今日もシンガポールまみれ

日本のあっち、シンガポールのこっち

(7月20日更新)シンガポールのCOVID-19: 規制強化でフェーズ2に逆戻り: 7月19日~8月8日: 外食禁止。集団行動人数が2人以下。激しいインドア運動、フェイシャル、サウナ等マスク非着用活動禁止。ホーカーとマーケットでチェックイン義務化。

シンガポールも、新型コロナウィルス (COVID-19) の影響を受けています。
デマに負けないためには、信頼できるソースからのものを掲載しています。シンガポール政府・WHOなど国連機関、地元大手メディア(ストレートタイムズ紙、CNA)などです。可能な限り、私のブログではなく、原文にあたってください。

更新情報のサマリー

  • フェーズ2に戻る規制強化: 7月19日~8月8日: 外食禁止。集団行動人数が2人以下に。激しいインドア運動、フェイシャル、サウナといったマスク非着用のインドア活動禁止。ホーカーとマーケットでチェックイン義務化。
  • ナショナルディパレードは開催予定。

  • 安全管理基準違反でMOMが66社に是正勧告。
  • クラスタ感染者数: KTVクラスタで14人。Jurong Fishery Port/ Hong Lim Market & Food Centreで142人の感染者(うちクラスタになったマーケットとフードセンターが4つ、3人以上が3つ、2人以下が28)。

マーケットでの感染者数は、下記ツイートの添付画像を参照。

  • 195人の新規感染、合計で63,440人に。内訳は、輸入が13人、市中感染が182人(うち未リンク26人、寮在住者0人)。これまでに亡くなった合計が36人。

感染増大で追跡が遅れているのでしょうが、未リンクが26人もいます。

シンガポールでの最新状況

更新情報

日時(2020年) 発信者 (ソースとなるリンク) 内容
2021年7月20日 保健省 195人の新規感染者が見つかり、通算で63,440人になった。新規のうち、輸入が13人、市中感染が182人(うち未リンク26人)、寮居住者が0人。現在、332人が入院中(うちICUが1人)、施設隔離が人。これまでに36人が亡くなっている。
■アクティブクラスタは26個。
・KTV lounges/clubsクラスタが14人。
・Jurong Fishery Port/ Hong Lim Market & Food Centreクラスタが142人(うちクラスタになったマーケットとフードセンターが4つ、3人以上が3つ、2人以下が28)。
・64697人目クラスタが4人。
・64599人目クラスタが1人。
・64752人目クラスタが1人。
■ジュロン漁港クラスタで、Haig Road Market & Food Centreで25人、Chong Pang Marketで10人の感染者が見つかった。2つを、7月21日から8月4日まで閉鎖する。
Chong Boon Market & Food Centreの7月18日から8月1日までの閉鎖はアナウンス済みで、マーケットとフードセンターで働く全員が検疫に置かれ検査を受けている。訪問した人にも無料検査を提供する。 https://go.gov.sg/cbmfc-testing を参照。
KTVクラスタで、Club MX (401 MacPherson Rd)で感染拡大を見つけた。
2021年7月20日 保健省 フェーズ2高度警戒に戻る
KTVクラスタのために、7月19日から8月8日の規制強化をアナウンス済みだった。その後、ジュロン漁港とリンクしたクラスタをウェットマーケットやホーカーセンターで見つかった。KTVと違って、多くの高齢者が感染している。まだワクチン未接種の高齢者は脆弱だ。ワクチン接種を早める。7月12日から18日の間に、平均46件の市中感染が見つかった。2020年4月以降で、最大の数だ。
フェーズ2(高度警戒)へと戻る。下記の規制は7月22日から8月18日まで有効だ。7月19日発表されたものを上書きする。導入後2週間で見直しをし、その時の感染状況で調整をする。
集団行動人数
集団行動人数が5人から2人以下になる。家に訪問できるのは、1日に2人までだ。社交の回数は1日に2回まで。親族での育児は続けられる祖父母が孫の世話を見るのは、1世帯につき2人までの訪問や、社交回数から除外する。
職場でのやり取りは最低限に
在宅勤務は職場でのデフォルトであり続ける。
マスク非着用活動の停止
飲食店は持ち帰りか配達でのみになる。激しいインドア運動クラス、激しい個人やグループでのインドアスポーツや運動も停止になる。マスクを外す、フェイシャル・サウナ・メークアップ・歌唱・管弦楽器のような息を吹き込む楽器の演奏も許されない。規制は、医療と歯科には当てはまらない。医療でない美容は規制除外にならない。
7月中旬からFET検査対象になっていた店員は、営業停止であれば、規制期間は検査の必要がない。配達や持ち帰りなどで営業する飲食店を含み、ビジネスを継続する店では、店員は14日FET検査が必要になる。この期間、FETは無料になる。
イベントサイズの縮小と、イベント前検査規制
a. ライブパフォーマンスとMICE: イベント前検査PETで100人まで参加可能。なしで50人まで。スピーカーと演者はマスク必須。歌唱と管弦楽演奏は禁止。
b. スポーツ観戦: イベント前検査で100人まで参加可。50人以下であれば、イベント前検査不要。
c. 結婚挙式と結婚レセプション: 結婚挙式は、イベント前検査で100人まで。イベント前検査なしで50人まで。1テーブルに5人まで。ワクチン未接種者はイベント参加を控えるよう強く促す。
d. アトラクションとショー: 入場定員を通常の25%に減らす。従来は50%だった。イベント前検査で100人まで、イベント前検査なしで50人まで。
e. 映画館: イベント前検査で100人まで入場可。検査無しで50人まで。グループは2人まで。飲食販売と飲食は禁止。
f. 集団礼拝: イベント前検査で100人まで。イベント前検査無しで50人まで。常時マスク着用のこと。歌唱・管弦楽器演奏は禁止。
g. 美術館と図書館: 定員の25%での受け入れ
ショッピングモールとショーモール: 1人あたり16sqmだったのが、10sqmに。
政府支援策
8月18日までに、政府は影響を受けたビジネスに支援策を提供する。詳細は数日後に発表する。
国内でのウェットマーケットとホーカーセンターでのSafeEntryチェックイン義務化
7月18日に発表したように、感染者が見つかったマーケットでSafeEntryチェックインを開始している。今後数週間で、TraceTogetherオンリーSafeEntryとSafeEntry Gatewayチェックインを、全てのウェットマーケットとホーカーセンターに設置する。
2021年7月20日 シンガポール労働省(MOM) 在宅勤務が就労の基本である。在宅勤務が可能な従業員全員は、そうできるよう企業は許可する必要がある。職場での勤務が必要な従業員には、なぜ出社する必要があるかを企業は従業員に伝える必要がある。従業員も、企業に心配を説明すべきだ。
5月16日にフェーズ2(高度警戒)が始まってから、職場での安全行動規則の通報を3500件以上、MOMは受け取った。在宅勤務か、業務の意図を伝えていれば、防げてたものがあった。違反の66社に是正勧告を出した。
2021年7月20日 ストレートタイムズ紙 ナショナルディパレードNDPは計画通りにとり行われ、全ての必要な安全管理基準が守られていることを保証するために規模を見直している。8月9日建国記念日は重要な国家行事であり、パレードは計画通りに行われると、ローレンスウォン財務大臣が述べた。

これまでの新型コロナウイルス記事

これまでの更新情報の総集編は、こちらを参照ください。
uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com

「健康な人にはマスクは効果がない」がシンガポール政府の立場でしたが、発症前に感染させた人が確認され、再利用可能マスクが配布。現在は、外出時のマスク着用が必須に。
uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com


uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com

uniunichan.hatenablog.com



筆者への連絡方法、正誤・訂正依頼など本ブログのポリシー

にほんブログ村 シンガポール情報