読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もシンガポールまみれ

日本のあっち、シンガポールのこっち

南洋理工大学?ナンヤン工科大学?NTU? Nanyang Technological Universityをめぐる呼び方

私立大学が有力な国と、国立大学が有力な国とがあります。シンガポールは後者、国立大学が有力な国です。国名と一致した覚えやすさと、日本人の国立大学信仰で、シンガポールではシンガポール国立大学(NUS)ばかりが知られていますが、他にも国立大学があります。NUSについては以前少し記事にしたので、今回はそれ以外の国立大学の一つNanyang Technological University、通称NTUを取り上げます。
http://ntu.edu.sg/home/egbhuang/elm2013/img/ntu_logo.png
Photo Source: http://ntu.edu.sg/home/egbhuang/elm2013/

NTUはTechnologicalと付いていますが、文系学部もある総合大学です。QS世界大学ランキング(2013年)でNUSの24位につぎ、NTUは41位と有力校です。看板の一つはMBAで、Financial Times世界MBAランキング(2013年)ではNTUは32位、NUSは36位です。2013年には医学部も始まりました。シンガポールの大学評価については下記リンクを参照下さい。
「シンガポールのワーホリビザはトップ大学のみに発行」の背景: SGは自国の大学と同レベルの大学を求めているに過ぎない

シンガポール人は「ナンヤン テクノロジカル ユニバーシティ」と正式名称は日常会話では滅多に使わず、「えぬてぃゆぅ」とシンガポールらしい3文字略語で言っています。
英語での表記だと問題ないですが、

  • 南洋理工大学
  • ナンヤン工科大学

という表記を見た人もいると思います。何故2つもあるのでしょう?どちらかが正しいのでしょうか?

Nanyang Technological Universityの表記、決定版

結論はこれです。

正式名称 (英語) Nanyang Technological University
正式略語 NTU
正式名称 (中国語) 南洋理工大學
日本語訳 ナンヤン工科大学

南洋理工大学は中国語表記

混乱(?)は、南洋理工大学かナンヤン工科大学かでしょう。NTUのホームページに行くと、南洋理工大學と記載があります。正門にも記載があります。
http://portal.hss.ntu.edu.sg/macc/photo_gallery/20110729%20Convocation/2-gate.JPG
Photo Source: http://portal.hss.ntu.edu.sg/macc/photo_gallery/20110729%20Convocation/tn/2-gate.JPG.html
では南洋理工大学で正しいのでは?というと、それは無茶です。
日本人が「南洋」を「ナンヤン」と発音するのは、予備知識がなければ不可能です。何も知らなければ、「なんよう」と読むでしょう。
英語では"Technological"ですが、それを「理工」とは日本語に訳しません。日本語で理工だと、science and engineeringです。
NTUのWikipediaの日本語ページを見ると、大学名が南洋理工大学で、サイトURLも南洋理工大学です。これは不適切でしょう。日本人が中途半端に中国語を推測できることが、混乱を招いています。
Wikipedia: 南洋理工大学
南洋も、Technologyを理工と訳すのも、中国語での語法あって日本語ではないのですから。

Technologyを理工と訳すのは中国語

ここは知人の中国人へのヒアリング結果を含めた話です。
Technologyの中国語訳は、理工か技术(日本語では技術)です。
大学では一般的に理工の語が使われますが、science universityでは技术(技術)が使われます。例えば中国の大学名ではこうなります。

  • 中国科学技术大学: University of Science and Technology of China
  • 北京理工大学: BEIJING INSTITUTE OF TECHNOLOGY

日本語訳はナンヤン工科大学

NTUが正式な日本語名称を発表していれば、それを使えば良いのですが、私が知る限りありません。日本の文部科学省サイトを見ても、記事執筆時点でナンヤン工科は110件、南洋理工は31件で、ナンヤン工科が有利ですが、両表記ともに使われています。
南洋理工大学が日本語として通じない以上、ナンヤン工科大学を使うべきでしょう。


※本ブログの記述は、筆者の調査・経験に基づきます。記述が正確、最新であることは保証しません。記載に起因する、いかなる結果にも筆者は責任を持ちません。記載内容への判断は自己責任でお願いいたします。

にほんブログ村 シンガポール情報