今日もシンガポールまみれ

日本のあっち、シンガポールのこっち

シンガポール在住日本人が 魚卵天国ロシアスーパーに行くべき理由

うにうに @ シンガポール在住です。
ロシア スーパー、行ってますか?ちょっと前に、ツイッターでこんな話題が海外民に出回ってました。

そうです。ロシアと言えばキャビア。キャビアと言えば魚卵。ロシアは魚卵天国。タラコやイクラの入手が可能です。「そんなの明治屋で買えるよ」って?! ロシアのは缶詰や瓶詰なので、空輸や冷凍品ばかりの日本とは違う使い方ができるのですよ。お値段も安い。

シンガポールにあるぞロシア スーパー

「シンガポールでロシアスーパーなんて見たことがない」などと言ってはいけません。ここは世界のハブ、シンガポール。ロシアスーパーもぬかりなくあります。本店では、ロシア語でも電話対応可能なので、ロシア語の方が馴染みがある方は、是非本店へ。

  • E-E GOODS PTE.LTD.

https://eegoodsrepublic.com/pages/contact-us
・本店: 272 River Valley Road Singapore 238315
電話 (WhatsApp): +65 8846 7662 +65 8929 0336 (Russian), WeChat: MY19721214
・カトン店: 263 Tanjong Katong Road # 01-05 Singapore 437050
電話 +65 8680 3200

2021年2月1日にバレスティア店が移転し、リババレー店が日本人生息地に上陸しました。私が行ったことがあるのはカトン店です。駅から徒歩10分以上で交通の便はいまいちなのですが、近くに有名なワンタンミー屋 (Eng's Wantan Noodle)などがある楽しい通りです。日本人も訪れそうな場所だと、Foodie Market Placeやカナディアン・インターナショナルスクールと同じストリートです。

表はふつうの食料品店です。中に入っても、プーチン カレンダーが飾られていたりしません。残念です。

E-E GOODS PTE.LTD. (カトン店)

店員はロシア人ではありません。フレンドリーな中華系のアンカー。
このお店では、たらこもいくらもキャビアと呼んでいます。チョウザメの卵巣以外でも、魚卵は全部キャビア扱いです。「これ、なに?」って聞くたびに「キャビアだよ」が返事なので、あきらめました… その後に知ったのですが、「いくら」とはロシア語の「イクラ (икра)」から来ているそうです。発音が「イクラ」なんだそうです。そしてイクラとは魚卵全般を指します。なのでタラコもいくらも「イクラ (икра)」で、魚卵が入っている缶を「キャビア」と説明したのを納得しました。
お目当てのたらこといくらは、冷蔵庫に入っています。なぜ、瓶詰めと缶詰に冷蔵保管が必要なのか分かりません。が、私も自宅では冷蔵庫保管にしました。

爆安タラコ

私のオススメは、最初のツイートでも掲載されていたタラコの青缶と、いくらの瓶詰めです。このお店では、通販も行っているので、リンクを貼っておきます。

明治屋と比べましょう。

たらこ いくら
ロシア $5.5 (130g) $20 (110g)
ロシア(100gあたり) $4.2 $18.2
明治屋 $13.9 (90g) $19.8 (80g)
明治屋(100gあたり) $15.4 $24.8
比較 ロシアは明治屋の70%オフ ロシアは明治屋の25%オフ

※$1は約80円

同じ品質ではないので、単価で比べるのはフェアではないのですが、ロシアのタラコが爆安です。7割引ですから
今まで、タラコスパゲティを作る時に、シンガポールの激高なタラコを使うのにヒヨっていた皆様。ロシアに走るべきです。

ロシアを食べる

食べてみました。

タラコ

ふたをあけるとこんなの。ペースト状に加工済みで、日本人が考えるタラコっぽくないのですが、食感も味も、紛れもなくタラコ。適度に塩気もついており、調味料の分量を変える必要がありません。ご飯にのせて、そのまま食べるのもよし。おにぎりに入れるのもよし。

ロシアたらこ (青缶)

つたない私が作ったタラコスパゲティがこれ。

ロシア タラコスパゲティ
ニシンの卵

タラコとはスケトウダラの卵巣の塩漬けのことです。
この金缶は一見タラコ風ですが、中身はタイセイヨウダラの卵との噂です。スパゲティにいれるには、金缶よりピンク缶の方が、日本人の味覚にあいます。つまり、タラコを買いに行って「青缶が売り切れているが、あきらめられない時に買うのが、金缶」ということです。

スケトウダラ
数の子

ロシアスーパーに行けば、青缶とピンク缶は絶対に買いましょう
いくらと並ぶおすすめが、このピンク缶の数の子。数の子はニシンの卵の塩漬けです。
日本でも高級品、シンガポールでは更なる高級品の数の子が、ロシアスーパーではお手軽値段で食べ放題になります!なんとお値段、$6.8。
ぷちぷちは小さいですが、味は紛れもなく数の子。是非、日本酒、白ワインとあわせて下さい。松前漬けにもどうぞ。

数の子
イクラ

瓶をあけると、完全にイクラです。これはタラコと違って、日本人にも違和感なくイクラです。

ロシア いくら (瓶詰め)

粒が小さいので、若干物足りない気もしますが、見た目も食感も味も紛れもなくイクラです。いくらご飯、うまいぞー。

ロシア いくら ご飯

他にもあるぞ、謎のロシア

他にも謎な食材を色々売っています。

謎のタラコパテ

こちらはタラコシリーズ。日本人はタラコ大好きですが、タラコのパテは知らないはず。

ロシア タラコ パテ缶上
f:id:uniunikun:20210131204927p:plain
ロシア タラコ パテ缶横

ググると、クラッカーやバゲットに乗せて食べたり、やっぱりタラコスパゲティにしたりするとのこと。たらこスパにしてみました。レシピはコレです。ポルトガルの食品輸入店から。

蓋をあけると、あんまりタラコっぽくない色。分量は、1人前に、缶の半分ほどです。

ロシア タラコ パテ

完成。確かにたらこスパです。普通のタラコ缶を食べた私には、パテで無い方がたらこスパには向いてると思いましたが、人による好みかもしれません。

ロシア たらこスパ (パテ)




謎のししゃも卵

魚卵です。食べるとクリーミー。

ロシア ししゃも (瓶詰め)

クリーミーなので、ご飯のおともにはあわないんじゃないかと思いました。スパゲティには使えますがイマイチあわず、結局食べ方が分からなくて完食できず。
お店の説明では、"caviar with smoked salmon"となっていますが、スモークサーモン風ではないです。ロシア語、読めない… 何かと思ったら、「ししゃもの卵」のようです。ししゃもは燒く以外の発想がないので、ししゃもっぽくない。

さぁ、世界中の海外在住日本人よ。ロシアスーパーに走るのです。
海外在住者のロシア食材に興味をもってしまった方は、こちらをどうぞ。



最後にお約束を言っておきます。「アフィリエイトじゃないよ!」「広告費もらってないよ!」「利害関係ないよ!」

筆者への連絡方法、正誤・訂正依頼など本ブログのポリシー

にほんブログ村 シンガポール情報