読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もシンガポールまみれ

日本のあっち、シンガポールのこっち

ネパール地震での自国民保護:空軍機を出したシンガポール、民間機を手配した中韓、自力帰国の日本

シンガポール時事

2015年4月25日にネパールを襲ったマグニチュード7.8の地震で大きな被害が出ています。
各国はネパールへの救援と、自国民保護にのり出しています。

日本政府のネパール支援

日本政府も、国際協力機構(JICA)や自衛隊による支援を打ち出しています。

  • 国際協力機構(JICA)を通じ、2,500万円相当の緊急援助物資(テント,毛布等)を供与
  • 10億円規模の緊急無償資金協力
  • 28日から約45名からなる国際緊急援助隊・医療チームを派遣
  • ネパール政府側の要請を受けて、自衛隊を国際緊急援助隊として派遣。第一陣同部隊(約20名前後)はカトマンズに向けて派遣。自衛隊は、現地において、医療活動等を行う

外務省: ネパールにおける地震被害に対する緊急援助
外務省: ネパールにおける地震被害に対する緊急無償資金協力
外務省:ネパールにおける地震に対する国際緊急援助隊・医療チームの派遣
外務省: ネパールにおける地震の被害に対する国際緊急援助隊(自衛隊)の派遣

中国は2千万元(約38億円)の人道支援を行います。日本の4倍弱の金額です。隣国であること、インドとの間に挟まれた要所という特殊性が、中国にとってのネパールにはあります。
Xinhuanet: China offers 20 mln yuan in humanitarian aid to quake-hit Nepal

各国の自国民保護

ここでアジア各国が自国民保護にどう動いたのかを見てみます。

シンガポールの自国民保護

4月28日に、3機のシンガポール空軍輸送機C-130が、シンガポールとカトマンズ間を飛びました。シンガポール発の往路では救援隊と救援物資を積み、帰路では国民と永住者の合計89人を乗せて戻ってきました。帰国を希望する国民向けに民間機の手配に動いています。国民に加えて、永住者も保護の対象でした。

<<Singapore teams in Kathmandu>> SAF C-130s have landed in Kathmandu with about 80 men and women from the Singapore...

Posted by Ng Eng Hen - Defence Minister on 2015年4月28日

シンガポール防衛省: The Singapore Armed Forces Offers Assistance to Nepal
シンガポール防衛省: The SAF evacuates Singaporeans from Nepal
Strait Times: Nepal earthquake: 89 Singaporeans and PRs fly out of Kathmandu on C-130 planes

マレーシアの自国民保護

マレーシア空軍のC130輸送機で、往路は救援物資空輸と救援隊派遣、帰路で30人のマレーシア人を帰国させています。4月28日です。
NEW STRAIT TIMES ONLINE: C130 Hercules landed in Nepal, ready to bring M’sians home: Hishammuddin

タイの自国民保護

タイ空軍のC130輸送機で、64人を帰国させています。4月29日です。
C130 นำ64ผู้ประสบภัยเนปาลถึงไทย เผยนาทีแผ่นดินไหว

インドの自国民保護

インド空軍がC-17など軍用機をピストン輸送して、自国民を中心に救出しています。地震2日後の4月27日では12機の空軍機を使い、その時点までに1,935人のインド人が救出されています。
BusinessLine: Rescue teams evacuate 1,935 Indians from Nepal

韓国の自国民保護

4月30日に、チャーター機を運行。
聯合ニュース:あすネパールにチャーター機 旅行客らの帰国支援=韓国

日本の自国民保護

『邦人の安全確保に万全を期すため,引き続き,関係機関と連携』と外務省が発表していますが、具体的な行動はその後外務省サイトでは発表されていません。現地にいた日本人は自力で帰国しています。
外務省: ネパールにおける大規模地震に関する外務省連絡室の立ち上げ
讀賣:建設会社の5人帰国 ネパール地震

ネパール在留日本人は千人

ネパールには約千人の日本人が在留者として外務省に登録しています。全員が深刻な影響を受けている地域と関係しているわけではないでしょうが、今回は首都のカトマンズが大きな影響を受けており、少なくない割合の日本人が影響を受けているはずです。
外務省: 海外在留邦人数調査統計

シンガポールの国民と永住者はわずか384万人、日本の人口の33分の1です。ネパール在住のシンガポール人の人数は私には不明ですが、日本人より圧倒的に少ないでしょう。にもかかわらず、自国民保護のために空軍機を出しています。勿論、ネパールとの間にシンガポールは3,500キロ、東京は5,200キロとの距離の差があります。また、シンガポールが重用しているグルカ兵(グルカ部隊)の出身国がネパールです。経済的な結びつきを示す直接投資では、日本はシンガポールより多くをネパールに投資しています。

ネパールへの直接投資総計 (2010年: 単位$100万)

インド $50,013
米国 $48,159
中国 $11,797
韓国 $8,041
日本 $2,919
シンガポール $686

Rabindra Ghimire: Foreign Direct Investment in Nepal

シンガポールと軍隊

シンガポールが軍隊を出して、自国民保護と支援活動を迅速に行なったのには、国内事情があります。日本では金融立国と見られているシンガポールですが、国防にかなりの力を費やしています。例えば、男子の国民と二世以降の永住者は、二年間の徴兵があります。しかも、選抜によるものでなく、全員が対象です。なので、国民と自国軍の心理的距離は近く、これだけの国力をそそいでいるものに対して、政府も軍が国民にどう貢献するかを示す必要があります。最近では、リー・クアンユー初代首相が亡くなった時に、4日間で45万人を超える一般弔問がありましたが、ここでも軍が出動して設営と整理にあたりました。
国民国家の枠組みでは、どこまで自国民保護をするべきかというのは重要な方針であり、国の特徴となります。経済的な国際貢献と比べると、自国民保護が弱いと以前から言われている日本です。今回も他国と比べて消極的な印象となっています。


Strait Times: Final journey through Singapore for Mr Lee Kuan Yew

追記

4月30日に追記です。救援物資を輸送するために、日本も自衛隊がC-130輸送機を出しました。
NHK: 医療支援物資運ぶ輸送機 ネパールへ出発

※本ブログの記述は、筆者の調査・経験に基づきます。記述が正確、最新であることは保証しません。記載に起因する、いかなる結果にも筆者は責任を持ちません。記載内容への判断は自己責任でお願いいたします。

にほんブログ村 シンガポール情報