として、ワクチン国家プログラムでの全ワクチンに医療理由で接種できない承認を受ければ、ワクチン差異化規制から免除する。
職場でのワクチン規制
2022年1月1日から、ワクチン完全接種か過去270日以内にCovid-19から回復した従業員のみが、職場に復帰できる。職場に戻る前に検査で陰性でなければ、ワクチン未接種の従業員は職場に戻れない。検査費用は本人負担だ。検査は、MOH認証の検査業者でのイベント前検査でなければならない。職場に滞在できる期間は、検査(結果)が有効な間だ(24時間)。検査の必要性は、医療理由でも(編注: 医療理由でも免除しないというのが保健省プレスリリースですが、記者会見では医療理由は免除すると大臣が発言しています)妊婦にも当てはまる。医療理由や妊婦には、三者パートナーが特別の考慮をすることで同意している。例えば、パフォーマンスに影響がない在宅勤務や、検査費用の共同負担の合意だ。
規制緩和の基準
週での感染率がわずかに1を超え、感染が上昇しており、1を下回れば行動規制の緩和を考慮できる。
ワクチン完全接種のメイドの入国
11月1日から、必須労働者と学生が安全かつ徐々に入国することを許可する。到着までにワクチン完全接種が条件だ。緊急や介護の必要を満たすために、より多くのメイドの入国を容易にする。世界情勢に合わせて、数は慎重に規制する。
国のカテゴリを見直した。10月26日23時59分から有効。
バングラディシュ・インド・ミャンマー・ネパール・パキスタン・スリランカに過去14日滞在した人は入国できなかったが、10月26日から入国とトランジットを許可する。
10月26日23時59分から、カテゴリII(日本を含む)、IIIとIVからの旅行者は、到着時PCR検査は不要で、SHN隔離終了時のPCR検査のみになる。
カテゴリIIIからの入国で、10日間の隔離SHNは、旅行者や同居者のワクチン状況にかかわらず、(自宅など)住居となる。基本では、専任隔離SHN施設の割当がされなくなる。自宅でのSHNが不適切な家では、帰国前に他の施設を確保する必要がある。カテゴリIVからの渡航者は、専用SHN施設での10日間のSHNが必要となる。
2021年10月23日 保健省 Covid-19ワクチン専門家委員会は、Covid-19予防のために、18歳以上のシンガポール在住者の利用に、パンデミックスペシャルアクセスルートPSARでの健康科学局HSAによる、Sinovac-CoronaVac Covid-19ワクチンに暫定承認を指摘した。
デルタ変異種前のSAR-CoV-2感染に対し、ブラジルの第Ⅲ相試験で、51%の有効性があった。重症化に高い保護があった。しかし、異なる研究で有効性の変化があった。デルタへの保護の総合的なデータがない。更に、ワクチン接種後の抗体レベルが低く、2度目の接種後の3~6ヶ月以内に、6ヶ月までに接種前のレベルに素早く減少する。
SinovacはHSAに3度接種の承認を申請していないが、抗体レベルを引き上げるために、3~6ヶ月以内に3度目の接種を必要とする証拠がある。WHOのSAGE推奨とも一致している。
mRNAと比較したSinovacの効果の低さ、デルタへの効果のデータの欠如の観点から、医療理由でmRNAを完全接種ができない人のみがSinovacを接種すべきと推奨する。
Sinovacでは、2度目の接種は初回接種から28日以降に、3度目の接種は2度目の接種から90日で接種すべきだ。
Sinopharmにも同じ現象がある。専門家委員会は、Sinopharmを接種した人は、3度目の接種にmRNAを選ぶように強く推奨する。もし拒絶するなら、3度目の接種は2度目の接種から3ヶ月で3度目の接種をすること。
Covid-19でないワクチンにアレルギーを起こした人は、mRNAワクチを安全に接種できると、国内と国際での安全データが示す。以前は、これらの人は、ワクチン前に専門医の診断を受けていたが、診断なしにmRNAワクチンの接種を認める。mRNAワクチンの成分であるPEGへのアレルギーが有る人は、mRNAには不適切なままだ。
2021年10月 SafeTravel 2021年10月26日23時59分から、同一旅程を共有していない世帯員と、旅行者は自宅で隔離SHNを行うことができる。ワクチンステータスを問われない。もし、他の人と住居を共有しているなら、旅行者はその人だけが使う専用のバスルームを使い、他の世帯員は別のバスルームを使うべきだ。もし、1つのバスルームが共有されるなら、全員が良い衛生を保ち、仕様後はバスルームを殺菌すること。例として、トイレを流す前にフタを閉める、仕様後に接触した部分を殺菌する、SHNをしている人が使ってから最低20分はトイレの利用は控える。
2021年10月 在シンガポールドイツ大使館 10月24日から、シンガポールはCOVIDハイリスクエリアに分類される。ドイツ入国までの10日間でシンガポールに滞在した旅行者は、ドイツ入国には、重要な理由を提示する必要がある。観光を含みいかなる理由でも、ワクチン完全接種者の入国は可能。未接種者の入国は例外措置だ。

これまでの新型コロナウイルス記事

これまでの更新情報の総集編は、こちらを参照ください。
uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com

「健康な人にはマスクは効果がない」がシンガポール政府の立場でしたが、発症前に感染させた人が確認され、再利用可能マスクが配布。現在は、外出時のマスク着用が必須に。
uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com


uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com



筆者への連絡方法、正誤・訂正依頼など本ブログのポリシー

にほんブログ村 シンガポール情報

(10月23日更新)シンガポールのCOVID-19: ワクチン未接種者の出社が不可に、1月1日から。隔離SHNで別旅程の人との自宅隔離が可能になる。シノバックが国家ワクチンプログラムに入った。

シンガポールも、新型コロナウィルス (COVID-19) の影響を受けています。
デマに負けないためには、信頼できるソースからのものを掲載しています。シンガポール政府・WHOなど国連機関、地元大手メディア(ストレートタイムズ紙、CNA)などです。可能な限り、私のブログではなく、原文にあたってください。

更新情報のサマリー

  • ワクチン未接種者の出社が不可に、1月1日から。

シンガポール政府が、副反応の弱いSinovacを国家プログラムにいれると共に、出社にワクチン接種を必須にしました。検査業者の陰性で出社可能ですが、検査の有効期限は24時間のみ。仕事がある人は、完全在宅勤務を除いて、未接種の選択肢がなくなりました。
ホーカー・モールへの接種必須が始まっていますが、それ以上の措置です。

  • 医療理由でのワクチン接種ができない人は、ワクチン接種差異化の免除。

外食規制やショッピングモールへの入場です。医療理由とは、mRNAもシノバックも打てない人なので、ごくごくわずかです。

  • シノバックが国家ワクチンプログラムに入った。

これまでファイザー・モデルナを接種していない人が対象。高齢者対策でしょうが、どこまで有効か。

  • ワクチン完全接種のメイド入国者数が増える。
  • Covid-19以外のワクチンでアレルギーを起こした人も、mRNAワクチン接種が可能に。
  • Sinovacが国家プログラム入りするが、効果が悪く、デルタへの効果のデータ不足から、「mRNAを打てない人のためのもの」「mRNAを好まない人のためのもの」の位置づけは変わらず。
  • Sinovacのブースター接種は、抗体の減少が大きいことから、3~6ヶ月以内と早い。ワクチン差異化規制での完全接種の有効期限は、2回め接種から4ヶ月のみ。

mRNAでなくSinovacを打つと、今後も頻繁に接種の必要がでるのでしょう。

  • 隔離SHNで別旅程の自宅隔離が可能になる。
  • ドイツがシンガポールをハイリスクに分類し、ワクチン未接種者の入国を不許可にする。

経済開放行った結果、他国への入国制限が強化されるというのは、シンガポールの狙いはそうではないはずです。

  • 3,598人の新規感染。内訳は、輸入4人、市中感染が2,804人、寮居住者が790人。ICUに58人。新規の死者6人、死者合計が300人。

クラスタ感染者数の発表は16人のみ。多くの未リンクがあると推定されます。
合計死者が300人に。ICUが昨日の57人から58人に増加。

シンガポールでの最新状況

更新情報

日時 発信者 (ソースとなるリンク) 内容
2021年10月23日 保健省 3,598人の新規感染者が見つかり、通算で169,261人になった。新規のうち、輸入が4人、市中感染が2,804人、寮居住者が790人。現在、1,680人が入院中(うちICUが58人)。6人が亡くなった。61歳から91歳。4人がワクチン未接種、2人が接種済み。これまでに300人が亡くなっている。
ワクチン完全接種は84%、1回接種は85%。
・AWWA Community Home for Senior Citizensで10人、計59人。
2021年10月23日 保健省 在宅療養適応基準の拡大
35歳より若く、26週より早い、ワクチン完全接種の妊婦に、在宅療養を拡大する。在宅療養になるまでに、在宅療養に適しているかを指定病院で診断される。
ワクチンブースター
10月21日時点で、50歳~59歳の82%、60歳以上の79%がブースターショットを受けたか、接種の予約済み。2回目の接種から半年たった30歳以上も接種対象になり、対象になった人の72%が予約をした。
健康科学局の暫定承認を経て、Sinovacが国家ワクチンプログラムNVPに含まれることになる。ワクチン効果がmRNAと比べて比較的低いことから、以下のガイダンスが適応される。
a. mRNAワクチンを接種できる人は、mRNAワクチンを2回接種し、主要接種を終わらせるべきだ。
b. Sinovacを1回か2回接種した人は、最善の保護を得るために、3回めをmRNAを接種することを強く推奨する。
c. 医療理由でmRNAを接種できない人は、主要接種を終えるために、Sinovacをを3回接種すべき。
d. mRNAワクチンを接種したが、アレルギーや深刻な副反応が起きた人は、あと2回をSinovacを摂取し、3度の接種を完了させるべきだ。mRNAワクチンの2度の接種の後に、アレルギー反応が起きれば、ブースター接種に適していれば、3度目の接種はSinovacを接種すべきだ。
対象年齢の90%以上が接種済みで、ワクチン接種率は高いのだが、強固な個人の好みでmRNAワクチンを接種しないことを選んでいる人がいる。ワクチンの完全接種を終えていない人に、国家ワクチンプログラムで、Sinovacの3回接種を提供することにした。既にSinovacの1回か2回接種している人を含む。
しかし、既にmRNAワクチンを2回接種し、アレルギーを起こしていない人に、ブースターショットとしては、Sinovacは提供されない。国家ワクチンプログラムで提供される3度目の接種はmRNAになる。
12歳~17歳に、Sinovacは認可されていない。Sinovac社が申請しておらず、WHOの緊急利用リストでも同じだ。しかし、mRNAで2回の接種を終えることができなかった人に、専用の公的医療プログラムでSinovacの3度の接種を政府は提供する。健康科学局HSAの暫定承認に18歳以下のSinovac利用は含まれていないため、訓練を受けた医療者が綿密に観察する。この年令の対象者には、政府が連絡する。
Sinovacで接種を2度受けた人は、2度目の接種から4ヶ月間か、2021年12月31日までのどちらか早いほうが、完全接種期間とみなされる。3度目の接種を受けるのに十分な期間の猶予のはずだ。Sinopharmにも同様のルールを当てはめる。旅行者は、多くが母国で2度のみのSinovacを接種しており、2度の接種者もワクチン接種者と政府はみなすが、期間は30日のみとする。
ワクチン差異化規制で医療理由で接種できない人への対応
ワクチン差異化規制は未接種者を保護し、医療制度の負荷の緩和のために行っている。mRNAにもSinovacにも医療理由で接種できない少数の人がいることに気づいている。特別対応として、ワクチン国家プログラムでの全ワクチンに医療理由で接種できない承認を受ければ、ワクチン差異化規制から免除する。
職場でのワクチン規制
2022年1月1日から、ワクチン完全接種か過去270日以内にCovid-19から回復した従業員のみが、職場に復帰できる。職場に戻る前に検査で陰性でなければ、ワクチン未接種の従業員は職場に戻れない。検査費用は本人負担だ。検査は、MOH認証の検査業者でのイベント前検査でなければならない。職場に滞在できる期間は、検査(結果)が有効な間だ(24時間)。検査の必要性は、医療理由でも(編注: 医療理由でも免除しないというのが保健省プレスリリースですが、記者会見では医療理由は免除すると大臣が発言しています)妊婦にも当てはまる。医療理由や妊婦には、三者パートナーが特別の考慮をすることで同意している。例えば、パフォーマンスに影響がない在宅勤務や、検査費用の共同負担の合意だ。
規制緩和の基準
週での感染率がわずかに1を超え、感染が上昇しており、1を下回れば行動規制の緩和を考慮できる。
ワクチン完全接種のメイドの入国
11月1日から、必須労働者と学生が安全かつ徐々に入国することを許可する。到着までにワクチン完全接種が条件だ。緊急や介護の必要を満たすために、より多くのメイドの入国を容易にする。世界情勢に合わせて、数は慎重に規制する。
国のカテゴリを見直した。10月26日23時59分から有効。
バングラディシュ・インド・ミャンマー・ネパール・パキスタン・スリランカに過去14日滞在した人は入国できなかったが、10月26日から入国とトランジットを許可する。
10月26日23時59分から、カテゴリII(日本を含む)、IIIとIVからの旅行者は、到着時PCR検査は不要で、SHN隔離終了時のPCR検査のみになる。
カテゴリIIIからの入国で、10日間の隔離SHNは、旅行者や同居者のワクチン状況にかかわらず、(自宅など)住居となる。基本では、専任隔離SHN施設の割当がされなくなる。自宅でのSHNが不適切な家では、帰国前に他の施設を確保する必要がある。カテゴリIVからの渡航者は、専用SHN施設での10日間のSHNが必要となる。
2021年10月23日 保健省 Covid-19ワクチン専門家委員会は、Covid-19予防のために、18歳以上のシンガポール在住者の利用に、パンデミックスペシャルアクセスルートPSARでの健康科学局HSAによる、Sinovac-CoronaVac Covid-19ワクチンに暫定承認を指摘した。
デルタ変異種前のSAR-CoV-2感染に対し、ブラジルの第Ⅲ相試験で、51%の有効性があった。重症化に高い保護があった。しかし、異なる研究で有効性の変化があった。デルタへの保護の総合的なデータがない。更に、ワクチン接種後の抗体レベルが低く、2度目の接種後の3~6ヶ月以内に、6ヶ月までに接種前のレベルに素早く減少する。
SinovacはHSAに3度接種の承認を申請していないが、抗体レベルを引き上げるために、3~6ヶ月以内に3度目の接種を必要とする証拠がある。WHOのSAGE推奨とも一致している。
mRNAと比較したSinovacの効果の低さ、デルタへの効果のデータの欠如の観点から、医療理由でmRNAを完全接種ができない人のみがSinovacを接種すべきと推奨する。
Sinovacでは、2度目の接種は初回接種から28日以降に、3度目の接種は2度目の接種から90日で接種すべきだ。
Sinopharmにも同じ現象がある。専門家委員会は、Sinopharmを接種した人は、3度目の接種にmRNAを選ぶように強く推奨する。もし拒絶するなら、3度目の接種は2度目の接種から3ヶ月で3度目の接種をすること。
Covid-19でないワクチンにアレルギーを起こした人は、mRNAワクチを安全に接種できると、国内と国際での安全データが示す。以前は、これらの人は、ワクチン前に専門医の診断を受けていたが、診断なしにmRNAワクチンの接種を認める。mRNAワクチンの成分であるPEGへのアレルギーが有る人は、mRNAには不適切なままだ。
2021年10月 SafeTravel 2021年10月26日23時59分から、同一旅程を共有していない世帯員と、旅行者は自宅で隔離SHNを行うことができる。ワクチンステータスを問われない。もし、他の人と住居を共有しているなら、旅行者はその人だけが使う専用のバスルームを使い、他の世帯員は別のバスルームを使うべきだ。もし、1つのバスルームが共有されるなら、全員が良い衛生を保ち、仕様後はバスルームを殺菌すること。例として、トイレを流す前にフタを閉める、仕様後に接触した部分を殺菌する、SHNをしている人が使ってから最低20分はトイレの利用は控える。
2021年10月 在シンガポールドイツ大使館 10月24日から、シンガポールはCOVIDハイリスクエリアに分類される。ドイツ入国までの10日間でシンガポールに滞在した旅行者は、ドイツ入国には、重要な理由を提示する必要がある。観光を含みいかなる理由でも、ワクチン完全接種者の入国は可能。未接種者の入国は例外措置だ。

これまでの新型コロナウイルス記事

これまでの更新情報の総集編は、こちらを参照ください。
uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com

「健康な人にはマスクは効果がない」がシンガポール政府の立場でしたが、発症前に感染させた人が確認され、再利用可能マスクが配布。現在は、外出時のマスク着用が必須に。
uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com


uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com



筆者への連絡方法、正誤・訂正依頼など本ブログのポリシー

にほんブログ村 シンガポール情報