今日もシンガポールまみれ

日本のあっち、シンガポールのこっち

シンガポール教育

アジア1位のシンガポール国立大学:授業料無料の都市伝説と奨学金制度

■THEアジア大学ランキング1位、■東大が7位に落ちたのは、ルール変更と自校の低迷、■NUSの都市伝説、■NUSは授業料や家賃がタダ?!、■国立大学留学生への奨学金、■近隣発展途上国から優秀な学生を青田刈りするシンガポール、■日本・シンガポール奨学金比較、■日…

生徒が学校清掃することを日本から学ぶシンガポール

■生徒の学校清掃は当たり前ではない、■生徒の学校清掃は日本と台湾がヒント、■生徒の掃除支持派vs清掃員の掃除支持派、■シンガポール人の反応、■マスコミの反応、■野党の反応、■日本人学校まで取材をうける、■シンガポールでなぜ議論が沸き起こったのか

シンガポールと日本の学費・学力比較:アメリカンスクール/UWC/早稲田渋谷/日本人学校/慶應義塾

■小中高の学費比較、■学費を負担できるのは誰か、■外国人は義務教育の対象外、■SGは国民・永住者・外国人で公教育学費が異なる、■シンガポールで学力上位はインター校でなく地元校: 国際バカロレア、■先進国出身者に不人気な地元校

小学生の1.7%が卒業試験PSLEで落第したシンガポール

■中学校進学できない児童の進路、■加熱する受験競争に苦慮するシンガポール政府、■PSLE最優秀児童の発表停止、■つめ込み学習への警告出題、■シンガポールで義務教育は小学校のみ、■PSLEで成績はよくなかったが、その後納得いくキャリアをおくった人たち

教育水準が高いシンガポール地元校を 日本人や欧米人が選ばない理由~シンガポールのIBDP~

■教育目的でのシンガポール移住:ジム・ロジャーズ、■滅多にいないシンガポール地元校を選ぶ日本人/欧米人、■1.学校を選べない、2.英語力不足、学力不足(PISA、国際バカロレア)、3.カリキュラムが分断、4.蔑視

在日外国人子供の不就学1万人: 移民先進国シンガポールの政策

■日本の義務教育対象は国民のみ、■謎の国際人権法政策研究所、■毎日新聞の独自取材、■総括所見、■在日ブラジル人の日本での一般的な状況、■シンガポール在住の外国人、■単純労働者ビザWork Permitの主な制約、■外国人研修制度(技能実習)

南洋理工大学?ナンヤン工科大学?NTU? Nanyang Technological Universityをめぐる呼び方

■Nanyang Technological Universityの表記、決定版 ■南洋理工大学は中国語表記 ■Technologyを理工と訳すのは中国語 ■ナンヤン工科大学が日本語訳

日本人の教育移住が少ないシンガポール ~マレーシアは教育移住に適した国か~

マレーシアでは教育移民と考えられる人が徐々にではあっても出現するようになってきました。下記記事で、日経ビジネスで一話目の自営業家族は父親のビジネス目的、二話目の母親家庭は放射能疎開ですが、日経トレンディの母親家庭は教育移民です。日経ビジネ…

「シンガポールのワーホリビザはトップ大学のみに発行」の背景

※2015年7月27日注記 2015年にMOMがワーホリビザの申込資格を緩和しました。現在は以下の要件を満たせば申請可能です。 - 年齢: 18-25歳 - 下記の9ヶ国の大学の在学生か卒業生: オーストラリア、フランス、ドイツ、香港、日本、ニュージーランド、スイス、イ…