読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もシンガポールまみれ

日本のあっち、シンガポールのこっち

シンガポールの紅茶: TWG Teaで お洒落雑誌が書かない4つのこと

シンガポールライフハック

  1. "TWG"ってトワイニングのこと?
  2. "1837"ってTWGは伝統があるんですね!
  3. カサブランカにも世界進出していてすごい?!
  4. マリアージュ・フレールと雰囲気似てない?

シンガポールに旅行に来た人に「日本に持って帰るおみやげ、何買えばいい?」と聞かれると、「TWGでいいんじゃない?お茶だけど、お洒落っぽいし、おいしいし」と面倒くさい時には投げやり(風)に言ってしまうのがTWG。
最近の日本でのシンガポールの持ち上げられ方は相当なものがあるなぁ、と南の島在住の私は見てます。「マリーナ・ベイ・サンズのカジノすご!税金安っ!企業&富裕層誘致と金融でガッポガッポ儲けてはるわ!」というのがヨイショのステレオタイプ。そのすごいシンガポールイメージにTWGも日本ではのっかってる雰囲気があり、「シンガポールでの伝統と格式のTWG」というヨイショ扱いを雑誌や紹介記事でよく見かけます。
TWGは、私には美味しいので好きなのですが、老舗ではありませんし、ブランドづくりの見せ方にもネタがあります。
提灯記事では、書くのをためらうかもしれない話を今回は4つ。

1. "TWG" ってトワイニング?

TWG とは、 "The Wellness Group" という企業名の頭文字。読み方は「てぃだぶりゅじぃ」。紅茶ブランドのトワイニング "Twinings" と頭文字が似ているのは、きっときっと気のせいですョ。
TWG Tea, which stands for The Wellness Group, is a luxury concept
TWG: THE TWG TEA STORY

2. 1837

f:id:uniunikun:20141225153535j:plain:w200
※写真は筆者撮影
TWGロゴにおごそかに書かれている "1837" というのは、TWGの創業年ではもちろんありません。だって、"Since 1837"ではないでしょ?
1837年は、シンガポールに商工会議所が作られ、紅茶貿易が公に始まった年。TWGが創業したのは、そこから171年後の2008年です。
なお、この1837の表示については、香港の1932年創業の紅茶企業Tsit WingがTWG Teaを企業呼称で訴えた2013年の訴訟で、「TWG Teaの1837はその年に創業したと人々を誤認させるもの」と裁判官が言及しています。
The tea trade was made official in Singapore with the creation of the Chamber of Commerce in 1837
TWG: About TWG Tea
Straits Times: Storm brews over TWG tea logo in HK court
他の国でのロゴは"1837 TWG TEA"ですが、香港では"Tea WG 1837"になっています。
f:id:uniunikun:20161008154658j:plain
※写真は2016年に筆者撮影。香港のパシフィックプレイス店。

3. 世界進出の野望

世界の都市名がTWGの紙袋にはズラッと書かれています。中には東京も。
http://kura2.photozou.jp/pub/395/2364395/photo/172455149.jpg
※画像出所: Diane de Poitiersに挑む

TWGの日本進出は自由が丘に2010年5月にオープンした店舗が最初。
日本進出以前から、TWGの紙袋には"TOKYO"のロゴが入っていたのです。
紙袋の記載都市と、実際にTWGが進出しているかを調べてみました。

TWG紙袋の都市名 TWG店舗の所在有無
シンガポール
クアラルンプール
ロンドン
ニューヨーク
台北 ×
ジャカルタ
東京
カサブランカ ×
パリ ×
上海 ×
ドバイ
バンコク
ソウル ×
香港
マニラ

※TWG紙袋は2013年4月、TWG店舗所在は2013年5月に確認
TWG: OUR LOCATIONS

なので、TWG紙袋に都市名が書いてあるのに店舗がないのは、
台北、カサブランカ、パリ、上海、ソウル
と5都市もありますが、気にしちゃダメです♪

4. マリアージュ・フレール

TWGのパッケージや食器を見て、「マリアージュ・フレール?」とフランスの紅茶を思い出す人も多いはず。
f:id:uniunikun:20150516174349j:plain
※写真は筆者撮影。

※比較のために画像表示をアマゾンから行っていますが、本サイトでアフィリエイトはしていません。

で、TWGはマリアージュフレールのそっくりさんどころか、香港生まれで紅茶と関係ないファミリービジネスをしていたインド系TWG創業オーナーが「2004年にパリのマリアージュ・フレールで惚れこんだ」とマリアージュ・フレールに影響を受けて紅茶ビジネスを始めたことを、堂々とForbesで語っています(笑)。しかも、その時に挨拶したマリアージュ・フレールの店舗責任者を引きぬいて社長に据え、TWGを立ち上げ。
シンガポール航空のビジネスクラス・ファーストクラスで提供され、シンガポールの高級ホテルに置かれます。TWGは創業初年度から、650トンのお茶を売り、3千万ドルの売上を立てて、黒字を達成。TWGの快進撃が始まったのでした。

Forbes: TWG's Ritzy Tea


現在(2014年1月)では、TWG Teaの主要株主はマッサージチェアで有名な健康器具メーカーOsimで、70%の株主比率を占めています。
というわけで、シンガポールブランドのおいしいTWGをどうぞ!

にほんブログ村 シンガポール情報